キン肉マン 速報。 キン肉マン検定試験

「キン肉マン」雑誌とWebでの同時連載に、8月開始の次シリーズから(コミックナタリー)

キン肉マン 速報

漫画『キン肉マン』人気キャラクターの集合イラスト (C)ゆでたまご/集英社 人気漫画『キン肉マン』が、8月17日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)35号より、9年ぶりに雑誌連載をスタートさせることが13日、発表された。 現在、同誌の公式サイト『週プレNEWS』で連載しているが、誌面とWEBの両方で最新話を同時掲載していく。 また、8月17日のタイミングでストーリーも、人気キャラが続々と登場する新シリーズ第1話(第317話)がスタートすることになり、『キン肉マン』の集大成的な物語が展開される。 『週プレNEWS』で毎週月曜に最新話を掲載してきた『キン肉マン』だったが、「紙の雑誌でも読みたい!」という多くのファンの要望に応える形で、雑誌とWEBの両方で同時掲載することになり、読者は紙かWEB、好きなツールで、毎週月曜日に最新話を読むことができる。 昨年5月20日発売の『週刊プレイボーイ』22号では、誕生40周年を祝してスグルとアタルの兄弟表紙から始まった新作漫画20ページ+特集25ページを掲載してきたが、本誌『週刊プレイボーイ』で連載するのは、『キン肉マンII世』(1998年〜2011年)以来、9年ぶりとなる。 9年ぶりの本誌『週刊プレイボーイ』復帰となるタイミングで、ストーリーも新シリーズの第1話(第317話)をスタートさせ、カラーページ含め24ページで掲載する。 表紙は作者・ゆでたまご(原作・嶋田隆司、作画・中井義則)の描き下ろしで、特別付録に「働く男のための『キン肉マン』特製シール」が付いてくる。 また、新シリーズ開幕記念として、同誌の31・32合併号(20日発売)と33・34合併号(8月3日発売)では、『キン肉マン』のストーリーを完全復習できるよう、「週プレ掲載編」(単行本38〜71巻に相当)と題して、各6ページで一気に振り返る企画を実施。 また、嶋田氏、中井氏のインタビュー掲載や、きょう13日〜8月16日まで集英社の総合電子書店「ゼブラック」にて『キン肉マン』コミックス(第1〜72巻)の一部を無料公開する。 今回の新シリーズ開幕と紙&WEBの同時連載について、ゆでたまごは「ここまでの道のりを支えてくださった皆さんに心から感謝しております。 第3のゆでたまごである読者の皆さんの支えの賜物であると深く思っております」と感謝。 「今回の企画は、もともとは『40周年イヤー』の締めくくりとして、今年4月に発表する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で『キン肉マン』の連載自体がストップしてしまったため、発表も延期せざるをえませんでした。 でも、こうした山あり谷ありも『キン肉マン』らしいといいますか。 私たちの軌跡を振り返ってみますと、1979年から『週刊少年ジャンプ』で『キン肉マン』が始まり、1998年には『週刊プレイボーイ』で『キン肉マン II世』がスタート。 2011年からはウェブ媒体である『週プレNEWS』にその場を移し、再び『キン肉マン』を描いてきました」と作品の歴史を回顧。 そして「そのウェブ連載が軌道に乗ったところで、われわれが育ってきた紙媒体に改めて挑戦するというのは、私たちにとって新たな刺激となると同時に、より多くの読者に『キン肉マン』を手に取ってもらえる絶好の機会になると思っています。 内容としても、『キン肉マン』の人気キャラクターがどんどん登場する『新シリーズ』となります。 ぜひご期待ください」と呼びかけた。 また、『週刊プレイボーイ』編集長・松丸淳生氏は「『キン肉マン』という作品のすごいところは、連載開始から40年を経て今も進化し続けているところです。 週プレ読者の中心はアラサーアラフォー世代の『働く男』たちで、子どものころにキン肉マンと出会った方が多く、中にはお子さんと一緒に読んでいる方もいらっしゃいます」と読者層を分析。 「今回、ゆでたまご先生に『週プレに戻ってきてください』とお願いしたのは、『昔のように紙の雑誌で読みたい』という読者の声が大きかったのもありますが、同時に、皆さんに『働く男』の先輩としてのゆでたまご先生の生き様も込みで、今なお進化し続ける『キン肉マン』を楽しんでいただければと思ったからです。 一方、ウェブ連載のほうも、毎週月曜日に最新話が配信されるたびにネット上のコミュニティで大盛り上がりをしていて、ファンのすてきな空間が出来上がっています。 これから始まる紙とウェブの同時連載で、新たな相乗効果が生まれることを祈っています」と読者からの反響を明かした。 ゆでたまごによる合作作品のデビュー作で、『週刊少年ジャンプ』で1979年5月から87年5月まで掲載。 その後、98年より『週刊プレイボーイ』で『キン肉マンII世』、2011年より『週プレNEWS』で『キン肉マン』の再復活シリーズをスタート。 テレビアニメ『キン肉マン』が1983年〜86年、『キン肉マン キン肉星王位争奪編』が91年〜92年にかけて放送された。

次の

キン肉マン、ついにサタンの本体登場wwwwww

キン肉マン 速報

20 ID:H7pxh7T50. 40 ID:2AdoWdUtp. 78 ID:2AdoWdUtp. 16 ID:j2n9Hn2A0. 81 ID:nLMlecMH0. 01 ID:H7pxh7T50. 58 ID:nLMlecMH0. 02 ID:Icv7NNFX0. 18 ID:H7pxh7T50. 27 ID:Icv7NNFX0. 37 ID:H7pxh7T50. 02 ID:apk0YcgS0. 41 ID:apk0YcgS0. 47 ID:H7pxh7T50. 82 ID:Icv7NNFX0. 54 ID:AfEZZVFN0. 32 ID:nLMlecMH0. 88 ID:H7pxh7T50. 91 ID:zV0TA7f20. 50 ID:H7pxh7T50. 91 ID:Icv7NNFX0. 13 ID:kGmmpj910. 2ch. 22 ID:jump• 名無しさん• 2014年11月29日 01:08• サンシャインにジェロニモが技極められて回転。 驚く超人達の中に普通にジェロニモ本人が混じっている。 1人の超人を倒すごとに1万パワー増えたというバッファローマン。 千人の超人を倒し一千万パワーと豪語。 じゃあ、もとの超人強度は・・・ゼロ? 凶器を使うネプチューンキングに、いついかなるときも肉体のみを武器にするのが完璧超人のはずと失望するネプチューンマン。 その上半身には、数々のライバルたちを串刺しにしてきたスパイクつきチョッキ。 グレートとしてカメハメとこっそり中身入れ替わったテリーマン。 グレートのマスクから下の体の皮膚の色が、褐色から白色に変化。 なのに控え室ではみんな普通にスルー。 それなのに試合中マスクが破れ金髪が出たりするとみんな驚く でも、今連載中のキン肉マンが素晴らしいから過去のいきさつはみーんな忘れました。 名無しさん• 2014年11月29日 15:39•

次の

ワイ、キン肉マンとかいう漫画を読むも挫折してしまう・・・(画像あり)

キン肉マン 速報

ゆでたまご「キン肉マン」が、8月17日発売の週刊プレイボーイ35号(集英社)で連載開始に。 これにより同作は、現在連載中の週プレNEWSとの2媒体同時連載となる。 1979年に週刊少年ジャンプ(集英社)にてスタートした「キン肉マン」。 その主人公・キン肉マンの息子であるキン肉万太郎の活躍を描いた「キン肉マンII世」、および「キン肉マンII世 究極の超人タッグ編」は1998年から週刊プレイボーイで連載されていたが、「究極の超人タッグ編」の後半からは週プレNEWSに掲載の場を移した。 同作が終了後、2011年より「キン肉マン」の続編シリーズが週プレNEWSにて連載中で、本日7月13日に更新された316話で最新シリーズ「オメガ・ケンタウリの六鎗客編」が完結。 同時連載がスタートする317話は、新たなストーリーの1話目にあたる。 またゆでたまごと、週刊プレイボーイの松丸淳生編集長からのコメントも到着した。 週刊プレイボーイ35号では「キン肉マン」をカラーを含む24ページで掲載。 表紙はゆでたまごが描き下ろし、付録には「働く男のための『キン肉マン』特製シール」が用意されている。 さらに7月20日発売の31・32合併号では「キン肉マン」の週刊少年ジャンプ掲載分、8月3日発売の33・34合併号では同じく週プレNEWS掲載分を、各6ページで振り返る特集を展開。 それぞれにおぎぬまXが4コマを執筆する。 さらに31・32合併号ではゆでたまごの原作担当・嶋田隆司の、33・34合併号では作画担当・中井義則のロングインタビューを読むことができる。 なお本日7月13日から8月16日まで、集英社の電子書店・ゼブラックでは「キン肉マン」の各シリーズの冒頭3巻ずつを、順次無料公開。 本日から7月19日までは「怪獣退治&超人オリンピック編」の冒頭である1巻から3巻、「7人の悪魔超人&黄金のマスク編」の冒頭である10巻から12巻までを公開中だ。 ここまでの道のりを支えてくださった皆さんに心から感謝しております。 第3のゆでたまごである読者の皆さんの支えの賜物であると深く思っております。 今回の企画は、もともとは「40周年イヤー」の締めくくりとして、今年4月に発表する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で『キン肉マン』の連載自体がストップしてしまったため、発表も延期せざるをえませんでした。 でも、こうした山あり谷ありも『キン肉マン』らしいといいますか…。 私たちの軌跡を振り返ってみますと、1979年から『週刊少年ジャンプ』で『キン肉マン』が始まり、1998年には『週刊プレイボーイ』で『キン肉マンII世』がスタート。 2011年からはウェブ媒体である『週プレNEWS』にその場を移し、再び『キン肉マン』を描いてきました。 そのウェブ連載が軌道に乗ったところで、われわれが育ってきた紙媒体に改めて挑戦するというのは、私たちにとって新たな刺激となると同時に、より多くの読者に『キン肉マン』を手に取ってもらえる絶好の機会になると思っています。 内容としても、『キン肉マン』の人気キャラクターがどんどん登場する「新シリーズ」となります。 ぜひご期待ください。 週プレ読者の中心はアラサーアラフォー世代の「働く男」たちで、子どもの頃にキン肉マンと出会った方が多く、中にはお子さんと一緒に読んでいる方もいらっしゃいます。 一方、ウェブ連載のほうも、毎週月曜日に最新話が配信されるたびにネット上のコミュニティで大盛り上がりをしていて、ファンの素敵な空間が出来上がっています。 これから始まる紙とウェブの同時連載で、新たな相乗効果が生まれることを祈っています。

次の