ホンダ オデッセイ 新型 2020。 ホンダ・新型オデッセイのスクープ情報!2020年フルモデルチェンジか

2020年 ホンダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

ホンダ オデッセイ 新型 2020

現在見かけるオデッセイ次世代情報• 2020年10月ビッグマイナーチェンジ• 改良後の売れ行き次第で新型のゆくえ決まる• 新型は2022年以降に登場?• キープコンセプトで全高アップ• 内装拡大でメーター周りに液晶ディスプレイ装備• さらなる使い勝手の向上• 0Lハイブリッド搭載• 燃費・走行性能改善• Honda SENSING更新 この情報の少なさから、 新型オデッセイは6年目の2022年以降の期待となります。 仮にハイブリッドモデルを追加した2016年がオデッセイのスタートと考えると、2020年が4年目、2021年が5年目と言えます。 フィットのこのサメ顔をオデッセイ次世代ミニバンに採用してもおかしくはないですね。 しかし、この方向性ではアルファード対抗とはならないですね。 まあ、アルファードが次世代で「どんなデザインになるのか?」はっきりとはわかっていません。 高級路線を行くのは確定なので、ギラギラするんでしょうね。 ただ、高級路線はもう飽きたので、トヨタも試行錯誤するでしょう。 レクサスのようなシャープな高級化という方向性も考えられます。 一方のHonda eは軽自動車路線と言うかオモチャ感満載です。 このデザイン路線を次世代ミニバンに落とし込むとすれば、どんなフュージョンがなされるでしょうか。 それはそれで面白い試みですよね。 ここのところホンダは昔の路線に戻っているようにも感じるため、懐かしさと新しさを併せ持つデザイン性を全モデルで提案してくるかもしれませんね。 【基本予想】超低床プラットフォームは採用? 上記を述べたものの「基本性能は変わらない」と言われます。 ミニバンとしてはキープコンセプトとなり、全高サイズもほぼ変わらない可能性が高いです。 細身のヘッドライト採用• ドアウィンドウ~リアウィンドウまでつながるデザイン 上記の継続は、ほぼ確定的といえるでしょう。 オデッセイは次世代でトヨタアルファードを強く意識したものとなり、高級感のある外観造形になるでしょう。 【フロントマスク】はマイチェンフリードやフィットにヒント? これまでの流れはグリルのメッキ装飾で個性を出すデザインでした。 ボディ同色のガーニッシュデザインが主流となります。 その流れがマイナーチェンジを迎えたフリードやフィットに現れています。 しかし、同社コンパクトモデルとの差を付けるため、アルファードを意識した豪華絢爛デザインになると予想されています。 【シーケンシャルターンランプ】採用? 北米オデッセイやアコードの シーケンシャルターンランプが採用されます。 軽自動車N-BOX・タントカスタムなども流れるウィンカーを採用する時代になりました。 新型オデッセイでは アルファード対抗で高級感を出す目的で採用する可能性は高いでしょう。 ヘッドライト形状は中国専売ブリーズのデザイン性を採り入れてくるかもしれないですね。 ブリーズのリアランプはこんな感じです。 細い形状がまた主流となるかもしれませんね。 新型オデッセイの【ボディカラー】 現行モデルの方向性を踏襲するものと考えられます。 プレミアムクリスタルレッドメタリックの採用もあるかもしれません。 一方、2トーンカラー設定の可能性は低めと言っていいでしょう。 【参照】2019年一部改良のボディカラー追加&廃止|全6色• プレミアムスパークルブラックパール|新色追加• モダンスティールメタリック|新色追加• プレミアムスパイスパープルパープル|廃止 新型オデッセイの内装は居住空間の拡大・使い勝手の向上を実現 現行モデルを引き継いだ高級路線のインテリアとなる可能性が高いです。 ハンズフリーテールゲートの採用もあると見てよく、インパネ周りではヘッドアップディスプレイの採用もあり得るでしょう。 新型オデッセイでは、さらなる【高級路線】のインテリアへ 内装に使用される素材を見直し、シート材質の高級化と全体的に質感向上が図られるでしょう。 全高を少し拡大することで、ライバルモデルに対抗できる室内空間の広さも確保され、多人数乗車時でも使い勝手が向上します。 ポケットやドリンクホルダーの数も追加されるでしょう。 CR-Vと同等出力の1. 5Lターボになるか、250psを超す2. 0Lターボになるのかは動向次第と言えそうです。 【ハイブリッド】2020年マイナーチェンジで搭載e:HEV継続 マイナーチェンジで2. 0Lガソリンエンジン+2モーター式のe:HEVとなる予定です。 出力や燃費は新型アコードに近い数値と考えられます。 【ハイブリッド4WD】採用? 可能性はやや低いもののCR-Vですでに実現しているハイブリッド4WDの登場もあり得るでしょう。 【変速機】 1. 5LであればCVT、2. 0Lであれば9速や10速ATとなります。 0Lの可能性は国内モデルに採用例がないことから低めといえるかもしれません。 新型オデッセイは高級車の静粛性や乗り心地へ ただ走行性能が高いだけではライバル・アルファードに対抗することが難しいと言われています。 そのため、高級ミニバンに相応しい静粛性や乗り心地を持たせることが考えられます。 オデッセイの歴代モデルは高い走行性能を売りにしているため、次世代オデッセイも標準以上の走行性能が与えられるでしょう。 アコードがハイブリッド専用なので、オデッセイもそうなるのかもしれないですね。 オデッセイ次世代先進安全装備Honda SENSING標準装備は確定的 オデッセイは販売台数的に国内トップレベルのホンダ上級車という立ち位置です。 運転支援システムに新機能を追加する可能性も考えられます。 【2020年10月】オデッセイ ビッグマイナーチェンジ フロントマスクデザインを大幅変更します。 現行のままでは高級感が物足りないため、 グリル周りに豪華な変更を加えて発売予定。 また、内装も質感を向上するため、内張り・シート・内装素材に変更が加えられます。 その他、例年のマイナーチェンジ通り、 新グレード設定・ボディカラー変更・装備充実・安全機能更新といった変更が加えられるでしょう。 噂では、新機能ジェスチャースライドドアを採用と言われています。 【アコード版ハイブリッド搭載】2モーター2. 0L 2. 0L直4ハイブリッドは新世代2モーターハイブリッドを組み合わせたe:HEVとなります。 熱効率を40%以上向上し、システム最高出力は215ps(新型アコード値)。 ハイブリッドバッテリーパックと制御システムを含むインテリジェントパワーユニットをコンパクト化しています。 この変更により、アコードの場合は後席スペースを向上しています。 オデッセイも後席またはラゲッジスペースへの影響が考えられます。 新パワートレインで当然燃費も改善? 現行オデッセイのJC08モード燃費は26. WLTCモード20. WLTCモード22. オデッセイにも同程度の改善が見られることを期待します。 4Lガソリン】 改良により、性能upを図ると噂されています。 安全装備の機能更新 最上級ミニバンとして、多人数、長距離走行を前提とした安全性能の向上を図ります。 具体的には自動ブレーキの作動領域を広げ、検知機能を向上して、走行・駐車時の視認性サポートを図ります。 【2019年11月7日】オデッセイ一部改良• ガソリンモデルの燃費表記WLTCモードに変更• ハイブリッドモデルの接近通報音変更• ボディカラー見直し• アブソルートEXの標準装備見直し• 価格は据え置きで消費税10%適用 ボディカラー追加&廃止|全6色• プレミアムスパークルブラックパール|新色追加• モダンスティールメタリック|新色追加• プレミアムスパイスパープルパープル|廃止 WLTCモードとは?.

次の

ビッグマイナーチェンジ版・ホンダ新型「オデッセイ」が2020年10月に登場するとの噂が浮上。フロントマスクはトヨタ新型「アルファード」風のオラオラ顔に?!

ホンダ オデッセイ 新型 2020

2013年にエリシオンと車種統合という形で生き残ったオデッセイです。 初代から続いていた開閉扉をスライド式に変更するなどして、他のミニバン同様に変更されました。 またオデッセイ特有の天井の低さも、現行車である程度背の高さを変更しています。 モデル末期になって来ているので、そろそろフルモデルチェンジが行われるのではないでしょうか。 次期オデッセイはどう変化するのか? エリシオンと車種統合する形で、現行型に切り替わったオデッセイですが、既に販売開始から5年が経過しているので、そろそろフルモデルの時期と考えるべきでしょう。 現状ではエクステリアは全ての車種でアブソルートのエアロパーツ付きという形になっているので、この辺りはかなりシャープ感のある様なデザインに変更されてきそうです。 現状ではミニバンとしては室内高の低さが売れ行きを伸ばせていないとの見方もされているので、この辺りの変更はいずれ必要になってくる可能性もあります。 ロールーフミニバンの先がけなのですが、家族を乗せるのには若干乗車スペースに限りがあるのがネックになっています。 ただ、ステップワゴンのように思いきった事をすると失敗した時のダメージが大きすぎるので、あえてもう少し高級感志向に振ってみるのも有りな感じがします。 対抗車がアルファードクラスですからスポーティさはあえて必要ないのかもしれません。 Sponsored link 次期オデッセイのパワートレインはどうなるの? 現状では2. 0L DOHC i-VTEC i-MMD と2. 4L DOHC i-VITEC・2. 4L直噴DOHC i-VTEC の3タイプのエンジンが搭載されています。 4Lはオデッセイの方向性から考えれば改良を加えられながらも現状維持的要素が大きいでしょう。 ただ、NAで2. 4Lを残して、ダウンサイジングターボという事も考えられますが、1. 5ターボでは、さすがにトルク出力共に不足感がありそうですから、2. 0Lターボ搭載が有力ではないでしょうか。 またHYBRIDは燃費を改善する方向性があるようですから、新型のスポーツHYBRID i-MMDとなる可能性が高そうです。 駆動系のCVTを現状維持するのか?それとも新型となる9又は10速ATを搭載してくるのか?といったところが争点になりそうです。 今回のオデッセイフルモデルチェンジは、奇抜なアイディアよりも確実性の高い変更の方が得策の様な気がします。 問題は足周りをどう変えてくるのかも注目すべきでしょう。 現行では足周りが硬すぎて快適感が損なわれている節もあるので、高級志向ミニバンを目指すならラグジュアリー感を演出する為にもスポーツ系の足周りではない方が良い様な気がします。 「ホンダオデッセイ新型のサイズや価格は?2020年にフルモデルチェンジ」まとめ 次期オデッセイについていろいろ紹介してきました。 ホンダとしては、オデッセイがミニバンのフラッグシップだけに、テコ入れしたい所でしょう。 現状ステップワゴンの標準車が散々なだけに、堅実な路線を選択してくるはずです。 取り込みたい年代は若い世代よりもゆとりのある40~50代を狙い目とするならば、インテリアの質感を一回りよくする方向でもいいのかもしれません。 2020年辺りにフルモデルチェンジになると思いますが、どう変化してくるか期待して待ってみましょう。 新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?• 欲しい新車があるが、予算オーバー• 値引き交渉が苦手• ディーラーを回るのが面倒、時間がない• 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい• ディーラーの売り込みが嫌い などなど・・・ 新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか? と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。 そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、 また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。 そんな悩みを抱える方のために、 おススメの裏ワザをご紹介します。 車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう! あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる 営業電話にうんざりした経験はありませんか? しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります! 事実、私も高額査定サイトを利用して ディーラーで40万円の査定が 買取強化店で67万円になりました!.

次の

【2020】ホンダ新型オデッセイ フルモデルチェンジ最新情報まとめ

ホンダ オデッセイ 新型 2020

先代(左)と現行(右) オデッセイといえばロールーフミニバンとしてのイメージが強いですが、最近はトヨタ・ウィッシュが廃盤となるなど背の低いミニバンは需要が少ないです。 新型もハイルーフ寄りのスタイリングを維持することになります。 ウィッシュ、遂に廃盤かー… やっぱりロールーフミニバンは流行に勝てんかったか… 悲しい…。 — 丸平 maruhey3 そして新型オデッセイのデザインについてですが、残念ながら確度の高いスクープは入ってきていません。 予想としては、ソリッド・ウィング・フェイスを継承しながら、• さらに切れ長でシャープなヘッドライト• 大型化したメッキグリル• 躍動感を強めたボディ形状 を採用すると思われます。 北米仕様のオデッセイ 実は北米市場でもオデッセイが活躍中。 2017年にフルモデルチェンジ版が登場しています。 しかし、外形デザインは現行の日本仕様がベースになっている感じで、むしろ日本版のほうが今風でカッコいい印象です。 ただ、フロントバンパー内の左右エアインテークは、新型シビックやフィットのような大開口でアグレッシブな造形になっています。 このエアインテークの存在感をアップさせるのも最近ではよく見られる変更なので、オデッセイのフルモデルチェンジ時にも変化があるかもしれませんね。 オデッセイとよく比べられるのが同じくホンダのステップワゴンです。 そちらも見てみましょう。 ただ、機能のステップワゴン、走りのオデッセイといった感じが外形にも表れていて、オデッセイの方がより前方に伸びるイメージでシャープさもあるのに対し、ステップワゴンのほうがよりボックスに近い印象です。 これは2車の差別化のためにも、次期型にも踏襲されると予想します。 個人的に、小さい子供が降りてくるのを想像すると、ステップワゴンの方がイメージが付きやすいかもしれません。 リヤも比べてみましょう。 ステップワゴンの特徴でもある、わくわくゲートありきのデザインですから、シャープさというのはオデッセイの方がありますよね。 この辺りも、よりオデッセイの「伸びる」、「スマート」などデザインイメージをリヤのテールライトやバンパーにも盛り込み洗練し、デザインの差をつけるのではないかと予想します。 あなたのイメージにはどちらが合うでしょうか? ステップワゴンにもフルモデルチェンジ情報があります。 ボディサイズ予想・比較 単位:mm 車名 全長 全幅 全高 ホイールベース 新型オデッセイ(予想) 4850 1820 1685-1715 2930 現行オデッセイ 4840 1820 1685-1715 2900 現行ステップワゴン 4690-4760 1695 1840-1855 2890 デザインを見ているだけでも、新しい車って欲しくなっちゃいますよね。 買いたいけど、金銭的にもう少し負担が無ければな~なんていう事も考えてしまします。 もしあなたも同じであれば、新車値引きの方法を試してみませんか? 誰でもできますし、知らないと損になってしまうかもしれません。 本サイトの読者様限定でお伝えしていますので、ぜひ一度目を通してみてください。 まず目に飛び込むのが、8インチの大型インフォテインメントディスプレイ。 そのディスプレイを含む六角形のセンターパネルが先進的な雰囲気をつくっています。 スイッチ類もそれぞれが大きくて操作しやすそう。 しかも、ただ未来的になるだけではなく、操縦する楽しさを忘れないような雰囲気になっているのが個人的に好感を持ちます。 このまま次期オデッセイに導入しても違和感ないですね。 ステップワゴンの内装も見てみましょう。 インパネ周りもシンプルですね。 ステップワゴンは乗り心地が良さそう、というよりは、あれもこれも積めて便利そう、の方が上回る気がします。 アウトドアが好きであれば、荷物を乗せやすいのはステップワゴンかもしれません。 自分のライフスタイルや、同乗者に合わせて選べると良いですね。 新型オデッセイ フルモデルチェンジといえば気になるパワートレイン 次期オデッセイのエンジンには、1. 5Lターボもしくは2Lターボが搭載されると予想。 ハイブリッドシステムは最新の「e:HEV」搭載と予想。 現行オデッセイの北米仕様は3. 5リッターV6エンジン(i-VTEC)を搭載しています。 次期モデルのガソリン車には、• 新型CR-Vが搭載する1. 5リッターターボ もしくは• 北米仕様のアコードに搭載の2リッターターボ を用意すると予想。 トランスミッションは、北米オデッセイに導入されたホンダ独自開発の9速AT or 10速ATが組み合わせられる可能性があります。 アコード(海外仕様)のVTECターボ ただ、車格の割には燃費が良いという意見も多いオデッセイですので、そこもキープしてくると予想します。 ハイブリッドのオデッセイだと15~17ぐらい走ると予想していたのですが、車両重量のあることを考えたら立派な燃費ですね。 オデッセイってこんな燃費よかったんやね…。 引用: 次期フィットから搭載されるこのハイブリッドは、オデッセイ現行車も搭載している「SPORT HYBRID i-MMD」を元に作られたものです。 日常のほとんどをEV走行にすることによって、環境性能や燃費の向上に大きく貢献するでしょう。 フィットはこのシステムを採用することによって、現行ハイブリッド車ではカタログ燃費37. 5-28. フィット以外にも、次期アコードにも搭載すると発表されており、次期ヴェゼルにも搭載が想定されます。 関連 関連 関連 また、現行のハイブリッド車はFF(2WD)のみですが、新型ではAWD(4WD)の設定に期待。 CR-Vにも用意していますし可能性は高そうです。 ホンダにとっても一つのアピールポイントになるはず! ちなみにPHEV(プラグインハイブリッド)投入の噂もあります。 ステップワゴンの燃費は25. 新型オデッセイには次世代ホンダセンシングを搭載。 自動運転は? 次期オデッセイは安全運転支援システム「Honda SENSING」の最新版を標準装備します。 注目は半自動運転。 現在は高速道路同一車線上での自動追従走行(ACC)ですが、車線変更サポートが追加される見込みです。 長距離ドライブの頻度が多くなりがちなミニバンだけに、フルモデルチェンジのタイミングでなんとか実装したいところ。 白線や他車の認識、アクセル・ブレーキ・ステアリングの制御など、一気に高度な技術が求められます。 安全システムでは他メーカーに後塵を拝しているホンダだけに頑張ってほしいですね。 ステップワゴンも同様にホンダセンシング全タイプ標準装備ですし、後退出庫サポートなども両者付いています。 自動追従走行の機能アップがオデッセイが先となるか、ステップワゴンが先となるか、といったところでしょう。 新型オデッセイ フルモデルチェンジで値段はどうなる? 次期型オデッセイは、エンジンを最新のものにするなどの変更により、10万~15万円アップと予想します。 しかし、どちらがより至福の時間を得られるのか。 そこも含めて選べると良いですよね。 現行エスティマは延命処置で12年選手となっていますが、オデッセイと同じ2020年にフルモデルチェンジを予定。 FCV(燃料電池自動車)モデルが予想されるなど、久しぶりの全面改良の鬱憤をはらす大刷新となりそうです。 オデッセイとともに今後の動向に要注目です。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の