子供 携帯 制限。 子供のiPhoneを制限するアプリの設定方法!持たせる前に行うべき設定は?

YouTubeを視聴制限する方法 13歳未満の子供に見せる前に必ずやっておきたいこと|スーログ

子供 携帯 制限

POINTサービスのポイント ・ カスタマイズであんしん お子さまの成長にあわせて、アクセスできるサイトやカテゴリをカスタマイズすることができます。 ・ パスワード管理であんしん カスタマイズの設定には「リミットパスワード」が必要なため、お子さまが設定内容を変更する心配はありません。 ・ 機種にあったサービスであんしん ご利用の機種により必要なサービスが異なります。 サービスの表 ご利用の機種 サービス名 スマートフォン・ドコモケータイ(spモード)• ドコモケータイ(iモード)• お知らせ フィルタリングサービス不要申出書について 2011年10月11日より、青少年のお客さまに携帯電話をよりあんしんして、安全にご利用いただけるよう、「フィルタリングサービス不要申出書」を新設し、お客さまに提出いただく運用を開始します。 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」の施行について 2009年4月1日より「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」が施行されたことにともない、未成年の方がiモードを利用する場合、原則として「アクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)をお申込みいただいております。 学齢別4つの推奨コースのご案内 お子さまの携帯電話(ケータイ)利用について、学齢ごと(小学生低学年・小学生高学年・中学生・高校生)の主な利用目的に合わせて4つのコースに分け、オススメの利用方法や設定・サービスなどをまとめてご紹介しております。 推奨コースを目安とし、お子さまの状況やルールに合わせて機能や設定を選びましょう。 アクセス制限サービス(フィルタリングサービス)のPRについて ドコモは、社団法人電気通信事業者協会とともに「フィルタリングサービス」の認知拡大を目的とした取組みに参画しています。 詳細情報•

次の

使わなくなったスマホは子供用スマホにしませんか?

子供 携帯 制限

目次: 1. 子供のスマホ利用を制限すべき主な理由 1-1. 過度の利用による依存 スマホ依存は大人も例外ではありませんが、子供のスマホ依存は発育や学業の妨げになる恐れがあるため、より影響が大きくなります。 1日のうち大半の時間をスマホ利用に使ってしまうような依存を避けるためには、利用時間を制限することでスマホを利用できる時間にある程度の制約を設けておく必要があります。 アプリによって強制的に利用を制限できるものもありますが、その以前にスマホの適正な利用を親子で話し合うことも重要です。 なぜなら、アプリで強制的に縛られるよりも、自主的に「そういうもの」と思ってスマホを利用する方が依存を防ぐ効果が高いからです。 1-2. ネットいじめ ネットの発達は、いじめの陰湿化という問題を引き起こしています。 学校裏サイトやLINEいじめなどが社会問題になっている昨今、そのいずれにも子供のスマホ利用が深く関わっています。 子供のスマホ利用はこうしたリスクと切っても切れない関係にあるため、ネットいじめの被害者だけでなく加害者にもならないような意識の共有はとても重要です。 ネットいじめに関する正しい知識や対策については、「」でも詳しく解説していますので、そちらも併せてお読みいただければと思います。 1-3. 犯罪被害 ネット上にはさまざまな犯罪行為が現実に存在しています。 子供がスマホを利用するということは、そうした犯罪に巻き込まれる可能性が生じます。 特に子供は犯罪者の甘い言葉や仕掛けなどに対する知識や耐性があまりない場合が多く、知らないうちに個人情報が流出したり、ワンクリック詐欺などの被害に遭ってしまうかも知れません。 1-4. 有害サイト、有害情報 子供にスマホを与えることを検討している親御さんの多くが、おそらく最も気にされている部分がネット上の有害情報ではないでしょうか。 多種多様な情報を手軽に入手できるのは便利ですが、その中には子供に見せたくない情報も少なからずあります。 フィルタリングサービスやセキュリティアプリの多くは有害サイト、有害情報を検知して表示させないような機能を実装しており、子供を有害情報に触れさせたくないというニーズの高さが窺えます。 1-5. 出会い系トラブル 前項の有害情報と並んで、出会い系トラブルも親御さんにとって心配の種です。 有害情報はあくまでも見せたくない情報に触れてしまうだけですが、出会い系トラブルはネット空間の向こうにいる実在の人間とのトラブルに発展するため、ネット空間だけで話が済まないところに大きなリスクがあります。 子供のスマホ利用制限というだけでは解消できない問題なので、出会い系に対するリスクの共有や安易な出会いなどに対するリテラシーを教育するのも重要です。 1-6. 歩きスマホ 歩きスマホは子供だけの問題ではありませんが、面白いものに夢中になりやすい子供が歩きスマホをすることは、より危険を大きくします。 事故や事件に巻き込まれるリスクがあるのは、すでに子供たちも色々な機会で見聞きしていることでしょう。 家庭の中でも歩きスマホに対する啓蒙は必要なので、あまりひどいようならスマホを取り上げるという選択肢も視野に入れておく必要があるかもしれません。 子供はいつも大人を見ています。 何よりも、大人ひとりひとりが歩きスマホをすべきではありません。 1-7. スマホを与える適齢期とは? こうした子供のスマホ利用を取り巻くリスクを知れば知るほど、スマホを子供に与えること自体に不安を感じる方も多いと思います。 しかしこの時代に大人になるまでスマホから遠ざけるというのも非現実的で、それが逆にいじめにつながる恐れもあります。 他の家庭では何歳くらいから子供にスマホを与えているのでしょうか、統計的にその傾向を見てみましょう。 その利用内容もSNSや動画・音楽鑑賞といったスマホ特有の機能を使いこなしていることも明らかになっています。 調査対象の半数が「起床後すぐにスマホをチェックしている」という調査結果も出ており、スマホを持っている高校生の生活にスマホが切っても切れないほど浸透していることが窺えます。 (リクルート進学総研「」より) 高校生より若い世代になると、どうでしょうか。 マイナビニュースが行った「」では、最も多いのは高校生以上で52. 中学校進学を機に与えるというケースが多いようです。 小学生からモバイル端末を持たせる家庭も一定数見られますが、その場合は子供用携帯電話や子供向けスマホなど、すでに利用制限されている端末を持たせる傾向が強いようです。 キャリア別 子供のスマホ利用制限サービス 2-1. NTTドコモ NTTドコモには「アクセス制限サービス」というフィルタリングサービスがあります。 単に子供向けというひとくくりにするのではなく、小学校低学年から高学年、中学生、高校生という4つの学齢別にフィルタリングサービスが用意されています。 au auの子供向けスマホ利用制限サービスは、「あんしんフィルター for au」といいます。 子供の学齢別に閲覧できるサイトの制限内容が変わるラインナップに加えて、保護者がパソコンから遠隔操作でフィルタリングの内容を自由に設定できるようになっています。 ソフトバンク ソフトバンクは、有害情報や犯罪に関わるようなサイトへのアクセス制限するサービスとして「ウェブ安心サービス(フィルタリングサービス)」を設けてします。 格安SIM会社を利用している場合 MVMO(格安SIM)を提供しているキャリアは、各社によって子供のスマホ利用制限サービスにばらつきがあります。 例えばLINEモバイルは「i-フィルターfor マルチデバイス」という既存のフィルタリングアプリを無料で提供することで利用制限を行えるようになっています。 他社の中にもこのアプリを無料または低額で利用できるようにしているところもありますが、全てのキャリアが行っているわけではありません。 格安料金が売りなので、フィルタリングについては必ず提供されているというより、自分で用意するという考え方となっています。 そこで、格安SIMで子供のスマホ利用を制限する場合は、利用制限の意義を話し合った上で、利用制限機能を持ったアプリを導入するのが最も現実的です。 子供のスマホ利用を制限できるアプリ 3-1. ノートンファミリー ノートンファミリーは、子供のネット利用や位置情報などを知ることで安全を守ることができる総合的なセキュリティアプリです。 Windows、iOS、Androidで利用できるので、子供のスマホ利用制限にも役立ちます。 スマモリ 子供の現在位置確認やフィルタリング、使用履歴のチェックなどができるアプリです。 AndroidとiOS版が用意されているので、子供のスマホ利用制限に利用可能です。 こどもネットタイマー 専用WiFiルーターの通信を制御することによって子供のネット利用時間を制限できるアプリです。 スマホだけでなくポータブルゲーム機のネット接続も時間によって利用制限できます。 まとめ 子供のスマホ利用を制限する必要性や、様々な方法について解説してきました。 利用制限サービスやアプリなどが整備されているのはありがたいことですが、子供の本人が「もっと利用したい」と思っているものを強制的に利用制限するのは、信頼関係という意味においてあまり好ましいことではありません。 利用制限サービスやアプリを利用する前に、しっかりと話し合って子供のスマホ利用におけるリスクを共有することが大切なのは言うまでもありません。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の

子供のスマホを制限する5つの設定!持たせる前に行うべき機能制限は?

子供 携帯 制限

iPhoneを子供用に制限させるには Last update 2019-06-25 15:21:58 子供をもつ親と話していると、子供がスマホや携帯で勝手に課金してしまったり、大人向けのコンテンツを見たりしないかどうかが心配の種らしいです。 携帯など持たせなければいいのに。 と思ってしまいますが、何かあった時を考えると最低限電話ぐらいは持っていてほしい。 と願うのが親心らしいです。 Sponsored Link 目次• キッズケータイ・見守りケータイで十分? 「電話機能」「居場所 GPS 」を使いたいだけであれば、ドコモの「キッズケータイ」やSoftBankの「」がおすすめ。 家族間で無料通話ができるし、GPSで居場所も確認できる。 さらにインターネットに接続できないので、余計な課金が発生しないというメリットが有ります。 私は高齢の両親にこのキッズケータイを持たせようかと思っています。 基本料金も安いし、使い方も簡単。 iPhoneの機能を制限させるには さて、以下はiPhoneを子供に使わせる場合に設定できる「機能制限」です。 最新のiOSでは、「コンテンツとプライバシーの制限」という名前に変更になりました。 例えば成人向けのサイトを表示させない。 とか、有料アプリや課金をさせたくない。 とか、GPSをオフにさせたくない。 コンテンツとプライバシーの制限をオンにする 設定を開き、「スクリーンタイム」を開きます。 もし、「スクリーンタイム」が見つからない場合、そのiPhoneのiOSのバージョンが古い可能性があります。 その場合は、の場合に進んでください。 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップします。 iPhoneのパスコードを入力します。 「コンテンツとプライバシーの制限」をオン 黄緑色 にします。 iOS11以前の場合 設定を開き、「一般」をタップします。 「機能制限」をタップします。 「機能制限を設定」をタップします。 パスコードを設定します。 このパスコードは iPhoneのロック解除のパスコードとは違います。 また4桁なので 推測されないような数字でなおかつ、忘れないものにしてください。 設定したパスコードをもう一度入力します。 有料アプリやアプリ内課金を制限する 課金できないようにするには以下の設定をオンにします。 「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップします。 「App内課金」をタップします。 「許可しない」にチェックをします。 特定のサイトにだけしかアクセス出来ないようにする 機能制限では、子供にはふさわしくない成人サイトを表示させなくしたり、特定のサイトにしか標示させないような設定をすることも出来ます。 制限されたサイトを表示しようとすると、このような画面が標示されます。 「このWebサイトへのアクセスを許可」をタップすると、設定したパスコードを入力しないと見られません。 特定のサイトにしかアクセス出来ないようにするには以下の設定をします。 「コンテンツの許可」にある「Webサイト」をタップします。 「Webコンテンツ」をタップします。 許可されたサイトはこんな感じ。 あらかじめ登録されています。 追加する場合は… 一番下の「Webサイトを追加」をタップし サイトの名前を「タイトル」に、URLを「URL」に入れて追加することが出来ます。 追加されました。 位置情報をオフにできないようにする iPhoneでは、「友だちを探す」というアプリを使って登録した相手の居場所をリアルタムに把握することが出来ます。 参照: また、iPhoneをなくしてもパソコンや他のiPhoneから落とした場所などを検索することが出来ます。 参照: 最近、物騒な事件が多いですが、iPhoneを持たせていれば常にお子さんの居場所を把握したり、例えば学校から出たら知らせる。 とか、自宅から出たら知らせる。 ということも可能です。 このGPSやWi-Fiによる居場所の特定をオフに出来ないようにすることも出来ます。 「プライバシー」の項目の「位置情報サービス」をタップします。 なお、「自分の位置情報を共有」が「友達を探す」で、居場所を共有する設定になります。 アカウントの変更を防ぐ あとオンにしておきたい項目として、「アカウント」があります。 アカウントとは、アプリのダウンロードやiCloudに使う「Apple ID」のことで、これを変更されると、位置情報サービスなどがうまく働かない可能性があるので、ここも変更不可にしておきます。 「アカウント」をタップしたら、「変更を許可しない」にチェックを入れておきます。 機能制限をオンにすると? 機能制限をオンにしようとすると、制限がかかった項目を変更しようとすると、このようにパスコードを求められます。 これはスリープ解除用のパスコードと違い、機能制限設定時に設定したパスコードです。 4桁のパスコードなので、何度もパスコードを入力していたらそのうち解除されてしまうのでは?と思うかもしれませんが、6回間違えると1分間入力を受け付けなくなります。 1分後、再び入力できるようになりますが、今度は1回間違えただけで5分間、入力を受け付けなくなります。 その後は、15分、1時間とパスコードの受付が出来ない時間が伸びていきます。 なので、よほどのことがない限りパスコードの解除は不可能でしょう。 ただし、誕生日とか電話番号の下4桁のような子供にも推測可能な番号にしている場合は、この限りではありません。 パスコードを忘れてしまった場合 パスコードを忘れてしまった場合は、iPhoneを初期化することで解決できるのですが、その場合、アプリのデータや写真、動画などすべて削除されてしまうので注意。 詳しいやり方は、を参考にしてください。 なお、初期化後、バックアップから復元すればデータも復元できますが、バックアップ時にパスコードを設定した場合は、パスコードも復元してしまうので注意。 まとめ 今回の設定は、小さなお子さんだけでなく、年老いた両親などに持たせておく場合でも利用できると思います。 関連ページ• 最終更新日 2019-06-25 15:21:58 Sponsord Link• カテゴリー• iPhone• モバイル・携帯• Mac• 同じカテゴリーの記事•

次の