レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期。 レム睡眠とノンレム睡眠

ノンレム睡眠とレム睡眠。睡眠の周期と目覚めの関係とは?

レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期

睡眠が90分周期は嘘!? こんにちは。 PSYLINKSのだいきです。 今日は睡眠の質を良くしたいと ネットで調べていたら必ず見る言葉 「レム睡眠」「ノンレム睡眠」 についてお話していきます。 そもそもレム睡眠、ノンレム睡眠って なに?と思った人は安心してください。 この後、しっかりと丁寧に 説明していきます。 それよりも問題なのが 「ああ、それね。 もう知ってるよ」 と思ったそこのあなた! 本当にレム睡眠、ノンレム睡眠の 特徴を理解していますか? 例えば、 睡眠の質は90分周期で 交代していくとか思ってませんか? 残念、それは間違いです。 レム睡眠、ノンレム睡眠の周期が 90分だと思っていた人は 今すぐにこの記事を最後まで読んで 認識を改める必要がありますね。 そんなわけで今日は 睡眠の質に焦点を当てて お話をしていこうと思います。 睡眠の質は2種類 レム睡眠とノンレム睡眠 まずは、睡眠の質を語るときに 必ず出てくる2つの単語について 説明しましょう。 それは、 「レム睡眠」と 「ノンレム睡眠」 という言葉です。 ちなみに レム睡眠のレムとはREM。 Rapid eye movement の略で、 睡眠中に目が小刻みに高速で動いている ことから命名されました。 さて、この2つの特徴について あまり専門的なことを話しても つまらないだけだと思うので ざっくりとイメージだけお伝えします。 レム睡眠の特徴 ・眠りが浅い状態 ・脳が活発に動いている ・夢を見ていることが多い ・記憶を固定しようとしている ノンレム睡眠の特徴 ・眠りが深い状態 ・脳も体も休息している ・ストレス解消 ・各種ホルモンを分泌している ・居眠りのほとんど がこちらに該当 睡眠中は基本的に この2つの状態を行き来している ということが分かっています。 例えば、 寝起きに頭が ボーっとしているときって ありますよね。 これは、ノンレム睡眠で 脳が熟睡しているときに 無理に目覚めたことが原因なんです。 休息していた状態から 急に動き出すとめまいを起こすのと 同じ原理なわけです。 だから、目を覚ますときには 出来るだけ眠りの浅い状態。 つまり、 レム睡眠時に起床すると スッキリとした目覚めを 味わうことが出来ます。 とはいっても、眠っているときに 「あ、レム睡眠だから起きるなら今!」 なんて分かるはずがないですよね。 そこで、睡眠中のどのタイミングで レム睡眠が訪れるのかを 知っておく必要があるのです。 睡眠の質について調べると、 ネットでも本でも人に聞いても まるで口をそろえたかのように 同じ答えが返ってきます。 恐らくあなたを含めて ほとんどの人が眠りの深さは 90分周期で入れ替わると 思っていることでしょう。 だからこそ私は この記事を書きました。 「レム睡眠とノンレム睡眠の周期は 90分ではない。 」と伝えるために!! このように言うと、 「そんな馬鹿な!」と思うかもしれません。 ですが、 近年の睡眠学研究によって レム・ノンレム睡眠の周期は 「人によって異なる」ことが 分かってきているのです。 確かに平均的には 約90分周期なのかもしれません。 しかし、個人差によって 80分周期の人もいれば 110分周期の人もいるのです。 参考文献 ・快眠のための朝の習慣・夜の習慣 ・一流の睡眠 つまり、以前このブログで紹介した 適正睡眠時間と同様に、 一般論に惑わされず 「自分にとって最適な睡眠サイクル」を 検証することが必要なのです。 自分の睡眠周期を知る では、実際に 自分の睡眠周期を知るには どのような方法があるでしょうか? 寝ている間の自分の状態を 自分で確認するのは不可能です。 そこでおすすめなのが、 アプリや といった 自分の睡眠状態を記録してくれる ツールを使うことです。 例えば、今からネットで 「睡眠周期 アプリ」と 検索してみて下さい。 そこには、 レム睡眠のタイミングを狙って 起こしてくれるアラームなるものが たくさん紹介されています。 (ちなみに私は、 Sleep -睡眠サイクルアラーム- というアプリを使っています。 ) このようなツールを使って 自分の睡眠周期を把握し、 その周期の倍数の時間で 起床するようにすれば いつでもすっきりとした目覚めを 手に入れることが出来ます。 是非、「あなた」に最適な 睡眠サイクルを検証してみて下さい。 最後まで読んでいただき ありがとうございました。

次の

眠りのメカニズム

レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期

睡眠の周期 私たちの眠りは、「深い眠り」であるノンレム睡眠と、 「浅い眠り」レム睡眠が 交互に起こります。 この1セットが、数回繰り返されるわけです。 ノンレム睡眠は、深さにより4段階に分類されます。 第1段階(睡眠開始)、第2段階(軽い睡眠)を経て、 第3・第4段階は 「徐波睡眠」と呼ばれる深い段階の眠り(熟睡)です。 入眠直後の3時間の間には、 第3・4段階のノンレム睡眠が発生し、 「熟睡」している状態になります。 つまり、 「熟睡」するためには、最低でも3時間の睡眠は必要 と言うことです。 「徐波睡眠」時には、成長ホルモンが分泌されます。 子どもの成長期には、徐波睡眠が特に大切ですし、 大人にとっても、アンチエイジングや神経細胞の修復などの点で、非常に重要です。 「徐波睡眠」は非常に深い眠りであるため、 起こされてもなかなか起きることが出来ないもの。 起きたとしても非常に不機嫌で、そのことに気が付かないほど 意識がもうろうとした状態になることもあります。 この徐波睡眠の段階で起きることは、熟睡を妨げられることになり、 翌日に疲労感や眠気が残ったり、「二度寝」の原因にもなるので、 出来るだけ避けるように気をつけましょう。 快適に目覚めるためには 入眠90分後、最初のレム睡眠は、2~3分しか持続しませんが、 最初の3時間を過ぎると、 レム睡眠は徐々に長くなり、 睡眠周期が繰り返されるごとに、次のように伸びて行きます。 3回目(入眠後4時間30分経過)15分 4回目(入眠後6時間経過) 20分 5回目(入眠後7時間30分経過)30分 レム睡眠は、眠りが浅く、目覚めの準備段階なので、 この時に目が覚めるとスッキリ起きられます。 90分を1単位として、レム睡眠の間に起きられるように 目覚ましをセットするといいですね。 睡眠は長さだけでなく「質」が大切 ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルは約90分ですが、 多少の個人差はあるようです。 また、睡眠サイクルは「寝入ってから」の時間。 なかなか眠れずにいると、何時間寝たかもわからなくなってしまい 気持ちよく目覚めるタイミングを逃しがちですよね。 睡眠の質を確保するためには、 気持ちよく眠りにつける事が大切。 そのためには、昼間、適度に身体を動かすことも必要です。 また、お休みの直前には、 スマホやパソコンは控えるようにした方が良さそうですね。

次の

レム睡眠とノンレム睡眠の教科書

レム 睡眠 ノンレム 睡眠 周期

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。 昭和伊南総合病院健診センター長 レム睡眠とノンレム睡眠って何? 眠りは、波に現れる変化によってレム睡眠とノンレム睡眠に分けられます()。 図1レム睡眠とノンレム睡眠の睡眠の段階 入眠とともに始まるのがノンレム睡眠です。 ノンレム睡眠ではが優位になり、や体温、などが低下します。 ノンレム睡眠が60〜70分続くと、その後にレム睡眠が始まります。 レム睡眠は逆説睡眠ともいい、閉じたまぶたの下で、まるで覚醒している時のようにが動きます(急速眼球)。 これは大脳皮質が不規則に活動している状態と考えられており、脳波上も、覚醒している時の脳波に似た波形が見られます。 夢はレム睡眠中に見ます。 レム睡眠は深いノンレム睡眠に引き続いて始まるため、低下した交感神経が揺り動かされ、その結果、数や数、などが不規則に変動します。 1回のレム睡眠は30分ほど続きます。 一晩の睡眠では4〜5回のレム睡眠が現われます。 ノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返されるのは、眠りすぎることによって生じる危険を回避するためではないかと考えられています。 野生の動物は、常に危険な敵に囲まれて生活しています。 深く寝入ってしまうことは、敵に襲われる危険につながります。 そこで、外界の様子をチェックするために睡眠中に定期的に交感神経を刺激し、眠りを浅くしているのではないか、ということなのです。

次の