インディ ペン デンス デイ 2。 インデペンデンス・デイ

インデペンデンスデイ・リサージェンスの海外の評価が低くて爆笑!

インディ ペン デンス デイ 2

解説 1996年に製作・公開され、世界中で大ヒットを記録したSFパニック超大作「インデペンデンス・デイ」の20年ぶりの続編。 エイリアンの侵略を生き延びた人類は、共通の敵を前にひとつにまとまり、回収したエイリアンの技術を利用して防衛システムを構築。 エイリアンの再来に備えていた。 しかし、再び地球を目標に襲来したエイリアンの兵力は想像を絶するものへと進化しており、人類は為す術もなく、再度の絶滅の危機を迎える。 監督は、前作も手がけたディザスター映画の巨匠ローランド・エメリッヒ。 戦闘機パイロットの主人公ジェイク役を「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースが演じ、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムら前作から続投したキャストも参加。 2016年製作/120分/G/アメリカ 原題:Independence Day: Resurgence 配給:20世紀フォックス映画 スタッフ・キャスト ・インディペンデンスデイ 1996 に起こったエイリアン侵略に勝利した人類。 それから20年たち、再び彼らの本隊が襲来し、地球の核を奪いに来た。 人類vsエイリアンの再決闘、が物語の大筋。 ・一言でいうと「部屋を暗くして、爆音で、ジャンクフードを食べながら観るべきSFアトラクション映画」。 このジャンルでは素晴らしい作品だと思います。 ・エイリアンの再侵略に向けてのゆっくりとした展開から、侵略が始まると終盤まで一気に畳み込むアトラクションのような展開。 ・特に決戦の終盤は、複数の視点での戦いを並行で描くことで、よりハラハラ感を与えてくれる演出でした。 前回倒したエイリアンの技術を取得した上で改良された戦闘機によるスターウォーズのような空中戦、エイリアンの宇宙船本体に入り戦う主人公たち、本部にてエイリアンを倒すためのキーとなる球体を守る戦士たち、元大統領による囮作戦、市民をバスで守ろうとするデイヴィット・レヴィンソン、、、ちょっとでも見逃すと、どれがどれだかわからなくなるようにスピーディーに展開されていく映像のハラハラ感は素晴らしいものがあります。 ・また、前作から引き継がれ画キャラクターも魅力的で、二作を一気に観る楽しみがあります。 また、前作と比較して、映画の世界においてしっかりと時が進んでいることを楽しめます。 以下、引き継がれたキャラ達です。 ・総じて、かけたお金の分だけ壮大でしっかり見応えのある映画、でした。 ラストシーンでは次回作を匂わせる台詞になっているので、これまた期待。 今作が20年越しの続編だったので、次回もまた20年後でしょうか。 その時は、現実世界も大分様変わりしているので、どのような設定で作品がつくられるのか、非常に楽しみです。 アトラクション映画 アクション映画 SF映画 ジャンクフードを食べながら観る映画 インディペンデンスデイ リアム・ヘムズワース ジェフ・ゴールドブラム ジェシー・T・ユーシャー ビル・プルマン ブレント・スパイナー エイリアン シリーズ映画 ローランド・エメリッヒ監督• C 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』今夜地上波初放送!

インディ ペン デンス デイ 2

この記事は 約4 分で読めます。 ついにSF超大作「インディペンデンス・デイ」の20年ぶりの待望の続編「インデペンデンスデイ・リサージョンス」が全米で公開されました。 ファンが待ちに待った作品ですが、いざ封切りされると各メディア、視聴者からブーイングの嵐。 その本音の感想をまとめてみました。 米大手映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では批評家の支持率がなんと35%、一般視聴者の支持率は46%とかなりの低評価に。 主役だったウィル・スミスがいないせいなのか、それともストーリーが悪いのか、巨額の製作費を費やして撮った大作もこのままだと大赤字に終わる可能性大です。 果たして海外の視聴者はどのような感想を持ったのか。 さっそく彼の声をここに紹介します。 インデペンデンスデイ・リサージョンスの海外の反応 ステファーニー・ザチャーレックさん 「馬鹿馬鹿しいのは前作も同じだったので許せるけど、つまらないのは許せない」 マノフラ・ダーギスさん 「ストーリーは簡単に予想できて馬鹿馬鹿しく、爆発シーンで埋め尽くされ、宣伝のようなセリフばっかり。 例えば、【一つの世界のために、人々が一丸になって』みたいな」 リンゼイ・バーさん 「たくさんのストーリーラインがごちゃ混ぜになって、ナンセンスな科学の会話と、前作にまつわるエピソードばかり。 前作といえば、ほとんどあれほどのスリルもなく、記憶にも残らなかった」 ピーター・ハートラブさん 「一大決戦がラストに始まるまでに、CGを使いすぎて地球が破壊されてすぎて、なんだか分からなっていたから、今さら守ってもしょうがないという感じだった」 ベン・ケンドリックさん 「インデペンデンスデイ・リサージョンスはCGがもたらしたB級映画で、好きなキャラクターが数人カムバックした程度の内容」 ダニエル・ゲルブさん 「過度の感傷主義に、6つぐらいのサブストーリーが混ざった映画」 カート・ロダーさん 「何が一番ひどかったか言うのも難しいぐらいで見掛け倒し感と、やりすぎ感と、皮肉さがやばい」 クリスティー・レミアーさん 「馬鹿馬鹿しくて、スカスカの時間とお金が無駄になる作品」 ベンジャミンさん 「奴らが戻ってくるのは分かっていた、ってポスターに書いていたけど、20年じゃなくてももっと待つべきだった」 ルーク・アンドリュースさん 「この映画を好きになろうと思ったけど、本当に頑張ったけど、災難のような続編で、監督も出演者もひどい」 レイズ・ガルスガードさん 「嫌いな奴は放っておけばいいよ。 これはすごい映画だよ。 もし僕みたいにただ楽しくて、馬鹿馬鹿しいアクション映画を見たければ気に入るはずだよ。 がっかりもしないし、前作よりもいいよ」 ローレンスHさん 「続編というより、リブート(新たに一から作り直すこと)のようにしか見えなかった。 もし続編って知らなければ、リメイクかなんかだと思ってたはず。 それぐらい前作と似たシーンばかりだった」 ダヴィッドPさん 「続編の余韻を残すような終わり方をしてたけど、エイリアンにどうか地球の人々を全部やっつけてくれって祈ったぐらいだよ」 ローズメイズさん 「前作はアホで、楽しくて、少しだけハートがこもってたけど、これはただ最初から最後まで馬鹿なだけ」 カイルTさん 「ひどすぎる映画で、何度も時計を見て、早く終わってくれないかと思うような代物」 まとめ ご覧の通り、信じられないほどの酷評の嵐です。 もちろん中には気に入った人も少なからずいるのでしょうが、ここまで言われてわざわざ映画館で見る人はいるのでしょうか。 もしかすると逆に見たくなるという人もいるかもしれませんね。

次の

インデペンデンス・デイ リサージェンス : 映画評論・批評

インディ ペン デンス デイ 2

インディペンデンス・デイのあらすじ インディペンデンス・デイのあらすじです。 分かりづらい部分があるかもしれませんので、9tsu、pandora、dailymotionで動画を無料視聴する前に、予習しておくとより理解が深まります! 物語は、アメリカの独立記念日の前々日に始まります。 巨大な影が月を覆い、異音を感知する宇宙関連施設。 アメリカ大統領に地球外生命体と思しきものが宇宙船で地球にやってきたということが報告され、世界中に現れたその宇宙船と人類の戦いが始まります。 突然人類への攻撃を開始した相手の宇宙船は、核爆弾も無効化してしまうシールドで覆われており、ヒラー大尉が出撃していきますが、どんな攻撃も無意味。 次々と壊滅状態に陥る世界の各都市を目の当たりにした人々はパニックに陥りますが、アメリカ大統領は軍隊を鼓舞し、なんとか地球の滅亡を阻止しようとします。 そんな中、デイヴィットは宇宙人の交信を解読して、彼らのメインコンピューターにウイルスを仕掛けてシールドを無効化し、そのスキに総攻撃をかける作戦を大統領に持ちかけます。 果たしてその作戦はうまくいくのか。 核爆弾も効果がない敵を相手に、人類は生き残ることができるのでしょうか? 手に汗握りっぱなしの一本です。 インディペンデンス・デイの感想 9tsu、pandora、dailymotionでのインディペンデンス・デイの動画を視聴する前に、インディペンデンス・デイを見た感想をお伝えさせてください! 実は、私はこのシリーズの次の作品である「リサージェンス」の方が好きです。 この映画が公開になった頃は、宇宙のことは好きだけれど何が可能で何が不可能かもよく分かっていない頃で、とにかく色々なトラブルにいちいちハラハラして、しかも軍隊の武器や戦闘機などにも詳しくなかったために分からないことだらけで、若干イライラしたことをよく覚えています。 分かったことは、「コンピュータウイルスはスゴイ」ということくらいで、それ以降はウイルスに怯えながらパソコンを使っていたように記憶しています。 だからあまり観ていなかったのですが、「リサージェンス」が公開になる時に合わせて、夫が何回も観るので一緒に観ていて、アラも色々見えてオヤオヤと思いました。 公開当時と同じく思ったことは、「ウィル・スミスはカッコイイ」ということくらいで、その他の製作陣の施したユーモアについて気づいたのは、つい最近でした。 それに気づける余裕が公開当時の自分にあったら、きっと大好きな映画として何百回も観ていただろうに、時間がもったいなかったなと思いました。 そう、つまり今では大好きです。 これの後に続けて「リサージェンス」を観てみましょう。 映画の世界の進歩と、この映画がとにかくセンセーショナルに感じられた当時の社会情勢を学ぶことができるはずです。 インディペンデンス・デイの見どころ 9tsu、pandora、dailymotionでインディペンデンス・デイの動画を視聴する際に個人的に注目していただきたい見どころをご紹介します! 見どころは、やはりちょいちょい施される会話の中の小さなジョークを探すことでしょう。 「今言うの?!笑っていいの?!」と思ってしまいます。 予告編で取り上げられているシーンだけでなく、緊迫した場面でも真顔で言ってしまうジョークの多さにちょっと呆れるような、とにかく笑っちゃうような気持ちになります。 アメリカ人の働き方とか人への接し方とか生活の仕方とか、そういったパニック要素以外のところをよく観ると、とてもおもしろい映画です。 また、よく観ておいてほしいのは、ヒラー大尉のかっこよさと情けなさ。 あまり書くとネタバレになってしまうので書きませんが、彼の苦悩が次の「リサージェンス」での彼の立場につながります。 この映画だけで観ると「そんなに?」と思われてしまうのだけれど、これをよくよく観てから「リサージェンス」を観てほしいです。 「そうなるよねぇ」と納得できると思います。 私は、実は「リサージェンス」の冒頭で「え、そうだった?」と思ったのですが、こちらの作品を見直してからだと「あぁまあ、そうなるね」と納得できました。 そういう意味でもよくできている映画です。 シリーズができるということは、そういうことだなぁと納得させられる、そんな映画だと思います。 インディペンデンス・デイの予告動画 こちらはインディペンデンス・デイの予告動画。 9tsu、pandora、dailymotionでの動画無料視聴に向けて気分を盛り上げておきましょう! 9tsu、pandora、dailymotion動画視聴リンク インディペンデンス・デイの9tsu、pandora、dailymotionでの動画はこちらから見れます。 もし、9tsu、pandora、dailymotionの動画が 削除されてしまっていたら、こちらの方法を試してみてください。

次の