フランケン。 映画「フランケンジョーズ」を観た感想【レビュー】

ドイツワインとその産地・フランケン(Franken)-ドイツワイン事典

フランケン

エディが フランケンのボディとネックを入手した経緯は、ボディとネック、それぞれのコーナーで紹介した通り。 そんないきさつから、ボディの塗装もエディが自分で行った事は間違いないだろう。 ここは5150よりもはっきりしている。 フランケンにエディが施した塗装を再現したい。 徹底的に調べたので話は長くなってしまうが、お付き合いのほどを。 1、塗装工程 フランケンの作成工程について、正しくは真相は「エディのみぞ知る」としか言い様が無い。 それまでは考えられる工程は下記の通り。 とりあえず私は赤矢印に従って進めたいと思う。 ジャパンヴィンテージでは80年代に入ってトーカイが54年ストラトのリアルコピーモデル発売に多大な尽力を注いだ際、 必須アイテムであった「ラッカー塗装」を全面的に売り物としたのが最初だったような気がする。 それまでの70年代はフェンダーといえども固くて塗装が楽なポリエステルが使われていた。 ここで注意。 世間で嫌われている分厚い「ポリ」塗装とは「ポリエステル」であり、「ポリウレタン」ではない。 「ポリでも充分薄い塗装が吹ける」 と言ったプロギタービルダーが居たが大きな間違いで、ポリエステルは厚く塗らなければ硬化できない。 そんなポリエステルは分厚い樹脂コーティングであり、木の鳴りを完全に無視した塗装であるため、ギターとしては毛嫌いされている。 一方、薄く塗れるのはポリウレタンであり、ラッカーの耐候性を上げた塗装と考えて良く、ネガティブな塗装ではない。 もしその分厚い樹脂コーティングであるポリエステルで塗られた黒ボディを購入したとした場合、いくらギターの扱いが雑と言えども 木地が出るほど堅いポリ塗装が「擦れて」剥げる事は無く、生地が出る時は剥げではなく「割れて欠ける」様子になるが、フランケンにその様子は無く、 レリック状態とは矛盾する。 なお、ポリエステルは小分け販売しておらず、大量購入の上に、一度開けると化学反応により硬化する。 また硬化の時に異臭も放つ。 塗料自体も高額だ。 だから、ギター1本を個人で塗装する為にポリエステルを使うと言う事は事実上あり得ない。 重ねて言う。 ポリウレタンではなく、ポリエステルではあり得ない。 余談だが、 量産工場、特に海外工場で塗料が高いのにポリエステルが主で使われる理由は、一度に分厚く塗装でき、すぐ硬化し、あっという間にサンディング出来る為 単色でも25コート以上の吹き付けとサンディングを繰り返すラッカーとは工賃に雲泥の差がある。 だから、塗料がたとえ高額であってもトータルでは安く作る 事ができる。 また、ポリエステルは吹き付けではなく、ジャブ漬けでもできるらしいので、塗装の技術も全く必要が無い ではポリウレタンだったらどうなるか? 同じくエディが使用した5150はベースの白に赤を重ねてストライプとしているが、生地の白が意外と擦れずに残っている。 とはいえ、激しい所ではちゃんと白がすり減っている。 基本カラーのフランケンの黒と5150の白を比較すると、塗装強度は 【5150>フランケン】 と見て取れることから、 5150がポリウレタン、フランケンがラッカー、である可能性が高いと思う。 つまり、フランケンを作る時には大前提としてリヤはお気に入りのHBを搭載する為のキャビティが必要であったと思われる。 それは白黒期最初からの加工であったと考えるべきだと思う。 センターは、一時期テレキャスター用のリヤピックアップを付けていた時代があり、センターのキャビティのザグリっぷりは、 このピックアップが収まるようにできている。 そのタイミングを考えてみると、 白黒フランケン期にスペアギターとして持っていた、未塗装と思われるストラトがあり、ピックガードには フロント:後に赤白黒フランケンに搭載される赤いリネンフェノールピックアップ センター:テレキャスター用リヤピックアップ リヤ:HB が搭載されている。 どうやら、白黒最終期と赤白黒最初期にはこの未塗装ストラトから移植された白ピックガードアッセンブリーが搭載されていた。 つまり、この赤白黒に向かう過渡期にてセンターピックアップキャビティをテレキャスター用リヤピックアップが 収まるようにしなければならなかった。 逆に言うと! それまではセンターにテレ用を収める必要がなかった=テレ用ザグリをする必要がなかった!のではないか? だから、フロント〜センターピックアップにかけてのザグリは白黒フランケン期のどこか途中で作業したものだと思われる。 以上の理由から、私は上図の 赤矢印工程 を選択した。 私の勝手な想像なので、これをベースに各自想像を膨らませてください。 誰もエディから話が聞いた訳ではないので! 想像もフランケン作りの醍醐味と思えばこれも一つの楽しみである。 2、塗装厚み 塗装について試作をして感じた事。 黒を塗った後に白を塗るわけだが、白は黒を完全に潰さなくてはならず、多少の塗り重ねだけでは白くなっては くれない。 その結果、塗膜厚は黒<白となってしまった。 すると、、白黒期レリックをした際に白を剥いだとたんに黒が剥げきってしまいボディ生地がすぐに露出してしまう。 つまり、白よりも黒が塗膜が強い、もしくは厚い事が必要となる。 黒を潰すには白を3回は吹かなければならない。 試作した感触から想像すると、黒の塗膜厚みは白の3倍程度は必要と思われ、 逆算すると10回程度吹かなければならないと思う 恐らくエディに近い状態にするには、このコンディションが優位であろう。 (赤は3発としたが、実際には黒の浮き出方を見ながら、実機に近い状態で止める。 塗料により違いがあるので 最終判断はフィーリングに頼る事になる) これを簡単に作るには、 黒をポリエステル、白と赤をラッカーにすれば黒が強烈に強くなる。 但し、「1・塗装工程」で書いた通り、エディがボディを買った時点でポリエステル塗装はしていなかったと考える。 しかし、ホームペーインターがフランケンを塗るには簡単な方法である事は確かだ。 黒のポリエステル塗装済のボディに、比率が白:赤=1:2位でオーバーペイントすることになる 但し、レリックで木地を出すのが困難、もしくは不自然である為、ノンレリック版に限る しかし、 仕上がりの音を重視したいのでポリエステルは使いたくない! 下塗りから全てニトロセルロースラッカーで攻めたい! その為には黒を10回も吹かなくてもレリック処理で簡単に剥げないようにするにはどうするか? その対策は、黒と白の間にシーラーを吹くという対策だ。 サンジングシーラーは肉厚であり通常の着色の2倍程厚い。 若干の曇りはあるが、ほぼ透明である。 「白が黒を隠蔽するのに3発必要」から逆算すると、赤3発、白3発、シーラー3発、黒3発、となる。 これは失敗しないレリックに有効だと思う 3、塗料入手 1976年カタログより 1980年カタログより 1980年カタログの拡大 エディが使った塗料 エディが使った塗料は、 米国自転車メーカー"Schwinn社"の自転車用ペイントというのが有名だ。 Schwinn社は1895年創業で、レーサーから婦人車までラインナップし、現在も活躍中だ。 日本では取扱店が少ないため、一般にはあまり知られていないかもしれない。 初期のレーサー 家族用タンデム 5人乗りタンデムレーサー! エディが使用したフランケンの赤は「Bright Red」、だ。 (5150はサンセットオレンジ) 左の写真は、上のスプレーが1976年のカタログ、下の物が1980年のカタログ。 1977年以降で デザインが変更された。 では、Schwinn製ラッカー缶を入手すれば話は早そうだが、 現在すでに米国内でも流通していない。 つまり、 今現在市販されているSchwinn用スプレー缶を購入しても ちょっと違う!と言う事だ。 第一、輸入ができないし、海を越えたとしても国内輸送すらしてもらえない。 ウレタンに変わってしまった理由は環境問題だ。 米国では州によってラッカーが使用禁止になっている。 もう一つ、変質によって爆発物になるニトロセルロースラッカーはテロ対策により使用できない。 散々考えた挙句に思いついたのは、 塗装されたSchwinnの自転車なら日本でも手に入る。 それはカラーサンプルにできる そして散々探して入手したのは、Schwinn自転車のフロントフォーク。 それをEVH製フランケンレプリカをお持ちの方のご協力により色比較をしてみた。 太陽光の下で比べて頂いた所、予定通り酷似! 実際に比較された方が見た印象(これが大事)によると、この色で汚しやくすみのレリック加工 をすれば一緒になるであろうと。 この大きな成果にて、改めて結論。 エディがSchwinn製ペイントでフランケンを塗った、 この説はどうやら正解であった。 そして、自転車パーツ購入でカラーサンプルも入手できた! そのフロントフォークに近い色を探す。 壮大な冒険の旅になるかと思いきや、 実は常用しているカラーペイントが実に酷似していた。 缶の後ろでカップに開けた色と、フロントフォークの色はかなり近いと思う。 ニッペホームプロダクツ株式会社のハケ塗り用ラッカー「赤」。 nippehome. html 私はガン吹きなのでこれを使えるが、一般的には缶スプレーに頼る事になるだろう。 ニッペの缶スプレーで近似色がある可能性が高いかもしれない。

次の

フランケン地方

フランケン

マナー、エチケットを大切に! 今売れているのはサバイバルゲームやシューティングゲーム用エアガン。 でもスポーツやゲームとは違った目的のために利用している人のまねは絶対しないで下さい!色んな事件が健全に趣味として楽しんでいる人の肩身を狭くしているのが実情。 また映画などで、派手に打ちまくっている姿を見る限り、おもちゃではあるにせよ人前で持ち歩いたり、打ったりする物ではない事もルールの一つです。 ホビーショップフランケン電話番号0766-24-6294 専門誌もあるよ! キットモデルをオリジナルの精密なモデルに作り変えて行く。 その楽しさは完成したときだけでなく、色んな資料を探し特徴を見つけて行く事から始まります。 そんなときに役に立つ資料も豊富です。 マスターに声をかければ、色んな物が出てくるかも! 商品・サービス・作品案内 ちょっとした目ぇの祭っつん おもしろい作品見ていってください! ちょっとした目ぇの祭っつん ボーイングKC-767J空中給油機 KC-767Jの模型は発売されていないため、特徴ある給油ブームは自作したもの。 ちょっとした目ぇの祭っつん ガンダム ちょっとした目ぇの祭っつん ガンダムの首とった!! ちょっとした目ぇの祭っつん 夕焼けに染まる街に灯りがともっています ちょっとした目ぇの祭っつん ドイツ6輪装甲車 Hipm 説明書をみても完成しないという難物。 ちょっとした目ぇの祭っつん 戦艦大和沈没20分前の状態を作品に。 臨場感のある模型です。 ちょっとした目ぇの祭っつん 昔なつかしのミゼット! フィギア いま、人気最前線のフィギア各種取り揃えています。 ひょっとしてなかなか手に入らない商品もあるかも知れません。 探しに来て! ちょっとした目ぇの祭っつん ガンダム ちょっとした目ぇの祭っつん ダースベイダー 精密に研究し作られた作品です。 2m以上もある大きさにびっくり!! プラモデル ガンダム等アニメキャラクター商品も精密な物が増えていることや解説書等雑誌も多い人気商品の一つ。

次の

【城ドラ】新キャラ「フランケン」の評価は?使い方や倒し方を考える【城とドラゴン】

フランケン

5 初期評価35 SR ,40 PSR Lv. 10 筋力ボーナス4 Lv. 15 コツレベボーナス2 Lv. 30 初期評価60 SR ,65 PSR Lv. 入手不確定ではあるものの 威圧感は経験点消費なしの直取りとなるため、入手できれば大幅に経験点を伸ばすことが可能。 Lv37,40で得意練習率UPが付いてタッグ発生率も高くなるため、練習性能はかなり高いと言える。 所持コツが優秀 所持コツの内容が野手時・投手時ともに優秀。 特に野手時はコツ入手での経験点軽減量が多く査定も高い・の2種のみのため、かなり優秀。 いいヤツの取得機会が2回ある 別Verイベと全レアイベでそれぞれを取得可能 別Verイベの方は不確定。 サクセス序盤に取得できた際はキャラ評価上げの効率が大幅UPするため、特に恩恵が強い。 真・怪物球威で査定を伸ばせる 投手金特のは虹特対象金特となっており、もう1人の怪物球威キャラと組み合わせることでを取得可能。 真・怪物球威の単独査定は324と高く査定効率も良いので、投手査定をかなり伸ばしやすくなる。 使用する際の注意点 野手時はもう1人のアーチストキャラと併用したい 野手金特のの表示査定は28とかなり低い。 虹特のを取れれば査定が一気にUPするため、できればもう1人アーチストを取れるキャラと併用したい。 ・単独得意練習ではあるものの、開放で得意練習率UPが付けば自身の初回タッグにより筋力のバックアップLvを早く上げられるようになる。 ・開放で得意練習率UPが付けば、ダイナマイト発生率UPにも貢献可能。 ・序盤でイベントでいいヤツを取れれば、選手兼彼女・相棒キャラの評価上げの効率がUPし、育成がかなり有利になる。 シナリオ適正一覧.

次の