杜撰 類語。 「杜撰」の正しい使い方とは?意味・類語・対義語・英語表現をまとめてチェック!

おざなり(御座なり)

杜撰 類語

公開日: 2018. 14 更新日: 2018. 14 「圧巻」の意味と使い方、類語「圧倒・席巻・壮観」との違い 「圧巻」という言葉をご存知でしょうか。 「圧巻の演技」「圧巻である」などと聞いたことがあると思います。 「圧巻」は比較的、日常でも多く使われている言葉です。 では、「圧巻」について正しく意味を理解しているでしょうか。 なんとなく使っているだけで、具体的な意味は知らないという人も多いでしょう。 他にも、「圧倒」や「席巻」などと似たような言葉が多くありますが、しっかりと区別できるでしょうか。 言葉を適切に使うためには、意味をきちんと覚えておく必要があります。 そこで今回は「圧巻」の意味や使い方、語源、類語との違いについて解説していきます。 「圧巻」の読み方と意味は?「すごい」って意味でOK? 「圧巻」は< あっかん>と読みます。 「あつかん」や「あつまき」とは読みません。 「圧観」や「圧感」と書いてしまわないように注意しましょう。 「圧」は音読みだと「アツ」、訓読みだと「おさえる・おす」と読みます。 「圧」は「おさえつける。 おさえつける力」を意味します。 「巻」は音読みだと「カン・ケン」、訓読みだと「まく・まき」と読みます。 「巻」は「書物。 巻物」を意味します。 「圧巻」の意味は 「全体の中でもっとも優れた部分。 他のものと比べて、はるかに優れていること」です。 物事・書物・映画など作品全体の中で最も秀でいる部分や場面、他のものより一番優れていることを表します。 「すごい」は「形容しがたいほど素晴らしい。 程度が並々でない」という意味なので、やや意味は異なりますがほぼ同じ意味として認識して問題ないでしょう。 「圧巻」の語源は?「圧巻」の「巻」って? 「巻」とは 「中国の官吏登用試験の答案」を意味します。 「圧巻」という言葉は、最も優れている巻(答案)を他の答案の一番上に乗せたことに基づきます。 科挙は数日に渡って行われる試験で、受ける人はもちろん、答案を採点する人も非常に大変でした。 採点する人は一人一人の能力がわかるようにと、最も良い答案を上に置いておくことを習慣にしました。 このように、 科挙(中国の官吏登用試験)において、審査官が最も秀でいる「巻」を他のものを「圧」するように一番上に置いたことから「圧巻」という言葉ができました。 「他の答案を押さえつけてしまう存在=圧巻」です。 「圧巻」は元々「書物の中で最も優れた部分。 他に抜きん出た詩文」という意味でしたが、転じて「全体の中で最も優れている部分」という意味になりました。 書物だけに限らず、いろいろな場面で最も優れていることを表す言葉に変わりました。 「圧巻」の使い方と例文 「圧巻」は、一つのものが全体の中で最も優れていることを表す場合に使います。 例えば、「この映画はとても素晴らしかった。 圧巻だったのが恋人と別れるラストシーンです」などと言います。 「この映画はとても良かった。 全体の中で最も良かったのが恋人と別れる最後の場面です」という意味になります。 「この映画は圧巻だった」といったように、「全体の中で」という意味合いを抜いて使ってしまうのは間違いです。 何か劇や映画を観た後に「圧巻でした」とよく言いますが、これは『とても良かったです!』と称賛を表しています。 言い回しとしては、 ・圧巻の景色 ・圧巻の光景 ・圧巻の迫力 ・圧巻の一言 ・圧巻の走り ・圧巻の演技 ・圧巻のプレー などとなります。 それでは例文を見ていきましょう。 例文 ・崖の上で敵と対立する場面は圧巻だった。 ・大会出場者の中では最年長であったが、彼は圧巻の走りを見せた。 ・圧巻のパフォーマンスに、ついつい目が離せなくなってしまった。 ・ここから見える富士山は圧巻の景色である。 ・新しく建設されたビルは、周りの建物と比べて圧巻の大きさだった。 ・序盤はそこまで面白くなかったが、ラストシーンは圧巻だった。 ・小さなケーキに並べられた大きな果物が圧巻である。 ・今回の試合の良かったところは、A選手のプレーが圧巻だったことである。 ・北海道旅行の中で印象に残っているのは、圧巻の雪景色である。 ・水族館でのアシカのショーは圧巻の一言に尽きる。 ・あのバンドは、見る人を圧巻するような演奏をする。 「圧巻」と「圧倒」の違いは?似ているので誤用に注意! 「圧倒」は< あっとう>と読みます。 「圧倒」の意味は、 ・押し倒すこと ・段違いの力で他を押さえつけること です。 段違いの優れた力で打ち勝つこと・他のものと比べて最も勝っていることを表します。 「圧巻」は「全体の中でもっとも優れた部分。 一つの中で一番勝っていること」 「圧倒」は「周りのものより遥かに優れていること。 最も優れた力や勢力で相手を押さえつけること」 「圧倒」は「圧巻」と違い、「全体の中で」という意味合いは含まれません。 「圧倒」は比較する対象が広くて、「圧巻」は対象を限定しています。 例えば、小説の中である部分を賞賛する場合は「圧巻」、数ある小説の中である小説を褒める場合は「圧倒」を使います。 また、「圧倒」は「圧巻」と違い、「圧倒的な弱さ」「圧倒的に負ける」などとマイナスな意味でも使います。 例文 ・今シーズンは、Aチームが圧倒的な優勝をおさめた。 ・彼の鬼気迫る表情に、圧倒されてしまった。 ・彼女は圧倒的な歌唱力で、予選を勝ち進んでいった。 「圧巻」と「席巻」の違い 「席巻」は< せっけん>と読みます。 「席巻」の意味は 「凄まじい勢いで勢力を広げること」です。 ある範囲や時期において絶大な人気を獲得することや、圧倒的な強さを発揮した人などを言い表します。 「圧巻」は「全体の中でもっとも優れた部分」 「席巻」は「凄まじい勢いで勢力を広げること」 例えば、「日本を席巻している歌手が圧巻の歌声を披露する」などと使えます。 このように、「圧巻」と「席巻」は字面が似ていますが、意味は全く異なります。 「今現在、インフルエンザが日本を席巻している」とは言いますが、「インフルエンザが日本を圧巻している」とは言いません。 「席巻」は力をつけて勢力を広めているものであったら、人に対してでも物に対してでも使うことができます。 例文 ・アイドルグループAは80年代の音楽界を席巻した。 ・彼女は今年デビューしたばっかりの新人だが、時代を席巻する能力を感じる。 ・B社の商品が市場を席巻していたのはとっくの昔で、今は全く人気がない。 「圧巻」と「壮観」の違い 「壮観」は< そうかん>と読みます。 「壮観」の意味は 「壮大なながめ。 大きく立派なみもの」です。 「圧巻」は「全体の中でもっとも優れた部分」 「壮観」は「規模が大きく素晴らしいさま。 また、その眺め」 「壮観」は「壮大な眺め」という意味通り、景色に関して使うことが多いです。 「優れている景色」という意味で「圧巻の景色」とよく言いますが、「全体の中で」という意味合いを含んでいないと、本来は使えません。 例えば、「この公園の中では、中央にある噴水が圧巻の景色だと思う」という使い方は正しいです。 単に「素晴らしい眺め」を表したい場合は「壮観な景色」と言うのが正しいでしょう。 この場合は「大規模で壮大な景色」という意味になります。 「圧巻」と「壮観」は似ている言葉ですが、意味は異なるので上手く使い分けましょう。 例文 ・山頂からの眺望は壮観であった。 ・飛行機の中から見下ろす景色はとても壮観だ。 ・夕暮れ時の海はどうしてこんなに壮観なのだろう。 「圧巻」の類語 見どころ (意味:見る価値のあるところ) 「この演劇の見どころは第二章からである」 呼びもの (意味:興行や催しものなどで人気を呼びあつめるもの。 評判のもの) 「パンダが動物園の呼びものである」 出色<しゅっしょく> (意味:他より際立って優れていること) 「この作品は出色の出来栄えであった」 ハイライト (意味:演劇や番組で、最も目立つ部分。 最も精彩のある場面や話題) 「今回のハイライトは芸人Aが滑りまくった場面である」 見せ場 (意味:演劇などで役者の得意な芸が発揮される場面。 見る価値のある場面) 「最大の見せ場を作らなくては、興味が湧かないだろう」 山場 (意味:物事の絶頂。 最も重要な場面) 「長かった勝負も山場を迎えた」 クライマックス (意味:最も高まった状態。 最も盛り上がった場面。 最高潮) 「だいぶ長い映画もクライマックスに達する」 佳境 (意味:面白いところ。 非常に良い場面) 「話が佳境に入る」 ピーク (意味:絶頂。 最高潮) 「道路の混雑がピークに迫ってきた」 触り (意味:話や物語などの要点。 最も興味を引く部分) 「話の触りだけを聞いておく」.

次の

「圧巻」の意味と使い方、類語「圧倒・席巻・壮観」との違い

杜撰 類語

杜撰は「ずさん」という読み方をして、「いい加減でだらしないこと」、「不備やミスが多いこと」、「粗雑な様子」、「しっかりとしていないこと」を意味します。 杜撰という言葉は、組織の体制がいい加減であったり、仕事を手抜きした様子が垣間見えたりした時に使われることが多いです。 杜撰という字は耳ではよく聞く単語なので、なんとなくニュアンスを理解している人が多いですが、その反面、文字では見慣れない人が多い傾向にあります。 そのため、新聞や小説などの文字として「杜撰」を見た時に、読めないという人も多いので、この機会に覚えておくことをおすすめします。 「杜撰」をそのまま読むと、「とせん」という読み方になるのですが、「ずさん」と読むところに文字を読む際の難しさがあると言われています。 なぜ「杜撰」を「とせん」と読まず、「ずさん」と読むのかという理由については、はっきりとわかっていないと言われています。 杜撰の由来 杜撰の由来は、中国が宋だった時代の詩人である「杜黙 ともく 」が作った詩のほとんどが、ルールに則っていない詩であったことが由来であると言われています。 中国が宋だった時代は960年~1279年であることから、使われ始めてからの歴史がとても長い言葉であることが推測できます。 一方、「杜撰」の「撰(せん)」という字には「詩を作ること」という意味があり、「杜黙 ともく 」の「杜」という字と合わせて、「いい加減な様子」や「ミスが多いこと」といった意味合いになったと言われています。 ちなみに「杜撰」と同じ意味合いを表す四字熟語に「杜黙詩撰」という言葉があります。 「杜黙詩撰」は、「ともくしせん」や「ともくしさん」と読まれ、いい加減な様子などを表します。 あまり聞きなれない言葉ですが、ここで覚えておくと今後耳にした時に慌てないですむので、この機会に押さえておくことをおすすめします。 杜撰の使い方・例文は? 杜撰の使い方・例文の1番目は、「あの食品会社は衛生管理が杜撰だ」といった使い方です。 菓子パンや冷凍食品などに異物が混じっていたり、賞味期限をごまかして商品を販売していたりといったことが明るみになってニュースなどで取り上げられると、「その食品会社の管理体制は杜撰だよね」といった表現で使われます。 この場合の「杜撰」という言葉には、「いい加減」や「しっかりしていない」といった意味合いが含まれています。 食中毒事件などで、たくさんの被害者が出た場合にはニュース番組のコメンテーターなどが「こういった杜撰な管理は良くないですよね」といった表現で、厳しく批判されることがあります。 昨今は個人情報の管理や機密情報などの管理がとても厳しくなってきています。 そのため、大切なデータを社外に持ち出して紛失してしまった場合などには会社にとって、とても大きな損失につながります。 そういったことから、大切なデータを紛失してしまったり流出してしまったりした場合の責任は重く、関係会社や顧客の立場からすると「あんな杜撰な情報管理をしている会社は信用できない」といった悪評につながり、時には損害賠償を請求されたり、業績が急激に悪化することなどが懸念されます。 このように一度信用を失うと簡単に取り戻すことは難しいと言われています。 そのため、多くの企業が信用を積み重ねることに重点を置いています。 そしてそれは個人に対しても同様に言えることです。 以下の記事では、信用される人になる方法や信頼を取り戻す方法について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 杜撰の使い方・例文の3番目は、「期待されていた事業だったが杜撰な計画で失敗した」といった使い方です。 当初の事業案がとても魅力的で大きな収益が見込めるものだったにもかかわらず、実際に事業を始めてみるとトラブルや問題が続々と発生して、お荷物事業になってしまった場合などに使われます。 当初の事業案が魅力的であったにもかかわらず計画がいい加減であったり、起こりうるトラブルや問題の予測がうまくできていなかったりした場合に、「計画が杜撰だった」と言われてしまいます。 計画的に物事を進めることができないと、大きな仕事ほど損失や不利益が多くなってしまうので、注意が必要であると言われています。 そういった大きな損失や危険を回避できるように、計画的に物事を進めたいと感じている人は多いと言われています。 以下の記事では、その場しのぎで無計画に仕事をしないで済む方法や場当たり的な人の特徴などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 杜撰の類語の3番目は「乱雑」です。 乱雑とは、「ばらばらで整理されていないさま」や「きちんとしていない様子」といった意味です。 ばらばらできちんとしていない様子は、だらしなくてしっかりしていないことから、杜撰の意味と類似しています。 あちこちに物が散乱していて、うまく整理ができないという方は少なくありません。 周囲の人を見ると、どの人も家やデスク周りをしっかりと整理整頓しているように見えますが、実は意外にも整理整頓が苦手という方は多いです。 そんな方のために、整理整頓ができない人の特徴や心理、苦手な整理整頓を克服する方法などについて詳しくまとめた記事がありますのでぜひ合わせてご覧ください。 部屋をきれいに片付ける方法や、衣類の収納のコツなども合わせて紹介しています。 RELATED ARTICLE 杜撰の意味や使い方を理解してしっかりとした所を周囲にアピールしましょう 杜撰の意味や使い方、読み方などを正しく理解している人は、意外に多くないと言われています。 杜撰という言葉は、いい加減な様子を指摘する際に使われる言葉ですので、「杜撰」という言葉を知らなかったり、間違った使い方をしてしまうと、逆に相手から辛辣な言葉を浴びせられるおそれがあります。 しかし、「杜撰」という言葉をごく自然に使いこなせたり読めたりすれば、周囲の人たちに「ちゃんとした人」というイメージを与えることができるので、杜撰という言葉を正しくと理解して、しっかりとした人物であることをさりげなくアピールしましょう。 ちなみに、「辛辣」という言葉も「耳にすることはあるけれど、はっきりとした意味や使い方がわからない」という方が多いと言われています。 そんな方は以下の記事を合わせてご覧ください。 「辛辣」という言葉の意味や由来、使い方や類語などを詳しく紹介していますので、この機会に押さえておくことをおすすめします。

次の

「杜撰」の意味とは?類語、英語や対義語、使い方や例文を紹介!

杜撰 類語

意味のおさらい 杜撰(ずさん)とは 1. 文章に根拠がないこと 2. いいかげん、間違いが多いこと のふたつの意味があります。 ほとんどの場合、2. の使い方をしてるでしょう。 「杜撰な計画が原因で失敗した」 という具合ですね。 しかし、由来から考えると 1. がもともとの意味になります。 もそうですが 派生的にできた意味のほうが メジャーになっているのですね。 また、なんでこんなよく分からない漢字が 使われているのかについても 由来を知ると分かるようになります。 中国の詩人からきています 中国の宋の時代(960~1279年)、 杜黙(ともく)という詩人がいました。 彼の作る詩は、当時の詩の書き方やルールを まったく無視したものだったと 王楙が著した『野客叢書(やかくそうしょ)』 に書かれています。 それで、杜黙の書く詩は 書式を無視したいい加減で根拠がない、 と思われてしまい、 杜撰はいい加減なことという意味になりました。 「撰」という漢字は 詩文を作るという意味があります。 別に杜黙は駄作を書いたというわけではなく 書き方のルールを無視していただけですから 今でいうと前衛的ということになるのでしょう。 しかしそれまでのルールを打ち破ると 批判が来るのは今も昔も同じなんでしょうね。 結局彼の名は杜撰という慣用句を作ってしまい いい加減な人物のように伝えられてしまってます。 ただ、由来となった杜黙は詩人で、 本来作品に根拠がある必要はなく、 とくに悪いことをしていたわけではないのですが 現代で「杜撰」という言葉は ほとんどの場合、悪い意味での使い方をされます。 ずさんな管理が事故につながった 彼の仕事の杜撰さにはあきれる などですね。 また、四字熟語として 杜黙詩撰(ともくしさん・ともくしせん)と 言うこともあります。 このように、一見よく意味が分からない 漢字が使われるようになったのかは 以上の理由からなのですが もうひとつ、分からないのが なんで「ずさん」という読み方になったかです。 スポンサーリンク なぜ「とせん」ではなく「ずさん」か 「ずさん」と口で言えば おそらくほとんどの人に意味が通じますが 「杜撰」と文字で書くと、その読み方は とたんに難しくなります。 自分で書く場合はひらがなを使えばいいのですが 小説などを読んでいて ひょっこりとこの漢字に出会ったら 適当に読んでしまいそうになります。 実際に間違えて覚えている人は多いようで、 なかでも多いのが「とせん」と読んでしまうこと。 これは前述の由来となった人物が 杜黙(ともく)であり、 撰という漢字も通常「せん」と読む以上 自然なことと言えるでしょう。 というより、むしろなんで 「ずさん」という読み方になるのか こちらのほうが謎です。 これは、調べてみてもやっぱり謎、 どうも、はっきりした理由は不明のようです。 一応漢字の読み方としては 「杜」は「ト、ズ、もり、やまなし」で 「撰」は「セン、サン、えらぶ」です。 ちょっと小難しい話をすると 「杜」は漢音が「ト」、呉音が「ズ」、 歴史的には呉音のほうが古いので 中国故事にちなむ言葉は呉音(この場合、ズ) と読むようになり、 つられるように「セン」も「サン」と読まれるようになって ズサン、という読み方になったとも考えられますが はっきりとした根拠はありません。 ちなみに「撰」は「セン」「サン」共に漢音です。 ともかく理由ははっきりしませんが 杜撰の読み方は「ずさん」です。 「とせん」と読むと笑われるかもしれませんので 注意しましょう。 また、「しゃせん」と読んでしまう人は 「杜」と「社」を間違えているのだと思います。 この両者の漢字は似ていますが 意味はまったく違います。 「杜」は木が茂っているところ、 という意味で「森」と同じですが 一般的に「杜」は神社など 神聖な場所にある木々を差す場合に使われます。 類語ですが 慣用句として同じものはこれといってないですが ようは「いい加減」という意味ですから ぞんざい やっつけ(仕事) ちゃらんぽらん 適当 などが似た言葉となるでしょう。 ちょっと違いますが、 粗雑なども近いです。 ロクな言葉がありませんね。 まあ、意味を考えれば当然ですが。 しかし由来となった杜黙という詩人が いい加減な人だったわけではないのに このような言葉になったのですから 面白いといえば面白い話ですし 気の毒といえば気の毒な話です。 などもそうですが 私たちが普段使っている言葉にも いろいろな由来があるものなのですね。

次の