クローム キャスト wi fi 接続 エラー。 Chromecastが繋がらない&見れない時の対処まとめ【ルーター,WiFi等】

Chromecast(クロームキャスト)に接続できない時の6つの確認ポイント

クローム キャスト wi fi 接続 エラー

クロームキャストの接続エラー? クロームキャストの設定はGoogle Homeアプリからしかできないので、設定はスマホやタブレットからになります。 今回はWi-Fiルーターが変わったため、Google Homeアプリを開いてもクロームキャストが表示されません。 なのでアプリの「追加」をタップして新たなクロームキャストとして設定することにしました。 スマホのGoogle Homeアプリの画面の表示に従って設定を進めていき、テレビに表示されているクロームキャストの画面に、スマホと同じ英数字が表示されました。 ここまでできれば、もうほとんど設定は完了のはずです。 ところが、テレビのクロームキャストの画面は設定中のまま進まず、スマホにはこんな表示が出ています。 この画面の文字をテキストにしておきます。 「エラー 寝室 部屋名 はセットアップされているようですが、iPhoneからの通信に応答しませんでした。 ChromecastとiPhoneが、相互に通信できないネットワークに接続されている可能性があります。 場合によってはWi-Fi設定に若干の変更が必要になります。 」 「若干の」ってどのくらい? だいたいはできてるってこと? はっきりとした解決策が書いていないです。 これが余計にわからなくなる原因です。 とりあえず、考えられる対策を挙げてみます。 ちなみに、クロームキャストの電源を切ったりしてもダメでした。 Wi-Fiの接続先 クロームキャストは、基本的に スマホと同じWi-Fiに接続していないと通信できません。 Wi-Fiルーターには2種類以上の接続先があるものも多いと思います。 それは私も知っているので、新しいルーターでも2種類のうちの「-g」という接続先を設定しました。 外出から帰ったときなどに、たまにもう一つの接続先に繋がっていることがあるので、それも確認しましたが、ちゃんと同じでした。 なので今回はWi-Fiの接続先が原因ではないです。 そもそも接続先が違うことは「若干の変更」とはいわないと思います。 ルーターの設定の問題 Wi-Fiルーターには プライバシーセパレーターという機能があるそうです。 私は今回初めて知りました。 プライバシーセパレーターとは、同じWi-Fiに接続している機器同士が通信できないようにする設定です。 公共の場所などではセキュリティのために必要な機能ですが、家庭用のルーターではプリンターなどへの通信ができなくなったりと、できることが制限されてしまうため、普通は設定しない方が良さそうです。 もちろんクロームキャストも通信できなくなります。 このプライバシーセパレーターは、Wi-Fiルーターのメーカーによって呼び方が違うので、確認するときはルーターの説明書やネットの検索で調べてみてください。 たとえばこんな名前になっている場合があります。 APアイソレーション、AP隔離、SSID 内分離機能、クライアントアイソレーション、ネットワーク分離機能、無線 LAN 隔離機能 この機能をオフにするには、パソコンやスマホのブラウザからメーカーのルーター設定用のページにアクセスして設定する必要があります。 ちなみに今回購入したルーターは「ネットワーク分離機能」でした。 私はこれが原因だろうと思ったんですが、確認してみるとネットワーク分離機能はオフでした。 なんということ。 また別の原因を探さないといけなくなりました。 WPSが有効になっている WPSとは「Wi-Fi Protected Setup」の略で、ルーターの らくらく設定ボタンなどで簡単に端末をWi-Fiに接続できる機能です。 この機能を使うと、Wi-Fiに接続するときにアクセスキーを入力しなくても繋ぐことができる便利なものです。 しかしこの機能がオンになっていると、クロームキャストが接続できないことがあるようです。 ただ、これはルーターによってはオンでも大丈夫なようなので、他の方法がだめなら試してみるといいと思います。 WPS機能をオフにするには、メーカーのルーター設定のページにアクセスしてオフにします。 うちのルーターはこの設定も始めからオフになっていました。 つまりこれが原因でもありませんでした…。 あとは何? 4. クロームキャストをリセットする 価格. comの同じルーターの口コミコーナーに、やっぱりクロームキャストが接続できない方がいて、色々な方法を試してもダメで、 クロームキャストをリセットしてはどうかという書き込みがありました。 その方はその後どうしたかは読んでいないんですが、試してみるしかないと思ってやってみました。 クロームキャストのリセットは、クロームキャスト本体にある小さなボタンを長く押し続けるだけです。 30秒以上くらい、結構長めです。 するとクロームキャストのランプが点滅し始め、だんだん点滅が速くなって、一旦消えます。 そしたらリセット完了です。 すると、クロームキャストの画面が初期状態になりました。 Google Homeアプリの画面にしたがって設定し、そこから進まなくなった最初と同じ設定中の画面になり、そしてついに接続完了しました。 成功です! でもどういうこと? 結局、「若干の変更」はできなくて、リセットしてやり直したからできたということなのかな? まあできたからいいか。 まとめ 今回、はじめに接続できなかった原因はよくわかりませんでした。 調べてみた対応策は全部当てはまらなかったし。 こんなときは、最終手段としてリセットが有効な場合もあるということですね。 もしも同じような問題が発生しているなら、参考にしてみてください。 よく読まれている記事•

次の

ポケットWiFiはクロームキャスト接続可能?エラー時の解決法も!|回線カレッジ

クローム キャスト wi fi 接続 エラー

こんにちは、ユウヤです。 その問題は、解決できます! ユウヤ 今回の記事は、 Chromecastのセットアップをちゃんと行っているはずなのにうまくテレビに繋がらない・キャストできないなどの問題を解決するための内容になっています。 焦らず、一つ一つ確認してトラブルシューティングを行えば、 ちゃんと繋がるようになるので 安心してください。 僕も、初めてChromecastを使い始めた時にうまくキャスト出来なくて困った経験があります。 トラブルが起こっても今では普通に使えています。 僕が経験したトラブル解決方法とその他 よく起こるトラブルをまとめました。 トラブルを解決してChromecastを使えるようにしていきましょう。 まずは、セットアップの再確認 ちゃんとセットアップをやったつもりでもセットアップがうまくいっていないことがあります。 自信のない方は一度確認してみてください。 自身のある人は次の章へ進んでください。 Chromecastが繋がらない・接続できない時の対処法 それでは、Chromecastが繋がらない・接続できない時の対処方法を確認しながら改善していきましょう。 Wi-Fiには、 同じWi-FiでもAとGの種類に分けられています。 僕は、自分のいる部屋によって受信しているWi-Fiを変えているためにこのトラブルが起きました。 Chromecastのセットアップの時にAを受信する設定を行っていれば、スマホも同じAを受信した状態でキャストしないとテレビに映像をキャストできないのです。 つまり、Chromecastとスマホが同じWi-Fiを受信していないとうまくキャストできないということです。 古い状態が原因でうまくキャストできないこともあります。 またセットアップしないといけなくなりますが、初期化するのはおすすめのやり方です。 Chromecastの初期化の方法はこちらを参考にしてください。 スマホに新しくアプリを入れた場合、ちょっとしたバグが起こることもあるので(Google Homeを新しくインストールしていた場合)、再起動してあげると解決することがあります。 もしくは、Google Homeをアンインストールして再度インストールするやり方もいいと思います。 最終手段は問合せ トラブルシューティングを行ってもChromecastが繋がらない・接続できない時はGoogleに問い合わせた方がいいでしょう。 そもそもChromecastの初期不良が原因かもしれません。 Chromecastは電話サポートがあるので、オペレーターの人に症状などを説明して対応してもらいましょう。

次の

【iPhone/iPad】Chromecast(クロームキャスト)のセットアップ設定方法

クローム キャスト wi fi 接続 エラー

まず、 Chromecast(クロームキャスト)はGoogle製のHDMIドングルで、Wi-Fi環境下でテレビのHDMI端子と電源に接続して利用するのが基本ですが、上位機種のChromecast Ultraでは有線接続も可能です。 そして、スマホで楽しんでいたコンテンツをテレビの大画面でも楽しめるようになるほか、Chromecas(クロームキャスト)では、簡単なセットアップと使い方の分かりやすさも大きな特徴なのです。 また、ちなみに、Chromecast(クロームキャスト)では、実際に使ってみるとあまり意識しないかもしれないのですが、大抵のケースではChromecastを介してスマホとテレビが直で接続されるわけではありません。 それで、Chromecastが繋がっているのはWi-Fiの先のインターネットであり、そこから動画コンテンツなどをストリーミングで再生するのが基本的な仕組みだからです。 はじめに、 Chromecastに電源ケーブルをセットした上で、テレビのHDMI端子に接続して、電源アダプタをコンセントに差し込むと、Chromecastの側面のランプが白く点灯します。 続いて、テレビの電源を入れ、リモコンの入力切替ボタンを押し、Chromecastが接続されているHDMI入力を選択すると、セットアップ画面が表示されるのです。 次に、スマートフォンから「chromecast. なお、Chromecastアプリを起動後、アカウントを選んで次へをタップし、デバイスが検出されたら次へをタップして、テレビの画面右下にコードが表示されます。 そして、「Google Home」アプリでも同じコードが表示されているか確認して、同じであればはいをタップして、デバイスの場所を選択し(ここではリビングを選択)、次へをタップしましょう。 そこで、続いて、Wi-Fiの設定をおこない、接続するWi-Fiを選んで次へをタップした後、Wi-Fiのパスワードを入力し、接続をタップします。 また、Wi-Fiの接続とChromecast本体のアップデートが完了すると、テレビ上に「キャスト準備完了」と表示されるので、スマホ上には「Chromecastを使用できるようになりました」と表示されるので、次へをタップしましょう。 次に、チュートリアルに進み、キャスト方法を確認して、サンプル動画をクリックして、右上のキャストアイコンをタップし、キャスト先デバイスを選択しましょう。 また、Androidスマホ・タブレットだけでなく、iPhone・iPadなどからも利用できる上、PCのChromeブラウザからも拡張機能をインストールすることで、ブラウザのタブをキャストしたりできます。 そして、YouTubeなどの一部対応サイトで動画プレイヤーからキャストしたりすることが可能となりますし、そのほか、GoogleフォトやGoogle Play Musicなども対応しております。 なお、Chromecast(クロームキャスト)ではクラウドに保存してある画像や音楽をテレビにストリーミングするような使い方も実現しているのです。 さらに、YouTubeやHulu、Netflix、GYAO! 、U-NEXT、au ビデオパス、dTV、dアニメストア、Google Play ムービーなど主だった動画ストリーミングサービスがキャストに対応して、端末とChromecastを同じWi-Fiネットワークに接続します。 次に、画面内のキャストアイコンをタップして、キャスト先のChromecastを選択し、テレビにコンテンツがストリーミングされる。 対応アプリで再生・停止・音量調整などをおこないましょう。 そして、Chromecast(クロームキャスト) と Chromecast (クロームキャスト) Ultra のセットアップを映すことができます。 なお、モバイル端末で Chromecast (クロームキャスト) がすでにセットアップを映す場合は、すべての端末が同じ Wi-Fi ネットワークに接続されているのであれば、別のモバイル端末で Chromecast をセットアップし映す必要はないです。 なお、Chromecast は、パソコンでのセットアップには現在対応していませんので、Chromecast をセットアップする際は、モバイル端末をお使いください。 また、 インターネット接続で、安全な無線ネットワークへのアクセス(無線ネットワークのパスワードを映すことをしておいてください)が必要です。 そして、Chromecast(クロームキャスト) (第 1 世代)の場合は、Wi-Fi 802. 4G ネットワークへの接続して、その他の Chromecast(クロームキャスト) の場合は、Wi-Fi 802. なお、Chromecast(クロームキャスト) Ultra の場合は、Wi-Fi 802. ここから、 Chromecast(クロームキャスト) または Chromecast(クロームキャスト) Ultra をセットアップする手順について紹介していきます。 まず、下記の手順の前半部分は、Google Home アプリを初めて映すユーザーを対象としていて、すでにセットアップ済みの Chromecast (クロームキャスト) デバイスがあります。 はじめに、Chromecast (クロームキャスト) を接続し、Chromecast 対応の iOS 搭載端末で g. 続いて、モバイル端末やタブレットが、Chromecast デバイスのセットアップに使用する Wi-Fi ネットワークに接続していることを確認し、Google Home アプリ を開きます。 そして、 Google Home アプリのホーム画面で追加アイコン [デバイスのセットアップ] [新しいデバイスの設定] をタップし、Google アカウントの確認: Chromecast にリンクする Google アカウントを選択します。 次に、リンクしたいアカウントが一覧にない場合は、別のアカウントを追加することもできますし、[OK] をタップします。 ここで、Bluetoothでは、すでに Bluetooth がオンになっている場合、この画面は表示されませんので、その場合は次の手順に進みます。 まず、強く推奨のBluetooth がオンになっていない場合、セットアップをスムーズに行うために Bluetooth をオンにするよう求められますので、ホーム画面を下から上にスワイプして Bluetooth をオンにすることができます。 一方で、セットアップ時に Bluetooth をオンにしたくない場合には、[利用しない] をタップして、iPhone のホームボタン [設定] アプリ [Wi-Fi] をタップします。 そして、Chromecast デバイスと同じ Wi-Fi ネットワークに接続し、「ChromecastXXXX. b」のようなネットワーク名を探してください。 なお、Google Home アプリに戻り、お使いのデバイスが検出されるはずで、[次へ] をタップします。 また、Chromecast デバイスのスキャンについては、Google Home アプリは、近くにあるデバイスのうち、電源に接続されてセットアップの準備ができているものをスキャンします。 また、接続の確立において、Chromecast との接続を確立し、テレビにコードが表示されている場合は、[はい] をタップします。 そして、テレビにコードが表示されていない場合は、[再試行] [デバイスをスキャン] をタップして、デバイスのサービス改善への協力: サービス改善のために、デバイスの統計情報と障害レポートを Google に自動的に送信するかどうかを選択します。 なお、改善にご協力いただける場合は [はい] をタップして、それ以外の場合は、[キャンセル] をタップしますと、この設定を選択した場合に送信されるデータの詳細についてご確認ください。 ここで、地域の選択ですが、場合によっては地域を設定する必要がありますので、地域の一覧をタップ 地域を選択 [次へ] をタップします。 なお、[他の Wi-Fi ネットワーク] を選択した場合は、ネットワーク名とパスワードを手動で入力し、そのネットワークで使用するセキュリティ モードを選択する必要がありますので、イーサネット: セットアップ手順に沿って、イーサネットの使用をセットアップします。 さらに、Chromecast のリンクで、Chromecast は Google アカウントの情報を使ってサービスをカスタマイズし、[続行] をタップします。 そこで、確認画面で、セットアップの設定内容が表示されますので、この段階で未設定の機能を設定することもでき、[次へ] [次へ] をタップします。 また、キャスト方法を確認: サンプル クリップを選択してキャスト方法を確認するか、[チュートリアルをスキップ] をタップします。 皆さんの中でも、 動画や写真などiPhoneで見ているコンテンツを、自宅にあるテレビに接続して大画面で楽しみたいというシーンは多いはずです。 また、iPhoneやiPadの画面をテレビに映すための方法として、HDMIケーブルで接続して出力、Chromecastによるキャスト、Apple TVを利用する方法の3つを紹介します。 なお、iOS 11ではコントロールセンターに「画面ミラーリング」というボタンが表示されるようになり。 この機能は、iPhoneの画面をテレビに映す時に利用できるものです。 そして、後述するApple TVと接続したテレビなどAirPlay対応デバイスにコンテンツをストリーミングしたり、iPhoneの画面全体をミラーリングしたりすることができます。 また、Chromecastの変換アダプタの使い方は簡単です。 HDMIケーブルをテレビのHDMI端子に接続し、もう一方の端をHDMI変換アダプタに接続します。 しかしながら、動画を再生すると映像だけがテレビに出力されて、iPhoneの画面には再生コントローラが表示されますし、一部のゲームによっては、プレイ画面をテレビに表示して端末側には操作パネルやほかの情報を表示するものもあります。 ここで、Chromecastのメリットとデメリットについて紹介していきますが、 HDMI出力のメリットは、何といってもその手軽さです。 加えて、iPhoneの画面を回転させると、それに応じてテレビ側の画面も回転してしまいますので、映画を観たりゲームをプレイしたりする時は、画面が回転しないように固定しておくのがよいでしょう。

次の