ゆい か 漢字。 男の子の名前で「ゆいと」漢字174選と由来のヒント

女の子の名前で「ゆい」!漢字と由来のセット111!

ゆい か 漢字

名前 2019. どんな漢字がいいか、どんな意味があるのか気になりますよね。 今回はそんな「ゆいと」と読む男の子の名前を一挙に紹介していきます。 名前のランキングや由来、イメージ別の漢字一覧まで豊富に紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 「ゆいと」と読む男の子の名前について!漢字一覧も 「ゆいと」という名前のイメージ 「ゆいと」と読む名前にどのようなイメージを抱くでしょうか?男の子の名付けランキングでは上位に入るほどの人気がある「ゆいと」ですが、かわいらしいイメージの中にも男らしさがある中性的な名前だといえるのではないでしょうか。 漢字によっても意味や個性が変わってきますが、優しさが感じられる名前の1つですよね。 「ゆいと」と読む漢字!ランキングTOP10 まずは「ゆいと」と読む漢字のランキングを見ていきましょう。 男の子の名前によく使われる漢字もたくさん登場します。 人気の漢字や組み合わせから、自分の赤ちゃんにぴったりな名前を見つけてみるのもいいかもしれません。 「ゆいと」と読む男の子の名前によく使われる漢字ランキング• 第1位:結斗 広い心を持ち人との繋がりを大切にする人に• 第2位:結人 優しく思いやりがあり人望の厚い人に• 第3位:結翔 大空に羽ばたき成功を収められるように• 第4位:唯斗 素直で星のように輝く人に• 第5位:結仁 仁徳があり気遣いができる人に• 第6位:惟斗 思慮深く壮大な心を持つ人に• 第7位:唯人 立派で唯一無二な存在に• 第8位:唯都 のびのびと育ち統率力のある人に• 第9位:結大 努力家で優れた才能を持つ人に• 第10位:結士 優しく凛々しい人に 「ゆいと」と読む男の子の名前ランキングを紹介しましたが、実は赤ちゃんの名付けは生まれた月をイメージすることもあるのです。 もうすぐ訪れる7月にぴったりな名前の記事もぜひ見てみてくださいね。 「結」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前 「結」の由来・意味・イメージは? 「結」の由来は、「糸」の象形と固く引き締めるという意味の「吉」が組み合わさってできた漢字です。 「吉」はもともと祈りの言葉を言う様子からできた文字なので、めでたいという意味がありました。 ただ、今回は糸を繋ぎ合わせることを意味します。 縁結びなどの言葉も、この意味からできたのかもしれませんね。 そしてその由来から、「結」には人との繋がりをイメージすることもできますよね。 約束を守る・友情を大切にするなど、人として立派なイメージがある漢字の1つだといえます。 「結」を名前につける(名付け)時の願い・思いは? 「結」を名付けに使う時は、その由来通り「人との結びつきを大切にしてほしい」と願いが込められます。 ほかにも「努力が実を結び成功を収めてほしい・優しく思いやりのある子に育ってほしい」など、「結」らしい意味も込められるでしょう。 「結」が女の子らしいイメージなので、かわいらしさを求めた名付けにも使えます。 「結」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字一覧|20選 「結」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして20個紹介します。 女の子の名付けに使うイメージがある「結」ですが、組み合わせる漢字によっては男の子らしくも変化するのです。 「ゆい」と読む漢字の中で1番メジャーで、男女共通で使えるところが最大の強みです。 かなり親しみのある漢字だといえますね。 「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字一覧|「結」 結冬 結十 結友 結叶 結弦 結杜 結登 結絃 結虎 結飛 結音 結兎 結渡 結依斗 結維斗 結衣翔 結唯人 結偉登 結依人 結惟斗 「唯」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前 「唯」の由来・意味・イメージは? 「唯」の由来は、「口」の象形と鳥を意味する「隹」の象形を組み合わせてできた漢字です。 この象形は鳥が即座に返事をしている擬声語であり、返事の声を意味しています。 意外にも、唯一無二に使われているような由来ではないことがよく分かりますよね。 由来からみなさんが思っているイメージは少し違うかもしれません。 唯一無二の存在・大切などのイメージの方が大半でしょう。 ただ、その由来から素直・実直など真っ直ぐなイメージを感じることもできます。 「唯」を名前につける(名付け)時の願い・思いは? 「唯」を名付けに使う時は、みなさんのイメージ通り「唯一無二の存在になってほしい・誰かの大切な人になってほしい」と願いを込めるでしょう。 ほかにも「素直にのびのびと育ってほしい・受け答えがしっかりできるようになってほしい」など、漢字の由来からイメージした意味を込めてもいいかもしれません。 「唯」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字一覧|20選 「唯」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして20個紹介します。 「ゆい」とも「い」とも読める「唯」は使い勝手が良く、アレンジもしやすい漢字だといえるでしょう。 2文字でも3文字でもバランスがいい名前にしてくれますよ。 さらに、漢字のへんとつくりがすっきりとしていて爽やかですよね。 「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字一覧|「唯」 唯仁 唯兎 唯冬 唯友 唯叶 唯登 唯都 唯杜 唯翔 唯飛 唯透 唯絃 唯虎 唯弦 唯渡 夕唯斗 勇唯翔 悠唯人 佑唯登 侑唯飛 「惟」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前 「惟」の由来・意味・イメージは? 「惟」は、「心」の象形と鳥を意味する「隹」の象形を組み合わせてできた漢字です。 この象形は本来は小鳥を表していますが、だんだんと意味が変わって「維」と同等の意味を持つようになりました。 「維」には繋ぐや思うなどの意味があります。 似たような漢字の意味に寄ってしまうこともしばしばあるのです。 「惟」の意味としては、心に繋ぎとめておく・よく考えるなどが挙げられるでしょう。 「唯」と漢字も似ているので素直なイメージや、加えて知的なイメージも感じられます。 漢字自体もどっしりと構えているように見えるので、力強いイメージもあるのではないでしょうか。 「惟」を名前につける(名付け)時の願い・思いは? 「惟」を名付けに使う時は、「思慮深い人になってほしい・人を思いやれる人になってほしい」と願いを込められます。 芯の強さを感じられるイメージから「自分の考えを持って行動できる人になってほしい」と意味を込める方も多いかもしれません。 男の子らしさを意識して、かっこいい名付けにするなら断然「惟」ですよね。 「惟」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字一覧|20選 「惟」を使った「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字を一覧にして20個紹介します。 普段はあまり目にすることのない「惟」ですが、漢字の意味や由来を知ると名付けに活用したくなってしまいますよね。 どことなく男の子らしい雰囲気も感じられる漢字で、かっこいい名前にぴったりな漢字なのではないでしょうか。 「ゆいと」と読む男の子の名前・漢字一覧|「惟」 惟人 惟翔 惟仁 惟大 惟士 惟都 惟疾 惟兎 惟杜 惟登 惟飛 惟透 惟音 悠惟斗 優惟人 友惟翔 佑惟飛 結惟斗 勇惟人 雄惟登 元気なイメージ・印象のする「ゆいと」と読む男の子の名前 元気なイメージ・印象を与える漢字は? 元気なイメージ・印象を与える漢字1つ目は「翔」です。 男の子の名付けでは「しょう」という読み方で使われることが多いですが、「と」の読み方も有名ですよね。 自由にのびのびと大空に羽ばたくイメージのある「翔」に元気な印象を抱く方も多いようです。 漢字の画数は多いですが、男の子らしいかっこいい名付けになります。 元気なイメージ・印象を与える漢字2つ目は「飛」です。 男の子の名付けでは「ひ」の読み方のほうが多い気もしますが、飛ぶという言葉から「と」の読み方も人気を博しています。 飛躍ともいうように、輝く未来へ自由自在に飛び回るイメージからアグレッシブな印象を抱く方も多いでしょう。 活発で明るいイメージがありますね。 元気なイメージ・印象を与える漢字3つ目は「跳」です。 男の子の名付けに使われていることはあまり見かけませんが、実は素敵な意味を持つ漢字だといえます。 跳ぶとも書くように「と」の読み方は困難ではないでしょう。 跳躍のイメージから、行動的でエネルギッシュな印象を抱けます。 個性的な名前にはもってこいの漢字です。 元気なイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字一覧|45選 「翔」を使った元気なイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字を一覧にして15個紹介します。 男の子の名付けに人気な「翔」なので使いやすいのではないでしょうか。 最近では1文字で使うのではなく、ほかの漢字と組み合わせることも多いのです。 多少漢字の画数は多いですが、かっこいいイメージの名前にぴったりですよ。 元気なイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字一覧|「跳」 結跳 唯跳 惟跳 祐衣跳 弓李跳 柚伊跳 遊維跳 悠唯跳 優依跳 夕衣跳 友惟跳 勇偉跳 佑唯跳 憂伊跳 侑李跳 知的なイメージ・印象のする「ゆいと」と読む男の子の名前 知的なイメージ・印象を与える漢字は? 知的なイメージ・印象を与える漢字1つ目は「由」です。 「結・唯・惟」以外に「ゆい」と読むことができる貴重な漢字です。 漢字の画数が少ないので簡素にも感じますが、由緒正しいなどのイメージから知的な印象を抱く方も多いでしょう。 誰かのお手本となるような立派な人にと願いを込めてもいいかもしれませんね。 知的なイメージ・印象を与える漢字2つ目は「優」です。 優しいなどのイメージがある漢字ですが、優秀という言葉から知的な印象を抱けます。 「ゆう」という読み方から派生して「ゆ」の読み方も定着しつつあるので、「ゆいと」と読む名前に使いやすいのも特徴でしょう。 もちろん知的以外にも優しい印象が与えられます。 知的なイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字一覧|30選 「由」を使った知的なイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字を一覧にして15個紹介します。 左右対称で書きやすい漢字だからこそ、組み合わせる漢字のバリエーションが増えるのも特徴ですよね。 ただ、2文字の名前にすると「ゆうと」と読まれてしまうこともあるので注意しましょう。 3文字だと分かりやすいですよね。 知的なイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字一覧|「優」 優李斗 優衣翔 優依人 優維飛 優唯斗 優惟登 優維兎 優以透 優伊都 優斐杜 優依斗 優唯冬 優偉人 優五翔 優李桃 力強いイメージ・印象のする「ゆいと」と読む男の子の名前 力強いイメージ・印象を与える漢字は? 力強いイメージ・印象を与える漢字1つ目は「糸」です。 「いと」と読む漢字は少ないので、「ゆいと」と読む名前に活用すると新鮮な雰囲気になります。 「糸」は昔から人々を支え、強い繊維や布を作ってきました。 そのイメージから力強い印象を抱くのでしょう。 織り重なる「糸」は繋がりの強ささえも感じられますよね。 力強いイメージ・印象を与える漢字2つ目は「弦」です。 「げん・つる」という読み方がメジャーではありますが、「いと」と読むこともできるのです。 弓に使われる糸は力強く、楽器に使われる糸はしなやかな強さを感じるでしょう。 そのイメージから男の子らしい強さの印象を与えられます。 難しい読み方ですが素敵な漢字です。 力強いイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字一覧|30選 「糸」を使った力強いイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字を一覧にして15個紹介します。 「糸」も名前に使われる印象はあまりありませんが、画数の多い漢字と組み合わせてもバランスを取ってくれる漢字です。 どんなに強い布も「糸」からできているので、原点を忘れないという点で素晴らしい印象を受けますよね。 力強いイメージのする「ゆいと」と読む名前・漢字一覧|「弦」 由弦 柚弦 遊弦 悠弦 祐弦 優弦 勇弦 友弦 夕弦 裕弦 雄弦 憂弦 侑弦 惟弦 佑弦 音楽のイメージ・印象がある「ゆいと」と読む男の子の名前 音楽のイメージ・印象を与える漢字は? 音楽のイメージ・印象を与える漢字1つ目は「音」です。 まさに音楽をイメージさせる漢字で、「と」の読み方も難しくはないですよね。 音色や音符などの言葉から、センスに溢れている印象すら受けてしまいます。 音楽だけでなく、様々な面で才能を発揮できるような素敵な人になってほしいと願いを込めてもいいかもしれません。 音楽のイメージ・印象を与える漢字2つ目は「絃」です。 力強さのイメージで紹介した「糸・弦」と似ていますが、「絃」は弦楽器の総称であるので音楽のイメージのほうが強いことでしょう。 音楽の才能に長けた人になってほしいと願いを込めると素敵です。 漢字のバランスも良く、書きやすいのも特徴といえるでしょう。 音楽のイメージがある「ゆいと」と読む名前・漢字一覧|25選 「音」を使った音楽のイメージがある「ゆいと」と読む名前・漢字を一覧にして10個紹介します。 まさに音楽そのものをイメージできる「音」なので、芸術的センスや才能を感じられる名前になるでしょう。 そのイメージだけでなく、左右対称ですっきりとした字体が親しみやすく感じる方も多いのではないでしょうか。 「ゆ」と読める漢字ではありますが、そもそも名付け例も少ないので注意してください。 加えて、へんがさんずいで水を連想させるのでイメージがよくない可能性もあります。 水に流されるなどの印象がある方が多いようです。 「ゆいと」の「いと」の部分で使うことができ、「悠愛」などのように活用できるでしょう。 ただ、「ゆあ」と読まれてしまったり明らかに女の子らしい名前になってしまうので注意が必要です。 「ゆいと」と読む名前は男の子にぴったりな素敵な名前! 「ゆいと」と読む名前は中性的でありながらも、男の子らしさがあるのでとても素敵な名前ですよね。 これから生まれてくる赤ちゃんにワクワクしているパパママもたくさんいることでしょう。 赤ちゃんの名前は親からの最初のプレゼントなので、ぜひ本記事を参考に素敵な名前をプレゼントしてあげてくださいね。 本記事以外にも赤ちゃんの名付けに関する記事はたくさんあります。 9月生まれの赤ちゃんにぴったりな名前を紹介していますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

次の

女の子の名前「ゆい」の人気の漢字と名づけ由来エピソード

ゆい か 漢字

『癒』は本来、病気を治すことを意味する漢字です。 人の雰囲気を例えるときに「癒し系」という言葉が使われるようになったことにその由来がありそうですね。 心をリラックスさせる、雰囲気がほんわかとしている、そのような女の子を想像して使うことができるでしょう。 『佑』と『祐』、そして『祐』の旧字体である『祐』。 いずれも「右」が含まれています。 『佑』は「人」を助ける、支えになるという意味があり、 自分が相手を思いやって力を発揮するというイメージがぴったりかもしれません。 『祐(祐)』は、自らというよりも天からの助けを意味して成り立ち、 神の力によって助けられるという受け身型の意味があるようです。 どちらも素敵な漢字なので、名付けにおいては大変人気があります。 人を助けられる思いやりにあふれた子に、常に人からの愛に感謝しながら生きてほしい…このように、立場的に微妙な違いはあるものの、平和で穏やかな人生になりそうな予感をさせてくれる漢字であることは間違いありません。 男女ともに人気の高い『悠』。 「悠久・悠長・悠々」などの言葉の意味通り、 広くゆったりとした様子を表す漢字です。 距離や空間がはるか遠く長いことや、気持ちがゆったりとしていることを表して使われます。 成り立ちを調べると、人の背中に水をかけて清めることだそうです。 心が透き通るような、美しささえ感じられる素敵な漢字であることがわかります。 心に余裕を持ってゆったりと生きてほしい、清らかな心で自分自身を見つめながら自信を持って生きてほしい、そのような願いを込めてみてはいかがでしょう。 『裕』の字は、「ゆう・ひろ・ゆたか・ひろし」など、男女ともに名付においては定番的な人気を誇る漢字です。 元々は衣類がたくさんある様子、衣服と体との間にゆとりがある様子を表す漢字でしたが、そこから転じて 「心の豊かさ・気持ちのゆとり」を意味するようになりました。 物が充分にあることは確かに豊かで幸せなことです。 さらに、心が広くゆったりとしていることで、小さな幸せをも感じることができ、人生がより豊かになるような気がしますね。 のんびりと大らかであるがゆえに得られる幸せ、それを つかみ取れるような強さをも秘めた漢字であるように思われます。 神の霊が宿った旗を手にし、威力に守られながら歩んでいく、その姿が形になったと言われています。 遊ぶことは人が生きるためにとても大切なこと。 昔から人々は、四季の移り変わりを和歌に詠んだり、野山の草花を摘んで花飾りを作ったり、様々な場面で遊ぶことを楽しんできました。 今の時代、遊びは何となく堕落しているようなイメージを持たれる方もいるようです。 しかし、つまりは 「心の栄養補給」。 柔軟な心があるからこそできるのが遊び。 そう考えると、名付けにも素敵な由来を持って使うことができそうです。 『湧』の字は訓読みで「わ(く)」。 ここでは、人名読みの「ゆ」を用いてご紹介しました。 この漢字は、地中から水があふれ出る様子から生まれたもので、その成り立ち通り、水が出ることを意味します。 さらに転じて、物事が盛んに起きることをも意味します。 元気がいっぱいで活き活きとしている、そのような女の子を想像させてくれます。 明るく元気で周囲を楽しくさせる雰囲気の子になってほしい、物事を良い方向に進める活力に溢れた子に!などの由来を添えてみてはいかがでしょう。 甘酸っぱい果実をつける『柚』。 柚は肌の保湿効果を高める作用があり、また 豊かな香りには心をリラックスさせる効果もあります。 『菜』の字は、「ゆいな」の止め字として定番的に使われる漢字です。 「ゆいな」以外でも、女の子の名前を代表する止め字と言っても良いかもしれません。 葉や茎などの菜っ葉を表します。 転じておかず、料理などを意味しても使われます。 この漢字の魅力は、何といっても青々とした植物の成長が真っ先に想像できること。 春や夏にかけてグングンと成長する植物になぞらえ、 生命力にあふれた女の子になりますようにと願いを込めることができます。 また、春に真っ黄色の花を一面に咲かせる菜の花畑をイメージさせる漢字でもありますね。 ひとつひとつは小さく可愛らしい花ですが、一面に広がる菜の花畑からは、小さく可愛らしいというより、 パワーに溢れた強さ、明るく元気で逞しい様子が想像できます。 「明るさ」や「快活」という花言葉も、由来に結びつけることができるでしょう。 この『稲』は左右に分解でき、左側の「禾」は穂先を垂れ下げた穀物の姿を、右側の「舀」はその実を碓の中に入れて杵でつき脱穀する様子を表しています。 つまり『稲』は、畑で成長する穀物を表すだけでなく、その実を刈り取って米粒にするまでの作業全体の様子から成り立つ漢字なのです。 どこか、人の人生そのものを映し出したような、そんな魅力を感じる素敵な漢字ですね。 黄金色に輝く稲穂を想像しながら、 キラキラと輝く人生になりますように、すくすくと成長しますようにと由来付けることもできますし、 人生にあるひとつひとつの出来事としっかり向き合いながら地道に生きてほしいのような願いを込めることもできそうです。 『海』は人名読みの「うな」から「な」に当てて使いご紹介しました。 たくさんの水が集まった場所、海。 この漢字は海そのものを表すだけでなく、 広くて大きいもの、人や物が集まる場所という意味があります。 活力や生命力に溢れた元気な様子をイメージして使うことができるでしょう。 また、波が穏やかに静まった夕方の海を想像すると、また違う印象の由来を結び付けることもできますね。 ひとことに海と言っても、その姿は時間帯や季節によって様々変わります。 変化に富んだ楽しい人生になりますようにと願いを込めたり、 臨機応変に対応できる賢い人になりますようにという思いで使うこともできそうです。 そんな海の中でも、波が静まり穏やかな海面を表した漢字が『凪』。 おしゃれな字面の雰囲気から人気もあり、現代的な印象を与える名前にぴったりです。 「ゆいな」の響きではちょっぴり想像がつかない漢字かもしれません。 個性的な名前にしたい方にはおすすめです。 「凪」とは反対に、海面が常に動いている状態を表す漢字が『波』。 サンズイが入るので瑞々しく、元気なイメージで使うことができます。 人生に起きる様々な出来事を想像しながら、 たくさんの経験を積んでほしい、絶えず努力を重ねられる気持ちの強い子に、のような願いを込める名前も良いでしょう。 『由』の字には、「ゆ」と「ゆい」両方の読みがあるため、漢字2文字・3文字どちらの名前にも使うことができます。 その形を見ると、中央が突起していますね。 これは、ひょうたんのような先細った器を表し、中身を取り出すために通る道が細く難しいことを表しています。 ただ何となく通り過ぎたり回避するのではなく、 必要な場所では必ず立ち止まりながらしっかりと考える、そんな 賢さと心の強さが伺えます。 物事の根本を忘れずに立ち止まりながらよく考えて成長できる実直な人になってほしい、そのような願いを込めてみてはいかがでしょう。 『結』の字は、「ゆ・ゆい・ゆう」などの読みで、特に女の子の名前において高い人気を得続けている漢字です。 訓読みに「むす(ぶ)」があり、縁を結ぶ・実を結ぶという意味で非常に前向きな由来を持たせやすいという魅力があります。 左側の「糸」は女性らしさが溢れており、右側の「吉」は幸先の良さを想像させてくれますね。 この「吉」の部分は、良い事を表すというイメージが強くあると思いますが、成り立ちは、糸や縄など細い物をしっかりと固く引き締めたり、繋ぎ合わせたりする様子にあります。 ただ訪れる幸せに乗るのではなく、 自分の手でつかみ取る幸運や良縁、そのようなイメージで使うと良いでしょう。 『絆』もまた、現代的でおしゃれながら素敵な意味を持つ漢字です。 「結」と同じく、左側は「糸」。 しっかりと結ぶ、引き締めるという意味を持ちます。 この漢字の場合、成り立ちは牛や馬など、動物の足を縄で縛り止める様子です。 そこから、動物だけでなく人との縁を強く結ぶという意味で使われるようになりました。 現在は後者の意味の方が強くなっているかもしれません。 そこには、 家族や仲間との絆を強く結び、良き人間関係を大切に育もうという思いが込められています。 自分のことだけを考えるのではなく、相手のためを思って考えたり行動するためには、心の強さがなくてはなりません。 また、人と人との絆があってこそ、人は自分自信を成長させ、強く逞しく生きて行けるのではないでしょうか。 そのような気持ちでこの漢字をご紹介させていただきました。 『喩』の字は、例を用いて物事を理解させることを意味する漢字です。 「比喩」という言葉から想像できるでしょうか。 言い換えると、諭し教えるために上手に説明すること。 相手にわかりやすく物事を伝える、 賢く伝えるそのようなニュアンスで用いると良いかと思います。 この漢字には、他に喜ぶ・和らぐという意味もあります。 愉快の「愉」に通じて生まれた意味のようですが、物事を理解できたときの喜び、納得して得られるすっきりとした気持ちを想像できますね。 そのために 力を発揮できるような、賢く知的な子に成長してくれることを願って使ってみてはいかがでしょう。 似ている漢字である『諭』もまた、言い聞かせる・教える・理解するのような賢く優秀である意味を持つ漢字です。 『喩』が例をあげながらわかりやすく噛み砕くように説明するのに対し、『諭』は正しく的確な言葉を用いて説明するという感じでしょうか。 少し難しい印象を受けますが、それゆえに豊富な智恵がたくさんあるようなイメージで使うことができそうです。 音読みに「ゆい」を持つ『惟』の字は、尾のふくよかな鳥の姿が形になった漢字です。 そこに心を意味する「忄」を付けて、心の中をよく思い考えるという意味を持つようになりました。 相手の心の内にまで目を向けて、よく考えながら行動できる子にと願いを込めることができるでしょう。 「ゆいな」に使える漢字を、イメージごとにまとめてご紹介しました。 人気の高い響きでも、そこに込められる想いは様々。 オリジナリティあふれる由来を添えて、素敵な漢字を選んであげてくださいね! お子様の名前は世界にたったひとつ。 愛情に包まれた素敵な名前となりますように。 [co-9].

次の

男の子の名前で「ゆいと」と読む漢字TOP120|漢字の由来・意味も

ゆい か 漢字

「ゆい」という響きは呼びやすく、赤ちゃんも覚えやすい名前です。 また、「唯」で「ゆい」以外の読み方はあまりないため、読み間違えられることもないでしょう。 「衣」は、衣服が人を包み込む様子から「やわらかい・おおらか」なイメージを受けます。 「唯」と組み合わせて「かけがえのない、おおらかな人になるように」と想いを込めることができます。 「実りのある人生を送ってほしい」と名付けることができます。 大人になっても、女性らしい印象です。 「愛」を「まな」と読むのも最近では広がりつつある読み方です。 「唯」と組み合わせて、由来や想いを込めることができます。 花の可愛らしいイメージのまま、「唯」との組み合わせが素敵な名前です。 「優」や「悠」など、一文字もいいですが、二文字で「ゆう」と読むのも素敵です。 「愛」はわが子を愛する気持ちをストレートに表現できる漢字でもあります。 「豊かで実りのある人生になるように」という想いを込めることができます。 「唯」と組み合わせやすい漢字の一つです。 赤ちゃんが夏に生まれたら、名付け候補に入れてみてはいかがでしょうか。 読み違いがなさそうです。 字画数が気になる場合は「由唯花」も素敵です。 「子」がつく名前は、最近になってまた人気がでているようです。 「優しく実りのある人生にし、かけがえのない存在になるよう」と、盛りだくさんの想いを込めることができます。 「唯」の漢字とも合っていてバランスが良いですね。 「乃」は「和風」のイメージをもちます。 「唯」と組み合わせることで名前が引き締まり、凛とした雰囲気になります。 「みんなに愛される子になってほしい」という想いを込めることができます。

次の