腰痛 寝方。 寝過ぎで腰痛の原因と治し方!ストレッチでの改善の方法も紹介!

腰痛がひどい時は寝方の姿勢を工夫して対処しよう!腰痛を予防する寝方も紹介

腰痛 寝方

腰痛に悩んでいる人の大半は、夜寝るとき、仰向けに眠ることが辛くなります。 これは、腰痛の原因とも関係しており、仰向けになることで、 大腰筋が引っ張られ、緊張状態になるためです。 この状態になると、腰椎が圧迫され、 寝ているときに、かなりの負担を感じることになります。 しかも、睡眠は、長時間にわたるので、その分、痛みも増し、 ゆっくり眠ることができません。 そうなると、精神的にも参ってしまって、腰痛だけでなく、 鬱になる恐れもあるので、注意が必要です。 そこで、腰痛の人にお勧めの寝方をお伝えします。 腰痛の人にお勧めの寝方 まず、 エビのようにまるくなって、横向きに寝ると、腰の痛みが緩和できます。 このとき、 膝に枕や座布団などを入れて寝ると、より楽になることでしょう。 そして、 仰向けになる時は、両方の膝を立てて寝ると、腰の痛みが和らぎます。 あとは、 腰とお尻にバスタオルをあてて寝る方法も、お勧めです。 これは、人によって腰のカーブが異なるので、 自分でちょうど良い状態になるように、調節しましょう。 このように、寝方を少し工夫することで、痛みを緩和したり、 腰に違和感を感じることなく、眠ることも可能です。 その他、起きているときにはさほど気にならなくても、 横になっていると腰が痛む人は、 腰や骨盤に不具合が生じていたり、 関節の変形が起こっている場合も考えられます。 ですから、そういった場合は、病院を受診したり、 専門医に相談することをお勧めします。

次の

【完治】反り腰の原因と治し方 寝方・立ち方・ストレッチまで腰痛改善まとめ

腰痛 寝方

特に うつ伏せは腰に負担のかかる姿勢です。 腰に最も負担のかからない寝方は 仰向けで寝ることなんですが、 なかなか仰向けでは落ち着かない、じっと寝ていられないという方もいらっしゃると思います。 なぜ仰向けが安定しないかというと、 腰回りのゆがみによって 仰向けの状態では腰が安定して床やベッドについていないからです。 そのゆがみによってまだ腰痛は出ていなくても、悪い寝方を続けることにより体のゆがみが大きくなっていき、 腰痛がでてくる可能性は高いです。 寝る姿勢で 何が大事かというと、 右向き左向き仰向き(上向き)どの姿勢でも寝られるかどうかです。 右向きが寝やすいか方、逆の左向きだとどう寝にくいですか?一度試して左向きで寝てみましょう。 なんか背中に違和感が・・・足がしんどいような気がする・・など腰以外にもいろいろ感じることがあると思います。 一度自分の寝方が問題ないのかチェックしてみましょう!! 意外と自分で 寝起きで腰が痛い原因がわかるかもしれませんよ。 ずっと眠っていたので脈拍も緩やかで、体温も朝は低く出ますよね。 これは人間みんなそうです。 ではなぜ朝腰痛がでる人とでない人がいるのか。 それは腰回りの循環によるんです。 腰回りの 筋肉がやわらかくて循環がスムーズな人の場合は 朝、体の血液循環がゆっくりな状態であっても腰痛がでることはありません。 しかし 腰回りの筋肉が固まってしまっていて循環が悪い状態になっていると、 朝のゆっくりな循環では十分に血液がいきわたらず痛みが出てしまうのです。 お昼、夕方あたりになって血液循環が活発になってくると痛みはなくなるかもしれませんが、 その循環が更に悪くなると、いわゆる「 腰痛持ち」の状態になってしまいます。 一度椅子に座った状態で腰を回してみましょう!! 椅子に座って腰が90度回らなかったら要注意!! 前日の夜遅く食事をとり、そのまますぐ寝てしまうと、内臓に非常に負担をかけてしまいます。 体には「 内臓神経反射」という反射作用があり、内臓に負担がかかることによって腰や背中の筋肉が緊張して固くなってしまいます。 すると先ほど説明したように循環が悪くなってしまいます。 目安は 寝る前2時間は食事を取らないように!! ここで挙げたように夜遅く、寝る前に食事をとることは特に 翌朝の循環を悪くする危険性が高いです。 そういった生活習慣のある方は寝る直前の食事は控えるようにしましょう。 以上の3つが普通の腰痛持ちの方とは違う、朝に腰痛がでてしまう方の原因として考えられるものです。 ひどくなると朝だけでなく、常に 腰痛に悩まされることになりかねませんし、 治療も症状の軽いうちに受けることで治りも早くなります。 もちろん治療にかける時間もお金も少なくて済みます。 おかしいかも・・・と思ったら痛みが本格的に出る前に早目のご相談を待っています!! 大阪市大正区のひろ整骨院の施術に関しては、そのような不安は一切無用です。 なぜなら・・・ 年間5000件以上の施術実績! ドクターからの推薦を受けてる施術!! 多数の雑誌掲載!!( 金銭を払って載せてもらったことはございません) が信頼の証です! 当院の施術の特徴でもある 無痛整体はその名前の通り痛みは全く御座いません。 非常にソフトな力でおこなう安全な施術です。 強い力を使わなくても、きちんと体のバランスを正常な状態へと整えていくことができる確かなテクニックを是非実感してみてください。 06-6551-2223 電話はちょっと恥ずかしいなって方や、質問や気になることなどのでドシドシ送ってきてください^^!

次の

寝方

腰痛 寝方

寝返りをすれば良いからと言っても、寝ている状態で意識的に寝返りをうてる人はいませんよね。 では、人は睡眠中、どのような状態の時に寝返りしているのでしょう? 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があることは、知っておられる方も多いでしょう。 簡単に説明すると、レム睡眠は脳の一部は起きているが、身体を休めている浅い眠りの状態。 ノンレム睡眠は、脳が休んでいる深い眠りの状態です。 このレム睡眠とノンレム睡眠は約90分周期で繰り返され、睡眠の約75%がノンレム睡眠。 この状態が、睡眠中5~6回繰り返されます。 さて、寝返りをうつのは、レム睡眠とノンレム睡眠、どちらのときなのでしょう。 実は、ノンレム睡眠の時に寝返りをうっているのです。 つまり、浅い眠りの時ではなく、 深い眠りの時に寝返りしていることになります。 レム睡眠とノンレム睡眠が正しい周期で交互に訪れる状態になるには、副交感神経が活発になっている必要があります。 交換神経が活発なままだと深い眠りに入れない状態になっているのです。 つまり、寝返りが少なく、寝起き腰痛になりやすいあなたは以下のような悪循環に陥っている可能性があります。 交感神経が活発なまま就寝• 深い眠りに入れない• 寝返りを打たない• 身体への負担が大きいうえに、筋肉が凝った状態• 寝起き腰痛になりやすい この負の連鎖が腰痛を引き起こしていたんですね。 腰痛と寝返りの関係がわかっていただけたでしょうか。 朝、寝起きに腰痛にならないための寝方。 3つの方法 うつ伏せになった寝方は、腰に一番良くない寝方だと言われています。 うつ伏せ寝は、腰だけではなく、首にも負担をかけてしまっています。 また、身体のいろいろな部分を歪ませてしまう可能性があるのです。 日常的に下を向いて、うつ伏せ寝してしまう人は、胸の下にテニスボールを入れて寝る事を推奨している医師もいるそうです。 どういうことかというと、まずは、いつものようにうつ伏せの状態で寝ます。 その時にテニスボールを胸の下に入れます。 この状態で眠ってしまいます。 すると、あまりの不快さで自然に仰向けになっているということなのです。 以外にも効果があるそうなので、うつ伏せ寝してしまう人は、この寝方も試してみるのも良いのではないでしょうか。 いかがですか、寝起き腰痛にならないためには、正しい寝方を理解して実践してみることが大切です。 今夜から早速取り入れてみましょう。 番外編• 硬いマットレスを使用する すでにマットレスを使っているというあなた、マットレスの交換時期が来ていませんか。 寝付きにくい方の場合、マットレスの交換時期は5年くらい、良質なマットレスであれば10年くらいと言われています 硬いマットレスは、あなたの寝姿勢をしっかり支えてくれます。 ただ、硬すぎる高反発マットレスは腰部分の背骨のカーブに負担がかかります。 逆に、やわらかすぎる底反発マットレスの場合は、背骨のS字カーブを支え、腰の負担が軽減されますが、寝返りをした時に腰をねじるため、負担がかかってしまいます。 前述したように、寝返りが少ないと腰痛になりやすいです。 低反発マットレスや、薄いマットレスでは寝返りがうちにくいので、 ある程度厚みのある、高反発マットレスがベターであるといえます。

次の