ライン トーク スクショ。 LINEトークに送られたQRコードのスクショ画像で友達追加する方法

LINEの画面をスクショで保存すると通知されて相手にバレる?|LINEの使い方まとめ総合ガイド

ライン トーク スクショ

LINEの画面をスクリーンショットで撮影する方法 スクリーンショットとは、スマホの画面をそのままカシャッと画像にして保存する機能の事です。 これは LINEの機能というわけではなくて、スマホの機能となります。 LINEの機能ではない・・・というところがミソで、だからこそ「怖くない」という側面があります。 どういう意味かと言うと、 通知の恐怖がないという事です。 LINEでは相手に通知が行く場面というのはほとんどありませんが、「通知されていたらどうしよう・・・」と、どうしても心配になる場面もあると思います。 しかしスマホの機能としてのスクリーンショットを使うのであれば何の問題もありません。 LINEの機能ではないのですから、LINEから相手に通知が行く事もありません。 スマホのスクリーンショット機能は機種によって異なります。 以下でiPhoneとAndroidそれぞれの場合についてご紹介します。 iPhoneの場合 iPhoneの場合は、 iPhone上部のボタン(スリープボタン)とホームボタンを同時押しするとスクリーンショットを撮る事が出来ます。 同時と言ってもそこまでシビアなタイミングではないので難しくはないと思います。 ちなみにボタンを押している間はスクリーンショットが撮れず、ボタンを放した瞬間にスクリーンショットを撮る様になっています。 画面が白くなって「カシャ」と言えば成功です。 撮ったスクリーンショットは「写真」アプリを開いた中の「スクリーンショット」というフォルダの中に入っています。 Androidの場合 Androidの場合は様々な機種があり、その機種それぞれによってスクリーンショットの方法が違います。 全ての機種をフォローすることは出来ませんが、だいたいのところは同じなので想定はできます。 Androidのスクリーンショットは、 ホームボタン(または電源ボタン)とボリュームボタンのプラスかマイナス(またはスリープボタン)の同時押しで撮る事が出来るものが多いはずです。 また、Xperiaはホームボタンの長押しから「スクリーンショット」の項目を選択する事でもスクリーンショットを撮る事が出来ます。 以上の方法でLINEのスクリーンショットを撮る事が出来ますが、これはLINE以外、スマホの画面に映ったものは全て(極一部、保護されているコンテンツを除く)撮影する事が出来るので、覚えておいて損はありません。 とっても便利です。

次の

【LINE】トーク画面のスクリーンショット(スクショ)の撮り方と保存先

ライン トーク スクショ

冒頭でも話したように、画面をスクショしたことが通知される機能がLINEには無いから…だね。 配信アプリのような物だとスクショ通知などがあるけど、LINEの通話なら安心してスクショできるよ。 スクショ音も相手に聞こえない 通知からスクショ・画面キャプチャが発覚することはありませんが、「 スクショ音からバレるのでは」なんて心配する声も少なくありません。 こちらは、スクショ音が出ない機種および音が出ない設定・モードであれば相手にバレることはありません。 iPhoneを例にすると… スクショ時の状態 通話相手の視点 ・イヤホン無し (スピーカーで会話) ・マナーモードOFF スクショ音が聞こえる ・イヤホン無し (スピーカーで会話) ・マナーモードON スクショ音は聞こえない ・イヤホン有り ・マナーモードOFF スクショ音は聞こえない ・イヤホン有り ・マナーモードON スクショ音は聞こえない ご覧の通り、iOS端末の場合だとイヤホンを付けた状態で通話していればスクショ音は相手に聞こえません。 マナーモードをOFFにしているとスクショ音自体は発生するのですが、サウンド音は イヤホンを介して自分だけに聞こえるので、相手に伝わることはありません。 その一方で、スクショ音が発生する 「マナーモードOFF状態」かつ「イヤホンをせずにスピーカーで会話」という条件だと…• スクショ音が発生• スピーカーから出たスクショ音をマイクが拾う• スクショ音がマイクを通して相手に届く このようにしてバレる可能性が極めて高くなります。

次の

LINEトークスクショ機能の使い方!相手に通知いく?バレる?できないときの注意点

ライン トーク スクショ

スクショ機能の使い方 開始位置の選択 画像保存したいトーク画面を開きます。 保存したい最初または最後のトークを長押ししてメニューから[スクショ]をタップします。 開始位置が選択されました。 情報を隠す 左下の[情報を隠す]ボタンを押すとトーク画面のアイコンが変わり隠すことができます。 グループLINEの場合などにアイコンを隠したい場合に使います。 終了位置を選択し保存 次にトーク画面をスライドしていき範囲の終了位置のトークをタップします。 選択された範囲は明るくなりますので右下の[スクショ]をタップします。 たて長の画像画面になり、右下の[保存ボタン]で端末に保存されます。 他の人にLINEする 保存せずに他の人にLINEで送る場合は、上記保存画面で左下の[共有マーク]をタップします 送信先選択画面が表示されますので、送りたい相手にチェックを入れます。 複数の送信相手を選択することも可能です。 右上の[送信]をタップして送れます。 選択範囲が長いと 選択範囲が長すぎる場合は複数の画像に分割されます その場合1メッセージが途中で分割されることはありませんでしたが、会話の流れで区切りたい場合はある程度は範囲を狭くしてスクショすることをおすすめします。 スクショの表示が出ない トークを長押ししても「スクショ」表示が出ない場合は、LINEアプリのバージョンが古いと思われます。 AppStoreでLINEアプリを最新バージョンにアップデートしてください。 LINEアプリバージョン9. 0以上が必要です。 さいごに 以上が基本的なLINE新機能「スクショ」の使い方です。 思い出に残るトークのやりとりを残したい場合や、誰かにトークの流れを見てもらいたい場合に有効的に使える機能です。 しかし個人間トークを第三者に送る場合は、トラブルの種にならないよう相手に配慮して利用したほうがいいと思います。 関連する記事• 2019. 06 2019年9月6日10時30分ごろからドコモの「あんしんスキャン(Android版)」、マカフィーモバイルセキュリティアプリで「Wi-Fiは監視されて[…]• 2019. 01 Googleアカウント作成時には基本的にGmailアドレスをユーザー名にして作成しますが、プロバイダーメール OCNやSo-netなど や携帯キャリア[…]• 2018.

次の