ブリティッシュ ショート ヘア なつか ない。 可愛い体型のブリティッシュショートヘア!その特徴は|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

2020年人気の猫種ランキングTOP10!各猫種の特徴や性格もご紹介|みんなのペットライフ

ブリティッシュ ショート ヘア なつか ない

人懐っこい猫の特徴• 甘えん坊• 社交的• 賢こい、しつけやすい 甘えん坊 足にすりすりしてきたり、なでてあげると甘えてきたりなど、甘えん坊な猫は人懐っこいですよね。 全力で飼い主さんに大好きアピールをしてくるので、応えずにはいられません。 甘えられるだけで幸せな気分になってしまうこと間違いなしです。 社交的 社交的な猫は初めての人や動物とでも仲良く出来ます。 攻撃性は低く、誰とでもフレンドリーに接しますし、人にも懐きやすいですよ。 賢くしつけがしやすい 賢い子は問題行動が少なく、飼い主さんの言うことを分かってくれるのでしつけやすいですし、人に懐くことが多いです。 バラエティー番組で特集されるような芸を覚えられる猫も珍しくないですよ。 人気の人懐っこい猫ランキング1位:バーミーズ 人懐っこく育てるポイント• たくさん接する 人懐っこい性格に育てるには、小さい頃から積極的に接することが大切です。 生後6ヶ月までに人と触れ合うことが多かった猫は人懐っこい性格になるとされます。 性格には個体差がありますし、元から人見知りで怖がりな性格な猫と無理やり触れ合おうとすると関係に悪影響を与えることもあります。 あらかじめ性格をおおまかに知った状態で飼い始めれば、描種にあった付き合い方をしてあげられますね。 やっぱり懐いてほしい! 人懐っこい猫はクールな猫とはまた違う魅力があります。 よく懐いた猫と一緒に生活するのも、楽しい猫ライフの一つですよね。 見た目ももちろん大切ですが、性格の好みから飼いたい猫を決めてみるのも楽しいですよ。

次の

ブリティッシュショートヘアの詳細情報

ブリティッシュ ショート ヘア なつか ない

ブリティッシュショートヘアの年齢別の特徴 年齢 人間の年齢 特徴 生後10日 生後1ヵ月 まだ目が開いていない 生後2週間 生後6ヵ月 目が開く 耳が曲がり始める 生後1ヵ月 1歳 歩き出す 乳歯が生え始める 生後2ヵ月 3歳 離乳が終わる 肥満に注意 生後3ヵ月 5歳 動きが活発になる 生後6ヵ月 10歳 発情期を迎える 生後7ヵ月 12歳 永久歯が生え始める 1歳 15歳 成長が止まる 2歳 24歳 少年期 発情期がさかんになる 5歳 36歳 歯の先端が丸みがかる 6歳 40歳 白髪が出てくる 7歳 44歳 シニア期 9歳 52歳 老猫となる 10歳 56歳 歯が抜け始める 12歳 64歳 病気にかかりやすくなる 14歳 72歳 白内障などが出てくる 16歳 80歳 痴呆症が出てくる ブリティッシュショートヘアの年齢別の特徴は、生活環境や個体の体質によって異なる場合もあるため上記の表はあくまでも目安としてご覧ください。 ただ、ブリティッシュショートヘアの場合、一般的な猫種と大きく異なる点として成長期の長さが挙げられます。 一般的な大きさの猫は生後1年、つまり大人の猫(成猫)になる頃には骨格、体型が完成しますが、ブリティッシュショートヘアの場合は約3年~5年もの間成長を続けます。 急激に成長するのはやはり生後1年頃までですが、それ以降も徐々に更に逞しく成長を遂げていくため、体重や体型の管理をしっかりと行いましょう。 また、ブリティッシュショートヘアは遺伝性疾患なども少なく、丈夫で健康な猫種であるとされており、その平均寿命は14歳~17歳と長めになっています。 しかし、筋肉質なその体型は運動不足や加齢によって肥満になりやすい傾向にあるため、適度な運動と食事管理を徹底することが大切です。 ブリティッシュショートヘアの体重は、メスで3kg~5kg、オスで5kg~7kgとされています。 平均体重は3kg~7kgと非常に個体差が大きいため、愛猫自身の適正体重を見極めることが重要となります。 生後半年を過ぎれば将来的なおおよその体重、体型が予測できる場合もありますので、かかりつけの獣医師に体重推移について相談しておくと安心です。 また、ブリティッシュショートヘアの場合は成長期が長く、約3年程成長し続けるとされていますが、急激に体重が増加するのはやはり生後1年頃までの子猫期です。 ブリティッシュショートヘアの丈夫で健康な体作りの基礎となる時期でもありますので、自宅での体重測定を習慣づけて体重推移を把握できるようにしたいですね。 ブリティッシュショートヘアの性格• おとなしい• 甘えん坊• 独立心が強い• 穏やか• やさしい• 辛抱強い ブリティッシュショートヘアは非常に静かで控えめ、おとなしい性格をしています。 なかには甘えん坊な個体もいますが、どちらかと言えば独立心の強い猫種であり、知的でプライドも高く、まさに猫らしい性格であると言えます。 家族に対しては誠実で愛情深くやさしいものの、あまりベタベタとした付き合いは好みません。 このような性格から多頭飼いに不向きと言われることもありますが、こればかりは猫同士の相性の問題です。 ブリティッシュショートヘアは基本的に辛抱強く、落ち着いた性格をしているため、よほど相性が悪くなければ多頭飼いであっても程よい距離感で上手く付き合えるケースが多いようです。 性別による性格の違い ブリティッシュショートヘアは性別によって性格に違いがでると言われることもあります。 もちろん、生活環境や個体差はありますが主に以下のような違いが挙げられます。 オスの性格 ブリティッシュショートヘアのオスの場合、メスに比べて甘えん坊な性格をした個体が多いと言われることもあります。 ブリティッシュショートヘアに限らず、オス猫の場合は去勢手術の有無が性格に関わることも多く、特に去勢手術済のオス猫の場合はいつまでも子猫のようなわんぱくで甘えん坊な性格をしている個体が多い傾向にあるようです。 メスの性格 ブリティッシュショートヘアのメスの場合、オスに比べてクールで猫らしい「ツンデレ」な性格であることが多いようです。 特に子猫期、若猫期を過ぎると一人でのんびりと過ごすことを好む傾向にあります。 ブリティッシュショートヘアはなつかない? 前述したようにブリティッシュショートヘアはベタベタと触られたり、抱っこされたりすることをあまり好まない傾向にあります。 もちろん個体差はありますが、他の猫種と比べても独立心が強くお留守番も得意、一人でのんびりと過ごすことを好む個体が多いため、なつかないと勘違いされてしまうことも多いようです。 そもそも猫の愛情表現は膝の上に乗ったり、抱っこを求めたりすることだけではありません。 きっと飼い主さんに対してブリティッシュショートヘアなりの愛情表現をしているはずです。 猫の愛情表現にはすり寄ったりゆっくり瞬きをしたりするものもありますので、なつかないと不安になる前にまずは愛猫の行動をしっかり観察してみてくださいね。 ペットショップ ブリティッシュショートヘアの子猫をペットショップからお迎えする場合、いつでも自由に子猫を見に行けることや、すぐに自宅へ連れ帰ることが可能なこと、必要な猫用品をその場で購入できるなどのメリットがあります。 お迎えしたいブリティッシュショートヘアの毛色が決まっている場合は、事前にペットショップのホームページで確認してから来店すると良いでしょう。 ただ、ペットショップからブリティッシュショートヘアをお迎えする時は、子猫の出生元のブリーダーや母猫、健康状態などの来歴を必ず確認するようにしましょう。 基本的にペットショップはブリーダーから子猫を仕入れて販売しているため、出生元などの来歴が全く分からないということはあり得ません。 曖昧な返答をしたり、頑なに出生元のブリーダーを明かさなかったりする場合は、健全なブリーダーの元で生まれた子猫ではない可能性もあるため注意が必要です。 ブリーダー ブリーダーやキャッテリーからブリティッシュショートヘアをお迎えする場合、事前に子猫が生活している環境や母猫、兄弟猫などを見学させてもらえることや、アフターフォローへの期待などのメリットが挙げられます。 特にキャットショーのチャンピオン血統の子猫をお迎えしたい場合などは価格が高額になる可能性はありますが、ブリティッシュショートヘア専門のブリーダー、キャッテリーからのお迎えを検討するのが良いでしょう。 優良なブリーダーやキャッテリーの元で生まれた子猫は、健全な離乳や適齢期まで母猫や兄弟猫と過ごせる環境から社会性が高く、性格の良い子が多いとも言われています。 ただ、残念ながら中には「悪徳ブリーダー」と呼ばれる存在もありますので、理由なく事前見学を拒否したり、母猫についての質問に曖昧な返答をしたりする場合は注意してください。 里親 ブリティッシュショートヘアをお迎えする時、里親制度を利用するのも一つの方法です。 ブリティッシュショートヘアを里親制度でお迎えする最大のメリットは、人間の身勝手で奪われてしまう可能性がある命を救うことができるということです。 しかし、里親制度でブリティッシュショートヘアをお迎えする場合では、血統や出生元、月齢などが不明である場合も少なくありません。 また、飼育放棄や虐待によって心に傷を負っている可能性もあります。 近年では里親になる条件が厳しすぎるという声も多く、お迎えまでに時間を要する場合もあり、これらを覚悟してお迎えする必要があるのも事実です。 ただ、今この瞬間にも数多くのブリティッシュショートヘアが新しい家族を待っています。 血統や月齢などにこだわりがないという場合は、近隣で里親募集をしているブリティッシュショートヘアがいないかどうか、それだけでも是非チェックしてみてください。 子猫 ブリティッシュショートヘアは、約3年程度の月日をかけて成長しますが、そのなかでも最も急激に成長し、丈夫で健康な体作りの基礎となるのが生後1年頃までの子猫期になります。 この時期は、目安量よりも多少食べ過ぎることはさほど問題ではなく、目安量を下回って食べないことや、痩せすぎることのほうが心配です。 また、猫の場合生後6ヶ月までに食べたものしか受け付けなくなるネオフォビア現象を引き起こすこともありますので、なるべく様々な種類のフードを食べさせてあげることも大切です。 ただ、他の猫種と比べて成長期が長いブリティッシュショートヘアの場合は成猫用、つまり生後1年を過ぎた大人の猫用の食事への切り替えは慎重に行う必要があります。 生後1年時点での体重や体格などによってフードの切り替え時期を見極める必要があるため、かかりつけの獣医師に相談しておくと安心です。 また、この時期になると食事回数は1日2回で問題ありません。 しかし、ブリティッシュショートヘアは太りやすい体質を持つため、生後1年を過ぎたら与えすぎには注意する必要があります。 あまりに何度も食事の催促するようであれば1日3回程度に小分けにして与えるのも一つの方法です。 もちろん、加齢と共に通院回数が増えることもあれば、何らかの病気を患って高額な治療費が必要になる可能性もあります。 いずれにしても、猫の生涯に責任を持つということはそれだけのお金も必要になるということです。 ただ可愛いからという理由だけでお迎えするのではなく、それらに責任を持てるのかどうかをしっかり考えることが大切です。 ブリティッシュショートヘアの歴史 ブリティッシュショートヘアは、イギリス原産の猫種であると同時にイギリス最古の猫としても知られます。 ローマ帝国襲撃の際にネズミ捕りとして持ち込まれた猫が土着、繁殖したことで誕生した猫種であり、自然発生種に分類されます。 長きに渡ってその姿形を変えずに繁殖し続けていましたが、後にさらに優秀なネズミ捕りとしての選択繁殖が始まります。 この頃にはペルシャなどの長毛種との交配が行われており、現在のブリティッシュロングヘアとなる長毛種も存在していたといいます。 しかし、猫血統登録団体の一つであるBCFFがペルシャとの交雑に反対したことや、第二次世界大戦の影響などで個体数は激減、絶滅の危機に陥ることとなります。 しかし、愛好家の尽力によってロシアンブルーや土着猫などとの交配により何とか危機を逃れ、戦後は人気も回復、1871年にはキャットショーでその存在感を示し、1890年代にはイギリスで猫種として公認されます。 長い歴史のなかで数々の苦境を乗り越えてきたブリテッシュショートヘアですが、現在では短毛種のなかでも高い人気を根強く誇り続け、世界中で愛される猫種となりました。 シャルトリューも猫のブルー御三家と呼ばれる猫種の一つであり、原産国であるフランスでは宝と称されることも。 シャルトリューの見た目は美しいブルーの被毛にがっしりとしたセミコビータイプの体型、丸みのある頭とブリティッシュショートヘアと共通する部分が非常に多くあります。 また、上品に微笑んでいるように見える表情から「微笑みの猫」との愛称も。 シャルトリューの歴史を遡ると、ブリティッシュショートヘアとの交配が行われていたことはもちろん、一時期はブリティッシュショートヘアがシャルトリューと呼ばれていたこともあるほど、深い関わりのある猫種であると言えます。 しかし、その性格は人懐っこく甘えん坊、大らかで従順なため「犬のような猫」と表現されることもあり、ブリティッシュショートヘアとは少し違いがあるようです。 アメリカンショートヘアは、がっしりとしたセミコビータイプの体型にスクエアな顔立ちが特徴の猫種です。 アメリカンショートヘアといえばシルバーグレーのクラシックタビーのイメージを持つ方も多く、その見た目はブリティッシュショートヘアにはあまり似ていないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこのアメリカンショートヘア種の基礎になったのはブリティッシュショートヘアであると考えられているのです。 アメリカンショートヘアは1620年、イギリスからアメリカへの移民のために出航したメイフラワー号に乗っていた猫の子孫であると言われています。 このメイフラワー号に乗っていたとされる猫がブリティッシュショートヘアなのです。 とは言っても、ブリティッシュショートヘアに比べて体重も軽い傾向にあり、性格も好奇心旺盛で陽気と違いも多く見られます。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

ブリティッシュショートヘアの詳細情報

ブリティッシュ ショート ヘア なつか ない

ブリティッシュショートヘアは、体型などからあまり活発に動かないイメージがあります。 ですが、筋肉質な体なので、食事と運動はきっちり管理してあげたいですよね。 静かな環境を好むという性格からも、なるべく猫中心の生活ができる環境で飼育した方が良さそうですね。 好きなように動いている猫ですが、年を重ねとおもちゃにもそれほど興味を示さなくなってくるように思います。 ブリティッシュショートヘアは太りやすいとされているので、遊んでほしいと訴えてきたときは猫が満足するまで遊んだり、飼い主からも遊びに誘ったりすると、体を動かす習慣として覚えてくれそうですね。 我が家の猫はキジトラで、積極的に遊ぶことは少ないですが、私が寝る前は遊ぶという習慣がついています。 遊んでいると猫が「もう寝る」と猫ベッドに行くので賢いなぁと感心しています。 チェシャ猫のイメージからクールでおとなしいだけかと思っていたのですが、そんなかわいらしい一面があったのですね! 私は正直ブリティッシュショートヘアはそこまで興味がなく、性格や好きなものなど知らなかったので今回こんなにわかりやすく知ることができてよかったです。 ブリティッシュショートヘアの一番の魅力といえばやはりあの丸々した見た目でしょう。 胸は厚く、頭や頬や目は丸め、足は筋肉質ながっしりとした短めの足。 まさに「ずんぐりむっくり」みたいな体系ですね。 しかしネズミのハンターとしての気質がまだ健在で、よく遊ぶとはいえ体質的に太りやすい猫です。 ずんぐりむっくりとはいえ、肥満になっては元も子もないので中年齢以降は運動させるために工夫をしたほうがいいかもしれんせんね。 ブリティッシュショートヘアの性格はまさに猫らしい。 プライドと威厳を持った凛々しい姿の反面、甘えるときはとことん甘えん坊です。 その分お留守番などは一頭でも落ち着いてできるので、そういうところも魅力的ですね。

次の