手作り 消毒 液。 アルコール消毒液の作り方7選!手作り代用品で手指の除菌はできる?

塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で作る「手作り消毒液」を作る際・使う際には、人体と服への影響にお気をつけください(服の色ハゲて戻りませんよ)

手作り 消毒 液

アルコール消毒液の手作りでの作り方や効果的な使い方! アルコール消毒液は、先にお伝えしたようにドラッグストア等で簡単に購入できますよね。 アルコール消毒による感染症の予防定義として、 手洗いをしたり、1つ何か行動をしたら適度にアルコール消毒を と言われています。 そうなると消毒液はかなりの量必要になりますし、自宅用と携帯用を家族に持たせていたらすぐに無くなってしまいます。 しかし、アルコール消毒液は 自宅でも簡単に作ることができるんです。 アルコール消毒液を作るのに必要なものは? 無水エタノールと精製水があれば簡単に作ることができます。 無水エタノールは500mlのものが1000円前後で販売されており、精製水は、500ml100円程で販売されています。 どちらもお近くの ドラッグストアで簡単に購入できる商品です。 また、使用する水は精製水ではなく、 ミネラルウォーターでも水道水でも構いません。 ただし、水道水は精製水やミネラルウォーターと違って不純物が多く混入しているため、使用期限が非常に限られてきます。 大量に作っておきたいという方は水道水の使用は控えることをお勧めします。 ちなみに、アルコール消毒液は一般的に ノロウイルスには効果がないと言われています。 ノロウイルス対策には、アルコール消毒とは別に食品安全委員会が推奨している 「 次亜塩素酸ナトリウム」を希釈したものを作成すると効果的です。 今回はインフルエンザに効果があるアルコール消毒液の作り方を紹介していきます。 アルコール消毒液の作り方 作り方の過程はとても簡単です。 ・無水エタノールと精製水を7:3の割合に混ぜる。 これだけで70%濃度のアルコール消毒液ができるのです。 ではなぜ、精製水なしの100%エタノールではダメなのでしょうか。 エタノールは、 濃度が高ければ高いほど蒸発しやすいと言われています。 インフルエンザなどの菌に対して効果を発揮する前に蒸発してしまっては意味がありませんよね。 そのため、水を加えて70%にすることで、効き目と揮発性を安定させることがポイントなんです。 一般的な手作りアルコール消毒液はこれで完成です。 お好みで 抗ウイルス効果も期待できるペパーミントのアロマオイルを入れるのも良いでしょう。 その場合、 アロマオイル対応の容器が必要になることと、 元のアルコール消毒液に対して2~4%の濃度が適量と言われています。 しかしここまでの手作りアルコール消毒液には、市販のものと違う点がひとつあります。 それは 保湿成分が入っているか、入っていないかです。 市販の手指用のアルコール消毒ジェルにはなんらかの保湿成分が入っているものがほとんどです。 それは、アルコール消毒液は菌を取り除くだけではなく 肌に必要な皮脂も取り除かれます。 そのため、手が荒れやすい方は、使用頻度にもよりますが、手 作り消毒液を使う場合はいつも以上に保湿を心がける必要があります。 または、グリセリンなどの保湿成分を自分で配合させて作ることで、ある程度の保湿が期待出来ます。 しかし、その分 コストがかかってしまうというデメリットも出てきますよね。 手作りアルコール消毒液は、簡単に作れますが、手荒れ対策を考えなければ完全に市販のものと代用するのは難しいことが分かりました。 効果的な使い方とは一体? 手作りのアルコール消毒液ですが、いったいどのように使うことがより良い効果を発揮するのでしょうか。 水回りの除菌に 除菌スプレーとして手指消毒だけではなくて、キッチンなどの水回りの除菌にも使用する。 手指の消毒ももちろんですが、スプレー容器などに入れて、 キッチンなどの水回りを除菌して感染症を予防にも使用できます。 煮沸消毒に使用 大きな保存容器等の煮沸消毒に使用する。 ジャムや梅酒などの保存容器はなかなか鍋に入れて煮仏消毒が出来ないと悩まされますよね。 この場合食器洗剤で普通に洗浄した後に、 アルコール消毒液をスプレーしておけば煮沸消毒の代わりとして効果を発揮します。 手指のアルコール消毒用だけではなくて、さまざまな場面で活躍できそうです。 アロマ用や、スプレー用など容器を工夫することで使う用途も増えていきますね。 まとめ アルコール消毒液はご自分で作れそうですか。 自家製のアルコール消毒液を作る上で気をつけなければならない点は• エタノールと水の割合は7:3にして、最近予防効果と揮発性を安定させる。 保湿成分を入れない場合は、使用時の保湿を心がける。 といったところでしょうか。 作ることは簡単に出来ますが、保湿や保存には少し気を配る必要があります。 アロマを加えたり、マイボトルをデコレーションしたりして自分だけのアルコール消毒液を完成させることができれば、感染症対策だけではない日々の癒しにもなりますよね。

次の

無水エタノールを使った「アルコール除菌スプレー」の作り方!手指に使える消毒液!

手作り 消毒 液

自然農薬/各自然農薬の作り方• 効果 アブラムシ・アリ 作り方 用意するものは牛乳と霧吹き。 薄める必要はありません。 使い方 牛乳を薄めずに霧吹きに入れ、虫の居る葉や茎に吹き付ける。 この時、害虫の体全体が牛乳に覆われている必要があるのでまんべんなく散布し、牛乳が乾きやすいように、晴れた日の朝に行うようにします。 牛乳の膜の中にくるみこまれた虫が、牛乳が乾く際に膜が縮むことで窒息死します。 注意する点は、牛乳が乾いたら、牛乳分が残らないように水で植物を綺麗に洗い流すことです。 お忘れなく。 効果 ウドンコ病。 ナメクジなど様々な害虫の忌避効果。 殺菌、消毒効果。 植物(根)を丈夫にする。 作り方 お米の醸造酢を水で25〜50倍に薄める。 使い方 1週間おきに、霧吹きなどで植物全体に散布する。 ふき取る必要はない。 効果 ハダニなどの害虫全般 作り方 すり鉢などで「にんにく1玉」をよくすりつぶし、水1リットルを加えます。 これを、布でこします。 このままフタ付きの瓶などで保存し、使用するときに、さらに5倍に薄めます。 使い方 5倍に薄めたにんにく液を、霧吹きなどで葉面散布します。 にんにくの独特の匂いを嫌い、虫を追い払い、にんにくの抗菌作用を持つ成分によって殺菌剤となります。 なお、病害虫予防として、混植(他の植物と一緒に植える)することでも効果が得られます。 効果 アブラムシ、アオムシ、キジラミ、ホコリダニ。 作り方 1 唐辛子(乾燥)一握りにを瓶にいれ、熱湯1リットルを注いでフタをし、一昼夜漬け込みます。 作り方 2 唐辛子(乾燥)50gを水から20分程度煮たら取り出して、新しい水を1リットル加え、すり鉢などですり潰します。 少ない量から始めると、すり潰しやすいです。 使い方 1 つくり方 1 の場合、薄めずにそのまま散布します。 使い方 2 殺虫、抗菌、忌避作用のある辛み成分(カプサシン)は、水に溶けにくい性質があります。 そこで、成分の溶け出しやすいアルコールを用いた唐辛子スプレーが、つくり方 2 になります。 アルコール度35度の焼酎100mlと水2リットルを加えて散布します。 効果 ウドンコ病、灰色カビ病、軟腐病など。 作り方 ネギは生のものを使います。 ネギ一握りに熱湯1リットルを加えて、30分ほどおきます。 これを水で2倍に薄め、石けん5gを溶かしいれたら、2回ほど布でこしてできあがりです。 ネギのネバネバが扱いにくいかな…と思っていたのですが、水で薄めることで楽になるので、きちんと2回こしてあげてください。 使い方 霧吹きなどで散布します。 ネギを植えた土壌は、微生物の働きが活発になり、土を元気にしてくれる効果もあります。 効果 展着剤として利用します。 作り方 刻んだ石けんを水と一緒に煮て、濃いめの石けん水を作ります。 使い方 石けん水を散布することで、アブラムシやアオムシ、キジラミ、ホコリダニから植物を守ることができますが、晴天が続くと、植物自体が痛む原因になることから、展着剤として紹介しています。 もし石けん水のみで散布するときには、散布した翌日には水で洗い流すこと、収穫間近の利用は避けること、また収穫後は十分に水洗いすることの3点に注意して下さい。 効果 珈琲/ダニ類、アリ、各種病気の予防 珈琲カス/センチュウ、ヨトウムシ類 作り方 珈琲/珈琲を濃いめに入れます(インスタントコーヒーも利用できます) 珈琲カス/珈琲を入れた後のカスを保存しておきます。 使い方 珈琲/霧吹きなどで散布します。 珈琲カス/「追肥用の堆肥:珈琲カス=20:1」であらかじめ混ぜ合わせておき、野菜の株元に蒔きます。 効果 ナメクジ 作り方 ビールを容器にいれるだけです。 ビールは飲み残しで構いません。 使い方 ビールを浅い容器に入れて、夜に植物のそばや、被害のある植物(通り道と思われるところ)へおいておきます。 ナメクジをビールにおびきよせ、溺れさせることができます。 ナメクジは夜行性なので、夜に行うことが大切。 容器の中にナメクジを発見したら、フタをするなどして逃げないようにします。 効果 アブラムシなどの害虫予防 使い方 害虫よけとなる、キラキラ光る光反射マルチングシート(熱線反射フィルム)の代用品として、植物の周りにアルミ箔をおいておきます。 効果 混植する植物によって、様々な効果が得られます。 害虫を寄せ付けないものや、逆に有益な虫(受粉のための蜂など)を呼び寄せたり、植物を元気にしてくれる物があります。 使い方 詳しい方法については、コンパニオンプランツを参照してください。 効果 病害虫全般 作り方 購入したものにあわせて薄めて散布。 にんにく液や唐辛子液と組み合わせて使うと、効果があがります。 使い方 天然物質ではありますが、微量の発ガン物質が含まれているそうです。 散布するときには、マスクや手袋をお忘れなく。 50倍〜1000倍に薄めた木酢液を、農薬に混ぜ合わせると(1:1)、効果を下げることなく農薬の量を減らすことができます。 但し、アルカリ性の農薬と混ぜ合わせるのは厳禁です。

次の

【手作りアルコール消毒液】無水エタノール+精製水+ワセリンで作る方法

手作り 消毒 液

僕も薬局やドラッグストアに行っても、手ぴかジェルを長いこと見ていません・・・ 自家製アルコール消毒液作りに必要なもの アルコール除菌液に必要なのは 商品名 値段 消毒用エタノール(無水) 約1,000円(100g) 精製水 約100円(500ml) この2つを用意すれば完成します。 少しでも殺菌力・保存などを優先するなら、購入した方が良いと思います。 逆に、そこまで神経質にならないという方であれば、自宅の水道水でも問題ありません。 僕ならそこまでは気にしないので、消毒用エタノールを多めに買って、自宅の水道水で作ります。 ただし、水道水には不純物が多いので、作ったらできる限り早めに使い切る必要があります。 また、本日のニュース(4月9日)で「精製水が手に入らない」との情報がありましたが、緊急事態宣言で買いだめなどがあったのかもしれません。 売っているお店 無水エタノール・精製水はドラッグストアや薬局で手に入ります。 ドンキやダイコク・スギ薬局・ツルハドラッグ・ウエルシア薬局などなど。 精製水はココカラファインでは98円で売ってました(2月5日現在) 楽天やアマゾンなどでも販売されていますが、送料が負担になることと、最近は転売目的で価格が上がっているものもあるので、薬局やドラッグストアでの購入をおすすめします。 マスクに関しては僕のところでも品切れ状態で手に入れるのが難しかったので、自宅で作れる手作りマスクを紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。 アルコール消毒液の作り方 アルコール消毒液は容器に入れて作りますが、手洗い用に作るので、スプレータイプがオススメです。 容器になるアドマイザーは100均でOKです。 それでは肝心の作り方ですが、 無水エタノール8:精製水2 この割合で作ってください。 例えばですが、100mlのアルコール除菌スプレーを作る場合は、 無水エタノール80mlに、精製水20mlで完成となります。 ある薬局に行ってみたら、 【無水エタノール:精製水を8:2の割合で割ると、消毒用エタノールと同じ濃度でご利用いただけます】って貼り紙が表示され、大量の無水エタノールと精製水が棚に並んでたよ-。 10mlくらいの香水に使うものだと、使い切りやすくておすすめですよ。 無水エタノールも売り切れてるし機械製品を何で洗浄すりゃいいんだよ! 買い占め許すまじ。 手を除菌するアルコール消毒液の作り方!自宅で作れる新型コロナウイルス予防 国内でも新型コロナウイルス(肺炎)が蔓延しており、すでにマスクや消毒液が品切れになっています。 ドラッグストアや薬局だけではなく、コンビニでも売り切れており、無水エタノールも入手困難になっています。 現状は石けんでの手洗いで対応するしかなく・・・。 当初は専門家も楽観的でしたが、世界中で新型コロナウイルスの感染者が増えており、一刻も早いワクチンや薬の開発が望まれます。

次の