電子マネー チャージ jalマイル。 マイルを電子マネーWAONや他社ポイントに交換する

JALマイラーのセブン

電子マネー チャージ jalマイル

モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージでJALマイルを貯めるなら、 リクルートカードよりもマイル還元率が高くなるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの方がお得になるので、そのことも覚えておいてください。 25マイル(1. 125%)が貯まります。 ショッピング利用のJALマイル還元率がJALカード(還元率1%)よりも高いので、陸マイラーメインでJALマイルを貯める人に向いているおすすめのクレジットカードです。 モバイルSuicaとSMART ICOCAへのチャージ額もSAISON MILE CLUBの対象なので、 チャージ額に対して還元率1. 125%でJALマイルを貯められます。 注意 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードではEdyとnanacoへのチャージでJALマイルが貯まらないのでご注意ください。 クレジットカードの申込みはポイントサイト経由じゃないと損をする クレジットカードを作るのに、クレジットカード会社のWebサイトに直接アクセスして申し込む人が多いと思います。 ですが、ちょっと待って下さい。 その申込み方法は、獲得できるはずのJALマイルを逃してしまうとても損をする方法です。 では、どのように申込みをすればなのか? その答えは、 ポイントサイトを経由してクレジットカードの新規申込みをしてください。 ポイントサイトに会員登録をして、ポイントサイトを経由してクレジットカードを申し込んで新規発行すれば、それだけでマイルに交換することができるポイントをもらえます。 獲得したポイントは、JALマイルだけでは無く、ANAマイルにも、はたまた現金や電子マネーなどにも交換することが出来るので、JALマイルに興味が無い人にとっても、お得な方法です! 「ちょっと興味あるけど、ポイントサイトって何?」 「ポイントサイトって安全なの?」 「どのポイントサイトを利用すればいいの?」 と、興味はあっても少し不安だったり、疑問があると思います。 でも実は、このポイントサイト経由でクレジットカードを作ってポイントを稼ぐ方法は、ネットでお小遣い稼ぎをしている人達や、飛行機に乗らずにマイルを貯める陸マイラーの間では常識となっている方法なのです。 いわゆる、 知ってる人だけが得をする情報 です。

次の

電子マネー「WAON」のご利用について

電子マネー チャージ jalマイル

WAON WAON(ワオン)は、イオングループが展開する先払い型の電子マネーです。 WAONカードをはじめとしたカードタイプが主流ですが、おサイフケータイに対応するスマホで利用できる「モバイルWAON」もあります。 全国各地のイオンやマックスバリュ、ダイエー、ミニストップなどのイオン系列店で利用すると、 対象商品購入でボーナスポイント付与、特定日にポイント2倍・ほとんど全品5%OFFなど、普段の買い物がさらにお得になります。 イオングループが発行するクレジットカード 「イオンカード」は、提携カードを含めると50種類以上ありますが、基本的に電子マネーWAONへのチャージに対応しています。 イオンカードや提携カードで、JALマイルを貯める方法は2種類あります。 カード利用で直接JALマイルが貯まるクレジットカードを利用する• カード利用で貯まったポイントをJALマイルに交換する ただし、WAONへのクレジットチャージで、何らかのマイルやポイントが貯まるのは 「JALカードとWAON JMBの組み合わせ」または 「イオンカードセレクト」に限定されています。 JALカード+WAON JMBカード(2019年3月31日で終了) JALカードは航空会社JALのクレジットカードで、カード利用でJALマイルが貯まります。 その JALカードと提携したWAON JMBカード(モバイルJMB WAON含む)にチャージをすると、 200円ごとに1マイルが付与されます。 JALのショッピングマイル・プレミアムに登録していれば、 マイル2倍(100円ごとに1マイル)になります。 対象となるJALカードは以下の4枚です。 JALカード(JCB、Visa、Mastercard)• JALカード TOKYU POINT ClubQ JALアメックスカードやJALダイナースカード、JALカードSuica、JALカードOPクレジットでは、JMB WAONクレジットチャージは利用できません。 JALカード(普通カード)については、下記の記事も参考にどうぞ。 JALカード TOKYU POINT ClubQはPASMOで後述しています。 カード紹介: JMB WAONカードはJALマイレージバンクと電子マネーWAON機能の一体型カードです。 モバイルJMB WAONもあります。 電子マネーWAONの支払いで、WAON POINTではなく、 JALのマイルが貯まります(100円または200円ごとに1マイル)。 そのため「JALカードでチャージ後、JMB WAON払い」をすれば、通常よりも何倍も多くのマイルを獲得できます。 ちなみにイオンはJALカード特約店なので、JALカードで支払うとマイル2倍(ショッピングマイル・プレミアム加入ならば4倍)になります。 イオンで支払う時のJALカードとJMB WAONカードの使い分け方は以下のようになります。 イオンJMBカードは、イオンカードとJMB WAONが提携したクレジットカードです。 JALカードと同じように、 カードや電子マネーWAON利用で、JALマイルが貯まるのが大きな特徴となります。 ただし電子マネーWAONへのチャージは、 マイル積算対象外です。 そのため、WAONチャージでJALのマイルを貯めたい時は、JALカード+JMB WAONカードで、JALマイレージバンクのマイルを貯める必要があります。 イオンカードセレクトは、イオンカード(イオンのクレジットカード)、イオンバンクカード(イオン銀行キャッシュカード)、電子マネーWAONが一体化した1枚です。 イオンカードセレクトで、WAONオートチャージを利用すると、 200円ごとに1WAON POINTが獲得できます。 あわせて読む: Suica(スイカ) 全国各地の電車やバスなどで使える交通系ICカード&電子マネーの代表格が 「Suica(スイカ)」です。 Suicaはプリペイド式で、利用前にチャージが必要になります。 クレジットカードを利用してSuicaへチャージすると、金額に応じてカード会社のポイントが貯まります。 さらにSuicaは[Suica登録して貯まる]のマークのあるお店(駅のコンビニや駅ビルなど)で利用すると、JR東日本グループの共通ポイント 「JRE POINT」が貯まります。 ポイント還元率は 0. 5%~1. 0%(200円または100円ごとに1ポイント)です。 Suicaへチャージをする際に利用するクレジットカードが、JR東日本グループが発行する「ビューカード」の場合は、 JRE POINTが貯まります。 ビューカードでSuicaへチャージをすると ポイント還元率は1. 5%と高くなります。 さらに[Suica登録して貯まる]のマークのあるお店で利用すると、 JRE POINTの2重取りが可能で、ポイント還元率は最大2. 5%までアップします。 基本的にSuicaにクレジットチャージできるのは「ビューカードシリーズ」に限られます。 ただしSuicaのスマホアプリ 「モバイルSuica」を利用すると、ビューカード以外のクレジットカードでもSuicaチャージが可能になります。 注意したいのが、ビューカード会員以外がモバイルSuicaを利用する場合、 年会費が954円+税かかることです。 また、ほとんどのクレジットカードはSuicaチャージによる ポイント付与対象外になります。 ビューカード会員であれば 年会費は当面無料&確実にチャージ利用ポイントが獲得できる(しかも高還元)のは、やはり大きなメリットだと思います。 JRE POINTをJALマイルに交換可能なのが、 JALカードSuicaです。 他のビューカードではJALのマイルへの交換ができないので「電車やバスの利用でお得にマイルを貯めたい」と思う人は JALカードSuica一択になります。 JALカードSuica JALカードSuicaは、Suica機能を搭載したJALカードです。 フライトやショッピング利用ではJALのマイルが、Suicaチャージや乗車券、定期券の購入などではJRE POINTが貯まります。 JALのマイル フライトマイル:JALグループ便やJMB提携航空会社便への搭乗 ボーナスマイル:上記の便への搭乗(JALカード会員限定の特典) ショッピングマイル:日常の買い物でカード払いをする JRE POINT JR東日本VIEWプラス対象商品:購入時にJRE POINTが通常の3倍(1,000円ごとに15ポイント)貯まるもの 例:切符(乗車券、定期券、回数券、特急券)、Suicaへのチャージ、オートチャージ JRE POINTは、通常1,500ポイントで500マイル、JALカードショッピングマイルプレミアム会員(年会費3,000円+税)ならば1,500ポイントで1,000マイルと交換できます。 JRE POINTの有効期限は「最後にポイントを獲得・利用した日から2年後の月末」で、 残高が変動する度に自動的に延長されます。 一方で、マイルの有効期限は3年間(搭乗または利用月の36ヶ月後の月末)で延長はありません。 そのため、JRE POINTを貯め続けて、必要な時にJALのマイルに交換することで、マイル失効のリスクを減らせます。 申込みからJMBマイル口座に積算されるまでは2~3週間ほどかかりますが、交換上限や回数制限はない分、一気にJALのマイルに交換しても大丈夫です。 ちなみに、マイルとJRE POINTは、両方ともSuicaへチャージが可能です。 しばらく特典航空券や座席のアップグレードに利用する機会がなければ、Suicaに交換して電車や買い物で利用すれば無駄がありません。 PASMO PASMO(パスモ)は、首都圏を中心とした鉄道・路線バスなどの乗車カードとして利用されることの多い電子マネーです。 「交通系ICカード全国相互利用サービス」の1つなので、Suicaと同じく、全国各地の電車やバスの乗車や買い物の支払いにも利用できます。 PASMO自体にはポイント制度がなく、PASMOを利用してもポイントは貯まりません。 そのため、PASMOチャージに対応するクレジットカードからチャージすることで、各カードの利用ポイントを貯める形になります。 PASMO提携クレジットカードを発行している会社は以下のとおりです。 やはり交通系の会社が多いですね。 小田急電鉄:OPクレジット、JALカード OPクレジット• 京王電鉄:京王パスポートPASMOカード• 京急電鉄:京急カード• 京成電鉄:京成カード• 西武鉄道:SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン• 相模鉄道:相鉄カード• 東京急行電鉄:TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO• 東京メトロ:ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)、ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)• 横浜交通:hama-eco card• PASMO公式:パスタウンカード その中でPASMOへのクレジットチャージでJALのマイルが貯まるのは 「JALカード OPクレジット」と「TOKYU CARD ClubQ」です。 JALカードOPクレジット JALカードOPクレジットは、JALと小田急が提携したクレジットカードです。 PASMOオートチャージやクイックチャージを利用すると、通常と同率のマイルが貯まります。 また小田急ポイントサービス加盟店(小田急百貨店やOdakyu OXストアなど)でカードを提示したり、利用したりすると、小田急ポイントが最大10%貯まります。 気をつけたいのが、小田急ポイントの有効期限は、ポイント積立期間(入会の翌月から1年間)から3ヶ月間と短めなこと。 有効期限内にJALマイルの最低交換ポイント数の2,000ptに到達するのが難しそうであれば、小田急ポイントサービス加盟店で使い切った方が無駄がありません。 1ポイント=1円相当で、1ポイントから使えます。 JALカード TOKYU POINT ClubQ JALカード TOKYU POINT ClubQでは、 PASMOへのチャージでTOKYU POINTが、 WAONへのチャージでマイルが貯まります。 TOKYU POINTの有効期限は、 ポイントの加算日から最長3年間と長いので、JALマイルに交換可能なポイントまで貯め続けやすいです。 ちなみに「TOKYU CARD ClubQ JMB」は、PASMOへのチャージのみ対応しています。 もちろんTOKYU POINTも貯まるので「WAONチャージは利用しない」という人に使いやすいと思います。

次の

おすすめ電子マネー10選

電子マネー チャージ jalマイル

1 WAON加盟店のレジで「WAONで払う」と伝える 2 リーダーにWAONを置く(かざす) 3 決済音「ワオン!」を確認できたらカードを離す これでレジで現金やお財布を出すことなく、スマートに精算できます。 紙幣やコインのやりとりがないので、どなたも安全かつ快適にお買い物ができます。 電子マネーWAONカードならイオンで購入できる 電子マネーWAONと言えば水色のカードでお馴染みですが、実は他にも数多くの種類があります。 そこで以下に主なWAONの種類と特徴をまとめました。 WAONの種類 入手方法 (費用) チャージ手段 ・電子マネーWAONカード ・ご当地WAON 店頭販売 (発行料300円) ・現金 WAONカードプラス 店頭販売 (発行料300円) ・現金 ・クレジットカード イオンカードセレクト オンライン等で申し込む (無料) ・現金 ・口座オートチャージ イオンカード オンライン等で申し込む (無料) ・現金 ・クレジットカード アプリダウンロード (無料) ・現金 ・クレジットカード オンライン等で申し込む (無料) ・現金 ・クレジットカード モバイルJMB WAON アプリダウンロード (無料) ・現金 ・クレジットカード 一言に電子マネーWAONと言っても、この通りいろんな選択肢があるんですね。 単体のWAONカードの他にも、イオンカードセレクトの様にクレジットカードやキャッシュカードとの一体型タイプも選べます。 電子マネーWAONは1人で複数持つこともできますが、とりあえずWAONを使ってみたいという方には、初期費用不要で手軽に申し込めるモバイルタイプがおすすめです。 もしもJALマイルを貯めているなら、ポイントの代わりにJALマイルが貯まるJMB WAONがいいですね。 ただしJMB WAONにはJALカード(クレジットカード)が必要で、チャージにも必ずこのカードを使用します。 どのWAONも同じように便利だけど、種類によって発行手数料がかかったり、チャージ方法やポイントの貯まり具合が異なる点に気をつけよう! WAON(ワオン)の使い方はチャージが重要!ポイントを貯めるコツ 便利なWAONカードも、そのままでは支払うことができません。 WAONはプリペイド方式の電子マネーですから、事前に入金(チャージ)が必要です。 チャージ方法はWAONのお得度を左右する大きな鍵となるため、次にWAONチャージの種類と方法、そしてそれぞれのメリットを見ていきましょう。 現金チャージはどのWAONでも可能 がありますが、まずは現金チャージからご説明しましょう。 現金チャージはどのWAONでも可能なので、クレジットカードを持っていない人でもすぐにWAONを使い始めることができます。 【WAON:現金チャージ】 ・場所:加盟店レジ、WAONチャージャーmini、イオン銀行ATM ・入金額:1回につき最大49,000円 ・ポイント:貯まらない イオンなどのレジや店内のWAONチャージャーmini、イオン銀行ATMでも現金チャージが可能ですが、残高が減る度に入金せねばならないのはちょっと面倒ですよね。 それに現金チャージはポイント(もしくはマイル)が貯まらないので、入金方法として特にメリットがありません。 通常のWAONカードはクレジットチャージできない ではクレジットカードはどうでしょうか?クレジットチャージは現金チャージよりも便利ですが、すべてのWAONがこの方法に対応している訳ではありません。 実は一般的な電子マネーWAONカード()は、現金でしかチャージできず、クレジットチャージには対応していません。 クレジットカードでチャージするには、それ以外のWAONを選ばなくてはならないのです。 クレジットチャージに対応しているのは以下のWAONです。 WAONカードプラス• 三井住友カードWAONなど提携WAON• イオンカード• JMB WAONカード• モバイルWAON• モバイルJMB WAON モバイルWAONはアプリでチャージできる WAONにクレジットカードを登録すれば、現金の持ち合わせがない時でも、イオン店内やイオン銀行ATMで手軽にチャージできます。 モバイルタイプならもっと便利で、アプリで好きな時・好きな場所でチャージが可能です。 モバイルWAONの場合は紐付けるクレジットカードを自由に選べるので(VISA、Mastercard、JCBブランドに対応)、自分の好きなカードでチャージできるのも便利です。 JMB WAONでマイルを2重取り しかしWAONにクレジットチャージしても、実はクレジットカードにはポイントが貯まりません。 クレジットチャージで還元があるのはJMB WAON・モバイルJMB WAONだけで、その場合はJALカードでのチャージ200円ごとに1マイル(0. 5%)貯まります。 つまりJMB WAONなら、チャージ+利用でマイルを2重取りできるんですね。 しかもJALカードが「ショッピングマイル・プレミアム」に登録済みなら、チャージ時の還元率は2倍の1%(チャージ100円ごとに1マイル)になります。 口座チャージ イオンカードセレクト)ならポイントが貯まる しかしある方法を使えば、WAONのオートチャージでもポイントを貯めることができます。 それがイオン銀行の口座を使うオートチャージで、入金額200円ごとに1ポイント(還元率0. 5%)貯まります。 ただしそれには特定のカードとWAONの組み合わせが必要です。 それがイオン銀行の多機能型キャッシュカードと、各カードに搭載されたWAONです。 WAONに口座チャージできるのは以下3カードで、この中でオートチャージ可能なのは上の2枚だけです。 自分のライフスタイルに合ったWAONを選べば、利便性も高いしポイントも効率よく貯まって一石二鳥だよ。 中でもオススメなのは、チャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトだよ。 WAON(ワオン)におすすめのクレジットカード 次にWAONにおすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。 1枚は口座オートチャージできるイオンカードセレクト、次にこのカードのG. Gマーク付きタイプ、そしてJMB WAONにチャージできるJALカード TOKYU POINT ClubQです。 2重取り可能でコストパフォーマンスの高いカードを厳選しましたので、WAONを利用する方には必携のクレジットカードです。 オートチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクト 最初にご紹介するのはイオンカードセレクトです。 イオンカードセレクトは多機能タイプで、この1枚でイオン銀行キャッシュカード、クレジットカード、電子マネーWAONの3機能を兼ね備えています。 またWAONのチャージ+利用でポイントを2重取りできる唯一のクレジットカードですので、まだWAONをお持ちでない方にも一押しです。 このカードを使ってイオン銀行口座からWAONオートチャージすれば、200円ごとに1 WAONポイント、そしてそのWAONで支払えば、一般店舗は200円ごとに1 WAONポイント、イオングループ対象店なら常に2 WAONポイント貯まります。 合算すると還元率は一般店舗で1%、イオングループなら1. 5%ですね。 「マイナポイント事業」分と合算すれば、事業期間中はなんと36. 5%還元に!新規入会には最良のチャンスです。 以下がイオンカードセレクトのスペックです。 年会費無料なのにイオングループの優待やイオン銀行の優待も使えるので、全般に大変お得なクレジットカードです。 年会費 無料 スペック ・WAONチャージ+利用で還元率は常に1%以上 ・イオングループ対象店舗ならいつでもポイント2倍 ・毎月20・30日「お客さま感謝デー」5%OFF ・毎月10日「ありが10デー」ポイント5倍 ・イオン提携施設のレジャー優待 ・イオン銀行利用優待 55歳以上は更にお得!イオンカードセレクト G. Gマーク付き ただでさえお得なイオンカードセレクトに、さらにもう一つ優待特典が加わったのが55歳以上限定の「イオンカードセレクト G. Gマーク付き」です。 このカードを使えば、イオンで毎月15日に開催される「G. G感謝デー」に、ほぼ全商品が5%オフになります。 クレジット決済・WAON決済いずれもこの優待の対象です。 チャージマイルが貯まるJALカード TOKYU POINT ClubQ 次にJMB WAONへのクレジットチャージでマイルを2重取りできる、「JALカード TOKYU POINT ClubQ」をご紹介しましょう。 このカードは、以下いずれかのJMB WAONのチャージに使えます。 JMB WAONなのでクレジットチャージもしくはオートチャージでマイルが貯まり、マイル2重取りが可能です。 JMB WAONカード• モバイルJMB WAON• BIC CAMERA JMB WAONカード JALカード TOKYU POINT ClubQでJMB WAONにチャージすると200円につき1マイル、利用時にも200円につき1マイル貯まるので、マイル還元率は合計1%です。 しかしJALカード TOKYU POINT ClubQにショッピングプレミアムを登録すれば、チャージマイルが2倍になって、その場合の合計還元率は1. 5%です。 もちろんオートチャージ設定も可能ですよ。 ただしJALカードからJMB WAONへのチャージでマイルが付与されるのは、2021年3月31日までの予定となっています。 その後はマイルの2重取りができなくなるのでご注意ください。 またJALカード TOKYU POINT ClubQは、交通系電子マネーPASMOのオートチャージにも対応しますし、東急グループ加盟店ではTOKYU POINTも貯まります。 無難なのはイオンカードセレクトで、55歳以上の人にはG. Gマーク付きがおすすめだ。 東急沿線住まいでマイルを貯めているなら、JALカード TOKYU POINT ClubQがお得だよ。 WAON(ワオン)のお得な使い方!1ポイントも無駄にしない方法 WAONはどなたでも簡単に使えますが、使い方次第でより多くのポイントを貯めることが可能です。 最後にWAONでポイントを貯めるコツをご紹介しますので、1ポイントも無駄にすることなく貯めて、ぜひ他のWAONユーザーに差をつけましょう。 ポイント2重取りにはチャージ方法が重要 お得度を左右する最も重要な要素は、やはり何と言ってもWAONのチャージ方法です。 2重取りの方法については既にご説明済みなので、以下にチャージでポイントやマイルを貯める方法をまとめておきます。 WAONの種類 2重取りできるクレジットカード チャージ方法 WAON ・イオンカードセレクト ・イオン銀行キャッシュ+デビット 口座オートチャージ JMB WAON ・JAL(Visaカード) ・JAL(Mastercard) ・JAL(JCBカード) ・JALカード TOKYU POINT ClubQ クレジットチャージ (オートチャージ含む) WAONの種類によって、利用するカードやチャージ方法が異なる点にご注意ください。 場合によってはポイントやマイルを貯めるために、新たにカードを作る必要もあります。 会員登録すればイオングループで常にポイント2倍 次はWAONのお買いもので、効率よくポイントを貯める方法です。 まず電子マネーWAONカードもしくはモバイルWAONを手に入れたら、すぐに会員登録(所有者登録)を済ませてください。 これによって紛失盗難時の補償も受けれますし、イオングループ対象店でWAONを使うといつでもポイントが2倍(還元率1%)になるからです。 ただしクレジット一体型やキャッシュカード一体型のWAONにこの会員登録は必要ありません。 これらのWAONは発行直後から、常にポイント2倍・紛失盗難時の補償の対象です。 「いつでもポイント2倍」になる対象店舗は以下の通りです。 ありが10デーはポイント5倍! なおJMB WAON・モバイルJMB WAONについては、「いつでもポイント2倍」の対象外となります。 しかしスーパーイオンやイオンスタイルには、以下のようにJMB WAONにも対応する優待日がありますので、ぜひこちらをご利用ください。 優待 実施日、内容 対象 お客さまわくわくデー 毎月5・15・25日は200円で2マイル ・WAON ・JMB WAON (いつでもポイント2倍との重複なし) ありが10デー 毎月10日はポイント(マイル)5倍 ・WAON ・JMB WAON お客さま感謝デー 毎月20日・30日は5%オフ ・WAON ・JMB WAON G. G感謝デー 毎月15日は5%オフ ・G. G WAON ・JMB G. G WAON ・ゆうゆうワオン ポイント(マイル)がつかない商品もある しかしWAONで買いものしても、ポイント(マイル)がつかないケースもあります。 例えば以下の商品はポイント付与の対象外で、WAONで購入してもチャージポイントしか貯まりません。 たばこ• ゆうパック• 切手、ハガキ、印紙• ギフトカード• それまでは自動車税などの納付でWAONのチャージポイントを稼げたのに、今はもうこの手法を使うことができません。 WAONにチャージできる金額は最大50,000円 WAONは現金同様に使えますが、チャージ上限額が決まっているため、一度に5万円以上の代金を支払うことができないことにもご注意ください。 【WAONチャージ上限】 ・最大50,000円 ・チャージ可能額は1,000円? もしもWAONで5万円以上の商品を買いたい場合は、超過分を現金で支払うしかありません。 1人で2枚以上のWAONを持つことは可能ですが、一度に複数のWAONで支払うことはできないからです。 こういう時にクレジット一体型のWAONを持っていれば、必要に応じてクレジット決済に切り替えることができるので安心ですね。 マイナポイント事業でWAONは35%還元 次に大量のポイントが貯まる最新情報「マイナポイント事業」をご紹介しましょう。 これは総務省のキャッシュレス促進事業で、自分の好きな決済方法を一つ選んで登録すると、期間中のチャージもしくは利用に応じてポイントが付与されるというものです。 還元率は25%、獲得できるポイント数は最大5,000円分です。 つまりこの事業にWAONを登録すると、期間中20,000円チャージすれば5,000 WAONを獲得できることになります。 しかもWAONの場合、これに加えてさらに10%分=最大2,000 WAONが上乗せされます。 合計すると7,000 WAON獲得できるので、還元率はなんと35%に達します。 マイナポイント事業は2021年3月31日まで マイナポイント事業には準備と予約が必要ですので、まだの方は早速以下のスケジュールに沿って手続きを始めましょう。 【マイナポイント事業のスケジュール】 ・事前準備 1 :マイナンバーカードを発行 ・事前準備 2 :マイナポイントを予約する ・申込み期間:2020年7月1日~2021年3月31日 ・チャージ期間:2020年9月1日~2021年3月31日 ・WAONの受取り:2020年10月下旬予定 まず準備として、マイナンバーカードを使ってマイナポイントを予約し、次にWAONを登録してください。 チャージでポイントが貯まるサービスが始まるのは2020年9月1日からで、その後半年間に合計20,000円チャージすれば、7,000 WAONを満額受け取ることができます。 また受け取れるのは「WAONポイント」ではなく「WAON」ですから、すぐお買いものに使えるのも便利ですよね。 マイナポイント事業で貯まるWAONとは別に、もちろん通常ポイント(チャージ+利用)も貯まりますから、実際の還元率は35%よりも更に高くなります。 マイナンバーカードをまだお持ちでない方も時間的余裕は十分ですので、ぜひマイナポイント事業期間中に手続きを済ませて、この大型還元を受け取りましょう。 WAONポイントの有効期限は最大2年 貯めることばかりに一生懸命になっていると、意外と忘れがちなのがポイントの有効期限です。 WAONのチャージや利用で貯まるのは「WAON ポイント」ですが、必ず有効期限中にWAONにチャージしてください。 そのまま放置していると、最短1年で失効してしまいますよ。 以下は10月25日に初めてチャージした場合のポイント有効期限の例です。 【WAONポイントの有効期限】 ・加算期間:初回チャージから1年後の月末、その後は1年単位 ・有効期限:加算期間を含む最長2年 WAONポイントは加算時からカウントが始まるのではなく、初回チャージ翌年の月末までを1期間とし、この間に貯まったポイントが1年後に一斉に失効する仕組みになっています。 こまめにWAONにチャージすれば失効を防げますが、自分が使っているWAONのポイント起算月は、どなたも覚えておく方がいいですよ。 WAONはオートチャージ設定も可能 もしもその都度チャージするのが面倒なら、オートチャージ設定がおすすめです。 WAONのオートチャージに対応する店舗なら、決済時に残高に応じて自動的に入金されますから、いちいち自分でチャージする必要がありません。 オートチャージの設定は、WAONステーションやアプリで登録も解除も簡単にできます。 以下はWAONステーションを使う場合のオートチャージ設定の流れです。 WAONが使える提携店は全国72万ヶ所 次に電子マネーWAONが使える店舗をご紹介しましょう。 WAONが使える提携店は、なんと全国に72万ヶ所も存在します。 WAONが便利なのは、使いやすいお店が至る所にあるからなんですね。 しかも使えばポイントが貯まるので、現金払いよりもお得です。 以下がWAON提携店の例と、それぞれのWAONへのチャージ対応、ポイント付与率です。

次の