おしゃ くそ。 Simplicité / 代官山の超おしゃクソランチ

なぜ有吉は超人気芸人に成り上がれたのか 「おしゃべりクソ野郎」の批評精神 (2ページ目)

おしゃ くそ

ラリー遠田『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン) 負けん気が強くて口が達者だった品川は、バラエティ番組でも早くから目立っていた。 2001年には冠番組『品庄内閣』(TBS系)が始まった。 その後、品川はひな壇という居場所を見つけて、そこで自分の存在をアピールした。 そもそも、「ひな壇芸人」という言葉を世の中に広めたのも彼である。 『アメトーーク!』の中で「ひな壇芸人」という企画を自らプレゼンして実現させた。 この企画では、自分がひな壇に座っているときにどんなことを考えて、どういうテクニックを使って目立とうとしているのか、などということを赤裸々に語った。 品川はひな壇という新時代の戦場で、自分の強さに揺るぎない自信を持っていた。 また、品川は文化人としても評価されつつあった。 2006年に半自伝的小説『ドロップ』(リトルモア)を出版すると、これが30万部を超えるベストセラーになった。 その後、ブログ本、料理本の出版、映画監督業を手がけるようになる。 文化人としてのマルチな活動が始まろうとしていた。 有吉が「売れる音がした」おしゃクソ事変 そんな2人が運命的な瞬間を迎えた。 お笑い好きならば誰もが知る「おしゃクソ事変」である。 それが起こったのは2007年8月23日放送の『アメトーーク!』だった。 そこで有吉は、ひな壇に並ぶ共演者たちに「世間のイメージを一言で伝える」ということをやっていた。 チュートリアルの徳井義実には「変態ニヤケ男」、福田充徳には「アブラムシ」などとあだ名を付けていた。 ここで出演者の1人である品川を指して「おしゃべりクソ野郎」と言ったところ、客席が揺れるほどの大爆笑が起こったのである。 のちに品川もこう振り返っている。

次の

おしゃくそ同盟

おしゃ くそ

5月30日に放送された「アメトーーク!」 テレビ朝日系 に出演した品川祐が、宮迫博之への不満を口にする場面があった。 この日は、品川、出川哲朗、田中卓志、中岡創一ら「バラエティ観るの大好き芸人」が、芸人ならではの視点でバラエティー愛をさく裂させたトークで盛り上がった。 品川は「頼まれてもいないのに、好きなプロデューサーの名前を書いてきました」とフィリップを見せるほどの気合の入れようで、お笑い論を展開した。 そして、品川が永久保存版にした番組として挙げたのが「笑っていいとも!」 フジテレビ系 の最終回。 ウッチャンナンチャン、ダウンタウン、とんねるず、明石家さんまといったお笑い界のレジェンドたちの共演に大興奮したと語った後に突然、「宮迫さんに1つ言いたいことがある」と発言した。 「さま〜ず大竹 一樹 さんの結婚式で 木梨 憲武さんと内村 光良 さんがいたんです。 これはオレらからしたら大興奮。 2次会で憲武さんと内村さんが隣同士に座ったんです」と、そこで品川はお笑いファンとして木梨と内村のツーショット写真を撮らせてほしいとお願いし、カメラを構えたところに宮迫がやって来て「ええな〜」と2人の間に割り込んでしまったのだとか。 「オレはマジで、宮迫さんヤメテ!って言ってるんだけど、酔っぱらっていて、『ええやん』って。 オレの思い出に入ってくるな〜!!」と絶叫した。 そんな品川の訴えに宮迫は「ごめん。 酔っていて 記憶がないからそれはすまん!」とボケることなく謝罪していた。 次回の「アメトーーク!」は6月6日 木 放送予定。 (ザテレビジョン).

次の

有吉弘行

おしゃ くそ

7月14日に放送されたゲームバラエティ番組『有吉ぃぃeeeee! そうだ! 今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)にて、有吉弘行がPlayStation 4用ゴルフゲーム『New みんなのGOLF』に挑戦した。 芸能界きってのゲーマー・有吉が、タカアンドトシ、アンガールズの田中卓志と共に毎回様々なタレントの自宅に訪問し、eスポーツ&オンラインゲームで対戦するという同番組。 第34回目の放送では、高田秋をゲストに迎え、品川庄司の品川祐宅へ訪れた。 2007年8月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にて、品川を「おしゃべりクソ野郎」と命名して大爆笑をさらった有吉。 それ以降、「あだ名命名芸」を武器に様々なバラエティ番組へ引っ張りだこになり、結果として現在の地位を築いたのは周知の事実である。 この通称「おしゃクソ事変」と呼ばれる出来事から早12年。 品川について、有吉は「もうすっかり大人しくなって、いいやつだよ」と一言。 玄関前のインターホンごしに有吉が「どうも~。 桜田淳子で~す」とモノマネを披露すると、中から品川の笑い声が。 たわいもない冗談に付き合ってくれるこの因縁浅からぬゲストに、有吉は「アイツも丸くなったな~」とうれしそうに笑みを浮かべた。 品川の自宅は、庭付き3階建ての豪邸。 広々としたキッチンに、品川作の書籍・映画作品が展示されたリビングへ案内されると、有吉から田中へ「こんなに差がついたぞ、ヘキサゴンファミリー」とチクリ。 ちなみに、有吉はみんなのGOLFシリーズが大のお気に入りらしく、初代から今回プレイする『New みんなのGOLF』まですべてプレイしているとのこと。 「だから改めて練習するようなものじゃないですよ。 染みついてます」と自信をのぞかせた。 その流れで、有吉が「品川はゲームするイメージないね。 喧嘩、喧嘩のイメージ」と弄ると、品川は「47歳で喧嘩しないでしょ(笑)。 首も腰もヘルニアなの」と言って笑っていた。 その後、品川がゲームをプレイすることになった際には「狛江(品川が通っていた中学)の狂犬がやるよ」と言ったり、休憩中に品川が料理をつくると志願したときには「さすが料理本出してるだけあるな」と煽ったり、品川の奥さんを「ナミは? あ、言い方間違えた喫茶店クソばばぁだ。 前喫茶店やってたんだよ」と毒を吐くなど、品川に関する豊富な知識を嬉々として披露する有吉。 これには、品川も「俺の情報詳しすぎるんだって! みんなが忘れた情報ばっか覚えてんだ! あの人!」と言ってタジタジに。

次の