韓国 まとめ 桜。 韓国の桜の時期はいつ?ソウルとプサンの名所10選を紹介!

キムチ速報

韓国 まとめ 桜

13日、韓国・中央日報は、110年に及ぶ日韓の「桜の原産地」をめぐる論争に終止符が打たれたと報じた。 写真は桜。 2018年9月13日、・中央日報は、110年に及ぶ日韓の「桜の原産地」をめぐる論争に終止符が打たれたと報じた。 韓国山林庁の国立樹木院は13日、「遺伝子分析の結果、日本のソメイヨシノと韓国の王桜(韓国語でワンボンナム)は別の種類であることが判明した」と明らかにした。 この研究結果は、専門誌「ゲノムバイオロジー」9月号に掲載されたという。 記事によると、日韓の桜をめぐる論争の発端は1908年にさかのぼる。 韓国で布教活動をしていたフランス人宣教師が済州島で「王桜」と呼ばれる桜が自生しているのを発見した。 1932年には京都大学の小泉博士も、済州島で王桜が自生しているのを発見した。 これを受け、韓国では「王桜の原産地は済州であり、日本に渡ってソメイヨシノとして広がった」との主張が出たが、日本の学者らは「日本にも王桜の自生種があったが時代を経てなくなった」と反論した。 それからしばらくの間、記録だけがある状態で実物の王桜の自生は確認されていなかったが、1962年に韓国の学者らがついに済州島で王桜の自生地を発見した。 これにより韓国の主張が有力視されるものとみられていたが、今回の研究結果で論争自体が無意味なものになったという。 国立樹木院のチャン・ゲソン研究者は「野生樹木のゲノムを完全に解読するのは世界的にも初めて」とし、「韓国内の植物の遺伝子解読と情報分析能力が世界最高レベルであることを示している」と述べた。 北東アジア生物多様性研究所のヒョン・ジンオ所長は「韓国内にある桜のほとんどが王桜ではなくソメイヨシノである可能性が高い」とし、「徐々に王桜に変えていく必要がある」と主張した。 これに、韓国のネットユーザーからは「まさかの結果」「あんなに揉めていたのに、あっけなく終わった(笑)」と驚く声や、「韓国の桜も十分美しい!」「これからは王桜をたくさん植えよう」「日本の桜とははっきり区別しなければならない。 韓国にあるソメイヨシノを植え替えよう」と主張する声が上がっている。 また、「問題は原産地ではなく、日本の国花が桜であること。 韓国には桜ではない他の木を植えてほしい」との声も。 一方で、今ある桜を植え替えることについては「韓国で育った桜は全部、韓国の桜だ。 植え替える必要はない」「植物に国籍はない。 桜を日本植民地時代の名残と考えて撤去するのはおかしい」との声も上がった。

次の

おーるじゃんる

韓国 まとめ 桜

EU執行委員会は24日、このような内容を含むヨーロッパ革新指数 EIS, European Innovation Scoreboard を発表した。 EISはEU会員国27ヶ国、隣接国10ヶ国およびグローバル競争国10ヶ国間の革新成果比較のために2001年から毎年実施している。 評価は革新条件、投資、革新活動、波及効果4部門27個の指標を活用する。 ただしグローバル競争国は16個の指標だけ使って評価している。 その結果、昨年我が国の総合革新指数は134点でグローバル競争国のうち8年連続1位を記録した。 EU会員国平均を100とした時、平均より34点高い点数を取得したという意味だ。 我が国に続きカナダ 122点 、オーストラリア 111点 、日本 102点 、米国 96点 、中国 92点 等が後に従った。 グローバル競争国は韓国、カナダ、オーストラリア、日本、米国、中国、ブラジル、ロシア、インド、南アフリカ共和国など10ヶ国を対象にする。 合計47ヶ国である評価対象国全体基準では韓国がスイス 165点 、スウェーデン 141点 、フィンランド 140点 に続き4位にランクされた。 我が国は直接比較可能な16の評価指標のうち10指標でEU平均より優秀なことが把握された。 特に特許出願 502. 8 、商標出願 252. 7 、デザイン出願 228. 8 の側面で強みを見せ、高引用科学論文比 76. 5 、製品・工程革新中小企業比 76. 6 、開放型革新 51. 3 等では多少遅れをとった。 EU執行委は我が国の革新成果増加傾向が今後も持続し、EU平均との格差もさらに拡大すると展望した。 企画財政部は「低い地位の指標に対する分析を通じて改善法を準備し、韓国版ニューディール、ポスト コロナ対策、革新成長補案の準備等を通じて革新成長追求力をより一層強化する計画」と明らかにした。 ソース:ニューシス(韓国語)韓国革新成果、米国・日本抜いた…8年連続1位 関連サイト:European Innovation Scoreboard 2020 上記記事のグラフはFig 4. 90 ID:fVU2z8Eh9. net 統一まであと849億年 新型コロナウイルスの感染者や関係者へのデマや差別的な言動が、インターネット上を中心に広がっている。 デマが広がると何が起きるのか。 三重県南部の町では94年前、地域にデマが広がったことで、2人の命が奪われる事件が起きていた。 地元には当時と今を重ね合わせる人もいる。 三重県熊野市木本町の石碑に、2人の朝鮮人の名前が刻まれている。 1926年1月、地元住民に殺された李基允(イギユン)さん(当時25)と裴相度(ペサンド)さん(当時29)。 事件は後に、「木本事件」と呼ばれるようになった。 市民団体「三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会」の調査によると、木本町には当時、多くの朝鮮人がトンネル工事の労働者として働いていた。 そして、ささいなことから日本人が朝鮮人を刀で切りつけ、けんかになった。 net 韓国の脱北者団体が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長らを批判するビラ50万枚を北朝鮮に向かって散布したと主張している問題で、韓国メディア・MBCは23日、「団体が飛ばした風船はたった1個だった可能性が高い」と伝えた。 記事によると、団体は「22日夜にビラ50万枚を散布した」として、ビラなどが入ったビニール袋が取り付けられた大型風船1個が空中に飛んでいく様子の映像を公開した。 団体は「ビラ50万枚、小冊子500冊、1ドル紙幣2000枚、SDカードを大型風船20個に取り付けて飛ばした」と主張している。 23日午前には団体が飛ばしたとみられる風船1個とビラ約100枚が江原道洪川郡の川岸で見つかったという。 しかし韓国政府は「ビラ50万枚を風船20個に取り付けて飛ばした」という団体の主張は事実でなく、実際には発見された風船1個のみだったとみている。 団体が最近、ヘリウムガスを購入していたことが確認されたが、その量は風船1個分だったという。 さらに、当日の風向きから北朝鮮側に向かった風船はないとみられている。 韓国警察は、団体が政府の警告を無視してビラの散布を行ったため、団体の事務室や居住地に対する取り締まりを強化すると発表したという。 これに韓国のネットユーザーからは 「50万枚はうそだったの?」 「たくさんの支援を受けておいて、全韓国国民を相手にうそ?」 「飛ばしたことにして1ドル紙幣は自分の懐に?」 「頼むから政府にするなと言われたことはしないで」 「自由には責任が伴う。 表現の自由も他人の自由を侵害しない範囲で行わないと。 もし虚偽事実を流布したのならその責任を取るべき」 など団体に批判的な声が続出している。 net 統一まで111111111年 【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は26日、日本の政策シンクタンクが韓国領土、独島で20世紀はじめからアシカ漁を行っていたと証言する動画を公開したことについて、独島は明白な韓国固有の領土としながら「日本の不当な主張に対し断固対応する」と述べた。 動画には日本が独島を自国に編入したと主張する1905年以前に、島根・隠岐の島の住民が独島でアシカ漁を行っていたとの証言が含まれている。 外交部の当局者はこの動画について、「民間人が経済的な利益のため操業(漁)を行っていたとしても、そのことが一国の領有権主張の根拠とはなり得ない」と強調。 日本の試みが韓国の確固たる領有権に影響を及ぼすことはないとした。 yimg. net WTO事務局長に立候補する韓国の兪明希 通商交渉本部長(提供:news1) 韓国では、全世界の貿易体系を調整する世界貿易機構(WTO)事務局長の選挙戦にユ・ミョンヒ(兪明希)通商交渉本部長が公式に立候補する。 23日 関係部署によると、韓国政府はユ本部長をWTO事務局長立候補者登録にその名前をあげることにした。 新任事務局長の選出は、ロベルト・アゼベト現WTO事務局長が突然中途辞任を発表したことで行なわれることとなった。 韓国通商当局関係者は「国益を最大限にし、我々の通商力量を強化する方案として、ユ本部長をWTO事務局長の候補として立てることにした」とし「24日WTO事務局長立候補に関してユ本部長が直接会見を開く予定だ」と伝えた。 ユ本部長は韓国最高の女性通商専門家としてあげられる。 ソウル大学英文科を出て行政考試(高位公務員の選抜試験)に合格、1992年から公職をスタートし、そのほとんどを通商分野で業務を遂行し、通商専門家の道を歩んできた。 またユ本部長は通商専門官僚として実戦経験が多く、国際社会全般にわたって幅広い人的ネットワークを築いている。 韓国としては今回の挑戦が3度目のWTO事務局長選挙戦となる。 1994年と2012年、2回挑戦したが2回ともに落選していた。 今回、ユ本部長が当選する場合、日韓の貿易摩擦の焦点となっている日本の「ホワイト国」論に対して韓国の反論を国際社会にアピールしやすくなると予想される。 24日に記者会見を開き、立候補を表明する。 日本政府による韓国向け半導体材料3品目の輸出管理厳格化をめぐり、韓国政府は今月、WTOの紛争解決手続きの再開を発表。 深刻な日韓対立が依然続く中、韓国高官が次期WTOトップに挑戦することで日本政府の対応が注目される。 net 韓国セメント業界が日本産石炭灰の使用を縮小した中で、韓国産石炭灰の使用拡大に必要な技術開発を始めた。 韓国セメント協会は、セメント原料として韓国産石炭灰をリサイクルする設備確保と工程技術の開発事業を始めると25日、明らかにした。 今回の事業は、従来の工程技術と設備ではリサイクルが難しい埋立て石炭灰までセメントの原料として使える技術開発を目指している。 韓国産業通商資源部の支援を受け、三票(サムピョ)セメント、双龍(サンヨン)セメント、アセアセメントなど韓国のセメント業界と韓国セラミック技術院、韓国建設生活環境試験研究院、石灰石新素材研究所、寧越(ヨンウォル)産業振興院など関連研究機関が今回の事業に参加する。 韓国に輸入される石炭灰はほとんど日本産で、東日本大震災が発生した2011年以降にも日本産石炭灰が着実に輸入されセメント原料として活用されてきた。 昨年、韓国政府や発電会社・セメント会社が官民協議体を発足し、日本産石炭灰の輸入依存度を引き下げるために取り組んできた。 中央日報日本語版 2020. 同様の決議は13年連続となった。 北朝鮮代表団は採決を前に発言し 「決議は中傷に満ち、事実誤認だらけだ」 などと不快感を表明。 日本を含む47理事国のうちベネズエラ、エリトリアが反対を表明した。 決議は 「長年にわたり、かつ現在も進行中の組織的で、 広範囲にわたる、言語道断の人権侵害」 を強く非難。 北朝鮮での人権侵害は 「多くの場合、人道に対する罪を構成しているが、 加害者は免責されている」 と深刻な懸念を示した。 引用元:.

次の

春の風物詩?「ソメイヨシノは韓国起源説」を検証する 「上野の桜もワシントンの桜も韓国起源だ!」は本当なのか?

韓国 まとめ 桜

毎年、桜の開花が待ち遠しい季節になると、韓国で議論を巻き起こす話題がある。 日本に広く分布するソメイヨシノの起源についてだ。 例えば、2017年4月には韓国三大紙の『中央日報』が「ソメイヨシノの本籍地は日本ではなく済州…265歳の木の子孫」という記事を掲載した。 「私は慶尚南道・昌原市の鎮海区余佐洞の周辺に住んでいる。 名前はソメイヨシノ。 歳は40〜50だ」という、ソメイヨシノの一人語り調で書かれたこの記事は、「私の国籍をめぐって議論が多いので、悔しい。 私が日本から来た桜というのは誤解だ」などと展開される。 そして「結論からいえば、私の本籍は済州島だ」と続く。 ソメイヨシノの起源は韓国という主張だ。 韓国がソメイヨシノの起源を主張する根拠 その根拠はなんだろうか。 記事では「ソメイヨシノの自生地は全世界で済州だけ」と書かれており、済州島には「天然記念物として指定された私の祖先(樹齢100〜200年以上のソメイヨシノ)が6本ある」としている。 そして「1908年4月、植物採集家だったフランスのエミール・タケ(Emile Joseph Taquet)神父が済州でソメイヨシノの自生地を初めて発見した」と主張。 2016年5月には済州市奉蓋洞でも樹齢265年のソメイヨシノが発見されそうで、「韓国がソメイヨシノの自生地であることが立証された」そうだ。 このフランス人神父の発見が韓国起源説の最たる決め手のようで、2017年3月27日のSBSでも「1908年4月、宣教活動をしていたフランス人タケ神父によって自生したソメイヨシノが済州で初めて発見された」と報じている。 ただ、日本の主張とはところどころで異なっているようだ。 『読売新聞』の「『ソメイヨシノ』はどこからやって来たのか」(2017年3月19日付)によると、ソメイヨシノの韓国起源説が生まれたのは、昭和期・戦前だという。 「植物分類学の第一人者だった小泉源一・京都帝国大学教授が、済州島産の桜の標本にソメイヨシノに似たものを見つけた」とある。 小泉教授は「日本に生えているのと同じソメイヨシノも済州島に自生していたと報告。 そのうえで、同島から日本に移入されたものではないかと推定した」そうだ。 日本の研究で起源説に決着が!? ここまでの話を聞くと韓国がソメイヨシノの起源であると感じるかもしれないが、近年に入って事情が変わっている。 DNA分析が行われるようになったからだ。 なかでも日本の国立研究開発法人森林総合研究所と岡山理科大学が共同で行い、2016年12月22日にTaxon誌に発表した研究結果は、ソメイヨシノの起源に決着をつけるものになったかもしれない。 というのも、日本のソメイヨシノと韓国のソメイヨシノは別物という結論だからだ。 そもそも韓国ではソメイヨシノを「ワンボナム」と呼ぶ(日本ではエイシュウザクラとも)のだが、その学名は日本のソメイヨシノと同じ「プルヌス・エドエンシス」だ。 つまり、ワンボナム=ソメイヨシノとなるわけだが、森林総研らの研究ではそのソメイヨシノとワンボナムを厳格に区別している。 「済州島産のエイシュウザクラはソメイヨシノの変種として扱われることがあり、ソメイヨシノの起源説も唱えられている」が、今回の研究で「ソメイヨシノとは系統が異なることがわかりました」と伝えている。 そもそも別物であるのであれば、どちらが起源かという議論自体が霧散する。 ソメイヨシノの起源は日本で、ワンボナムの起源は韓国となるだけだ。 ただ、韓国ではソメイヨシノとワンボナムが別物という見方は浸透していない。 それどころか、前出のSBSの放送では「2001年4月、山林庁(韓国の農林水産食品部傘下)がDNA分析を通じて日本にあるソメイヨシノの原産地が済州漢拏山であることを明らかにしました」と強調している有様だ。 はたして今年もソメイヨシノの起源をめぐって、議論は巻き起こってしまうのか。 今年こそはと願わずにいられないが、はたして。 (関連記事:) (文=呉 承鎬) 外部サイト.

次の