肉 うどん 豚肉。 「肉うどん レシピ」

セブン『肉大盛!豚肉うどん』食べてみたよ!((´∀`*))│とりぷるセブン

肉 うどん 豚肉

ちょっと豪華なうどんを食べたいと思った時には肉うどんはいかがでしょうか。 でもどういった味付けをすれば良いのか?時間がかかるのか? 作ったことが無いと不安かもしれませんが、意外と簡単なのです。 まずはうどんに合うお肉を準備しましょう! 【うどんに合うお肉の作り方】 味付け肉の材料(2人前) ・牛こま切れ200g ・調味料 料理酒 大さじ4 醤油 大さじ2 みりん 大さじ2 砂糖 大さじ1 すりおろした生姜(チューブ可) 小さじ1 1. 鍋に調味料を全て入れ、中火で火にかける ・軽く木べらで混ぜる 2. 鍋底にふつふつと気泡が出てきたら一度火を止める ・1. に牛肉を入れてほぐす 3. 再度中火で煮る ・焦げ付かないように菜箸で混ぜながら汁気が少なくなるまで火にかける ・水分が少し残る程度で火を止める 以上で終了です! こちらを茹でたうどんに盛り付けるだけで肉うどんは完成です。 事前に準備しておいても良いと思いますし、うどんを茹でているうちに作るのも良いと思います。 そしてお次はうどんのレシピです。 うどんの茹で方基本参照 2. うどんを茹でている間に別の鍋にてお湯を沸かしておきます。 ・お湯の量は茹でる用の水の半分くらいで良いです。 別の鍋にて温つゆの準備を行う ・鍋に水とうどんつゆを入れます。 うどんが茹で上がったら鍋から引き上げて水洗いします。 (うどんを締める) ・どんぶりに茹で汁を入れて器を温めます。 ・ザルにあけたうどんを表面のぬめりがなくなりまで水を替えながら、水の中でよくもみ洗いします。 うどんつゆを温める うどんを水で締めている間に3. を火にかけて温める 6. 水洗いをしたうどんを温める(湯煎) ・水で洗ったうどんを2. 盛り付ける ・茹で汁を入れて温めておいたどんぶりから茹で汁を捨てる ・6. のうどんをザルでよく湯切りをしてどんぶりに入れる ・温めておいた温つゆを入れる ・お好みの具を盛り付けて完成です! お肉とうどんでスタミナたっぷり。 肉うどんをご賞味ください。 うどんが主食プロデュースの半生讃岐うどん 投稿者 投稿日: カテゴリー 投稿ナビゲーション.

次の

「肉うどん レシピ」

肉 うどん 豚肉

関西、特に大阪で「肉」といえば、「牛肉」をさしますね。 豚は豚肉、鶏は鶏肉または「かしわ」と呼びます。 平成8年(1996)調査の「現代の県民気質」(NHK総合文化研究所編・NHK出版)によると、大阪人が最も好きな食べ物は「肉」(32%)で、数値は全国トップクラスらしいです。 これでも前回調査(昭和53年・1978)の45%によりは大幅にダウンしているんですが、「しゃぶしゃぶや焼肉」など、全国の皆さんが愛する肉料理を生んだ「本場」の強さには衰えはないですね。 ちなみに、「肉が一番好き」と答えた人が全国平均より多いのは、大阪と兵庫のみとのデータがでていました。 「神戸牛」「松阪牛」「近江牛」など、有名な肉の産地に近く、食を楽しむ習慣をもつ土地柄が良く出ていて面白いですね。 しかし、しゃぶしゃぶ・焼肉の発祥が大阪なんですね。 肉料理もそうですが、「神戸牛」「近江牛」「松坂牛」と素晴らしい牛肉を提供してくれてますね。 牛肉好きの皆さんは、関西と大阪に感謝しないといけないかもしれないですね。 かたや関東では、肉と言えば豚肉ですね。 肉まんも豚肉ですし、肉〇〇とつけば全て豚肉ですね。 牛肉を使う際は、牛肉とついていると思います。 なぜ関西と関東で、この違いが出たかは次にするとして、この違いに衝撃を受ける、関西人は多いみたいです。 確かに関東の人が、関西で肉を頼んで牛肉が出てきたら、違うとは思っても、なんとなく豚肉から牛肉へランクアップした感がありますが、関西人が関東で肉を頼んで豚肉来たら、なんでやねん!ってツッコミ入りますよね。 知人の関西人も、東京で肉うどんを頼んだ際に、うどんを食べながら違和感を覚え、出汁の違いかなと感じながら完食したのちに、肉が豚だと気付き衝撃を受けたらしいです。 うどんが来た時の見た目で気付けよ。 って話ですけど、それほど関西人にとって肉が豚肉をさすというのは信じられないようです。 そんな私も、肉うどんは関西の肉うどんの方が好きです。 甘く味付けされた牛肉と関西の出汁のハーモニーが素晴らしく、唯一汁まで飲んでしまう、うどんですね。 関西と関東の肉論争。 なぜこうなったのか、諸説は色々ありますが、有力な説は、明治の初め文明開化の時の、農耕用家畜の食用転用のようです。 農耕用の家畜を食用して良しとなった時に、関西には農耕用の牛を飼っていた為、牛肉が手に入りやすかったのに対して、関東~東北の農耕は馬が主役で、馬よりも飼育しやすい豚が肉食用に普及したようです。 事実、鎌倉末期の『国牛十図』という国内の牛を説明した著書には、牛は箱根より西の土地のみ、関東以北には一頭もないそうです。 ではなぜ東の農耕は馬、西の農耕は牛なのか。 それは、北の地方では冬が長く農耕適期が短いため、作業のスピードが早いことが要求された事に加え、馬の厩肥が発酵によって地熱を高める効果があり寒冷地向きで、牛の排泄物は「冷肥」で、寒冷地に向いていないためです。 一方西日本は概ね温暖な地区が多く、冷肥や期間の問題が少ない。 となると牛の方がパワーがあって農耕の生産性が高い為、家畜として牛が主流になっていったようです。 そうなると、関東は馬食文化も広がるはずなのではないかとなるのですが、豚に比べて肉量が少なく、食用飼育には生産性が悪かったのと、明治以降広まった西洋肉食文化で、肉量が多く生産性の高い豚が、関東に普及したのだそうです。

次の

肉と言えば?関東人「豚肉!」関西人「牛肉!」

肉 うどん 豚肉

私は、東京の者です。 コチラで「肉を食べる。 」と言えば、豚肉です。 豚肉と牛肉は、分けて考えます。 うどんなら、 「牛肉うどん」「肉うどん」の2種になります。 関西は 近くに、美味しい牛肉の産地が沢山あり、 それ故、比較して、牛肉の市販価格が安価なので、 肉と言えば牛肉を指し 関東は、 周囲に、食肉用の牧場より、養豚場が多い為 肉といえば豚肉で、牛の場合は牛肉と呼び、 分けて考える。 ・・・・・と、聞いた事があります。 但し、最近は特に、地方出身で東京暮らしの方が多く また、地方の飲食店の東京進出も増えて、 東京風の慣習も薄くなっています。 私など、新しいお店で「肉うどん」とメニューにあった場合、 「牛ですか?豚ですか?」と確認する事も・・・・・ ヤキトリについては、誤解無き様、お願いします。 東京も、「焼き鳥」は、勿論鶏肉です。 第二次大戦後の、食べ物の無い時代、 闇市と云うのがあり、そこで色々なものが売られていたそうです。 現在の「鉄板焼き」も、その闇市からの発祥とか・・・・・ そこで、元々豚肉の内蔵は、捨てる部分だったらしく それを串に刺して売ったところ 多くの呑んべえ達は、昔の物資が在った頃の「焼き鳥」を思い出し 闇の日本酒でそれを摘みにキューっと呑み、懐かしんだそうです。 物資の無い当時は、鶏肉が高騰し、また品物自体無く、 庶民はなかなか食べられなかったとか・・・・・ それで、焼き鳥風の、豚の串焼きは大はやり。 それで当時、食べる方も、作る方も分かっている上で、 シャレの部分で、「ヤキトリね!」「ハイよ」と 豚の串焼きを注文し、食べていたそうです。 その名残で、 現在は、豚肉の串焼き屋さんのプライドで、 「ウチは、鶏肉ではない」として、 看板もメニューも、「ヤキトリ」「やきとり」と、 「鶏」の文字は使わずに表示し、 鶏肉のお店は、「焼き鳥」と、 慣習的に、表示する様になりました。 東京に限らず それぞれの土地には、歴史や謂れ等があります。 表面だけ捉えて、変だとか、騙しだとか、 勝手に自分の考えで結論を出さず、 「何故なのだろう?」と考えてみるのも、大切ですし、 面白い発見も、出来ると思います。 そうそう・・・・・ しゃぶしゃぶや、すき焼きは、勿論牛肉ですよ!.

次の