結べる ボブ 前髪 あり。 「40代の髪型」ボブに前髪はあり?おばさん化を避ける方法は?

「40代の髪型」ボブに前髪はあり?おばさん化を避ける方法は?

結べる ボブ 前髪 あり

表参道、原宿のヘアサロンEmu Claretの和崎です^^ 皆さんがバッサリ切る時に最も気にする所は 結べるか結べないか だと思います。 肩にぶつかる長さでは無いと結べない そう思っている方が多いかと思いますが実はそんな事もありません。 たった一つポイントを押さえてカットするだけで短くても結ぶ事が可能です。 流行りの切りっぱなしボブでもレイヤーをあまり入れなければ結ぶ事は可能です。 前から見るとこのくらいの長さですね。 さらにこの長さにゴム1本を使ってくるりんぱをした場合短い襟足もこんな仕上がりに。 ゴムで結ぶのも難しいくらいの長さは こんな感じでねじってとめるだけでどれだけ短くてもまとめる事が可能。 襟足にレイヤーを入れない様にしてある程度長さを残します!! もう少し短くしたい!! という方はこちらくらい ギリギリ切っても結べます!! ,あまりレイヤーを入れないことがポイントとなります。 さらには結べなくてもいいからまとまればいい、 と言う方にはこちらのお団子アレンジ。 実はこの長さをアレンジしています。 その他のギリギリ結べる長さまで切りたい方に向けたアドバイスの記事はこちらから👇 また最近はギリギリ結べるか結べないかくらい短くても簡単に出来るアレンジ方法もいくつかパターンがあります。 こちらから👇 ちなみに僕は大人向けなショートボブが得意です。 襟足の切り方は特にこだわりがあるのでバッサリ切りたい方はぜひお任せ頂きたいです。 また短く切った際は髪の毛をまとまりやすくするトリートメントやヘッドスパも施術をする事をオススメいたします。 短くしたいけど色々と不安な方がいらっしゃると思いますがまずはお気軽にご相談ください。 こちらからやりたい髪型などを送って頂きますとカウンセリングも可能です。 お友達登録をして頂いた方の中から毎月5名の方に2万円分のヘアケアが当たります!! バッサリ切る際は特にアレンジ方法をしっかりと教えさせて頂きます!!! カラーリングにより毛先のパサつきが気になる20代のお客様から、髪にボリュームが欲しくなる40代のお客様に至るまで、大人女子の髪のお悩みをヘアサロンEmu Claret エミュクラレット が解決します。 Topicsでは、原宿のヘアサロンEmu Claret エミュクラレット のスタイリストが普段から気を遣っていることやサービスへのこだわり、ヘアケアのコツなどについてご紹介しております。 お気に入りのヘアスタイルを少しでも長く維持するためには、ご自宅に帰ってからのアフターケアはもちろん、毎日のセルフケアも大切です。 スタイリングや髪型に関するご相談はお気軽にどうぞ。

次の

「40代の髪型」ボブに前髪はあり?おばさん化を避ける方法は?

結べる ボブ 前髪 あり

シンプルなストレートボブでも前髪の作り方でグッとおしゃれ感が増します。 前下がりのショートボブやレイヤーカットのミディアムボブなどパーマや巻かなくても決まるボブスタイルに合わせる似合わせ前髪は?丸顔さんも面長さんにおすすめの輪郭カバー印象チェンジスタイルやアレンジも必見。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 前髪ありのストレートボブは美人度が上がるこなれヘア ストレートボブは地味になりがちだと思っていませんか?実は頑張らないのにさらりとこなれたおしゃれ感が出て美人な雰囲気を作り出すヘアスタイルなんです。 丸みがあるシルエットで、女性らしさも演出できます。 ・ストレートアイロンでさらりと仕上げているので、ナチュラルでヘルシーなイメージでありつつ、シースルーバングがポイントとなってトレンド感もバッチリ。 スタイリングは、セミウェットな質感で束感を出しつつ、スタイリッシュに仕上げます。 ・シャープなシルエットなので、丸顔をカバーして小顔効果もアリ。 耳にかけなければ、フェースラインをカバーすることもできます。 ショートより長く、でもボブより短くしたい・・・そんなわがままを叶えてくれるデザインです。 \How to ベース&カラー/ ・襟足ギリギリの長さでカットしたボブに、表面のみレイヤーを入れたスタイル。 サイドはリップラインの長さで前下がりにカット。 前髪は、下ろすことも流すこともできる長さにして扱いやすく。 ・サイドとの繋がりはやや長さを残し、黒目と黒目の間を軽くすることで今っぽいバングに。 カラーは8レベルのフォギーベージュのベースに、表面に入れた13レベルのハイライトがアクセントとなり立体感をプラス。 \How to スタイリング/ ・前髪の分け目がつかないように乾かしたら、ストレートアイロンを使い丸みが出るようにさらっと通すだけの簡単スタイリング。 硬毛の場合は、カールアイロンを低めの温度で使って軽くニュアンスをつけても。 ・スタイリング剤は、オイルとシアバターを混ぜてから、全体に馴染ませたらフィニッシュ。 襟足は浮かないようにしっかり押さえることも忘れずに。 でも心配なのは、老けないかどうかで…。 そこで老けないけれどきちんと感はちゃんとある、大人のためのボブを紹介します。 ポイントは前下がりで作る長めの前髪と、後頭部の丸いシルエット。 また気になるエラや丸顔をカバーできます。 後頭部は、耳の中間よりやや上にボリュームがくるように作ります。 そこから首元に向かい柔らかな曲線を描くようにグラデーションカット。 ・このボリュームゾーンの位置が重要で、高過ぎると老けて見える恐れアリ。 計算された丸いシルエットにより、老けて見えず柔らかな印象だけを与えることができます。 ボブやショートは横からの印象が、実はとても大切。 ・片側だけ軽く耳掛けをすると、落ち着きつつもこなれた感ある印象に。 カット次第でボリュームダウンや絶壁をカバーでき、フレッシュさを演出できます。 このボブはきちんと感が欲しい人だけでなく、毛量や頭の形に悩む人にもぜひ挑戦してほしいスタイルです。 後頭部は耳の中間よりやや高い位置にボリュームがくるように設定し、襟足に向かって緩やかなグラデーションに。 この位置が高過ぎると老けた印象になるので注意。 顔周りはあごラインの前下がりカット。 ・トップの分け目がどこでもキマるように、表面と顔周りに軽くレイヤーを入れます。 カラーはどの季節でも浮かず好感度の高い8〜9トーンのカーキ系ベージュ。 肌の色や照明の明るさに合わせて、寒色に寄り過ぎない色味を作ることがポイントです。 \How to スタイリング/ ・トップは根元だけ1〜2cm持ち上げ、やや斜め後方に倒しながら乾かします。 トップ全体を持ち上げて乾かすと、戻したとき毛束に余分な丸みがつくので避けて。 ストレートアイロンで表面の毛束の根元を挟み、中間まで滑らせ艶を出します。 そのままでもOKですが、すぐにペタッとなる人は程よく束感を作れるワックスを手のひらに少量伸ばし、毛先に軽くなじませるとふわっと感をkeepしやすいです。 ・スタイリングはコツいらずで簡単なので、朝が忙しい働き女子やママにもおすすめ。 ましてボリュームが出にくく毛量の少ない髪を増やすのは至難のワザ。 しかもボリュームは年齢を重ねるごとに減っていくのは周知の事実で…。 そんなペタンコ髪に悩む人を救う、嬉しい髪型をご紹介します! ボリュームがあるように見せるポイントは、断然トップのふんわり感。 ・トップがふんわりしているだけで毛量が多く見えます。 そんなふんわりトップに見せるには、思い切ってショートボブにすることをおすすめします。 しかも耳上あたりに横幅を出し、首元にかけてすっきりしているひし形のショートボブ。 首元がすっきりしている分、トップのふんわり感が強調されます。 さらに前髪も重要で、厚めに作って目の上ギリギリで流しておでこを隠しましょう。 ・おでこの生え際を見せるとボリュームのなさを感じさせてしまうからです。 厚め前髪でしっかりおでこを隠し、ひし形ショートボブでトップのボリューム感を主張する。 バックから耳上までレイヤーを入れ、耳下のラインをすっきり見せます。 顔周りは前下がりにカットしレイヤーを。 全体のトップに向かってグラデーションカットにしひし形のシルエットを作りつつ、トップは短くなり過ぎないように注意。 ・トップに長さを残すと、表面にふわっとした毛束を作りやすくなります。 前髪は目の上ギリギリで厚めにカットし、自然にサイドに繋げて。 カラーは10トーンのフォギーベージュ。 ショートボブは暗いと幼さや重たさを感じさせます。 表面のふわっとした毛束が透けやすいカラーなので、重たくならず垢抜けた印象に。 \How to スタイリング/ ・トップを持ち上げながら乾かします。 また毛束を左右に動かすことで、分け目がパックリ割れるのを防ぎます。 また全体の毛束を後ろから前に向かって乾かすとボリュームが出やすいです。 トップを前後ふたつに分け、それぞれ32㎜のアイロンでリバースワンカール。 ・この毛束が表面にふわっとした立体感を出します。 ややセット力のあるクリームワックスを手のひらに少量のばし、全体の毛先になじませ束感を作り、耳上をふわっとさせます。 前髪の毛先にもなじませサイドに流して。 ・トップの根元をつまんでキープスプレーを少し吹きかけると、ふんわりした毛束をKEEPしやすいです。 この中途半端なレングスは、実はとても女っぽさを引き出す魅力を持っているんです。 ・動くたびに毛束が顔周りで揺れるのでアンニュイな表情を作りやすく、また裾を巻き過ぎないことで力の抜けたラフさを演出。 軽く内巻きにしただけで、あえてスタリングに力を入れない感じが色っぽく見せるカギになります。 さらに前髪もポイント。 ふわっと斜め流しにすることで目の上で毛先が流れ、自然と目力up。 ・また前髪効果で柔らかな印象にもなります。 頑張らない色気が欲しい人は、今すぐTRYすることをオススメします!レイヤーを入れて表面をふわっとさせると、ひし形シルエットになり小顔効果も! \How to ベース&カラー/ ・鎖骨丈の前上がりベース。 自然と内巻きになるように中間から軽くグラデーションカットに。 トップにレイヤーを入れ、ふわっとした毛束を作りやすくします。 ・前髪は目の上ギリギリでカットし、サイドバングは頬に落ちる長さにして小顔効果を狙います。 カラーは9トーンの、赤みを消して柔らかさを引き立てるオリーブベージュ。 ところどころ自然になじむローライトを入れて立体感を出しやすくします。 \How to スタイリング/ ・前髪はパカっと割れたクセがつかないよう、左右に寄せながら乾かします。 38mmの太めのアイロンで、毛束の中間から挟んで滑らせ軽く内巻きに。 グルンと巻くと古く見えるので、あくまでも軽くクセづけでOK。 さらに表面の毛束を取り、水平に持ち上げて同じようにワンカールを。 ・レイヤー入れているのでカールに段差が出てふわっとします。 前髪も軽く内巻きに。 さらっとなじむクリームワックスを毛先に全体にもみ込み、手に余ったワックスを前髪の毛先にもなじませ斜めに流します。 ・仕上げに数か所トップを少しつまみ、筋を作りながらキープ力の軽いスプレーを吹きかけ、表面にふわっとした毛束を作れば完成です。 スタイリングが簡単で、自然な色気を演出できる魅力的なボブディ。 一見幼く見える髪型だからこそ、守ってあげたくなるような愛しい印象を与えます。 ・とはいえ、個性的な厚い前髪や大げさにくるんと巻いた内巻きボブでは、野暮ったく見えて今どきNG。 ・さらにハチが張っていて頭の形が四角いとこなれ感に欠けるので、トップにボリュームを出して頭の形を丸く見せることをおすすめします。 ・軽く耳掛けしてイヤーアクセをチラ見せするとおしゃれ感UP。 あえて遊び心をプラスしないことが、どんな人からも愛される清楚系女子の鉄則です。 肩に当たる長さでカットすると、巻いたとき肩につかず軽やかな印象に。 顔周りはやや前上がりにカットし、内巻き部分が重たく見えないようにします。 ・表面に少しだけレイヤーを入れふわっとした毛束を作ります。 前髪は薄めに取り、目の上で流れるように毛量調整しながらカット。 ゆるやかな曲線を作ると幼い印象になりません。 ・カラーは8トーンのナチュラルブラウン。 落ち着いたカラーですがツヤ感と透け感が出るので重たくならず、上品な印象に。 退色しにくいのもおすすめポイントです。 \How to スタイリング/ ・ドライヤーで乾かすとき、トップの毛束は上に引き上げながら乾かします。 普段の分け目から5㎜ズラして分けると、トップがふわっと立ち上がり立体感が出ます。 裾はナチュラルなカールを作れるストレートアイロンを使い、毛先だけなめらかな内巻きに。 さらにハチ上の毛束を横に引き出しやや高い位置から同じように巻くと、表面にふわっとした毛束が作れます。 ・ソフトワックスを指先に少量伸ばし、毛先にもみ込みながら束感をつけます。 トップをつまんで根元の立ち上げ部分にもなじませ、さらに前髪の毛先にもなじませたら完成です。 ・内巻きボブはスタイリングも簡単なので、忙しいOLにもおすすめ。 そこでおすすめしたいのが、内巻きボブ。 ・こだわるべきは、ズバリ耳前の毛束。 耳掛けをし、あえて後れ毛のように耳前に毛束を落とし、その根元をふわっと立ち上げます。 これがあるだけで顔周りにヌケ感が出てこなれた印象に。 さらに長め前髪にして縦のラインを作る、透け感のあるカラーにする、バームでセミウエットな質感を作る、などをプラスすると大人っぽく仕上がります。 ・カジュアルな外ハネが流行ったからこそ、女性らしい内巻きが逆に新鮮な今季。 毛先が自然と内巻きになるイングラデーションカットで、丸いシルエットを作ります。 前髪は鼻上で長めにカットしサイドに流して。 ・カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。 ボブはこっくりした重たいカラーだと幼く見えがちに。 ラベンダーは透け感と柔らかさ、ツヤ感が出るカラーなので重たく見えません。 またアッシュが入っていることでおしゃれな印象に。 黄みも抑えるので上品な発色をKEEPします。 \How to スタイリング/ ・乾かすとき前髪を含め分け目と反対側に髪を寄せ、温風で乾かした後に冷風をあてます。 それから分け目に戻すと前髪が自然に立ち上がりトップもふんわり。 32㎜のアイロンで毛先を内側にワンカールします。 さらに表面の毛束を持ち上げながらワンカールをプラス。 ・セミウエットな質感になるバームタイプのワックスを全体になじませます。 このとき耳前の毛束の根元と、前髪の根元にもしっかりなじませると、髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。 片側だけ、耳前の毛束を少し残して耳掛けをします。 ・耳前の毛束がふわっとするよう根元を立ち上げ、前髪の根元、サイドもふわっとするように整えたら完成です。 甘くなりがちな内巻きボブですが、耳前の毛束でヌケ感を作り、さらに前髪やカラーで大人っぽく仕上げるのが今どきに見せるコツ。 輪郭を矯正するように、フェースラインを隠して顔型をカバーしてくれる嬉しい髪型があるんです。 しかもスタイリングは超簡単。 ・そんな理想的な髪型とは、こちらの毛先がラフに動いたボブ。 表面にレイヤーを入れつつ、顔周りは毛束がストンと落ちているのでフェースラインを隠せます。 また前髪があるので顔の面積が狭くなり小顔効果も抜群。 軽く耳掛けしても、頬の上に毛束を落とせば丸顔やエラ張りが目立たない! ・前髪は厚くすると頬の膨らみが目立ち丸顔が強調されるキケンがあるため、薄めにしてヌケ感を作ることが鉄則です。 軽く耳掛けしても、頬の上に毛束を落とせば丸顔やエラ張りが目立たない!顔型をカバーしつつ、カジュアルかわいい大人ボブ。 丸顔やエラ張りなど、顔型に悩んでいる人は絶対にCHECKを! \How to ベース&カラー/ ・襟足5㎝、肩に触れるぐらいの長さでやや前下がりにカット。 基本はワンレングスですが、毛先に動きを出しやすくするため顔周りと表面に軽くレイヤーを入れます。 前髪は隙間ができるように薄めに取り、目の上で毛先が流れるようにカット。 ・カラーは好感度の高い9トーンのアッシュベージュ。 動きのある毛先が軽やかに見えるように、ところどころハイライトを入れます。 ハイライトは明るくし過ぎず、ベースのカラーとなじみませるのがおしゃれに見せるポイントです。 \How to スタイリング/ ・トップを左右にくしゃくしゃっと掻き上げながら乾かすと、トップがペタッとならずふんわりします。 さらに表面の毛束を少量取り、ところどころ外ハネをプラスします。 アイロンの温度を上げ過ぎないことでクセがつきにくくなり、今っぽいラフな毛先に。 ・ハネた毛先にスプレーワックスを吹きかけてから、バーム系のワックスを全体にもみ込み束感を出します。 スプレーワックスを吹きかけておくと軽くゴワついた質感になり、立体感をKEEPしやすくなります。 前髪は内側の根元にドライヤーをあてながらハンドブローで乾かし、毛先を軽くサイドに流して。 顔周りの毛束をフェースラインにかけつつ、片側だけ顔周りの後れ毛を残して軽く耳掛けをすれば完成です。 ・フェースラインを隠しつつ、ランダムな外ハネで視線を外に持っていき輪郭を強調させない計算づくなボブ。 片側だけ耳掛けをするのも、左右を非対称にすることで丸顔やエラ張りを目立たなくする効果があります。 きっちりしてない外ハネなのでスタイリングは超簡単。 朝が忙しい大人女子にもぜてTRYしてほしいスタイルです。 そもそもおしゃれなアレンジは技術も練習時間もなくて挑戦できない…。 そんな悶々としている大人女子におすすめしたい、アレンジ力抜群の髪型がこちら。 ズバリ、前髪長めのショートボブです。 ・ショートボブは毛先が顔周りにくるので、動かし方で顔の印象がガラッと変わります。 ストンと内巻きにしてまとめれば上品な印象に。 軽く外ハネにすれば程よくカジュアルな印象になります。 毛先が短い分、アイロン使いも簡単でスタイリングに時間がかかりません。 落ちついたカラーで毛先を軽くハネさせればエレガントな印象にも。 ・また前髪が長いので耳掛けもでき、スッキリタイトにまとめることも可能。 逆に耳掛けせずふわっと仕上げればカジュアルなこなれ感が生まれます。 5cmの前下がり、動きが出やすいよう長めにカットします。 後頭部は目のラインにボリュームが出るようカットすると、毛量が少なくても気にならず頭の形がキレイに見えます。 ・襟足は首に沿うようにカット。 前から見たとき襟足が少し見えた方がおしゃれな印象に。 顔周りは小鼻と口の間でサイドに流れるようにカットし、長めの前髪を作ります。 カラーは8トーンのラベンダーアッシュ。 落ち着いた色ですが、透明感があり重たく見えません。 \How to スタイリング/ ・トップを乾かすとき、分け目がパカッとならいよう根元を持ち上げながら乾かします。 後頭部も根元を立ち上げるように乾かすと、自然とボリュームが出てふわっとした仕上がりに。 外ハネスタイルにする場合は、28mmのアイロンで毛先のみ、内外ランダムに巻きます。 ・特に顔周りはしっかり外ハネにすると軽やかな印象に。 前髪は軽くリバース巻きにします。 ワックスよりツヤ感の出るクリームタイプのスタイリング剤を毛先にもみ込み、軽く耳掛けをすれば完成です。 ・上品に仕上げたければ、巻かずに毛流れを整えるだけでOK。 顔周りが長いのでアレンジの幅が効くのが嬉しいスタイル。 ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。 センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。 ・こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。 ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。 ・顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。 自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。 \How to ベース&カラー/ ・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。 動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。 ・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。 赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。 \How to スタイリング/ ・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。 また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。 乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。 ・表面は内巻きにワンカール。 さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。 シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。 フェースラインを包むので小顔効果も絶大です。 でもひとつ、TRYするのを躊躇しがちな問題が…。 それは毛量が多い人は、ボリュームが出過ぎて頭でっかちな印象になること。 ・ヘルメットみたいになるのを恐れて躊躇する人も多いのだとか。 でも、大丈夫。 毛量が多い人でも、カットとスタイリング次第でキュッとタイトな外ハネボブに仕上げることができます! ・ポイントは、後頭部の内側にグラデーションカットを入れることと、前髪を薄め、短めに作ってヌケ感を出すこと。 さらに外ハネを大きく作らずラフにハネさせてから、耳掛けをすること。 内側に入れたグラデーションカットで、頭にフィットするようなミニマムボブに! ・また乾かす前にオイルをなじませしっかり保湿しつつ、仕上げにバームの重たさでボリュームを抑えることも重要です。 これらを考慮して作ればスッキリミニマムな外ハネボブに。 今旬で絶対的におしゃれな髪型だから、毛量が多くて躊躇していた人は熟読してぜひTRYを! \How to ベース&カラー/ ・あご下のワンレングスベース。 後頭部などボリュームの出やすい部分の内側にグラデーションカットを入れると、毛が頭に沿うようにまとまりコンパクトに。 レイヤーを入れると毛先が外にいきボリュームが出やすくなるので避けて。 前髪は目の上で薄く取り、隙間ができるようにカット。 ・眉尻の毛束はやや長めにカットしサイドに流すと小顔に見えます。 カラーは10トーンのラベンダーアッシュ。 赤みを抑えた透け感のあるアッシュで、重たい印象を与えません。 光の加減で陰影ができるカラーなので自然と立体感を演出できます。 \How to スタイリング/ ・タオルドライした後、オイルをしっかりなじませてから乾かすと乾燥によるボリュームを防いでまとまりやすくなります。 毛束を少量取り、28㎜のアイロンを毛束の中間から毛先に向かって滑らせて軽く外ハネに。 ・全体を少しずつハネさせることで、大きなカールになることを防ぎます。 さらにトップ表面の毛束だけ、持ち上げて高い位置から軽く外巻きに。 表面にリバースカールができて軽いヌケ感が出ます。 前髪は毛先だけクセ付け程度に軽く内巻きに。 ・全体の中間から毛先を中心にバームをなじませ、ボリュームをおさえつつ束感をプラス。 しっとりツヤが出て今っぽい質感に仕上がります。 前髪の毛先にもなじませ束感を。 最後に軽く耳掛けをすれば完成です。 外ハネボブは毛先に透け感があり、毛量が多くても重たく見えにくいスタイル。 おしゃれ度が高いスタイルだけど、正直みんながやっていて差がつかない…との声も。 そこで、ありがちな外ハネボブから脱却し、差のつくおしゃれボブにブラッシュアップする方法をご紹介します! ポイントは顔周りの軽さと前髪。 ・まず、ありがちな外ハネボブといえば裾に厚みがある切りっぱなし風ですが、差をつけるなら顔周りにレイヤーを入れましょう。 顔周りに入れて軽さを出すとイッキにこなれ感がUPします。 フェースラインに毛束が落ちるので小顔効果も絶大。 ・次に前髪。 大人になるほど眉上の短め前髪は敬遠しがちですが、思い切ってカットするとそれだけでおしゃれな印象に。 パッツンにはせず、薄めにして隙間を作ると顔になじみやすくあか抜けます。 ・今っぽいカジュアルボブは暖色系カラーで大人感をキープ!このボブは、「ボブに飽きたけど髪は伸ばしたい」という人のマイナーチェンジにもおすすめ。 パッと見でおしゃれ認定されること間違いなし。 \How to ベース&カラー/ ・肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れます。 顔周りも頬ラインからしっかりレイヤーを。 裾には入れず重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則です。 ・前髪は眉上で薄めにカットしてから、パッツンにならないように隙間を作るセニングカットで毛量調整をします。 カラーはしっとりツヤの出る7トーンのピンクバイオレット。 アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた印象になります。 \How to スタイリング/ ・濡れた状態の短め前髪はすぐ乾きやすく根元が立ちやすいので、自然なクセがつく前に、ドライヤーで根元をつぶすようにしっかり乾かします。 28㎜のアイロンで、裾の毛束を少量ずつ取りなら外ハネに。 ・さらにレイヤーを入れたサイドやバック表面の毛束を真上に引き上げ外ハネをプラスします。 毛先がパサついて見えないよう毛先にバームをもみ込み、前髪の毛先にも少量もみ込んで。 前髪を目の粗いコームでとかすし程よい隙間を作れば完成です。 ・顔周りの動きと前髪でカジュアルに作りつつ、カラーで大人っぽさを演出するレイヤーボブ。 「私に前髪は絶対似合わない…」大人になるほどそう思い込む人は多いのでは? でも大丈夫。 隙間を作らずにきれいに流した前髪は、甘く見えたり、逆にコンサバに見えたりして似合う顔を選びます。 前髪に隙間を作ると表情にヌケ感が出てややカジュアルになり、自然とどんな顔にもなじみやすくなります。 ・合わせるスタイルはボブがおすすめ。 重心が上がるので前髪が浮きにくく裾との一体感が出ます。 前髪を作るとイッキにイメチェンになり心境もきっと変わるはず。 前髪に躊躇していた人ほどぜひTryを! \How to ベース&カラー/ ・前髪は軽く目にかかる長さにカット。 厚くすると束感が作りにくいので、やや薄めに取ります。 ・サイドは肩につかないくらいの長さでやや前上がりにカット。 ・バックは襟足部分をセイムレイヤーにカットし、ウルフカットのようなすっきり感を。 トップには軽さを出すためレイヤーを入れます。 ・カラーは前髪を軽く見せないように、落ち着きのある7トーンのグレイベージュで。 くすみのある寒色なので、クールな大人っぽさを演出します。 \How to スタイリング/ ・襟足部分は首に沿わせるように手ぐしを入れながら乾かします。 全体の毛先にアイロンでゆるく内外ランダムに巻きニュアンスをつけて。 しっかり巻かずアイロンを滑らせる程度でOK。 レイヤーが入っているトップも巻くのを忘れずに。 ・セミウエットなスタイリング剤を毛先に揉み込んで束感を出します。 前髪は隙間を作りながら毛先だけややサイドに流して。 さらに前髪の表面の毛を少し取り、流した毛先と反対側にカールするように動かします。 ・この表面の毛が隙間の上にかかり、隙間を目立たせないようにする重要ポイント。 ラフに見せつつ、前髪が顔になじむように計算されているからこそ、どんな顔にも似合うのです。 質感を変えたり、巻き方を変えたり、オシャレに見えるヘアアクセを取り入れたり・・・と、ほんの少し頑張るだけで「素敵」になれる方法があります。 ・いつもの斜め分けを真ん中分けに変えるだけで、ナチュラル方向にイメチェン可能。 手ぐしでざっくり分けて多少曲がっていてもいいくらいのラフさが抜け感を出すコツ。 \ヘアアレンジ方法/ 1 フォームをつけ軽く全体を巻く。 2 手ぐしでラフに中央分けにし、サイドを耳にかける。 ドライな質感と動きの出るフォーム。 ふくらみがちなボブをすっきりボリュームダウン \ヘアスタイルのポイント/ ・分け目と質感を変えてボリュームを抑える!ワンパターンだったアレンジも、これで解消できそう! ・雨の日も広がらなそうな所も魅力的です。 「湿気で膨らむ多毛さん。 抜け感がなくて重く見えるので、サイドパート+耳かけのテクと、夏らしいウエット感にチェンジ。 これで広がりも予防できます」(トップスタイリスト 一番合戦さん) \How to/ 【STEP1】 ・分け目を横に変える。 分け目の位置を少し横にずらし、指先をジグザグさせて左右に分ける。 ・分け目が戻らないように、しっかり押さえつけて。 【STEP2】 ・オイルでウエットな束感に。 オイルを500円玉大手のひらに広げて、髪の中間~毛先になじませる。 ・束を作ってから、分け目側のサイドを耳にかける。 *価格はすべて税抜きです。

次の

懸ける想いと「結べる長さではねない」ボブ無双。

結べる ボブ 前髪 あり

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。 髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。 「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイリングがしやすいという項目が入ると思いますが、今の時代は「アレンジしやすい」というのも必須項目ではないでしょうか。 そこで、ひとつ結びがサマになる大人のボブヘアを紹介します。 自然とおくれ毛が出る肩上ボブ ボブはどんな顔型にも似合わせやすく、無理なくトライできる髪型なので定番人気ですね。 最近は「 ギリギリ結べる長さ」がトレンドキーワードに。 大人向け雑誌でも特集が組まれるほどです。 「結べるボブ」はストレートよりも 毛先にカールをつけるのがポイント。 ストレートのままだと結んだときに毛束がかたまりのようになり、毛先もピンピンとして野暮ったく見えます。 パーマかアイロン巻きでニュアンスをつけましょう。 巻く手間を省くためにはパーマをかけたほうがラクですね。 また、ボリュームがなくなってくる年齢なので、パーマでふんわりさせるボブの方がお似合いです。 前髪なしのスタイルですが、顔型や好みで前髪をつくっても。 スタイルのポイントは丸みシルエットになるようにカットすることと、重心が下がらないように高めの位置にレイヤーを入れること。 下のほうに重さがくると顔まで下がって見えるので老け顔に。 40代としては避けたいですよね。 全体にパーマをかけたほうがふんわりするのでは?と思いがちですが、髪表面のパサつきが目立ってしまうのでレイヤーと毛先のパーマでボリュームを演出したほうが40代にはおすすめです。 レイヤーが入っていることで、髪をまとめたときに自然と落ちる髪ができ、おくれ毛のバランスに悩む必要もありません。 バーム系ワックスを全体にもみ込んだら、手ぐしでまとめて結ぶだけ。 サイドの髪は耳にかぶせてたるませるとおしゃれに見えます。

次の