アウトレット 入間。 【食レポあり】入間アウトレットのフードコートとレストランを全部紹介

【食レポあり】入間アウトレットのフードコートとレストランを全部紹介

アウトレット 入間

2008年4月10日オープン。 204店舗、駐車場約3,000台。 ペット同伴可。 ゲートはイーストプラザ、ウエストプラザ、サウスプラザ、ノースプラザと4つに分かれている。 施設の総面積は約8万9000平方メートル。 店舗数204店のうちアウトレットは181店舗。 (うち44店舗が国内初出店)。 また、隣接地にコストコ(2008年4月5日オープン)があるためかなりの交通渋滞となっている。 国内外のファッション、スポーツ、アクセサリー、インテリアまで幅広いカテゴリの204店舗が揃う関東最大級のアウトレットセンターです。 施設内には音楽と光にあわせて水が飛び出す噴水「ポップジェット」や土日祝日に施設内ストリートをにぎわすミニSL、体を動かして遊べる遊具の揃う室内施設クラブユウキッズなど子供のアクティビティも充実しています。 屋外には青々とした天然芝が広がり、晴れた日には家族みんなで日向ぼっこをしながらゆっくりとした時間を過ごすの休日も魅力的です。

次の

営業時間・休館日

アウトレット 入間

市内の真ん中にあるアウトレットパークですので「駐車場が少ないのでは?」と思いますよね? しかし、 平面・立体駐車場合わせて6つの駐車場スペースを確保しています。 また「障害者等優先駐車スペース」として「P1平面駐車場」そして「P2、P3、P4立体駐車場:1F・3F」に専用スペースを確保しています。 それでは、続いての項目で駐車料金がいくらか見ていきましょう。 三井アウトレットパーク入間の駐車場料金は?平日&休日の違いは? 三井アウトレットパーク入間は 「平日」「休日」で駐車料金が違います。 まず 平日は「基本料金:3時間無料」のため、たとえショッピングやレストランで食事をしなくても、3時間自動的に無料です。 一方、 土日・祝日は「基本料金:2時間無料」、平日よりも1時間短くなります。 しかし、 平日・土日、祝日どちらも共通で「1店舗:3,000円以上」購入、食事をすれば「2時間分無料」が上乗せできます。 もちろん「A店:1,500円」「B店:1,500円」と言ったような別々のレシートを、三井アウトレットパーク入間内の店舗であれば合算可能です。 ただし、 無料時間を過ぎると「30分:200円」発生しますので注意しましょう。 000円」発生しますので、なくさないよう気を付けましょう。 三井アウトレットパーク入間には三井ショッピングパークカード《セゾン》が必須! あなたが三井アウトレットパーク入間に足を運ぶなら、「」を忘れてはいけません! 年会費無料ながら、三井不動産グループの商業施設で貯まる「三井ショッピングパークポイント」ポイント有効期限がない「永久不滅ポイント」の2種類を持っています。 更に、他の三井アウトレットパークやららぽーと等で、駐車場優待サービスやショッピング優待等、幅広い特典を用意しています。 あなたも、三井アウトレットパーク入間へ行く前に三井ショッピングパークカード《セゾン》を発行してみては?.

次の

三井アウトレットパーク 入間 (MITSUI OUTLET PARK IRUMA)

アウトレット 入間

フードコート 2階中央にある大きなフードコートには、11店舗の飲食店が入っています。 小さなお子さん向けに、テーブルの低い席もあるので使い勝手は抜群です! リルドーナツ&クレープ 2階中央に位置するフォレストキッチンにあるドーナツとクレープのお店です。 ドーナツは、注文を受けてからオーガニックオイルで揚げるこだわりの逸品です。 クレープには有機豆乳を使用しており、しっとりモチモチの触感はクセになります。 リルドーナツ 入間アウトレット 国内3店舗しかないらしいドーナツ屋さん。 メイプルシロップとバターで頂いたがバターだけでいいかも。 上質な肉をリーズナブルに提供してくれます。 もはや説明する必要はないですね。 赤丸と白丸と選ぶ博多のラーメンです。 お蕎麦のダシは毎日昆布と鰹から作っており、香りのよい江戸前のつゆです。 コチラのうどんは、毎日香川から仕入れて店舗で熟成させており、本場の讃岐うどんを味わうことができます。 小江戸川越の行列店『頑者』のつけ麺が、フードコートで味わえます。 濃厚魚介豚骨スープに魚粉を合わせたのが特徴です。 本日のラーメンウォーカーはこれだ!「頑者 illmatic 特製つけ麺」三井アウトレットパーク入間内。 良くある味と言えばそれまでだが、出発点がこの味だと思うと考え深い。 チャーシューは超極太の1枚。 北海道といえば海の幸、知床標津はアイヌ語で『鮭のいるところ』。 昔からサケ漁が盛んで、本場の鮭いくら料理が味わえます。 入間のアウトレットでいくら丼。 うまいぞ〜 — と yakudoupottyama ぼてぢゅう屋台 2階中央に位置するフォレストキッチンにある大阪焼きそばのお店です。 鶏三和 2階中央に位置するフォレストキッチンにある鶏肉のお店です。 親子丼、鶏かつ丼、唐揚げ、鶏南蛮から選ぶことができます。 鶏の中でも最強とうたわれる名古屋コーチンを使った親子丼は絶品でした。 新鮮な野菜を目の前で調理してくれるライブキッチンが楽しめます。 外はさっくりのクロワッサン生地、中はしっとりやわらかなチョコレートです。 サンマルクカフェの運営なので、コーヒーやラテの提供もあります。 また、パフェ、ホットデザートの種類も豊富でした。 混雑したフードコートが苦手な方は、コチラがオススメです。 エイティーンハーフステーキハウス 2階中央に位置するセンタープラザにあるステーキのお店です。 牛のロゴマークが目印です。 六本木にある『37ステーキハウス&バー』をリーズナブルに楽しめるようにと誕生しました。 残念ながら六本木店の名物ブラックアンガス牛はメニューになかったのですが、赤身の多いリブロースをいただきました。 美味しゅうございました。 彩り鮮やかなスイーツ、絶品パスタ、ディナータイムにはローストビーフなど50種類以上の食事を楽しむことができます。 季節のデザートも豊富なラインナップです。 石焼麻婆豆腐、あんかけ焼きそばなどが楽しめます。 香港厨房三井アウトレットパーク入間店、石焼あんかけ炒飯定食+杏仁豆腐。 あんかけは目の前でかけてくれます。 石鍋は300度だそうで、とても熱々で量もたっぷりで大満足でした。 ハワイで誕生したクアアイナでは、牛100%のパティを溶岩石グリルで焼き上げます。 ボリューム満点で、焼き立て揚げたてを提供してくれます。 コチラの抹茶は京都の老舗『森半』を使っています。 枡に入った宇治抹茶ティラミスは見た目にも風情があります。 お茶づけやうどんもあるので、カフェとフードの中間のようなお店です。 コーヒーやチョコレート系など6店舗があります。 ホノルルコーヒー 1階のノースストリートにあるコーヒーショップです。 P3、P4駐車場からのアクセスが近いです。 コーヒーだけでなく、パンケーキやシフォンケーキなどのスイーツにも力を入れています。 コチラの店舗はホノルルコーヒーの中でも最大級の大きさで、100席も用意されています。 コーヒーの良い香りが漂う店内は、ガラス張りで太陽の光が差し込みます。 ハワイの音楽も流れており、まるで南国に来たような雰囲気を味わうことができます。 入間の三井アウトレットパークの ホノルルコーヒー で ソイラテとマカダミアンナッツチョコシフォンケーキ。 P2駐車場からのアクセスが近いです。 ドリンクだけでなく、ソフトクリームを楽しむこともできます。 大好きなGODIVAのショコリキサーが美味しかった。 1階ウエストプラザに移転しました。 リンツショコラカフェは、1,845年にスイスで創業した老舗のブランドです。 世界120ヶ国以上で販売される、チョコレートとなります。 日本の駄菓子屋にある量り売りの販売形態なので、お好きなチョコを好きなだけ買うことができます。 2006年に台湾で誕生し、わずか十数年で世界1,200店舗も展開するようになった実力派のブランドです。 台湾のお茶どころで収穫された上質な茶葉を使用し、一番おいしい温度、抽出時間にこだわりぬいた1杯が楽しめます。 コチラは一番人気のブラックミルクティー(タピオカ入り)です。 シアトル発のブランドです。 サンドイッチ、デニッシュ、パスタもあります。 お姉ちゃん達と入間のアウトレット きたよーん!!! これから焼肉笑笑笑 お寿司たべたのに焼肉。。

次の