スマホ 着信 音 ならない。 【Android】電話の着信音が鳴らない場合の対処法

iPhoneの通知音の設定|変更・消す・音量・ならない時の対処方法

スマホ 着信 音 ならない

スマートフォン(スマホ)は現代人の生活には欠かせない、非常に便利なツールです。 しかし、精密なパーツでできているからこそ繊細で、使っているうちにさまざまなトラブルに遭遇することもあります。 インターネットにつながらない、タッチパネルが反応しない、メールが送れない、バッテリーの消耗が激しい、本体が熱くなる、カメラが起動しない、アプリがインストールできないなど、トラブルはさまざまです。 その中でも、非常に困るものが通話トラブルではないでしょうか。 いざというときに、スマホのメイン機能である通話機能が使えず、相手に発信できない、通話が正常に行えない、着信できないといったことになってしまっては、相手と連絡が取れず、何かあったときに事態の把握や収拾をすることもできなくなってしまいます。 今回は、そんなスマホの通話トラブルが起きたときに役立つ対処法や、トラブルの原因についてご紹介します。 スマホの通話トラブルについて スマホで起きる通話トラブルにはさまざまものがあります。 まず、よく起こる通話トラブルとしては• 相手の音声が聞こえない• 自分の音声が相手に届かない• 音声が聞き取りにくい• 特定の相手に発信できない• 発信がまったくできない などの、 発信や着信に関するトラブルが挙げられます。 スマホの通話トラブル全般に対する対処法 まず、スマホで起こる通話トラブル全般を改善できる可能性がある対処法をご紹介します。 2-1. 電源の入れ直し スマホで何かしらの通話トラブルが起きた場合、一時的な動作不良や接触不良などのエラーが起きている可能性があります。 そのようなときは、 スマホの電源を一度切り、再起動させることで、症状が改善される場合が多くあります。 再起動を試す際は、データ消失の可能性に備えて、念のため、大切なデータのバックアップを取っておきましょう。 また、バッテリーが取り外し可能な機種の場合には、バッテリーの着脱も試してみてください。 バッテリーの取り外しは、無理に行うと本体の破損やけがをする可能性もあるため、取扱説明書をよく読んで正しい手順で行うことをおすすめします。 2-2. マイク部分・レシーバー部分・スピーカー部分の清掃 相手の声が聞こえない、こちらの声が相手に届かないなどの場合、スマホのマイク部分(送話口)やレシーバー部分(受話口)、スピーカー部分にたまった ゴミやホコリなどの物理的な原因でトラブルが起きている可能性があります。 これらの部分の清掃を行い、症状が改善されないかを確認してみましょう。 なお、清掃の際は、綿棒や柔らかい布などを使用すると部品を傷付けずに済みます。 2-3. 保護シートがマイク部分・レシーバー部分・スピーカー部分などを覆っていないか確認 スマホの液晶画面部分への傷を防ぐための保護シートが原因で、通話トラブルが起こっている可能性もあります。 保護シートがスマホのマイク部分、レシーバー部分、スピーカー部分などを覆ってしまっていると、音声が相手に届きにくくなったり、相手からの音声が聞こえない状態になったりするのです。 一度保護シートを剥がして、症状が改善されるかどうかを確かめましょう。 2-4. イヤホンジャックアクセサリーを外す/イヤホンジャック部の清掃 大半のスマホには、イヤホンやヘッドホンを接続するためのイヤホンジャックが付いていますが、 イヤホンジャックの誤認識がトラブルの原因である場合もあります。 例えば、挿入部に金属を使用しているイヤホンジャックアクセサリーを付けていると、イヤホンが挿入されているとスマホが誤認識し、イヤホンモードに切り替わってしまうという場合です。 イヤホンモードになると通常の会話が行えないため、イヤホンジャックアクセサリーを一度外して通話してみましょう。 また、イヤホンジャックアクセサリーを付けていない場合でも、ジャック部にゴミや水滴が入り込み、物理的な故障を起こしている可能性もあります。 イヤホンジャック部の清掃を行い、症状が改善されないか確認してみてください。 2-5. 電波の状態が良いところに移動する 通話トラブルの原因として、単に電波状況が悪いということも挙げられます。 アンテナが何本立っているかを確認し、電波があるかを確かめましょう。 地下や山奥などにいる場合は、電波が届きにくくなっている可能性が高くなります。 対処法としては、障害物が少なく電波の届きやすい場所への移動がおすすめです。 2-6. 通話中の動作について確認する 通話中に意図せずスマホのマイク部分を手で覆ってしまっていたり、画面のミュートボタンを誤ってタップしてしまったり、音量ボタンを押して通話音声の音量を下げてしまったりすると、音声が聞こえない原因となります。 通話中、無意識のうちにこのような動作をしていないかどうかを確認しましょう。 2-7. 便利な機能ですが、場合によっては、ノイズキャンセラー機能が原因で音声が小さく聞こえることがあります。 ノイズキャンセラーをONにしている場合は、一度OFFにしてみることで、症状が改善されるか確認してみましょう。 逆にOFFの場合は、ノイズキャンセラーをONにすることで、音声が聞き取りやすくなる可能性もあります。 2-8. 相手先の電話機状況の問題 通話トラブルは、自分のスマホだけでなく、 相手のスマホが原因でも起きる可能性があります。 自分のスマホに特に異常が見当たらない場合や、特定の人物と会話するときだけ通話トラブルが発生するようなときは、相手側に何らかの問題が生じていることが考えられます。 通話相手にスマホの設定を確認するようにお願いしましょう。 スマホの発信・着信トラブルに対する対処法 次に、スマホで起きる発信・着信トラブルを改善する対処法をご紹介します。 3-1. ドライブモードや機内モード設定をOFFにする スマホには、自動車運転中に電話が掛かってきたときに特定のアナウンスで自動応答してくれるドライブモードや、飛行機に乗っているときに通信をOFFにする機内モードという機能が備わっています。 これらの機能がONになっていると、着信や発信ができないことがあるため、意図せずONになっていないか確認しましょう。 3-2. スマホの発信規制をOFFにする スマホには、電話を掛けられる相手や着信する相手を制限できる機能があります。 発信・着信制限を設定していると、特定の相手としか通話ができません。 制限をかけたことを忘れて通話しようとしていないか、意図せず発信規制設定がONになってしまっていないか、確認しましょう。 3-3. スマホ利用料金が未納になっていないか確認する 支払いの滞納により通信を制限されている場合、通話することができません。 振替口座に支払い分の金額が入っていない場合や、請求書での支払いのをうっかり忘れていた場合、通信が止められている可能性があるため、確認してみましょう。 改善できない場合は専門店に依頼しましょう スマホの通話トラブルには、自分で行える対処法がたくさんあります。 原因が分からずトラブルに見舞われた際には、一通りの対処法を試してみてください。 何を試しても改善されないという場合は、スマホ自体の故障も疑われるため専門店へ持ち込み、診断を受けることをおすすめします。 非常時の際に、通話トラブルが起こらないよう、日頃からスマホの設定を見直すことや、マイク部分やイヤホンジャック部分などの清掃をこまめにしておくことを心掛けましょう。 ドクター・ホームネットでは、スマホのトラブル対応以外にもパソコン・インターネット関連のコラムをご用意しているため、併せてご覧ください。

次の

音声が聞こえない、発信や着信ができないなど、スマホの通話トラブル対処法

スマホ 着信 音 ならない

それまでガラケー+iPad体制だった母が、 iPhoneに一本化したことでスマホを使いこなすようなったわけではないのだが、• ネット くらいはある程度使えているようだ。 メールについては母の場合はやはりあまり使えないし、使う相手もいないようで、 『連絡手段=電話』というイメージが強い。 カケホーダイプランでいくらかけても無料という感覚なので、以前よりも電話に依存する割合が高くなったように思う。 そんな母の場合、 電話が受けられないというのは死活問題 なのだが、iPhoneを使うようになって何度か言われたのが、• 電話の音(着信音)が鳴らない• 特定の人からの着信しか鳴らない• 友達が何度かけても繋がらないから固定電話にかけてきた という事例。 いずれも受ける側にとっては『着信音がならない』という事象だが、原因は別のもの。 というわけで、その対処法を紹介しようと思う。 ちなみに、iPhoneに詳しい人にとっては何を今更という話だ。 スマホ初心者はまとめて「電話がならない」という 電話が受けられないと言っても原因は様々 僕みたいなパソコン・スマホ・ネットに詳しい人間が、家族など身近にいる弊害は、 自分で調べなくなることだと思う……。 電話が着信しない現象については、そもそも受けられない状態になっている場合と、音が鳴らないパターンの2つがある。 ただ、初心者はそれらを総称して、 電話がならない というので、その時にチェックするポイントを紹介する。 着信音がならない時は音量とミュートスイッチをチェック 音が鳴らないと言われてまず疑うのは、 音量が0(=ミュート)になっていないかだ。 iPhone本体の左側面にあるスイッチをチェックする。 ミュート状態 この状態は、 ミュートスイッチがON(上に上がっている)ので音が鳴らない。 ミュートを解除 また、音量が0になっている事もある。 こちらはスマホの画面上からでも、本体のボタンからでも両方確認できるが、流れとしてはミュートスイッチの下にあるボリュームボタンで確認する方が早い。 とりあえず、 ボリュームボタンを適当に押してみて音量が0で無ければOK。 「」以降のモデルでは、画面右上から和のスワイプで起動します コントロールセンターには上記画像だと左から、• 機内モード• Wi-Fi• Bluetooth• おやすみモード• これを表示後、おやすみモードをタップして おやすみモードが起動した状態になっている事があった。 同じようなパターンで、機内モードになっていることもあった。 ただ、これは使っている本人でも比較的気づきやすい。 ネットワークが遮断されるので何もできなくなるからだ。 おやすみモードは操作そのものには影響がないため、本人は気づかない事がある。 おやすみモード時は画面右上に『三ヶ月アイコン』 ちなみに画面上のアイコンでも確認する事はできる。 おやすみモードの設定項目 おやすみモードはiOS 6の頃に搭載された機能で、 任意の時間(デフォルトは22:00〜7:00)の間、着信と通知をOFFにする という機能。 その名の通り、 就寝中の着信音で起こされるという状況を防止する機能といえる。 疲れて寝ている時に、友達からのどうでもいい電話でたたき起こされてキレた なんて経験1度はあると思う。 そういう時に設定しておくと便利な機能だ。 指定したグループだけ着信を許可できる ただ、家族や会社からの緊急連絡も着信しなくなるのは困ると思うので、• すべての人• だれも許可しない• よく使う項目(電話アプリ上の設定)• 任意のグループ から設定が可能となっているので、 緊急連絡を受けたい場合は、その相手の専用のグループに設定するか、よく使う項目に設定すればよい。 おやすみモード設定中の着信動作 また、おやすみモード設定中に着信した場合どのように動くのかも気になると思う。 まず、おやすみモードを設定したスマホ側の動作。 シーン 着信音 通知 『許可していない』相手からの着信 鳴らない 残る 『許可している』相手からの着信 鳴る 残る メールやLINEの着信 鳴る 残る アラーム 鳴る — 要するに 許可していない相手からの『電話着信のみ鳴らない』という動きになる。 そして、おやすみモードが設定されたスマホに電話をかけた人だが、 シーン 挙動 『許可されていない』人への電話 「プー、プー」と鳴って繋がらない 『許可されている』人への電話 通常通り呼び出し音が鳴る という動きになる。 ドライブモードのように「運転中です」とは案内してくれず、無慈悲に切断されるため、 かけた側にはどうして繋がらないのかわからないというのが少し使いづらい。 そういう人がどうしても困った時どうするかと言えば、• もう一度かける• LINEなど別の手段で連絡する の二択で、前者は設定によって一定期間で2度の着信があった場合、通常着信できてしまうし、 メールやLINEはおやすみモードの制御外なので、結局なんらかの形で着信することになる気はする、、、 そういう意味でちょっと微妙な機能だ。 終わりに 電話が鳴らない と言われて、その原因としてよくある事例を紹介した。 スマホを普通に使っている方には当たり前の話だとは思うが、世の中はそんな人ばかりじゃない。 困った人はもちろんだが、そういう相談を受ける人にとっても チェックリスト的に役に立てばと思う。

次の

Androidのアップデートをしたら、着信音や目覚まし機能の音が小さくな

スマホ 着信 音 ならない

Gmailの着信音が鳴らない… ・Gmailの着信音が鳴らないけど・・・ ・通知バーにはちゃんと表示されるのになんで? ・設定したら着信音を鳴らすことはできるの? と、お悩みではないですか? ドコモのスマホ android を使っているのですが、最近めっきりドコモのメールサービスを使わなくなり、いまや、Gmailをメインで使っている管理人です。 私のスマホでもGmailの初期設定では着信音は鳴らない設定になっていました。 通知バーに受信の案内は出るのですが… 「 これだとちょっと不便!」 ということで、Gmailの設定を変更したら、ちゃんとGmailの受信時に着信音を鳴らすことができましたよ~。 ということで本日は、Gmailの着信音を鳴らす設定方法を画像でわかりやすく紹介していきますね。 Gmailの着信音を鳴らす設定方法 android Gmailの着信音を鳴らす設定ですが、とても簡単!5分もかからないですよ~。 ということで、さっそく紹介していきますね。 まず最初にGmailのアプリを開くと、このような画面になっていると思います。 メインの左側にある三本の横線をタップすると、左側からアカウント名がでてきて、その下に色々なメニューが出てきますね。 そのメニューを下にスライドさせていくと、かなり下の方に「 設定」と表示されていますので、その部分をタップしてください。 そうすると、Gmailアプリで使っているアカウントが出てきます。 私の場合、2つのアカウントでGmailを使っていますね。 設定したいアカウントを選んでタップしてください。 そうすると、アカウントの設定画面が表示されます。 その中の「 通知」という部分にチェックが入っているかどうか確認してください。 チェックが入っていないのであればチェックを入れ、その下の「 受信トレイの通知」という部分をタップしてください。 そうすると次に「受信トレイの通知」と出てきます。 ・ラベル通知 ・音 ・バイブレーション ・新着メールごとに通知する とありますので、この中の「 新着メールごとに通知する」をタップしてチェックを入れましょう。 これで設定完了です! Gmailに着信があるたびに、メールの受信を音やバイブレーションで知らせてくれますよ。 それでも着信音が鳴らない場合 ちゃんと設定したけれど、それでも着信音が鳴らない…なんて場合は、• Gmailが同期していない• スマホがマナーモードなどになっている• 本体の音量が0になっている• 節約モード アプリ で音が鳴らない設定になっている といったことが考えられます。 わかりやすく説明すると、 まず、「 Gmailが同期していない」ですが… これは私のスマホの場合、電池が20%以下になると節電モードになって自動的に同期が切れてしまい、メールをリアルタイムで受信できなくなってしまいます。 問い合わせしないと新着メールがあるかどうかわからない状態 こういった感じで、いろいろな理由でGmailアプリと同期できていないのであれば、リアルタイムでメールを受信することはできませんのでまずは「同期しているかどうか?」の確認をしてみてください。 次に、「 マナーモードなどになっている」ですが… これがスマホあるあるですね!気がついたらマナーモードになっている、なんてことを経験したのは、私だけではないはず。 うっかりミスでスマホに触ってていたみたいでマナーモードになっていることも考えられますので、確認してください。 そして「 本体の着信音が0になっている」ですが… これまたスマホあるあるですね!この場合は他の通知の音も鳴らないので、「あれ?おかしいな?」とすぐに分かると思います。 最後に、「 節約モードや節約アプリ」ですが… これは先程書いたように、アカウントの同期が切れてしまったり、または、音がならなかったりと、スマホのメーカーやアプリの種類によって、いろいろな方法で電池を長持ちさせる工夫をしています。 その結果、アカウントの同期が切れてしまったり、着信音が鳴らなくなってしまったりといった症状が出ますので、同じように確認してみてくださいね。 まとめ いかがでしたか? 長くなってしまいましたので、要点をまとめてみますね。 メインの左側にある三本の横線をタップ• 「設定」をタップ• アカウントを選んでタップ• 「通知」にチェックを入れる• 「受信トレイの通知」をタップ• 「新着メールごとに通知する」をタップしてチェックを入れる と、たった6手順で5分もかからないと思います。 そんなに難しくはないですので、チャレンジしてみてください! 本日の記事は以上です。 最後までお付き合いただき、ありがとうございます。

次の