ケフラ。 カウラナエンターテイメント » フラダンス・ウクレレ教室 Ka Moku ‘Opio O Ka Lani » About us

カウラナエンターテイメント » フラダンス・ウクレレ教室 Ka Moku ‘Opio O Ka Lani » About us

ケフラ

概要 CV:& TVアニメ『』に登場するの女性とがフワので合体した姿。 の力の大会にて登場。 結った後ろ髪やトップス、両手首のブレスレットはケール、四方に飛び散った前髪や顔つきの大部分はカリフラの要素が強く受け継がれている。 ズボンはケールの黒のスパッツとカリフラの紫色のボンタンズボンを合わせた紫色のスパッツを着用し、靴もケールの黄色いブーツとカリフラの黒いシューズが交わったものになっている。 性格面は今までの融合戦士達と同じく高めのテンションで、元のカリフラの性格に近い。 合体の経緯は力の大会内でに変身した悟空相手に追い詰められていた二人が、大会前にから最後の手段として手渡されていたフワのポタラを使用した事で誕生した。 ちなみに『超』の中では、に続く三人目のポタラ合体で生まれた戦士であり、また女性キャラ同士がポタラを使用するのは原作やゲームを含めても初のケースである。 戦闘力 ポタラの効果により非常に高い戦闘力を誇り、ノーマル時でのを圧倒している。 その余りにも大きな気は悟空でも上限を読むことが出来ず、もその戦闘力に大きさに驚いている。 本人曰く「体の奥底から無限に力が湧き上がってくる。 」 に変身すると肉体の大きさはそのままで黄緑色の髪と筋肉質な体型へと変化し、カリフラのとケールのが混ざったかの様なこれまでの超サイヤ人にはない特殊な変身となっている。 その戦闘力は通常の超サイヤ人の状態での悟空とほぼ互角の実力で、の悟空相手には苦戦する場面も見られたが急所である首筋を狙う事でダウンを奪っている。 またサイヤ人の中でも特に成長が早かった2人が融合した事で、より成長性が増し、に覚醒した悟空との戦いではお互いに相手の強さに刺激され、の状態で「先程までだったら孫を超えているかもしれん」とピッコロに言わしめるレベルにまで力を上げていた。 気の色は黄緑色で、エネルギー弾は黄緑色や赤色など2人それぞれの気の色のものを使用する。 必殺技は上記の二色が螺旋状に交わったエネルギー波や、水圧カッターの様な気を何本も放出しそれで相手を追い込む技がある。 ゲームでの活躍 アニメに初登場してから僅か4日で参戦。 レアリティは最高のシークレット。 CAAの「合体のカウンターラッシュ」はパーフェクトラッシュ時に攻撃した敵のパワーとガードを3000ダウンさせる。 通常アビリティの「第6宇宙の合体戦士」は、ラウンド終了時自分の気力回復時、ヒーローエナジーを1個増やす。 魔人形態のアビリティの単独版だが、相手チームに悟空が居れば効果がアップする。 また、同年のVジャンプの付録でケールのCAAが合体になっており、合体するにはカリフラが必要になるので、ロボアプリの召喚アプリでカリフラを使うのがいいだろう。 ピックアップガシャに『超サイヤ人ケフラ』として登場。 その後は恒常でレアガシャから排出される体属性SSRとして実装。 リーダーとして編成すると発動する リーダースキルは「ポタラカテゴリ ベジットや界王神、ゴクウブラックなどポタラを身につけているキャラクター の気力とステータスを超大幅上昇させる」というもの。 3周年記念フェスガシャから排出されるLRが出るまでは同カテゴリリーダーは唯一無二だった。 中確率で攻撃を回避、必ず追加攻撃して中確率で必殺技に変化」というもの。 攻撃前に取得する気玉は属性に合ったものを取得すると必殺技を撃つために必要な気力メーターを通常の2倍上昇させるため、自らの体属性用気玉を生成しつつそれを取得することで強化できるスキルと、攻撃を回避し追加攻撃という強力な複合スキル。 性能としてはHPが低めだがATKとDEFは高く、限定ガシャであるフェス限定の戦士で無いながらもそれに準ずる強さを持った強力な戦士。

次の

【ドッカンバトル】『限界を突破した高み』ケフラ[超力]の性能と評価

ケフラ

概要 CV:& TVアニメ『』に登場するの女性とがフワので合体した姿。 の力の大会にて登場。 結った後ろ髪やトップス、両手首のブレスレットはケール、四方に飛び散った前髪や顔つきの大部分はカリフラの要素が強く受け継がれている。 ズボンはケールの黒のスパッツとカリフラの紫色のボンタンズボンを合わせた紫色のスパッツを着用し、靴もケールの黄色いブーツとカリフラの黒いシューズが交わったものになっている。 性格面は今までの融合戦士達と同じく高めのテンションで、元のカリフラの性格に近い。 合体の経緯は力の大会内でに変身した悟空相手に追い詰められていた二人が、大会前にから最後の手段として手渡されていたフワのポタラを使用した事で誕生した。 ちなみに『超』の中では、に続く三人目のポタラ合体で生まれた戦士であり、また女性キャラ同士がポタラを使用するのは原作やゲームを含めても初のケースである。 戦闘力 ポタラの効果により非常に高い戦闘力を誇り、ノーマル時でのを圧倒している。 その余りにも大きな気は悟空でも上限を読むことが出来ず、もその戦闘力に大きさに驚いている。 本人曰く「体の奥底から無限に力が湧き上がってくる。 」 に変身すると肉体の大きさはそのままで黄緑色の髪と筋肉質な体型へと変化し、カリフラのとケールのが混ざったかの様なこれまでの超サイヤ人にはない特殊な変身となっている。 その戦闘力は通常の超サイヤ人の状態での悟空とほぼ互角の実力で、の悟空相手には苦戦する場面も見られたが急所である首筋を狙う事でダウンを奪っている。 またサイヤ人の中でも特に成長が早かった2人が融合した事で、より成長性が増し、に覚醒した悟空との戦いではお互いに相手の強さに刺激され、の状態で「先程までだったら孫を超えているかもしれん」とピッコロに言わしめるレベルにまで力を上げていた。 気の色は黄緑色で、エネルギー弾は黄緑色や赤色など2人それぞれの気の色のものを使用する。 必殺技は上記の二色が螺旋状に交わったエネルギー波や、水圧カッターの様な気を何本も放出しそれで相手を追い込む技がある。 ゲームでの活躍 アニメに初登場してから僅か4日で参戦。 レアリティは最高のシークレット。 CAAの「合体のカウンターラッシュ」はパーフェクトラッシュ時に攻撃した敵のパワーとガードを3000ダウンさせる。 通常アビリティの「第6宇宙の合体戦士」は、ラウンド終了時自分の気力回復時、ヒーローエナジーを1個増やす。 魔人形態のアビリティの単独版だが、相手チームに悟空が居れば効果がアップする。 また、同年のVジャンプの付録でケールのCAAが合体になっており、合体するにはカリフラが必要になるので、ロボアプリの召喚アプリでカリフラを使うのがいいだろう。 ピックアップガシャに『超サイヤ人ケフラ』として登場。 その後は恒常でレアガシャから排出される体属性SSRとして実装。 リーダーとして編成すると発動する リーダースキルは「ポタラカテゴリ ベジットや界王神、ゴクウブラックなどポタラを身につけているキャラクター の気力とステータスを超大幅上昇させる」というもの。 3周年記念フェスガシャから排出されるLRが出るまでは同カテゴリリーダーは唯一無二だった。 中確率で攻撃を回避、必ず追加攻撃して中確率で必殺技に変化」というもの。 攻撃前に取得する気玉は属性に合ったものを取得すると必殺技を撃つために必要な気力メーターを通常の2倍上昇させるため、自らの体属性用気玉を生成しつつそれを取得することで強化できるスキルと、攻撃を回避し追加攻撃という強力な複合スキル。 性能としてはHPが低めだがATKとDEFは高く、限定ガシャであるフェス限定の戦士で無いながらもそれに準ずる強さを持った強力な戦士。

次の

カリフラ (かりふら)とは【ピクシブ百科事典】

ケフラ

概要 声: TVアニメ『』に登場するキャラクター。 から登場したの。 第6宇宙にある出身ので、サダラ防衛隊の元隊長の妹。 容姿は大きな黒目とボサボサな髪型が特徴的。 サイヤ人でありながら尻尾を持たない。 服装は赤紫のと紫色のズボンを着用している。 考えるより先に体が動く直線的な思考の持ち主であり好戦的である反面、それにより勘違いを時折起こしたり、女子らしくない罵声などを相手に浴びせることも数多くある。 戦闘面に関しては折り紙付きで兄レンソウをはるかに上回る高い潜在能力を持つ。 普段は惑星サダラの不良達のトップに立ち、舎弟達を男勝りな性格で仕切っている。 仲間思いな面を持ち、舎弟の一人に修行の一環とはいえ罵声を浴びせたに怒ったり、出会って間もないのピンチに駆けつけようとしている。 名前の由来は野菜の「」。 又は花芽部分を米状に摘んで集めた代用品『カリフラ』から 戦闘力 のサイヤ人達の中でもトップクラスの戦闘能力を持つ。 身体に眠る潜在能力もかなり高く、修行による成長スピードは非常に速い。 必殺技は片手から連続で放つ赤いエネルギー弾「クラッシュキャノン」。 またその他通常の気弾やエネルギー波も赤いものになっている。 初めはの存在を知らなかった為、変身出来なかったがに指導を受け、すぐに覚醒。 その際、従来の「怒り」による変身ではなくキャベが普段変身する際の「背中に気を集中させる」というコツを参考に覚醒し、そのポテンシャルの高さを披露した。 またがに覚醒し暴走した際には、超サイヤ人に覚醒したばかりにも関わらず、新たにへと覚醒している。 その戦闘力は初めてに覚醒した時点でキャベを倒せると自負するレベルでに変身した際には同じくに変身した悟空と互角の勝負を繰り広げている。 だがまだ戦闘経験がそこまで多くない為、テクニック面では同じ超サイヤ人2の悟空に劣る面がある。 なお超サイヤ人2については一度覚醒した後、コツを忘れ悟空にそれを教えてもらうまで再び変身する事は出来なかったが、その間にカリフラは悟空やトランクスがで数か月かかって開発した超サイヤ人第3段階への覚醒を一日足らずで遂げている。 流石にその弱点までは見抜けなかったようだが…。 その成長の速さには悟空も期待しており、すぐにへの変身も可能になるだろうと予測している。 活躍 第88話で初登場。 足を痛め、さらに防衛隊を辞め力が衰えている為、「力の大会」への誘いを断ったレンソウが自身の代わりとしてカリフラを連れて行く事を提案し、キャベからスカウトを受けることになる。 スカウトでは当初は興味がなく断ったがキャベが「」を披露しカリフラ自身も「更なる上」を目指せると言われ、興味を持つ。 そしての背中に力を入れるというコツを参考に軽々と超サイヤ人に覚醒すると、力の大会への出場を決意し、同時に妹分のケールも超サイヤ人化させ共に出場する事を決めた。 ケールへの特訓では「私なんか…」と悲観的になるケールを説得し、背中に気を集中させたり、キャベに軽い罵倒を浴びさせたりするが中々変身出来なかった。 しかしカリフラと親しくするキャベへの嫉妬や罵倒への怒り、そして自らの不甲斐なさで遂にケールが覚醒し、大幅にパワーアップしたその姿に喜んだ。 その後、ケールは暴走状態に陥りキャベを倒そうとするがカリフラは即座に超サイヤ人2に変身しキャベを救う。 そしてキャベにひっかからないと宣言し「流石はアタシの妹分だぜ!」とケールを褒めて、彼女の変身を解いた。 その後、キャベやなど第6宇宙の代表選手達と共に「力の大会」の開催場所である無の界へ出向く。 大会が始まる前にはのサイヤ人であるに握手を求められるが、全宇宙最強を決めに来たので馴れ合ってはいられないと拒否。 さらに第11宇宙のの面々が到着した際には、その中の一人「」の気に驚く悟空やに対して第7宇宙のサイヤ人も大したこと無いと吐き捨てた。 力の大会が始まるとケールと共に行動を取り、超サイヤ人に変身するコツが分からずの選手達に苦戦していたケールを助け出す。 そしてのとの戦いで悟空とベジータが変身したに興味を持ち、悟空にブルーの変身のコツを聞くべく戦いをしかける。 悟空との戦いでは一度目覚めたはずの超サイヤ人2に自分の意志では変身できなくなっており、代わりに超サイヤ人第3段階を用いるも、過去の経験をもって弱点を知っている悟空にはあっさりと破られてしまう。 しかし悟空はカリフラに可能性を感じ彼女を倒さず超サイヤ人2の変身のコツを指示し変身可能になったカリフラと再度拳を交える。 超サイヤ人2同士の戦いを楽しむカリフラだったが、戦いに夢中になるあまりケールにないがしろな態度をとってしまい、ケールは悟空の邪魔者扱いもあり自分からカリフラを取った悟空への怒りで再び暴走状態になってしまう。 カリフラはその風圧で場外へ飛ばされそうになってしまうが、ヒットの時飛ばしにて事なきを得る。 その後もケールに襲われそうになるがのがケールを気絶させた為これも免れる。 その後はケールの回復を待ち岩陰にいたところ、攻撃を食らい飛んできた悟空と再び対面。 悟空を狙い集まってきたらの戦士達に狙われる。 その中でカリフラはケットルと対峙するが彼の巧みな戦闘テクニックの前に劣勢となる。 さらにケールがココットの「ココットゾーン」に捕まり、同時に勝利を確実にする為ケットルの助けにきたカーセラル達に囲まれピンチに陥る。 そんな中でもケールを守ると宣言するカリフラだったがゾイレーの竜巻攻撃を食らいダメージを負ってしまう。 その様子を見たケールはカリフラに守られてばかりの自分への怒りで通常の超サイヤ人へと覚醒、「ココットゾーン」を打ち破る。 その後さらに超サイヤ人の力を物にしたケールと共にカーセラル達4人組のエネルギー波とぶつかり合い、共にと暴走状態へと変身しこれを打ち破った。 撃破後は伝説の超サイヤ人をコントロールしたケールと共に悟空の前に現れるがケールは疲労により気絶。 さらに強くなって悟空達と再戦するのを約束し去っていった。 悟空の元を去っていた後は体力を回復させるためケールと共に岩陰に隠れ、ヒットとやジレンとの領域に達した悟空の戦いを観察。 ディスポ戦では途中ヒットを助けに行こうとするもケールに止められる。 そして休憩に入ってから約15分程経つと、ある程度体力が回復しキャベ達と共にジレンと戦うヒットの援護に入ろうとする。 しかしヒットからは自分達にしか出来ない事をするべきだと指示され身を引き、さらにその後カリフラとケールを狙ってきたのモンナの相手も、まだ体力を温存しておくべきだとキャベに指示されそれを代わられる。 その後、体力が完全に回復するとジレンとの戦いで体力を消耗し弱っていた悟空を狙うのボラレータ達3人を蹴り飛ばし割って入る。 そして次のステップであるになるべく悟空相手に戦いを挑む。 最初は単独で悟空とぶつかったが、途中から悟空と一緒にケールに声をかけ共に超サイヤ人3になるべく協力して戦い、息の合ったコンビネーションを見せる。 その後、徐々に経験の差から悟空に動きを読まれるようになってしまうが悟空が一瞬超サイヤ人3の力を解放すると、その気の大きさに驚き再び自身も超サイヤ人3になる事を誓う。 またそれと同時にケールがフルパワーを出した事で再び暴走状態の伝説の超サイヤ人へと変身、彼女のパワーアップに喜び、手を差し伸べるも手を捕まれてしまう。 だがカリフラは理性を無くすまで自分 カリフラ の為に力を搾り出してくれた事を称え、自身の隣で一緒に闘えるのはケールだけだと伝える。 するとケールは涙を流しながら緑色の気の渦に囲まれ、それが解けると、遂に伝説の超サイヤ人のコントロールに成功する。 コントロール成功後は再びケールとの連携攻撃で超サイヤ人2の悟空を攻撃。 途中悟空のを食らい攻撃を外してしまう。 またその際、その反撃として放ったケールの攻撃によりと向き合っていたのカトペスラが吹き飛ばされフリーザの注意を引いてしまう。 そしてサイヤ人は自らの玩具と発言したフリーザに怒りぶつかりそうになるが、悟空が間に入った事で衝突することはなく、悟空との戦いを続行した。 その後ケールとのコンビネーションで超サイヤ人2のパワーに引き続きまで破るが、それを受けて悟空がの力を解放すると形勢が逆転。 再び追い詰められていき、に似た悟空の二発の追尾型エネルギー波の内、カリフラに向けて放たれた一発にあたってしまう。 そしてダメージにより体が思うように動かない所を、助けに入ったケールもろとも、悟空が放ったかめはめ波を受けてしまう。 だがかめはめ波によって砕けた武舞台の破片から謎の緑の光が発光し一人の戦士が姿を現す。 それは大会前にとフワから託されたで合体したケールとカリフラの姿であった。 そして自らの事をと名乗るその戦士は、ノーマル状態でありながら超サイヤ人ゴッドの悟空でも目で追えないスピードと図り切れない戦闘力を見せる。 悟空が超サイヤ人ブルーに変身してもなお互角に渡り合う力を見せ、の力を解放されると押される様子も見せたが一瞬の隙をつき悟空の首筋に大ダメージを与えダウンを奪う。 だが悟空がケフラの気に触発され再度身勝手の極意に変身すると形勢は一変。 ケフラも悟空に触発されどんどんと力を上げていったが身勝手の極意の前には敵わず至近距離でを放たれ場外となった。 場外と共にポタラの時間制限きて合体は解除され、分離した状態で観客席へと転送された。 また同時にかめはめ波の勢いでフワのポタラも破壊されている。 観客席ではいつかやり返すと悟空に罵声を浴びせていた。 その後は第6宇宙最後の選手となったサオネルとピリナの2人を応援するが彼らもとの前に敗北。 彼らの健闘ぶりを認めるも応援の際負けたら承知しないと言っていた為彼らを追い回し、そんな中の力により第6宇宙ごと消滅させられた。 大会終了後、MVPとなったの「消えてしまった全ての宇宙を復活させる」という願いによりシャンパの宮殿にて蘇り、ケールと共に生き返った喜びを分かち合った。 そして同じく生き返ったキャベと3人で大会内では届かなかった超サイヤ人3を目指すことを決意した。 ゲームでの活躍 第6弾で初登場。 の状態で登場し、それ以外の形態は6弾現在未登場。 URの性能は、アタッカーにするとそのラウンドのみガードが5000アップしキャベかケールがいると気絶しなくなるアビリティ「姉御肌なサイヤ人」・超トリプル効果で攻撃した相手に2. 5倍のダメージを与えるCAA「サイヤ人のトリプルアタック」・通常状態のケールとキャベと組むと永続的にユニットメンバーの必殺技ダメージが2倍になるアルティメットユニットの「第6宇宙の精鋭ユニット」の能力を持っている。 暴走状態の超サイヤ人と共に超サイヤ人2状態が実装。 (実装当時はフェス限定以外は基本的にスキルは1個の場合が多かった) ただ、隣り合ったキャラと同一のスキルを有していると効果を発動する「 リンクスキル」が、必殺技発動に必要な気力を上昇させるものが大半なせいで、ATKの伸びが悪く、似たようなATK上昇パッシブを持つキャラほど火力が出ない。 しかしそれを抜きにしても優秀過ぎる回避スキルのため、高難易度攻略ではかなり重宝される ケールとの合体形態であるケフラとして登場。 パラレルクエストでは、力の大会でキャベと参加している最中に殴り込みをかけて来た「映画版のブロリー」と対決する。 スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション 番外編の冒険に登場。 暗黒ドラゴンボールを取り込んだからケールと共に仲間へと誘われる。 「を食べればパワーアップできる」と聞きクラッシャー軍団についてきたが、それを見咎めたノートに止められる。 信じるに足るのかどうか確かめるべくノートと対決し、敗北。 神精樹の実に頼るのをやめた。 そこへターレスたちが戻ったため罰せられそうになるが「パワーアップできるというからついてきただけで、最初から仲間になったつもりなんてない」と一蹴。 ノートと共にターレスたちを打ち倒した。 ちなみにこのストーリーは、時の裂け目という「人工的に創られたドラゴンボールの歴史」の中の出来事であるため、『超』に出てくるカリフラやケールとは別人である。 しかもこの神精樹の実は、食べた者の肉体を禍々しく変異させ、凶暴化させるという厄介な特性を持つ。 それを知ったケールは、もしもカリフラが食べていたら大変なことに……と震えていた。 余談 アニメ初の女性超サイヤ人 これまで『』や『』などゲームでは女性のが多数登場している。 しかし、アニメ及びデザインのキャラの中では、彼女は初のである。 ちなみに彼女が覚醒した次の回にはケールも覚醒し2人目の女性超サイヤ人へとなっている。 女版カカロット? 第6宇宙の人々はと、との様にの人々と似たような人物が存在する。 そのため、一部では「カリフラは第6宇宙の孫悟空 カカロット ではないか?」とも考えられている。 共通点としては、天才的な戦闘能力・特殊な髪型・兄より強い妹 弟 ・大勢の人が寄ってくるカリスマ性・制御不能な超サイヤ人と良くも悪くも関係が深い、など多数ある。 性格面では悟空というより、頭部の強打による凶暴性の喪失を経ずに育ったをイメージさせる。 また物事を深く難しく考えない部分も共通している。

次の