トリ アシル グリセロール 構造。 トリアシルグリセロールとは

ジアシルグリセロール

トリ アシル グリセロール 構造

25(追加)-26 脂質の性質とヒト体内における役割に関する記述である。 正しいのはどれか。 (1)ステアリン酸は、多価不飽和脂肪酸である。 (2)トリアシルグリセロールは、両親媒性物質である。 (3)パルミチン酸は、プロスタグランジンの前駆体となる。 (4)ホスファチジルコリンは、リポたんぱく質の構成成分となる。 (5)コレステロールは、身体活動のためのエネルギー源として利用される。 トリアシルグリセロールは、極性をもたない脂質である。 (4)〇 正しい。 リポたんぱく質は、中心部に極性をもたないトリアシルグリセロールやコレステロールエステルがあり、その周辺を両親媒性のリン脂質や遊離コレステロールが取り囲んだ粒子構造をしている。 要するにおまんじゅうのあんこと皮の関係である。 こうして、水に溶けない脂質を、粒子の形で血液中に溶け込ませることができる。 ホスファチジルコリンは、リン脂質の1種である。 コレステロールは、体内でアセチルCoAから合成され、細胞膜の成分やステロイドホルモンの前駆体として働く。 不要なコレステロールは、そのまま、あるいは胆汁酸に変換されて胆汁中に排泄される。 体内で再びアセチルCoAに分解されることはないので、エネルギー源になることはない。 正解(4).

次の

グリセリンに飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸が結合する場所は決まっている

トリ アシル グリセロール 構造

a カイロミクロン キロミクロン は、食事から吸収されたトリアシルグリセロールを輪送する。 b VLDLのトリアシルグリセロールは、 そのままの形で脂肪細胞に取り込まれない。 VLDLのトリアシルグリセロールは、まず胆汁酸によって乳化される。 その後、膵リパーゼの作用を受けて加水分解され、グリセロールと脂肪酸となり吸収される。 吸収された後は、小腸の上皮細胞内で再びトリアシルグリセロールとなり、リポたんぱく質に組み込まれてリンパ管から胸管、肝臓、大循環へと運ばれる。 c LDLは、肝外組織に コレステロールを輸送する。 d HDLは、肝外組織のコレステロールを肝臓へ輪送する。 HDLは、肝臓や小腸で作られるリポたんぱく質であり、 末梢組織から余分なコレステロールを受け取り、肝臓に運搬している。 これを、「HDLによるコレステロールの逆転送」という。 1 aと b 2 aと c 3 aと d 4 bと c 5 cと d.

次の

【基礎】リポたんぱく質

トリ アシル グリセロール 構造

問題 生体膜の構造や機能に関する記述である。 正しいのはどれか。 通してもオッケーなら開き、ダメな異物なら開かない こうして細胞を守っているのです。 通常 細胞内にはカリウムの割合が多く 細胞外にはナトリウムの割合が多いです。 浸透圧の話になるのですが ナトリウムやカリウムは濃い方から薄い方へ流れていきます。 つまり ナトリウムは細胞外に多いため 細胞内の方へ自動的に流れていきます。 (受動輸送) 体は常に細胞内外の体液の割合を、一定に保とうとする(恒常性)ので 細胞内に流れてきたナトリウムを、細胞外に戻そうとします。 これは自然の流れに逆らうのでエネルギーを使います。 細胞外に能動輸送するというワードは正しく 酵素も存在するので(2)が正解となります。 ということで 2 は正しい。 (3)分泌タンパク質はエンドサイトーシスによって細胞外に放出される この問題は基本中の基本です。 エンドサイトーシスと エキソサイトーシス。 取り込むか、 出すかです。 エンドサイトーシスは 取り込む エキソサイトーシスは 出す。 ということで 3 は間違い。 (4)生体膜を構成する脂質には、不飽和脂肪酸は含まれない これは少し細かな問題なので難し目ですね😞 生体膜を構成する脂質は、主にリン脂質と言いました。 そこに不飽和脂肪酸が含まれているかどうかですが。 結論からいうと 不飽和脂肪酸である、 オレイン酸が含まれています。 ということで 4 は間違い。 (5)生体膜の基本構造は、トリアシルグリセロールの二重層である これは生体膜のポイントにもあった脂質二重層の話ですが。 スポンサーリンク おわりに この問題は(4)が難しいのと (2)(3)(5)は簡単なので そこから正解にたどり着けるといいと思います。

次の