抱きしめ て ついでに キス も ネタバレ 11 話。 抱きしめてついでにキスも【第11話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

抱きしめてついでにキスも 4巻(13~16話)ネタバレ

抱きしめ て ついでに キス も ネタバレ 11 話

プチコミック6月号に掲載された『つまり好きって言いたいんだけど、』第11話を読んだのでさっそくネタバレ・あらすじや感想をご紹介します! 芸能界を舞台に、忘れたい相手である幼なじみと再会して一緒に仕事をするところから始まったお話。 千歳さんは自分をいじめた藤代くんのことを役者として尊敬はしていても、人間としては「嘘つき」だと思うがあまり何も信じられないっていう状態(泣)。 藤代くんは一生懸命好きだと伝えているのだけれど、こんなにのれんに腕押し状態で、よくくじけないなぁと心配してしまうくらいです(泣)。 そんな中で、藤代くんはセリフのように本音をもらすのですが…?というところで終わっていました。 好きだったのに、千歳さんを傷つけてばかりいた自分への後悔の言葉を口に自分を抱きしめた藤代くんが忘れられない彼女。 あれは演技だと自分に言い聞かせているけれど、どうしてもドキドキしてしまうようです(苦笑)。 今日は例の映画の完成披露試写会。 イベント前の藤代くんにそっけない態度をとってしまいながら、関係者席につく千歳さんの心中は、もう大忙しです(苦笑)。 久々に演技をしたら、ヒロインの「かなえ」の恋心とシンクロしてしまい、マネージャーとしての業務が恙無くこなせなくなってしまったようです。 撮影も直視できなくなるわ、藤代くんにはそっけなくなってしまうわ、マネージャーとしてダメすぎる状態に…(汗)。 自分を見たのかとドキドキする様子は、なんだかもう中学生かって感じです(苦笑)。 中学生とか高校生の頃って、目があったとかだけでもドキドキしましたよねー(遠い目)。 ドキドキする自分を感じながら話を聞いて、ふと千歳さんは思います。 監督は、彼の話をちゃんと聞いて受け止めているのに、自分はどうだ、と。 彼を嘘つきだと言って、彼の言うことはどれもこれもちゃんと聞いてこなかったのではないか。 つまりは、彼という人から目を背けてきたのではないか、と。 イベント後、千歳さんは急ぎの仕事があって打ち上げには不参加。 そのことに不満げな様子を見せる藤代くんですが、だからといって彼女を引きとめることもしませんでした。 近くで仕事をしていた千歳さんの元に、映画プロデューサーから電話が入り、駆けつけると藤代くんがお酒を飲みまくって酔いつぶれていました。 プロデューサー曰く、驚きのハイペースで飲んでいて、暴れはしなかったけれど様子がおかしかった、とのこと。 そばを離れたことを悔いる千歳さんに、さらに監督からもたらされたのは、思ってもなかったことでした。 撮影が進むにつれて、藤代くんがどんどん不安定になっていたこと。 いい画が撮れていたので何も言わなかったけれど、心配はしていたこと。 それは、最近の千歳さんには全然気づけていないことでした。 そのことにショックを受ける千歳さん。 なんとかかんとか藤代くんをマンションまで運び、ベッドに横たえてから自己嫌悪に陥ります。 メンタルは強めな藤代くんが、こんなことになる理由が思い浮かばないのです。 マネージャーなのに。 そこでふと目を覚ました藤代くんは、酔っ払っているからどこかぼんやりしています。 謝る彼に、千歳さんも今回の不調にまったく気付けなかったことを謝ります。 そして、不調の原因を教えてほしいと頼むのですが、その返事は思ってもみないことでした。 先日、練習でお芝居の相手をした時から、藤代くんには「かなえ」が「千歳さん」にしか見えなくなってしまったこと。 「かなえ」は自分を忘れてしまう役で、しかもタイミングよくというか悪くというか、千歳さんも急にそっけなくなり、自分から離れてゆくのではないか、と不安に囚われてしまったこと。 いやいや、 「U-NEXT」や「music. jp」なら最新刊でも実質無料で読めるんだよ! U-NEXTやmusic.

次の

抱きしめてついでにキスものネタバレや最終回の結末は?感想や評価も|漫画ウォッチ

抱きしめ て ついでに キス も ネタバレ 11 話

抱きしめて ついでにキスも11話ネタバレ 一緒に住みたいと虎太朗に言われとにかくびっくりするたま子。 虎太朗は少し前から考えていたのだ。 驚きとドキドキで虎太朗の顔が見れないたま子。 虎太朗はたま子をうしろから優しく包み、考えておいてと告げた。 付き合って2カ月で一緒に住むってどうなんだろうと、虎太朗が彼氏ということにすら慣れていないとたま子はルカと椛に相談する。 ルカはすでに結婚するという話で同棲したことがあるが、虎太朗はそこまで考えていないだろうねとたま子に話す。 椛はとりあえず2年だけとかでもいいじゃないと軽い考えだった。 たま子は親の問題とかもあるけど、ちゃんと仲よくやっていけるのかどうか、素をみせて嫌われないかと心配があった。 けれど虎太朗のいる生活を妄想していると、だんだんそれも良いかなと思ってきていた。 ルカはたま子が納得できるならアリだとアドバイスを送った。 今度の休み、2人でちゃんと考えてみると二人に言い、前にすすんでみようと決めたのだった。 虎太朗が仕事から家に戻ると、琉生が家にいた。 「おまえやっぱ合カギ返して」と部屋にはいると大きな荷物が置いてあるのに気づく。 琉生はFXのことがバレて父にキレられたというのだ。 当分虎太朗の家に居座るつもりだという。 困った虎太朗は、たま子と住むかもしれないと言うと、琉生は大声を出して驚いた。 説明を聞いて落ち着きを取り戻した琉生だったが、それは彼女も困惑するだろう、自分達は久龍さんに借りもある。 そして家事も出来ないから、彼女に負担をかけるだけだと忠告した。 虎太朗ははっとした。 別の日たま子の携帯に虎太朗から電話が来た。 何気ない会話をしていたが、たま子は同棲を前向きに考えたいと伝えたのだ。 虎太朗はなにも言えないまま、たま子が忙しくなり電話を切ってしまった。 そこへ久龍が来て、虎太朗にちょっといい?と声をかけてきた。 仕事のことやたま子のことをいろいろ聞かれ、そんな事まで聞くのかと少し疑った。 けれど同棲の悩みを素直に打ち明けた虎太朗。 同棲したいけど今の自分じゃ早いことに気が付いた、ちゃんと大事にできなきゃ意味ないと思っているのだと。 久龍は虎太朗でもそんなこと考えるのかと少し茶化しつつも「もう決めてるようにみえるけど」とそう言った。 たま子は外のベンチで虎太朗を待つ。 「おまたせ」と後ろから急にぎゅっとされて驚くたま子。 そして虎太朗は手を合わせ、この間のこといったん延期させてほしいと謝った。 なにかあったのかと心配するたま子。 虎太朗は自分はたま子の事がめっちゃ好きだけどそれ以外にはなにもない、たま子になにもかなわないのだと言うのだ。 だから、たま子の次のマンションの更新までに、いい男になっとくから待っててほしいと虎太朗は言った。 いっぱい自分のことを考えてくれたことに愛しくなるたま子。 「竹田くんはちゃんといい男だよ」 そういうと虎太朗はたま子を包み込む。 たま子は来年の秋まで頑張ろうと誓った。 虎太朗もたま子を話さないと告げるのであった。

次の

抱きしめてついでにキスも19話ネタバレ!正夢と莉桜の関係・・・|漫画市民

抱きしめ て ついでに キス も ネタバレ 11 話

抱きしめてついでにキスも【第11話】のネタバレ 虎太朗から、一緒に住みたいと言われたたま子。 しかし 突然の申し出に、 たま子は赤面して、言葉を失ってしまった。 それってどうなの? すると、どうやら ちょっと前から、実は考えていたことを明かす虎太朗。 電話して会いたくなったり、会うと離れたくなかったり、そういうのが解消されるならと、 一緒に住むことを考えていたようだったのだ。 しかし、 付き合い始めたばかりなのもあって、 もう少し待つつもりだったらしい虎太朗。 でも、 今回のたま子の告白で、虎太朗の気持ちが決壊してしまったらしいのだ。 ということで、 言ってしまったからには、かなり押してくる虎太朗。 しかしたま子はやっぱり、 嫌ではないが即答は出来ず、少し待ってもらうことに。 付き合って2ヶ月で同棲は、さすがに早過ぎるとも思うからだ。 あれこれ悶々 それを、昼休み中に ルカたちにも相談してみるたま子。 そこで、参考までに ルカに同棲の経験を聞いてみると、やはり 結婚の話が出てから同棲の話になったそうなのだ。 でも同棲となると、 親に言うことも考え、 たま子は 親に言った時の恐らくめんどくさい反応を想像して、 気を滅入らせるのだった。 ちなみに、 たま子の両親は厳しいのではなく、むしろ逆だが、めんどくさくは絶対なる。 そうして 心配事が増えてしまったたま子は、 親問題も、そして 自分がちゃんと虎太朗と暮らしていけるのかも、 悶々悩むのだった。 そんなとき、経験者であるルカは、 たま子の気持ちを尊重しつつ、 ふたりなら大丈夫だと背中を押すのだった。 その言葉に、 改めて次の休みに、虎太朗とちゃんと話をしようと決意するたま子。 迷惑と幸せと 一方で、虎太朗は自宅に帰り、 家に電気がついているのを発見し、 琉生が来ているのを察する。 そこで、 たま子との話もあったため、 虎太朗は琉生に 合鍵を返してもらおうと思っていた。 だが、来ていた琉生は 大きな荷物を持っていて、 なんと 実家を出て、ここでしばらく暮らす気でいると言い始める。 どうやら FXのことで実家の父ともめたようなのだ。 それを聞き、 一緒に住むことを拒絶しつつ、 たま子との話をした虎太朗。 それを聞いた琉生は、 虎太朗の見通しの甘さを指摘し、 たま子に負担をかけるのではと言い出したので、 虎太朗は言葉に詰まってしまうのだった。 そんな不安を抱えた虎太朗は、 思わずたま子に電話。 その電話を、 残業しながらとったたま子は、虎太朗が何か言う前に、 同棲を前向きに考えていると話すのだった。 やはり、 虎太朗と暮らせたら、毎日がすごく幸せだから。 その言葉に、 思わず黙ってしまった虎太朗だったが、 そこでたま子は、会社の電話に出ることになり、 丁度通話が終了。 そしてそのまま、虎太朗は 両極端な意見を頭で巡らせ始めていた。 久龍の話 そんなとき、偶然なのか 久龍に声をかけられた虎太朗。 そのままご 飯に連れられて行った虎太朗は、 仕事やプライベートのことなど、色々と訊かれていた。 そこで、 たま子とのことも話題に上がり、 流されるように、 同棲の悩みを告白する虎太朗。 それを聞いた久龍は、 色々と虎太朗が考えていることに少し笑いつつ、 もう虎太朗の中では答えが決まっていることを指摘したのだった。 すると、久龍は時間になり、車で移動することに。 そして虎太朗と別れてから、 自分が声をかけた本当の理由を、虎太朗に話せなかったことに気が付くのだった。 結論 そして次の休み、 昼に公園で待ち合わせしたふたりは、ついに 本格的に同棲の話をすることに。 すると、虎太朗は自分から、 同棲の延期を話し始めたのだった。 気持ちが変わったわけじゃない。 それを受け、 たま子を高く評価しすぎだと思いつつ、虎太朗の話を聞くたま子。 すると、虎太朗は 次のたま子のマンションの更新までに 男を磨くことを誓い、 それまで待っていて欲しいとたま子に言うのだった。 それを聞き、考えてくれたことにまずは感動するたま子。 だが、どうしても、 虎太朗の自己評価の低さだけは気になり、たま子 は虎太朗の頑張りや性格を評価するのだった。 それを聞き、 思わずたま子を抱きしめる虎太朗。 そんな虎太朗の腕の中で、 たま子も自分を磨くことを、内心で決意した。 延期はしたものの、離すつもりはないことを、たま子をまっすぐ見て宣言する虎太朗。 そんな虎太朗に、顔を真っ赤にしたたま子は、 内心で自分もそのつもりだと返すのだった。 抱きしめてついでにキスもの最新話を含めココハナをすぐに無料で読む 以上、抱きしめてついでにキスも【第11話】のネタバレをご紹介しましたが、やっぱり絵があって最新話を読んだ方が面白さは全然違ってきますよ。 U-NEXTを使えばココハナの 2019年11月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回の抱きしめてついでにキスもの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! 抱きしめてついでにキスも【第11話】の感想と考察 なんかもう、愛おしいふたりですよね…! 一生懸命な感じが、本当にきゅんとします。 ただ今回、前回も気になっていた久龍の言いたい事が、明らかにならなかったのが気になりますよね。 一体何の問題が起きるのか、そこが注目だと思います。 次回も楽しみですね! 次回の抱きしめてついでにキスも【第12話】掲載のココハナ2019年12月号の発売日は10月28日になります! まとめ 以上、抱きしめてついでにキスも【第11話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の