マイケル j フォックス。 マイケル・J・フォックスの現在!若い頃や身長・パーキンソン病発症とその後も総まとめ

マイケル・J・フォックス

マイケル j フォックス

突如地球に襲来した火星人たちに翻弄される人々の狂騒を描いたSFパニック・コメディ。 監督は「バットマン」「エド・ウッド」のティム・バートン。 トップス社の同名トレーディング・カード(62年に発売され、残酷さゆえにPTAの非難を浴びて発売中止になった)に基づき、「1984」のジョナサン・ジェムズが原案・脚本を執筆。 製作はバートンと、「バットマン リターンズ」「エスケープ・フロム・L. 」のラリー・フランコ。 撮影は「クラッシュ」のピーター・シャシツキー。 音楽は「エド・ウッド」を除くバートンの全長編で組んでいるダニー・エルフマン、美術は「クルックリン」などスパイク・リー作品の常連のウィン・トーマス、編集のクリス・レベンソンと衣裳のコリーン・アトウッドは「エド・ウッド」に続いての参加。 SFXは「ツイスター」のILMが担当。 出演は「バットマン」「クロッシング・ガード」のジャック・ニコルソン、「101」のグレン・クローズ、「リチャード三世」のアネット・ベニング、「ダンテズ・ピーク」のピアース・ブロスナン、「ゲット・ショーティ」のダニー・デヴィート、「花嫁のパパ2」のマーティン・ショート、「エド・ウッド」のサラ・ジェシカ・パーカー、「さまよう魂たち」のマイケル・J・フォックス、「BOYS」のルーカス・ハース、「レオン」のナタリー・ポートマン、「汚れた七人」のジム・ブラウン、「エスケープ・フロム・LA」のパム・グリアー、「判決前夜」の監督バーベット・シュローダー、「早春」の監督イェジー・スコリモフスキー、そしてバートンの私生活のパートナーでもある「エド・ウッド」のリサ・マリーら多彩な顔ぶれ。 97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第8位。 監督 出演キャスト 悪霊祓いの詐欺師が残虐な死神と対決する姿をSFXを駆使して描いたホラー・コメディ。 監督は「ブレインデッド」「乙女の祈り」の鬼才ピーター・ジャクソン。 脚本は「乙女の祈り」でもジャクソンと組んだフラン・ウォルシュとの共同。 製作はジェイミー・セルカーク(編集も)とジャクソン、製作総指揮は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキス。 音楽は「ミッション:インポッシブル」のダニー・エルフマン、美術は「乙女の祈り」のグラント・メイジャー。 視覚効果監修は「ロジャー・ラビット」「マスク」のウェス・フォード・タカハシ、特殊メイクは「エド・ウッド」のリック・ベイカー。 主演は「アメリカン・プレジデント」のマイケル・J・フォックス。 共演は「若草物語」のトリニ・アルヴァラード、「グレムリン2」のジョン・アスティン、「フォートレス」のジェフリー・コムズほか。 監督 出演キャスト 若き天才殺し屋の青春像を、クールかつユーモラスなタッチで描いたサスペンス編。 監督・製作・脚本は、テレビ界で活躍し、2度のエミー賞に輝く33歳のM・ウォーレス・ウォロダースキーで、これが初の劇場用映画。 製作は、脚本にひかれて映画化を進めた俳優のマイケル・J・フォックス(助演も)と、マット・トルマック、ブラッド・ジェンケル、「蜘蛛女」のコンビであるブラッド・クレヴォイとスティーヴ・ステイブラーの共同。 撮影はロバート・イオマン、音楽はスティーヴ・バーテク、美術はレイ・フォックスが担当。 ロボットめいた無機的な演技を見せた主演は、「カレンダーガール」やテレビ『ビバリーヒルズ高校白書』のジェイソン・プリーストリー。 共演は「花嫁のパパ」のキンバリー・ウィリアムズ、「マスク」のピーター・リーガート、『ワイルド・パームス』(V)のロバート・ロッジアほか。 監督 出演キャスト 香港出身の監督ウェイン・ワンと現代アメリカ文学の旗手の作家ポール・オースターの協力から生まれた映画「スモーク」の姉妹編的作品。 本作では二人が共同で監督にあたり、ビデオ撮影したブルックリンの町のドキュメンタリー映像も挿入。 「スモーク」の監督・脚本コンビである「ジョイ・ラック・クラブ」の監督ウェイン・ワンと作家ポール・オースターが共同で監督するとともに、劇部分の基本的な設定を俳優たちと一緒に決め、即興的に演出。 製作は「スモーク」のグレッグ・ジョンソンとピーター・ニューマン、ダイアナ・フィリップス、エグゼクティヴ・プロデューサーは主演のハーヴェイ・カイテルとミラマックス・フィルムのボブ&ハーヴェイのウェインスタイン兄弟。 撮影のアダム・ホレンダー、美術のカリーナ・イワノフは共に「スモーク」から引き続きの参加。 音楽プロデューサーは『愛されちゃってマフィア』(V)などのデイヴィッド・バーン(元トーキング・ヘッズ)、編集はクリストファー・テレフセンが担当。 ビデオ撮影のドキュメンタリー部分はハーヴェイ・ワンが監督。 共演は「デッドマン」のジャレッド・ハリス、「キング・オブ・ニューヨーク」のヴィクター・アーゴ、「マルコムX」のジャンカルロ・エスポジートらが「スモーク」から続投。 監督 出演キャスト 厳しい政治の世界の真っ只中、一人の男として恋に落ちてしまった現職大統領の姿を描いたラヴ・ロマンス。 脚本は「ア・フュー・グッドメン」に続くライナー作品となる「冷たい月を抱く女」のアーロン・ソーキン。 主演は「ディスクロージャー」のマイケル・ダグラスと「めぐり逢い 1994 」のアネット・ベニング。 共演は「ウォール街」のマーティン・シーン、「ヤング・ヒットマン」のマイケル・J・フォックス、「張込みプラス」のリチャード・ドレイファス、「若草物語」のサマンサ・マシスほか。 監督 出演キャスト.

次の

マイケル・J・フォックスは現在なにしてる?パーキンソン病生活でも明るい日常!

マイケル j フォックス

赤いジャケットとジーパン(ジーンズ?デニム?ジーパンと言わせてくれ!)姿がトレードマーク。 タイムトラベルSFの金字塔 『』シリーズの主人公 マーティ・マクフライは、どこか少年らしい眼差しが印象的で、映画ファンにとってはいつまでも最高にロックな憧れだ。 みずみずしく演じた マイケル・J・フォックスは、今では59歳(本記事時点)。 『 』シリーズの後にパーキンソン病を患い、長年にわたり闘病を続けていることでも知られる。 還暦を控えた2019年5月には、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』当時の自身や、パーキンソン病と向き合う現在について、米に打ち明けている。 マイケルは30歳の頃にパーキンソン病を発症し、1998年に事実を公表した。 病について、「怖かった。 パーキンソン病について、まったく分からなかったから」と吐露している。 そうなのか?いつ?と。 パーキンソン病は高齢者に発症するケースが多いが、マイケルは若くからこの病に悩まされた。 手足が震える、身体が硬直する、動作が遅くなる、身体のバランスが取れなくなるなどの症状があり、寝たきりを強いられることもある。 今も完全な治療方法は確立されていない。 マイケルは2000年、主演を務めていたドラマ「スピン・シティ」を途中降板している。 「その理由のひとつは、顔のこわばりがあったからです」とマイケルは打ち明けている。 「身体の動きも制限された。 ドラマの最後の方のシーズンを見ると、僕がデスクや壁にもたれかかっているのが分かるはずです」。 「スピン・シティ」最後の出演エピソードの米放送から約半年後、非営利団体 「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」を設立。 現在までに、同病における非営利団体としては最大となっている。 2004年の「Scrubs〜恋のお騒がせ病棟」や2006年の「ボストン・リーガル」でドラマ出演に復帰した。 「撮影の時のアーク灯の匂いが、僕は演技をやるべきなんだと思い出させてくれました」。 カナダ出身のマイケルは、子供の頃からジミ・ヘンドリックスやジミー・ペイジに憧れ、将来は彼らのようなロックスターになりたかった。 分かっていなかった」と振り返っている。 自分の才能を軽んじていたためという。 パーキンソン病を患って、「 ロックスターになるよりも、もっと大きなことがあると気付いたんです」。 現在も病と向き合っている。 2018年の8月には、仕事に出かけるため起床し、朝食を摂りにキッチンに向かった際に足を踏み外し、腕を骨折。 19本のピンとプレートを伴う手術を受けた。 また、旅行に出掛けたアフリカでは宿がテントであったために壁にもたれることができず、「トイレに行くだけで命がけだった」と語っている。 「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」の目的は、パーキンソン病の治療法を見つけることだ。 設立から約20年が経ち、マイケルは「 今も治療法を信じている」。 2002年に闘病記を綴った自伝『ラッキーマン』を上梓し、ベストセラーとなった。 「この病気にならなければ、ぼくはこれほど深くて豊かな気持ちになれなかったはずだ。 だから、ぼくは自分をラッキーマンだと思うのだ」というのが印象的なタイトルへ込めた想いだ。 現在は、新書『No Time Like The Future(原題)』を準備中。 59歳のマイケルが、病と健康のことや、歳を取ること、友人や家族、死生観についてを、思慮深くもユーモアを交えて綴る。 2020年11月に本国版が発売予定だ。

次の

マイケル・J・フォックスはいま?病気と向き合う現在

マイケル j フォックス

1961年6月9日生まれ。 カナダ出身の元俳優。 代表作は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『ファミリータイズ』など。 映画『バック・ トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの主人公マーティ・マクフライを演じ、同シリーズの大ヒットにより、ハリウッドスターの仲間入りを果たしました。 その 後、30歳の若さでパーキンソン病を発症してしまい、俳優活動から退いた。 その後パーキンソン病の研究助成活動を始め、「マイケル・J・フォックス パーキンソン病リサーチ財団」を設立。 マイケル・J・フォックス マイケル・J・フォックスは、今ごろとっくに障害を抱えていると言われていたそうです。 進行性の神経変性疾患であるパーキンソン病を1991年に29歳の若さで診断されたマイケルは、そんな医師の予想を裏切って順調に仕事を続けてきています。 マイケルは『オート・リビング』誌のなかで、「僕は25年前にこの病気を診断されて、あと10年くらいしか仕事ができないと言われたんだ。 今頃とっくに障害を抱えているはずだったんだよ。 そんな状態には程遠いよ。 まだ買い物に行ったりマーケティングをしたりできるからね」と、語っています。 パーキンソン病によって引き起こされる震えも以前ほどひどくない一方で、マイケルはたまにバランス感覚に問題が出ると言いますが、2010年から今年まで続けてきたドラマ『グッド・ワイフ』の出演を止めることはなかったそうで、「僕が抱えている一番の問題はバランス感覚なんだ。 55歳で何回も転んでしまって、自分が25歳ではないと気づいたりもするからちょっとややこしいんだよね」と、話しています。 長男のサム以外の3人の子供たちはパーキンソン病を診断された以降に誕生しているため、父のことをパーキンソン病を抱えた人と単純に定義づけることはないとのことで、「だってあの子たちはずっとこの病気と共に育っているからね。 それしか知らないわけだし、子供たちに僕のことを説明するように求めたら、たぶん僕がパーキンソン病を患っているっていうことなんて最後に出てくるくらいだと思うよ」と、語っています。 2000年にはパーキンソン病研究のためにマイケル・J・フォックス基金を立ち上げ、現在は不治の病とされているその病気の治療法を求めるためにこれまで6億5000万ドル(約680億円)という驚異的な資金を募ってきています。

次の