デュエル リンクス meta。 【遊戯王デュエルリンクス】環境メタと言えばこのデッキ!『メタビート』

『遊戯王デュエルリンクス』「月光」で1ターン2回融合の仕方と、純粋な「月光」デッキレシピ

デュエル リンクス meta

1ターンに2回融合!? 「月光融合」があるのに「融合」もある理由は ・融合召喚をしやすくする ・1ターンに2回できる からです。 「月光融合」は「月光黄鼬」からサーチすることができますが、 1ターンに1回しか使えないのです。 解説します。 「月光翠鳥」の効果を発動し、「月光黄鼬」を手札から墓地に捨て、デッキからカードを1枚ドロー。 デッキから「月光融合」をサーチ。 フィールドの「月光翠鳥」を手札に戻し、墓地から「月光黄鼬」を特殊召喚。 この時、墓地から効果で特殊召喚されている「月光黄鼬」は、効果により除外されます。 「月光舞猫姫」を融合召喚。 簡単ですね。 え? 引き運? そればかりはどうしようもないです。 「月光白兎」も使えるぞ ちなみに。 「月光白兎」には 「このカードが 召喚に成功した時、「月光白兎」以外の 自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを 守備表示で特殊召喚する」 という効果があります。 この効果で墓地の月光モンスターを特殊召喚。 そのカードを持ち主の手札に戻す。 」 の効果で 相手の魔法罠を手札に戻し さらに 墓地の「月光黄鼬」の効果を使えば……。 手札が「融合」「月光白兎」の2枚しかなくても、墓地に「月光黄鼬」ともう1体月光モンスターがいれば、3体融合で「月光舞剣虎姫」が出せちゃえます。 ぜひお試しあれ。

次の

コナミの決算から見る、「紙」と「リンクス」の遊戯王のチカラ(2018年編)

デュエル リンクス meta

名前 評価 攻略班A メタビートとは 環境でトップシェアを誇っているデッキに対して有効となるカードを採用し相手の動きを妨害しながら戦うデッキである。 この記事のデッキレシピは2018年11月の時点で流行している ヴァンパイアや ヒーロー、 魔導を主に意識したデッキでこの2つのデッキには優位に戦うことができる。 しかし一定のデッキに構築を寄せているため 意識していないデッキには弱い。 またやなどのバック干渉カードへの対応も難しい。 攻略班B 第6回KCカップで世界1位を獲得したのレシピを参照させていただいております。 バック干渉も優秀で、モンスターも堅実に1対1交換ができるカードが多く、環境で流行中のデッキには総じて優位を取れるデッキです。 安定感と汎用性の高さという意味でも、かなり評価は高いです。 環境に応じてカードの差し替えもしやすいので、ランク戦でキングを目指す上ではかなりオススメのデッキ。 みんなの評価は? カード名 採用理由 攻撃力1900の優秀なアタッカー。 効果を使えば攻撃力が300下がるが 魔法・罠カードを破壊できる。 アドバンテージを失うことが少なく、スタンデッキのお手本のようなカード。 相手モンスターとの戦闘で破壊された場合に 相手のモンスターを除外する優秀な効果を持つ。 攻撃力も1700と ヒーローの下級に突破されない部分で評価ができる。 このデッキのキーパーツ。 戦闘を行ったモンスターを1度だけ破壊することができる。 DDアサイラントと違って戦闘で破壊されなくても除去ができるので、相手の場を空けやすい。 1ターンに1度、セットカードを封じるモンスター。 攻撃反応系の罠カードの対策として非常に優秀。 また攻撃力1800というステータスも心強い。 バック干渉札として優秀な速攻魔法。 と違って引いたターンに速攻で使える点や、破壊でなく除外な点で差別化が図られている。 相手モンスターのコントロールを奪い勝負を決めることや防御札にもなるので採用。 バック干渉に優秀な罠カード。 に無効化されず、デッキに複数採用されているバージェストマカードを蘇生するトリガーになる点でも活躍の機会が多い。 相手モンスターを裏にする罠カード。 モンスターの起動効果を防いだり、チューナーを裏にしてシンクロを阻止したりと、汎用性が非常に高い。 また、モンスターとしても活用できるので、ミラーマッチで相手のやを横にして戦闘可能。 守備力が2000を超えるような固いモンスターが相手でも、こちらから突破できる点が魅力的。 弱点のに対応している防御札。 またフリーチェーンの永続罠なので、ライフを削りたい時に無理矢理墓地のバージェストマを蘇生させるために使うことも可能。 その他おすすめのカード カード名 おすすめ理由 に対しての防御札としても有効な他、でモンスターを落とし続けられた時に被害を抑えることが可能。 魔導を完封できるモンスターとして採用を検討したい。 また、戦闘ダメージを与えることで、墓地のモンスターを除外できるので、墓地利用の多いデッキにも有効的。

次の

コナミの決算から見る、「紙」と「リンクス」の遊戯王のチカラ(2018年編)

デュエル リンクス meta

GXミッションの追加 GXステージは1から! GXワールドを選択するとステージミッションは1から進める必要あり。 ステージを進めると、GXのキャラクター解放などが可能なためしっかり進めよう。 作中では、心からデュエルを楽しむ十代と出会い、少しずつ変わっていく描写も描かれている。 十代のことを「アニキ」と呼び、実の兄と同じように慕っていた。 ビークロイドの使い手 翔はアニメGXではビークロイドモンスターを使用していた。 ビークロイドは全て機械族で統一されているモンスターで、単体でも強力なモンスターも何枚か存在する。 翔の実装に伴い、機械族のサポートカードの追加にも期待だ。 参戦はまだ先? 実は丸藤翔は、10月中旬に参戦が予想されている遊戯王DMのキャラクター、ゴースト骨塚と同じ声優。 遊戯王DMワールドでも闇遊戯と声優が同じだった武藤遊戯の参戦は遅かった。 こういった裏事情から翔の参戦はまだ先になるかもしれない。 GX予想キャラ2:カイザー亮.

次の