と つ げき チョッキ 剣 盾。 ポケモン剣盾(ソードシールド)攻略

【ポケモン剣盾】カビゴンの型・調整・育成論まとめ

と つ げき チョッキ 剣 盾

アシレーヌの育成論 アシレーヌの育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or れいせい• 特性:げきりゅう• 持ち物:こだわりメガネ、しんぴのしずく、いのちのたま、とつげきチョッキなど• 努力値:HC252 A4• そのため、 素早さの上がる『おくびょう』よりも特攻の上がる『ひかえめ』がおすすめです! また、トリル下での運用を考えている場合や『アクアジェット』の火力を少しでも盛りたいといったケースでは、攻撃ではなく素早さに下降補正のかかる『れいせい』も候補となります。 特性は『げきりゅう』がおすすめ! アシレーヌの特性は通常特性の『げきりゅう』と夢特性の『うるおいボイス』の2種類が存在します。 結論から言うと、シングル勢は『げきりゅう』一択となります。 『うるおいボイス』はスキン系の特性のような火力アップ効果はないため、ダブルバトルで味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』を水タイプで撃ちたいケースでのみ採用される特性となります。 『うるおいボイス』はダイマックスとも相性が悪いので、基本的には『げきりゅう』を選ぶのが良いでしょう。 持ち物は火力を伸ばすものがおすすめ! アシレーヌは火力を押しつけていくポケモンであるため、『いのちのたま』や『こだわりメガネ』などの火力アップ系の持ち物がおすすめです。 『アクアジェット』を採用する場合には、HPを消耗せずに火力アップの期待できる『しんぴのしずく』や撃ち合いに強くなれる『とつげきチョッキ』なども候補となります 努力値はHCベースで! アシレーヌは素早さよりも耐久を活かした戦い方を得意とするので、HCベースの配分が基本となります。 必要に応じて低い防御を補強したり、素早さの調整をすると良いでしょう。 おすすめの技 アシレーヌのおすすめの技を紹介します。 ハイドロカノン・ハイドロポンプ ダイマックスエースとして運用したいケースでは、水技は威力の高い『ハイドロポンプ』や『ハイドロカノン』を選ぶと良いでしょう。 通常時には使いづらい『ハイドロカノン』を採用する場合は、ダイマックス前提の形にするのが望ましいです。 うたかたのアリア・ねっとう・ハイパーボイス・みずのちかい 積極的にダイマックスをさせない構築であるなら、水技は『うたかたのアリア』や『ねっとう』などの使いやすいものを採用すると良いでしょう。 ダブルバトルならコンビネーションわざを狙える『みずのちかい』や味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』も候補となります。 意外かもしれませんが、『だくりゅう』は覚えることができません。 ムーンフォース・マジカルシャイン・ドレインキッス フェアリー技はシングルなら『ムーンフォース』ほぼ一択となります。 ダブルで全体技を求めている場合には『マジカルシャイン』、瞑想型などで攻撃しながら回復したいようなケースでは稀に『ドレインキッス』が採用されることもあります。 れいとうビーム・ふぶき・こごえるかぜ アシレーヌの苦手な草タイプを意識したい構築では、氷技も候補となります。 ダイマックス前提なら『ふぶき』、命中安定で使いやすい『れいとうビーム』、素早さを落としながら攻撃できる『こごえるかぜ』から好きなものを選ぶと良いでしょう。 『ダイアイス』で襷を潰せるのも魅力です。 エナジーボール 草打点が欲しい方は『エナジーボール』も覚えるので採用するといいかもしれません。 アクアジェット 先制技が欲しい方は『アクアジェット』も採用すると良いでしょう! アシレーヌ自体が遅いポケモンであることもそうですが、攻撃種族値も74とそこまで低くはなくタイプ一致で撃てるのもあって、役に立つ場面は多いはずです。 めいそう アシレーヌは『めいそう』と相性が良く、一度でも積めればダイマックスで一気に制圧できるほどの火力を手に入れることができます。 アシレーヌの弱点である電気、草、毒はいずれも特殊技が主体であるため、瞑想を積むことで弱点を突かれても倒されにくくなるのも強みと言えるでしょう。 ちなみに、7世代以前の作品では『めいそう』を覚えることができません まもる ダブルでは『まもる』があると動きやすくなります。 ほろびのうた 扱いの難しい技ではありますが、『ほろびのうた』も便利な技です。 ダブルでは相手より先に2体処理した後にカウントダウンを押し付けるのが強力ですし、シングルでも耐久系の積みポケモンなどを流せたりと便利です。 アシレーヌの対策 アシレーヌは種族値が高くタイプも優秀なので対策は少し難しいです。 物理アタッカーで戦う アシレーヌは特殊相手には強いですが、防御の種族値が低いため物理を相手にするのは苦手です。 高い攻撃を誇る物理アタッカーであればアシレーヌに有利を取れるでしょう。 上から一撃で倒していけるパッチラゴンや行動保証のついているミミッキュなどがおすすめです。

次の

【ポケモン剣盾】突撃チョッキラプラスの調整と対策【育成論】

と つ げき チョッキ 剣 盾

2〜78. 1% 確定2発 ・ 特化のじしん 75. 4〜90. 0% 確定2発 ・ 特化ドラパルトの 62. 2〜74. 1% 確定2発 ・ 特化の珠じゃれつく 49. 6〜60. 2% 乱数2発(99. 1〜88. 0% 確定2発 ・ 特化のオーバーヒート66. 2〜78. 1% 確定2発 ・ 特化のオーバーヒート 67. 5〜80. 1% 確定2発 弱点が じめん・ かくとうのみなので優秀な耐性を持っています これらのタイプの技の多くは 物理技なので特殊技の多くは等倍以下で飛んでくるので耐えることが出来ます 弱点技に関しても上記の通り、 不一致じしん程度なら耐えることができるので返しの一撃を喰らわせたり、上から2発殴れる機会も多いです ・ 技構成 特殊 はがね技候補としてラスターカノンの他には新技である てっていこうせんがありますが、耐久も意識しているこの型とは合わないと考え採用していません ラスターカノンの火力も低い訳ではなく 火力目安 ・ 無振り 87. 6〜103. 0% 乱数1発(18. 7〜76. 2% 確定2発 ・ 無振り 84. 8〜100. 8% 乱数1発(6. 5〜54. 4% 乱数2発(49. 6〜90. 1% 確定2発 と充分な火力が期待できます 特に特殊フェアリー相手の場合はこちらは相手からのダメージも全然くらわないので比較的 安定して後投げ出来ます はドラゴンタイプと殴り合う際や、単純にこのの 最高火力となるので等倍で殴る際にも使えます 火力目安 ・ 無振りドラパルト 144. 7〜170. 5% 確定1発 ・ 無振り 122. 1〜143. 7% 確定1発 ・ 無振りウオノラゴン 135. 7〜161. 2% 確定1発 ・ H振りFC 56. 0〜66. 8% 確定2発 ・ H振り 32. 5〜38. 5% 乱数3発(98. 8〜67. 5% 確定2発 仮想敵であるドラゴンタイプと環境にいるで対面した際にを撃つことになりそうな相手を数匹選びました ドラパルトに対しては HD特化してチョッキを持たせても高乱1なので少しでも削れているドラパルトならどんな型でも一撃で倒せるくらいの火力はあります は主に を意識した採用になります 他にももちろん水タイプに刺さったり、などに撃つ機会も多いです ックス技として使えば によりあくびループ対策になったりと今作の でんき技は優秀なイメージがあります 火力目安 ・ 無振り 102. 9〜121. 6% 確定1発 ・ 無振り 65. 3〜77. 1% 確定2発 ・ H振りアーマーガア 48. 7〜57. 5% 乱数2発(92. 0〜49. 6% 確定3発 主に撃つ相手はこの辺りになると思います 受け回しのPTにいるアーマーガアやにも刺さるので ある程度の役割破壊は期待できます 自身のタイプに はがねがあるのでどくにならないという点もを相手にする際は有利に立ち回れそうです がんせきふうじはダメージ意識というよりは すばやさ調整&襷潰しに使うのでダメージは期待できません しかし、すばやさ操作に関しては優秀なのでおくびょうというこうげき下降補正の性格でも採用する価値は十分にあると考えます 注意しなければならないのは、 ドラパルトに対してがんせきふうじから入るのはによってすばやさ下降が無効にされる可能性があるので危険です に対してはがんせきふうじから入るのが正解だと思います ・ 無振り 62. 7〜75.

次の

【剣盾】【驚愕】意外と固いギガイアスとかいうポケモンwww←チョッキもたせたらヤバいよなw

と つ げき チョッキ 剣 盾

おおきどと申します。 シーズン4で最終51位を取ることができましたので、記念に構築記事を書こうかと思います。 【パー構成】 今シーズンから追加されたを使いたいと思い、意表をつけて対面性能が高いスカーフ型を採用しました。 また、相手のや等のエースを止めるためのストッパーとしてを採用しました。 今シーズンのランクマでは勝率約7割をキープ出来ていたので、割と安定して強い構築だったと思います。 普通にエースとしても強いので、他ので相手パーを削ってから、を通すという流れが多かったです、 技は火力を上げたかったためを採用してます。 後にもうか状態なることが多く、最後にで1体持っていくというムーブが本当に強かったです。 相手の選出を見て、通りそうであればを切るくらいで、基本はドヒドイテの処理、への受け出しとして採用しました。 基本初手に出すことが多く、スカーフ警戒をしていない、パッチラゴン、、Sを妥協したドラパルトを上から倒すことができ、そのままeasy winをすることが何回もありました。 や水のような不利対面でもムンフォのCダウンを引けば割と勝てます。 また、げきりゅうで相手を1体を処理する動きも強く、ックスしなくても活躍できるというもあり、とても助けられました。 また、環境に多かったや物理ドラパルトにも強いので、割と活躍できる機会がありました。 サブウエポンはが重いためほのおのパンチを採用。 環境に多すぎて、対策されることが多かったので必要な時しか選出しませんでした。 使い慣れていないこともあり、ほとんど選出しませんでした。 そもそも受けループを使っている方が少なかったです。 選出率6位 【選出】 基本選出 ++ パッチラゴン 先発で相手1体を削り、やに引かれたら、こちらもサイクルを回して対応します。 に飛んでくる鋼技、地面技、草技は、水技はが受けたり、に飛んでくる水技をが受ける等、有利対面を作り圧をかけるのがかなり重要でした。 意外とこの3体の相性補完が良かったです。 対受け選出 +パッチラゴン + 受け構築はとてもキツイため、つり出し交換を積極的に決めて有利対面を作ります。 ドヒドイテ入りで上手くサイクルを回されると本当に無理でした。 【感想】 今シーズンはリアルが忙しくて後半中々潜れなかったのですが、最終2桁を達成出来てとても嬉しいです。 今後はまったりやって、上位狙えそうだったら頑張ろうかなと思っています。 読みづらい部分もあったかと思いますが、構築記事は以上になります。 何か気になる事があればでご連絡いただければと思います。 ご愛読ありがとうございました。 oookido.

次の