石田 あゆみ。 いしだあゆみの今現在の様子。若い頃が美人!逮捕って何?姉妹で芸能人?

いしだあゆみの激やせ問題が止まらない!顔の老化は薬?それとも病気!?

石田 あゆみ

この項目では、女優のいしだあゆみについて説明しています。 のメンバーの石田亜佑美については「」をご覧ください。 いしだ あゆみ 出生名 石田 良子(いしだ よしこ) 生誕 1948-03-26 (72歳) 出身地 学歴 卒業 ジャンル 活動期間 - レーベル (1964年-1968年) (1968年-1980年) (1981年-1984年) (1985年) (1986年) 事務所 公式サイト いしだ あゆみ 出生地 職業 、、 ジャンル 、、 配偶者 ( - ) 著名な家族 (実姉) (実妹) (義弟) 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 映画 『』 『』 『』 『』 『』 『』 受賞 『』 『』 優秀主演女優賞 『』 『』 最優秀主演女優賞 『』/『』 『』 主演女優賞 『火宅の人』/『時計 Adieu l'Hiver』 その他の賞 1978年 助演女優賞 『青春の門 自立編』 1986年 主演女優賞 『火宅の人』/『時計 Adieu l'Hiver』 キネマ旬報賞 1986年 助演女優賞 『火宅の人』 1986年 女優主演賞 『火宅の人』/『時計 Adieu l'Hiver』 いしだ あゆみ( - )は、日本のアイドル、歌手、女優。 本名は 石田 良子(いしだ よしこ)。 生まれ、育ち。 母親は出身。 実姉は代表の、実妹は歌手の、石田ゆりの夫にあたる義弟は小説家・作詞家の。 2003年のNHK朝ドラマ『』(原作)の岩田夏子は、いしだがモデルである。 来歴 [ ] 4人姉妹の次女。 生後2か月でにかかり、瀕死のところ佐世保のの病院でによって助けられた。 選手を経て芸能界にスカウトされ、にで初舞台を踏む。 ともだち劇場での指導を受けた。 に上京し、に師事。 、よりで『夢みる恋(原題: Walkin' Back To Happiness)』を本名の「石田良子」名義で発表。 『ネェ、聞いてよママ』で「いしだ・あゆみ」 名義でレコードデビューを果たし、『』にも出演する。 、イメージチェンジと歌手活動に専念のためレコード会社をへ移籍。 同年12月に発売された『』が初頭から大ヒットし 、150万枚の売り上げを記録。 その後も、1969年『今日からあなたと』『喧嘩のあとでくちづけを』、『』、『』などが続けてヒットする。 『』へは、初出場の1969年・から・まで9年連続して出場、・には16年ぶりに復帰し、通算で10回出場した。 、『』での演技で助演女優賞を受賞。 の『』でのヌードが話題になった(『』との両作品で第6回日本アカデミー賞主演女優賞を獲得)。 、所属していたから分社化したへなどと共に移籍し、その後は次第に女優業へ主軸を移す。 同年の映画『』ではフィギュアスケートのコーチを演じている。 テレビドラマでは『』や『』に出演して当たり役となる。 また、渡哲也とのデュエット「わかれ道」で、放送の「」のスポットライトのコーナーに出演した。 上半期の『』のをとともに務め、放送時点41歳で当時としてはヒロイン史上最年長だった。 下半期に放送された連続テレビ小説『』でが演じた岩田夏子はいしだがモデルで、自らもクラブの歌手で出演した。 長く新曲の発表がなかったが、1月に『』のコーナー「」の1曲として久々の新曲「オアシス」を作詞・阿木燿子、作曲・で発表。 同番組で同年3月まで流された。 「オアシス」はが刊行している『ラジオ深夜便年鑑2008』の付属CDと「深夜便のうた」のオムニバスCDで聞くことができるのみである。 ドラマでは『やすらぎの刻 道』に出演した。 人物 [ ] の熱狂的ファンで、仕事の合間を縫いながら必ずテレビドラマ『』を観ており、千葉と会ったときには「大ファンです」と伝えている。 の映画『』や主演したテレビドラマ『』()では恋人役で念願の共演を果たした。 1969年、・『』の「コンピューター恋人選び」コーナーでは、当時いしだの恋人と噂されたが公表される。 その後森が見ている目前にして、大ヒット曲『ブルー・ライト・ヨコハマ』を歌唱中、いしだは途中で突如泣き崩れ歌えなくなってしまう事件が発生した。 テレビドラマ『』で共演したとに結婚したが、に離婚した。 2019年3月の萩原健一の死去にあたっては、「ご冥福をお祈りします」との追悼コメントを発表している。 ディスコグラフィー [ ] シングル [ ] 発売日 規格品番 オリコン 最高位 面 タイトル 備考 1964年4月 SV-13 A ネェ、聞いてよママ B 初恋 1964年6月 SV-31 A サチオ君 B 17才になりたいの 1964年8月 SV-37 A 素敵なパパ とのデュエット。 B 小さな幸福 1964年8月 SV-57 誰だって一人じゃない 片面は、田辺エイコの「三人三羽」。 1964年8月 SV-75 A 東京の夜は更けて B 東京の夜は更けて(Inst. ) 1964年9月 SV-89 A 先生を好きでした B あゆみの子守唄 1964年9月 SPV-23 サミーのマーチ 片面は、伊藤アイコの「ハートでキッス」。 1964年11月 SPV-25 ブーベの恋人 片面は、ロイヤルナイツの「夢みるバラの乙女」。 1964年12月 SV-161 みんなでサイクリング とのデュエット。 片面は、ロマンス・サイクリングの「赤い花びら飛んでゆく」。 1965年2月 SV-166 A みどりの乙女 B 渚の想い出 1965年3月 SV-180 A アッちゃん B 真珠(パール)の指輪 1965年8月 SV-256 A 愛さなければよかった B 歌え太陽 1965年9月 SV-273 ガムとチョコ 片面は、伊藤アイコの「メリー・ゴーランド」。 1965年11月 SV-308 A わたしのことだけ B 湖に雨が降るとき 1965年12月 SV-328 A 若い野ばら B さびしさに涙して 1966年4月 SPV-64 A 夢みる17才 B ソー・ロング・ベイブ 1966年5月 SV-391 A 愛のマーチ B 忘れたいのよ 1966年7月 SV-424 さいはての湖 片面は、の「くちづけ」。 1966年8月 SV-441 A パイナップル・ラブ B 赤いバラ 1967年4月 SV-534 A 黄色いハンカチ B 緑のおめめ 1967年5月 SV-552 A 恋のシャドー B あふれる幸せ 1967年9月 SV-606 A こまらせたいの B 夜を忘れたい 1968年2月 SV-658 A 小雨の思い出 B 星のタンバリン 1968年6月10日 LL-10058-J 18位 A B 夢でいいから 1971年11月 A 夢でいいから 再発盤。 B 太陽は泣いている 1968年9月25日 LL-10070-J A ふたりだけの城 B あふれる愛に 1968年12月25日 LL-10081-J 1位 A B 明日より永遠に 1991年7月21日 CODA-8885 1 ブルー・ライト・ヨコハマ 再発盤。 2 1969年4月15日 LL-10092-J 10位 A B 恋はそよ風 1969年8月1日 LL-10102-J 7位 A 今日からあなたと B ある日街角で 1969年11月25日 LL-10116-J 7位 A 喧嘩のあとでくちづけを B 天使の足音 1970年3月25日 LL-10127-J 2位 A B 今夜は帰って 1970年7月15日 LL-10146-J 8位 A 昨日のおんな B 誘惑的な午後 1970年10月1日 LL-10151-J 12位 A 何があなたをそうさせた B 恋人と呼んで 1971年2月10日 LL-10155-J 20位 A 止めないで B 待っている女 1971年5月10日 LL-10164-J 3位 A B 24時間の恋 1971年8月25日 LL-10172-J 10位 A おもいでの長崎 B ひとり歩きもできないくせに 1972年1月25日 LL-10186-J 18位 A さすらいの天使 B 白いしあわせ 1972年7月25日 LL-10195-J 45位 A まるで飛べない小鳥のように B いつもなら私は 1972年11月10日 LL-10204-J 43位 A 生まれかわれるものならば B 愛よ行かないで 1973年2月25日 LL-10212-J 51位 A 愛愁 B あなたからどうぞ 1973年6月10日 LL-10217-J 52位 A 渚にて B 破局 1973年9月10日 P-301 42位 A 愛の氷河 B 私のラスト・ショー 1974年1月25日 P-329 42位 A 幸せだったわありがとう B 何も言いっこなし 1974年4月25日 P-342 54位 A 恋は初恋 B 不思議なの 1974年8月1日 P-362 74位 A 美しい別れ B ラスト・シーン 1974年12月1日 P-388 A 家路 B 幸せのあとで 1975年4月1日 P-401 A 待ちわびても B 別れの鏡 1975年11月10日 P-441 83位 A 時には一人で B 冬の微笑 1976年5月1日 P-457 A とまどい B どうすればいいの 1977年4月1日 PK-50 A ちょっと淋しい春ですね B 夢のかけら 1977年11月1日 PK-84 A 港・坂道・異人館 B 誘惑者 1978年7月1日 PK-117 A 今夜は星空 B カシミヤの手ざわり 1978年10月1日 PK-123 A 大阪の女(ひと) B うわの空 1979年6月10日 PK-157 86位 A マイルド・ナイト B 漂流記 1980年6月25日 AK-675 A マイルド・ロマン・ロック B あの人は風の中 1981年11月21日 ALR-745 A B 波になって 1985年9月21日 07SH-1688 78位 A 羽衣天女 イメージ・ソング B 囁きのリフレイン 1986年11月21日 07TR-1141 A わかれ道 とのデュエット。 B 海鳴り 2015年4月18日 HMJA-103 1 私自身 with ティン・パン・アレイ・ファミリー。 対戦相手の歌手名の 内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある はトリ等を務めた回数を表す。 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1977年) - 福村慶子 役• (1978年) - 坂井ハツ子 役• (1984年) - 佐野ミキ 役• (1979年 - 1980年) - 竹沢滝子 役• (1981年)• (1982年) - 曽根佐和子 役• 「」(1982年)• (1989年) - 主演・阿川麻子 役• (1991年 - 1992年) - 小野瀬綾 役• (1995年) - 花井涼子 役• (2003年 - 2004年) - 山根ミサ子 役• (2006年 - 2007年) - 八木沢純子 役• (2007年) - 琴子・アンデション 役• 歩く、歩く、歩く ~四国 遍路道~(2013年、) - 木村靖子 役• (2014年、NHK BSプレミアム) - 木村節子 役• (2015年、NHK BSプレミアム) - 美羽なぎさ 役• 第16話「私生活」(1976年) - 稲村紀子 役• (1977年 - 1978年)• 誘拐の報酬(1982年、テレワイド) - 主演• 愛の報酬(1983年、テレパック) - 主演• 崩れる(1985年、テレパック) - 主演• ガラス細工の家(1991年5月、テレパック) - 主演・土門冴子 役• (2001年) - 矢島春子 役• 親父(2002年) - 木暮里子 役• (2002年) - 津島信江 役• (2003年) - 房野麻紀子 役• 女ざかり(1984年)• (1994年) - 山田依子 役• (1995年) - 大野窓子 役• (2001年) - 三田村圭子 役• (2006年) - 杉本百合 役• (2011年)• (1964年 - 1966年)• 光る海(1965年)• (1973年) - 主演・お民 役• (1977年) - 竹森日出子 役• (1979年) - 紅子 役• 女の熱帯(1980年)• (1980年) - 津村悠子 役• (1980年)• (1983年 - 1985年) - 野村久子、岡田桐子 役• もういちど結婚(1983年)• (1983年) - 枝村幸子 役• 哀しみの女(1987年)• (1990年) - 宮部灯 役• (1995年) - 柚木安津子 役• (1998年) - 役• (2001年) - 樋口敦子 役• (2003年) - 辻美木子 役• (2003年) - 加山京子 役• (2004年) - 遠山映子 役• (2005年) - 小田トキ 役• (2006年) - 江守公子 役• (2009年) - 町村みどり 役• (2010年) - 島田美弥子 役• 第1シリーズ 第1話「情けの忘れ雛」(1976年)• 第2シリーズ 第12話「雨あがり」(1978年)• 第3シリーズ 第10話「市の茶碗」(1979年)• 江戸の波濤(1979年) - お絹 役• - 黒板 宮前 令子 役• 北の国から・連続TVシリーズ 1981年 - 1982年• 北の国から・'92巣立ち 1992年)• 消しゴムお亜季(1985年 - 1987年)• (1986年7月25日) - 主演・富田景子 役• (1987年5月1日)• (関西テレビ)• 霊山の舞扇(1989年)• 昔みたい(1991年)• (1992年、レオナ) - 白河球磨子 役• (1993年、レオナ) - 伊瀬和代 役• (1993年、) - 青池リカ 役• (1999年) - 落振尼子 役• (2000年) - 中谷絹枝 役• (2000年) - 村田咲子 役• (2002年、関西テレビ) - 中川静江 役• (2002年、関西テレビ) - 蓮見佐智代 役• (2003年、関西テレビ) - 志津谷りつ 役• (2004年) - 大室よしの 役• (2005年) - 梶田啄子 役• (2006年) - 翠玲 役• (2007年) - 岩崎由江 役• まだ見ぬ父へ、母へ〜全盲のテノール歌手・の軌跡(2007年) - 新垣かまど 役• (2013年) - 園田芳子 役• (2013年) - 春川茜 役• (2013年) - 塩見千鶴 役• 第4部・第5部 (1974年・1977年)• カンガルーの反乱(1978年 - 1979年)• (1979年、)• (1980年) - 主演• 火あぶりの女(1981年) - 主演• (1983年) - 主演• (1986年) - 主演• 「」(1981年) - 主演• (1989年) - 辻口夏枝 役• ミカドの淑女(1992年)• (2000年) - 小山ハツエ 役• (2001年) - 名倉加寿子 役• (2004年) - 川地清美 役• (2011年) - 橋本弥生 役• (1996年)• (2001年) - 八杉恭子 役• 「」 - 和泉麻子 役 映画 [ ]• (1964年) - ゆかり 役• 若い野ばら(1965年) - 成沢美岐 役• われら劣等生(1965年) - 谷村みち子 役• ぜったい多数(1965年) - 女リーダー 役• 千曲川絶唱(1967年) - 美子 役• (1967年) - 西郷梅子 役• (1967年) - 坂本けい子 役• (1969年) - ロケ撮影の歌手 役• (1973年) - 阿部玲子 役• (1977年) - カオル 役• (1979年) - おりは(荻野)役• (1979年) - 馬場順子 役• (1981年) - 三上直子 役• (1982年) - かがり 役• (1982年) - 山根恵子 役• (1983年) - 外浦節子 役• (1983年) - 穂波美知江 役• (1985年) - 北原冬子 役• (1986年) - ヨリ子 役• (1986年) - 早見令子 役• (1988年) - ケイ 役• (1988年) - 日下佳子 役• (1992年) - 野沢春子 役• (1996年) - 北川玲子 役• (1997年) - 稲村きぬ 役• (1998年) - 役• (2000年) - 古賀艶子 役• (2002年) - 三津森鶴子 役• (2005年) - 久遠寺菊乃 役• (2007年) - 中野春子 役• (2008年) - 西村スミ子 役• (2009年) - 山岸安江 役• (2011年) - 赤塚ヨリ 役• (2011年) - 野田フサノ 役• (2014年) - 紙子 役 舞台 [ ]• (1967年) - シュプリンシェ 役• (1982年) - ホーデル 役• (1983年) - 日夏京子 役• (1985年) - お袖• 月のしぶきを浴びながら(1994年、パルコ劇場) - 主演・四十歳の女 役 バラエティ [ ]• (1994年 - 1998年、) - 司会• () 第213回(2011年9月25日 、 と出演)、第504回(2017年6月18日 、 と出演) CM [ ]• 福島県郡山市デパート - うすい• - 受賞 [ ]• 1978年• 優秀助演女優賞 - 『』• 第3回 助演女優賞 - 『青春の門 自立編』• 1982年• 優秀助演女優賞 - 『』• 1983年• 第6回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞 - 『』、『』• 1986年• 第29回 主演女優賞 - 『』、『』• 第6回 キネマ旬報賞 助演女優賞(『火宅の人』)• 第41回 女優主演賞 - 『火宅の人』、『時計 Adieu l'Hiver』• 第11回報知映画賞 主演女優賞 - 『火宅の人』、『時計 Adieu l'Hiver』• 第24回ゴールデン・アロー賞 - 大賞、映画賞• 1987年• 最優秀主演女優賞 - 『火宅の人』、『時計 Adieu l'Hiver』• 1997年• 優秀主演女優賞 - 『』 脚注 [ ]• 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p. 531• 『芸人その世界』第九刷、、1972年、279頁。 ……と、永六輔は自身が芸名の名付け親か否かをぼかしている。 いしだあゆみ自身はのゲストコーナー「乙女探検隊が行く〜関東新地図」に出演した際に「お世話になった方の娘さんの名前からいただいた」と、永六輔が名付け親という説を否定している。 『』1990年3月27日号。 「表紙のおしゃべり」『月刊平凡』12月号、、1969年。 週刊女性PRIME、2015年3月27日掲載• チェリー、2016年9月3日掲載 外部リンク [ ]• - イザワオフィス• 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 原田潤人• しょーご• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の

いしだあゆみの楽曲一覧

石田 あゆみ

いしだあゆみの激やせ問題が止まらない!顔の老化は薬?それとも病気!? いしだあゆみが背負う、美人女優の老化問題 いしだあゆみが、まだ20歳だったころです。 ミニスカートがよく似合う、清楚で都会的ないしだあゆみが歌う「ブルーライトヨコハマ」は、大ヒットしました。 しかし年を経るに従って、美人ゆえ、余計にその痩せ方が目立つようになったいしだあゆみ。 しだいに、病気ではないかという噂が立つようになりました。 確かに最近では出演作品も少ないいしだあゆみは、出演するたびに、逆にそのやつれ様が心配されています。 しかし1948年生まれで、もう67歳になるいしだあゆみ。 年相応といえなくもありません。 女優という仕事は残酷なもので、老いを迎えてからの生き方もなかなか大変なようです。 横浜市が開港150周年を記念したアンケートでは、横浜のイメージソングとして、「ブルーライトヨコハマ」が、2位の童謡「赤い靴」を大きく引き離して第1位になっています。 1968年、世は空前のGSブーム。 従来の演歌から和製POPSへと歌謡曲の世界も大きな変革期に入り、本格的なアイドル時代を迎えようとしていました。 いしだあゆみは、1960年にスカウトされ、1962年には森繁久彌が主演したホームドラマ「七人の孫」ですでに人気があり、女性アイドルの走りといった存在でした。 いしだあゆみは70年代後半まで歌手として活躍。 以後は女優として活動の幅を広げ、1979年にNHK「阿修羅のごとく」や、1983年にはTBS「金曜日の妻たちへ」で、本格女優としての地位を確立します。 いしだあゆみの姉妹は?元祖事実婚、萩原健一との関係は? いしだ四姉妹伝説が、NHK朝のテレビ小説「てるてる家族」に いしだあゆみの一家は四姉妹で、大阪に育ち。 姉は、フィギュアスケートのグルノーブルオリンピック代表となり、次女のいしだあゆみも、フィギアスケートをしているところをスカウトされて歌手デビューしました。 三女のいしだゆりも、いしだあゆみに遅れて歌手デビューしますが、すぐに作詞家のなかにし礼と結婚します。 夫であるなかにし礼が書いたのが、石田家の母と四姉妹をモデルにした小説「てるてる坊主の照子さん」。 2003年には、NHK朝のテレビ小説「てるてる家族」としてドラマ化され、いしだあゆみ自身も、いしだあゆみがモデルの主人公と出会う、売れない中年歌手の役を演じ、ドラマを盛り上げていました。 いしだあゆみを育み汚した男、萩原健一の功罪 いしだあゆみが、本格的に女優をめざしていた1980年から4年間、俳優の萩原健一と結婚していたことは当時あまり知られていませんでした。 後に、籍を入れていた、入れていないで話題になりましたが、事実婚としては確かなようです。 いしだあゆみが痩せてやつれていったのは、萩原健一と暮らしていたこの時期に符合します。 しかし、同時期いしだあゆみが、女優としての演技に磨きがかかっていったのも事実です。 いしだあゆみが痩せ衰えたのは、萩原健一に禁止薬物を教えられたのではないかという、酷い記事が書かれたりしていますが、萩原健一もとんだ罪作りな男といえます。 いしだあゆみは薬物疑惑を跳ねのけ、女優として越えなければいけない道 いしだあゆみには、最近また追い打ちをかけるように、疑惑の目が向けられています。 昨年来の歌手ASKAの薬物中毒事件だけに限らず、芸能界では、これまでに何度も薬物中毒疑惑が持ち上がってきました。 次に警察がマークしているのは大物女優Iなどという記事が芸能誌に踊ったりすれば、事実無根であっても、本人にとっては大変ショックなことでしょう。 いしだあゆみは今、世間の目にさらされるのがひどく億劫となり、恐怖となっているのではないでしょうか。 また女優である以上、容姿の衰えは自分自身が一番よく知っているはずです。 美人女優は、年齢とともに越えなくてはいけない3つのステップがあります。 清楚な新人女優から、悪女もこなせる本格女優へ、そして脇役も厭わない大女優へというプロセスです。 いしだあゆみは、アイドルのはしりから、本格女優へと見事に脱皮しました。 しかし、美人女優としてのイメージが強かった分、まだ上手に老けることができないでいるのではないでしょうか。 かつて、元日活の大女優浅丘ルリ子が60歳の時、石坂浩二との熟年離婚で、酷くやつれた姿をさらして話題になりました。 しかし、浅丘ルリ子はその危機を乗り越え、75歳の今も女優として活躍しています。 いしだあゆみにも、今を乗り越え、女優としての道を全うしてほしいものです。 <こちらもおすすめ!>.

次の

いしだあゆみ、今(2020)どうしてる?また、現在逮捕されたとの噂が・・・※写真あり

石田 あゆみ

左から萩原健一、いしだあゆみ 1980年 いしだあゆみの出演作 いしだあゆみさんは、4人姉妹の次女として長崎県佐世保市に生まれます。 育った土地は大阪府池田市で、5歳からフィギュアスケートを始めました。 姉はフィギュアスケートのオリンピック選手、石田治子さんです。 同時期に児童劇団にも入っており、初舞台は梅田コマ劇場でした。 1962年に上京して、作曲家・いずみたくさんの弟子になります。 デビュー曲は『ネェ、聞いてよママ』でした。 女優としてはドラマ『七人の孫』(TBS系)や映画『喜劇 駅前音頭』に出演。 一気に花開いたのは名曲『ブルーライトヨコハマ』をリリースしてからです。 横浜駅に流れる名曲『ブルーライトヨコハマ』 『ブルーライトヨコハマ』は、2008年に京浜急行電鉄の横浜駅において『駅メロ』に採用されました。 列車が近づくとホームに流れる『ブルーライトヨコハマ』に、旅情や郷愁をかき立てられる人が多くいます。 いしだあゆみさんは『あなたならどうする』や『砂漠のような東京で』の大ヒットを連発。 流行歌手としてスターダムを駆け上がりました。 『あなたならどうする』は平成でもCMやバラエティで使用されることがあるスタンダード・ナンバーとして定着しました。 いしだあゆみは女優業へ いしだあゆみさんは映画『日本沈没』、『青春の門・自立篇』といった作品に出演し、全く違った役を演じ分けることができる実力派女優として評価されるように。 映画では『火宅の人』においてヨリ子役を務めました。 夫に浮気され家庭を守る妻の悲哀を演じ切り、『第29回ブルーリボン賞』主演女優賞に輝いています。 また、映画では『第29作 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』において寅さんのマドンナ役にも選ばれています。 娘を実家に任せて働いている未亡人・かがり役でした。 ドラマでは、名シナリオライター・向田邦子さんが執筆した『阿修羅のごとく』(NHK)の三女・滝子を演じました。 地味で内気ながら探偵・勝又にひかれていく滝子を見事に演じています。 向田邦子さんの脚本作品では、『最後の自画像』(NHK)の福村慶子役も印象深いといわれます。 定年を迎えた主人公が不倫の駆け落ちをする相手が福村慶子で、いしだあゆみさんの美しさがシチュエーションに説得力を持たせています。 原作は『ゼロの焦点』『点と線』といった作品で名高いミステリー作家の松本清張さんの同名作品。 同作には松本清張さんも老人役で出演しました。 傑作ドラマと名高い『北の国から』シリーズ(フジテレビ系)にも、いしだあゆみさんは登場。 主人公・五郎の妻である令子役でした。 いしだあゆみさんは夫である五郎と離婚する決意はしても、子供たちの母であり続ける令子の細やかな心の動きを演じ切っています。 いしだあゆみの『何もない』生活がすごい いしだあゆみさんは、2011年5月20日放映のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演して、最近の生活について話しています。 一戸建てから2LDKのマンションに引っ越す時、いしだあゆみさんはいらないものを捨ててしまいました。 荷物は1割しか残らなかったとか。 皿は1枚、カップも1つだそう。 さらにいしだあゆみさんは、2017年6月18日のトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。 「今どうしているか」を話してくれました。 共演は和田アキ子さんと中尾ミエさんです。 3人は若い頃から仲がよく、和田アキ子さんは新人時代にいしだあゆみさんと中尾ミエさんから助けてもらったといいます。 いしだあゆみさんは、きちんと着物を着こなしつつもアゴに大きな青あざを作って登場します。 心配した和田アキ子さんに「どうしたのか」と尋ねられ、「前日に転んでアゴを打った」と答えて続けました。 「(アゴを冷やそうと思って)冷凍室開けたら冷凍ものの大福あったの」その大福でアゴを冷やしたという、いしだあゆみさん。 氷もなかったし製氷機も使ってないと答えます。 大福は冷凍しておいたものを出して、溶けたところを朝の食事にしようと思っていたそう。 ほかにも、「夜は電気をつけずに月の光で過ごしている」「携帯はもたない」といういしだあゆみさんのエピソードが続きました。 『ブルーライトヨコハマ』をヒットさせただけに「最近ブルーライトが目に悪い」といわれることが「悲しい」とつぶやくいしだあゆみさんは、同席の2人から笑いを誘っていました。 いしだあゆみの現在・これから いしだあゆみさんは2019年4月~2020年3月にかけて放送されたドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)に出演。 浅丘ルリ子さん演じる大女優の付き人・中川玉子役にキャスティングされました。 同作は俳優の石坂浩二さんや浅丘ルリ子さん、伊吹吾郎さんといったそうそうたるメンバーが出演し、話題に。

次の