スマブラ ザ クレイ。 ザクレイに学ぶジョーカー 立ち回り考察【スマブラSP】

【スマブラ】【疑問】ザクレイさんはマジでベレスメインでいくんだろうか?

スマブラ ザ クレイ

【この記事は約6分で読めます】 「Genesis 6」や「Frostbite 2019」など海外でも大型大会が開催されている「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」(以下、スマブラSP)で、ひときわ注目を集める日本人プレイヤーがいる。 それが、17歳の現役高校生にして、GameWithに所属するザクレイ選手。 Genesis 6で日本人最高位の5位まで勝ち進んだことは記憶に新しく、今後の活躍に注目しておきたいプレイヤーである。 今回は、彼のプレイヤーとしての思考や性格、高校生らしさのある一面をインタビューを通してお届け。 彼の試合を観戦、応援する際に、より力が入るようになってくれれば幸いだ。 ザクレイ 所属、スマブラSPプレイヤー。 現役高校生ながら(2019年現在)、「大乱闘スマッシュブラザーズ for WiiU」(以下、スマブラWiiU)からオフライン大会で活躍し、スマブラSP発売後は日本人トップレベルの実力を誇る。 大規模大会であるGenesis 6では、日本人では唯一のトップ8入りを果たす。 主な使用キャラクターはウルフ。 Twitter: 大会実績(一部)• スマバトSP(2019年):優勝• ウメブラSP2(2019年):優勝• ウメプロSP(2019年):4位• Genesis 6(2019年):5位• Frostbite 2019:33位• なんでも、初海外だったそうですが。 ザクレイ: 前作の頃から海外遠征に行ってみたいと思っていたので、やっと行くことができてうれしかったです。 海外の大会は動画で観ていたのですが、実際に行ってみて感じたのは、日本と違って観客の盛り上がりがすごかったことですね。 大声を出して選手を応援していて、その声量が日本ではまず聞くことのないくらいで驚きました。 参加人数の規模も普段出ている大会より大きかったし、いい経験でした。 最終日の3日目は本当に会場の熱気がすごくて、いつもどおりの動きができたかというと、少し硬かったかなと思います。 当日プレイしているときや後で見返したときにも感じたのですが、いつもより操作の精度が良くなくて、ミスしたところがちらほらありました。 もちろんうまくいった部分もありますけど。 ザクレイ選手の出番がなく日本の勝利に終わりましたが、普段の個人戦とは違う心境で大会に臨んだのでは? ザクレイ: まずメンバーに選ばれたことがうれしかったですね。 個人的に、大会に懸ける気持ちの大きさは、1対1の大会の方が強いです。 個人戦では自分が優勝したいという気持ちが強く、クルーバトルは負けた時の責任がのしかかってくるのが大きいな違いですかね。 個人戦は負けても自分だけの問題ですけど、クルーバトルでは自分の負けがチームの負けにつながることもある。 そのことを考えてしまって戦いに影響が出る可能性はあると思います。 最低でも1人分の仕事はしたいなという気持ちだったのですが、そういうチームへの責任感を背負って挑む人が大半だと思います。 昔は1対1よりもクルーバトルのほうが緊張していましたね。 今は慣れてきてそうでもないですけどね。 スマブラにおいては、試合間でストック数が引き継がれることが多い。 やっぱり、それなりにスマブラをやっている人じゃないとわからないですし。 私が高校生だった10年くらい前は、ニンテンドーDSやプレイステーション・ポータブルで昼休みに遊ぶことは多かったです。 ザクレイ: 確かにテレビゲームはスマホゲームに比べて一部の人にしか流行っていないものですけど、スマブラは知っていてプレイしたことがあるという人はやっぱり多い印象はあります。 僕みたいに本気でやってないにしても、好きでプレイしている人はいますよ。 そもそもスマブラに初めて触れたのはいつ頃のことなのでしょう? ザクレイ: 確か5歳くらいの頃にスマブラDXをプレイしたのが初めてのスマブラだったと思います。 少し歳の離れた兄が2人いて、兄がプレイしていたゲームを一緒になって遊ぶことが多かったんです。 その頃からゲームが好きでいろいろプレイしていたので、僕よりちょっと上の世代のゲームは結構やっていますよ。 僕と同年代だと、DXをやったことがある人はそこまで多くはないかもしれないです。 本気でスマブラに取り組むようになったのは、スマブラWiiU買って2~3年くらい経ってから、今から3年くらい前ですかね。 それまでは友だちとかと遊んでいました。 今、活躍しているプレイヤーたちも地元では強くて、そこから大会に出るようになったという人がほとんどじゃないですかね。 もともとはオンライン対戦をよくやっていたのですが、そこでつながった知り合いから誘われたのがきっかけで、オフライン大会に出て、スマブラ界隈の人たちと知り合っていったという感じです。 どんな雰囲気なのですか? ザクレイ: まあ、場所によりますが、結構自由気ままな雰囲気です。 友だちの家にスマブラやりにいくのと近いと思います。 初めて行く人は緊張するかもしれないですけど。 宅オフに限らず、オフラインの環境で練習することが大事です。 オンラインでの練習ってオフラインの練習にどうしても劣る部分がありますね。 スマブラにおいては、オフラインの環境を求めると、必然的に宅オフに通う必要があって、宅オフに行くと強くなるというよりは、オフラインの環境でたくさん練習した方が強くなるというのが正しい表現ですかね。 あとは雰囲気ですね。 1人で画面越しにやるのと、相手と同じ空間でやるのでは全然違いますし、大会では観客もいるし、心境が全然違いますね。 オンライン対戦は本気の練習というよりは、気晴らしに近い感覚でプレイしています。 高校生という若さに反して、どうすればスマブラが強くなれるか、その手段が自分の中でしっかりと確立されているザクレイ選手。 後編では、プレイヤーとしての一面にさらに踏み込んでいく。 写真・大塚まり.

次の

「週刊プロゲーマーファイル」File.007:ザクレイ選手【大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL】

スマブラ ザ クレイ

なるほど、これは非常に面白い考え方ですね。 まず個人的意見として回答すると「わざわざオフと書く必要はないように思える」となるのですが、質問者さんの意見については確かにその考え方も無くはないかなと思います。 非常に興味深いです。 まず前提として、オンならザクレイさんより上がいるとのことですが、メイトなどでオン専門でやっていて成績が上の方ということでしょうか。 (ザクレイさんは確かメインのジョーカーはあまりオンに慣れていないと言っていたのは覚えています) ただ、テニスのシングルスで結果を残した選手に対していちいち「シングルスにおいては最強」などと補足をしないように、オフで結果を残したプレイヤーが日本最強と言われるぶんには違和感がありませんね。 オンとオフの違いであるラグ・環境差は、スマブラに限らずゲーム性ではなく、仕方なく対応せざるを得ない障害に過ぎないため、対応技術自体は存在するとしてもゲームそのものの腕前とは見做されにくいところがあるからかもしれません。 何より対戦ものにおいては基本的に環境が劣悪なほうが有利になりやすいので、オンでの強さがプラスとは判断できないという事情もあります。 例えばですが、オフの大きな大会ではたいした結果を残せないプレイヤーが「俺はオンでは優勝者より強い」と言い出したらかなり警戒してしまいますよね。 そういう感覚ではないかと。 オンでザクレイさんより上という強豪プレイヤーが多数オフに出てきて、上回る結果を多数積み上げるなどすれば変わるかもしれません。 オフ有名プレイヤーはメインシーンでそうやって結果を多数残してきたからこそ最強と言われているわけですからね。

次の

「週刊プロゲーマーファイル」File.007:ザクレイ選手【大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL】

スマブラ ザ クレイ

YouTuberザクレイのwiki風プロフィール!本名や高校はどこ? 日本だけにとどまらず、スマブラ界を圧巻している高校生のトッププレイヤーがいます。 1万人(2019年11月1日時点)。 Game With所属で、ウルフ使い。 自身のチャンネルでは、大乱闘スマッシュブラザーズのキャラクター解説をゲストと対戦しながら進み、不定期ですが、生配信もあるなどファンには楽しめるチャンネル内容です。 ゲームで遊んでいなくても、キャラクターの動きがカッコよく迫力満点なので、まるで自分が操作している気分になれます。 現役の高校生、ということもあるのでしょう。 年齢以外の、本名や高校などは公開していませんでした。 顔を出して活動していますので、どこかに情報があるのではないか、とは思います。 また今後、ザクレイさんのプロフィールについてわかったことがありましたら、こちらでお伝えしたいと思います! ザクレイという名前の由来は? 「ザクレイ」さん、かなりインパクトのある名前ですよね。 まさか、本名ではなさそうです。 では、この「ザクレイ」という名前の由来はなんなのでしょうか。 まさか「ザクレイ」というそのままの名前ではないと思いますが、苗字と名前の略である可能性もありますよね。 ですが、「ザク」という苗字・・・ガンダムのザクしか思い付きません(笑) 「熊のバンジョーとトリのカズーイの大冒険」 1998年レア社発売、2002年レア社がマイクロソフトに買収された のキャラクターを略して「バンカズ」といいます。 「バンカズ」のことを知らなかったとされるザクレイさんと、そのことをよく思わなかった あばだんごさん2人の確執から発生した出来事のようでした。 ですが、ザクレイさんの炎上の詳細は、検索サイトから削除されており、これ以上詳しく知ることはできませんでした。 ただ、ザクレイさんは日々ゲームに向き合い、腕を磨いているプロゲーマーです。 炎上騒ぎを起こすようなキャラクターでもありません。 ですので、この炎上騒ぎは何かちょっとしたきっかけが発端で、起きてしまったのではないかと思いました。 ザクレイさんは 「はじめから強かったわけではない」と、優勝後のチャンネルで、強くなるコツを教えてくれました。 強くなるためには 「基本となる操作をちゃんとできるようになること」だそう。 さらには 「キャラの単純な動きを直していったほうがうまくなる」と、ザクレイさんの言葉を聞いていると、まるで勉強と同じですね。 ザクレイさん、すでに成功するにはどうしたら良いのか、を知っているようです。 諦めずにコツコツとその技術を磨いてきたからこそ、の優勝ですね。 ザクレイの今後は?大学に進学する? ザクレイさんの動画で、とても気になる一言が。 それは、進路についての話です。 こちらの動画の中で、ザクレイさんの今後について 「内緒。 来年になったらおしえるわ。 」 と言っています。 これは、大学への進学をしないで、ゲームの道に進むということなのか。 ザクレイさんが今後どこへ向かうのか。 楽しみでしかありませんね! ザクレイについてまとめ! ということで今日は、スマブラ最強といわれるザクレイさんについてご紹介しました。 ザクレイさんは現役高校生ということもあり、年齢以外の情報がほとんどありませんでした。 ただ「ザクレイ」の名前の由来について、「本名かも」と言っていたので、本名にある文字を使っているのかもしれませんね。 また、彼女についても調べてみましたが、ザクレイさんの周りは同性ばかり。 ゲームに忙しく、彼女を作る暇もないのかもしれませんよね。 ザクレイさんはアメリカの大きな大会でも、優勝を勝ち取っています。 今後、さらに活躍の場を広げていきそうなザクレイさん。 これからのザクレイさんには、期待大ですよね!.

次の