は あっ て 言う ゲーム 2。 『ゼノブレイド2』の評価と感想を正直に言う【レビュー】

かつてDANCE EVOLUTIONと言うゲームがあった。

は あっ て 言う ゲーム 2

If you use the expression "in the blink of an eye" you would not use a time frame to explain how much time passed by in the same sentence. This idiom means that time passed by extremely quickly. The time passed could be an hour, five hours, or a day, depending on your experience. If you need to explain that 2 hours passed by, you can add that in another sentence. It felt like we were home in the blink of an eye! It took us 2 hours, but it felt so fast! You can also say that "time escaped you" as in, you didn't notice or realize how much time had gone by, you lost track of time. Often people would say this when they are deeply focused or immersed in some type of activity they are highly interested in. We should leave for dinner now, 2 hours have passed! I'm sorry, the time escaped me. "in the blink of an eye" を使う場合、同じ文の中に時間を表す言葉は入れません。 "in the blink of an eye" は、時間がすごく早く過ぎたことを表します。 その「時間」は1時間かもしれませんし、5時間、1日かもしれません。 あなたの経験によります。 「2時間」と伝えたいなら、別の文で言います。 例:It felt like we were home in the blink of an eye! It took us 2 hours, but it felt so fast! (あっという間に家に着いたね。 2時間かかったんだけど、すごく早く感じた) また、時間がたつのを忘れた時などは、"time escaped me" と言うことができます。 何かにすごく集中したり、没頭した時によく使われます。 例:We should leave for dinner now, 2 hours have passed! I'm sorry, the time escaped me. (もう夕御飯だから帰りましょう、2時間もたってる。 ごめんなさい、時間忘れてしまって) The idiom 'time flies' is said when time has passed by so quickly that you did not notice it. You might have joined the party two hours ago, but, because you have been having so much fun, the two hour just flew past you so quickly that you can not believe it. So, you may say: Time flies when you are having fun. Two hours just flew past me. or I can't believe that two hours passed by so quickly. Time sure flies. time flies'というイディオムは、あなたが気づかないほど時間がとても早く経ったというときに使われます。 2時間前にパーティに参加したかもしれませんが、あまりにも楽しんでいたので、とても早く2時間が過ぎて、信じられないというときもあるでしょうね。 以下のように言うといいでしょう。 Time flies when you are having fun. Two hours just flew past me. (楽しんでいるときは、時間が経つのが早いです。 2時間あっという間でした。 ) I can't believe that two hours passed by so quickly. Time sure flies. (2時間がこんなに早く過ぎるなんて信じられません。 時間は本当にあっという間に過ぎますね。 Therefore if 2 hours passed by quickly chances are you were enjoying yourself Wow, look at the time! - to fly by implies to move quickly because things that fly often move quickly... so quickly that they are gone before you even notice Wow, would you look at the time? - this is a rhetorical question, so you don't need to actually look at the time. It is just calling attention to the time. Boy! 例文 Those 2 hours just flew right by! 2時間が本当にあっという間に経った。 - to fly byは飛んでいるものはとても速く飛ぶので、とても速く動くと いうことです。 とても速く飛ぶので、気づいたらいなくなっています。 Wow, would you look at the time? わぁ、時間を見て!! この文は修辞疑問文ですので、実際に時間を見る必要はありません。 ただ時間に注意を向けさせています。 Boy! "oh wow" を表す1つの表現方法で、驚きと強調を表しています。

次の

あっという間の2時間だった。英語でなんて言うの?

は あっ て 言う ゲーム 2

まあ現実には最終アップデートが3年も前に終わってて何も動きがないんだけど キャラだけは違うゲームで踊ってたりしたが 正直ゲームシステムだけはどうしてもボロボロだったのを良く覚えている。 物申したかったシステムを順番に語っていく。 ではどうやって解禁するかというと• 曲をプレイすることで、その曲が自分の山札に入ります• 曲終了時にゴールドを100~150獲得してレベルアップします。 レベルアップ時に『自分のレベルが偶数ならば』山札の曲を1枚手札に加え、その手札に入った曲のMASTER譜面とSTEALTH譜面が解禁します。 とまあ面倒な手順が必要だった。 つまり単純に言うなら全曲プレイできるようにするにはLv152 全曲 は必要であった。 で、このシステムの問題点は• その曲を「プレイしないと」絶対解禁できない• 「2レベル上がれば」ではなく「上昇後のレベルが偶数ならば」 この2点に尽きるだろう。 上の項目でも言ったとおり頭の中に「架空の山札」を作り 開始時0枚 、その山札からカードを引いて解禁なのだが 一度に大量のレベルアップしても意味を成さないのが問題で。 レベルが低い頃には一気にゴールドが手に入る事もある。 それで一気にLv1からLv4に上がっても、譜面解禁できるのは1曲だけ。 うっかりLv3とかLv5に上がろうものなら解禁機会がそのまま消滅したのである。 得点は純粋加点型で満点がいくらかは算出できない このシステムは太鼓の達人ぐらいでしか採用されていない激レアシステムであり、その他の音ゲーだと満点がいくらかは大体決まっている。 でノートの判定によって以下の得点が加わるのだが… 詳しくは ノートとは音ゲーにおける音符1つ単位のことを言います。 ちょうどのタイミングでプレイできるほど得点は高くなります。 25 この補正のおかげで端数切捨てがデフォルトになり、それぞれの譜面の満点を誰も算出できないゲームとなった。 では端数切捨てをなくすにはどうすればよかったか。 2にする これで解決したはずである。 大体にして0. 25倍するとなれば、最低でも800の倍数にしないと端数切捨てがでるのである。 これがこの倍率なら全くでない。 Good1つで4000ともなれば、1000の倍数はおろか800の倍数としても端数はなかった。 さらにはこの得点配置で1曲頭で1000万を超える、これはKONAMIの音ゲーで最高数値であるSOUND VOLTEXの1曲の満点を遥かに超える数値である。 これでそちらのユーザーを引っ張りこめた可能性があるのだが…いまではもう遅い。 そして次のこの理由がダンエボ衰退の最大の理由ではないかと思っている。 難易度Light以上の全譜面に隠しノーツが5つ配置されており、プレイしていない場合それは判定で見て0点の音符と数えられる事• ノートの判定がGoodのほうがGreatよりも出やすくなっていること これにより本当にこのゲームをやりこんだプレイヤーでもチャレンジフォルダを抜けられなくなり、つまり新規参入プレイヤーはこの壁でシャットアウトされてしまったのである、と言わざるを得ないだろう。 で、隠しノーツといったが、それを解禁するにはどうすればいいか。 上で挙げた「パラレルユニバース」発動である。 これを発動し、隠しノーツをPerfectを出せれば、今後この譜面で隠しノーツが普通にプレイできるようになる。 そして最大の課題が 『 GoodのほうがGreatよりも出やすくなっている 』事である。 判定ひとつ下げたら下がるのが1ではなく2なのである。 これによって絶望的な判定になった楽曲がこれである。 ハッピーシンセサイザのStandard譜面である。 上記動画はSTEALTHというノートが完全に見えなくなっているバージョンではあるが。 とはいえここまで有名な曲が絶望をもたらすのは酷いだろうと思っていた。 というのも• ノートの数が48で隠しノートが5• 1以上でAAAを出せる ということは、隠しノーツを解禁していないと Exスコア143と144でAAかAAAか決まる のである。 懸命な読者の方なら気がついただろう。 48ノーツ全てでPerfect出さないと次に進めないことが。 こういう数値が算出できてしまうのがまた悲しい。 しかも隠しノーツを解禁するパラレルユニバースは発動が難しく、グルーブコースターのアドリブを打つより遥かに面倒なのである。 正直なところで言うと、以下の手法なら改善できたであろうとは思っている。 AAA1発勝負ではなく、判定のAの数が累計3つで先に進む• 2人プレイならAの数を合算できる これだけでよかったのだ。 特に一つ目の案は他のプレイヤーに聞いて割かし好評な案ではあった。 正直A判定は初心者でも取りやすいのだ。 これならまだ間口は広かった。 そして2人プレイともなれば「上級者のAAAが初心者の楽曲解禁に直結する」というシステムにもなったのだ。 しかもこのゲームに限りフレンド登録はネット上で行えず、実機で直接プレイした方とじゃなければ登録できなかったのだ。 本当になんで実装されてなかったのか。 ちなみに私はプレイレベル220近くある。 他のゲームもやっているが、結局なんでこのゲームをプレイし出したか。 プレイヤーに 惹かれたのである。 後にも先にもそんなゲームはこれが初めてであろう。 皆さんダンエボがメインではなくなってるけれども• ある者は日本一になり• またある者はとあるゲームの2シリーズで47都道府県に行脚して名を残し• またある者は舞台に立ち• またある者はダンス講師として生きている そんなすごい人たちばかりがこのゲームにはいたのだ。 それこそ一番初めについていった人はまさに「筆頭主人公」というにふさわしい人であった。 正直単純に一人で音ゲーだけしてたら、こんな人たちには、ゲームの外側にいるすごい人たちとは出会えなかった。 その点はDANCE EVOLUTIONに感謝しないといけない。 だからもう…未来のための礎となってもらっていいんじゃないかと思っている。

次の

幻冬舎

は あっ て 言う ゲーム 2

ナンバリングは「2」となっているが、• 『ゼノブレイド』(Wiiソフト)• 『ゼノブレイドクロス』(WiiUソフト)• 『ゼノブレイド2』(スイッチソフト) なので、実質的には3作目。 世界観やコンセプトの繋がりはあるけど、前作をやっている必要はなく、 『ゼノブレイド2』は「ニンテンドースイッチで遊べる本格RPG」と言える。 今回は、『ゼノブレイド2』をクリアしたレビューと感想を、ストーリーなどのネタバレなしで語る。 良くないと思った部分も、まったく遠慮なく述べている。 買おうか迷っている人、評価が気になる人は、ぜひとも参考にしていってほしい。 「やっぱりRPGっていいね!」と思えるほどの、壮大な世界の美しさ!最高のBGM! 「巨人獣(アルス)」が空を行き交う「アルスト」という世界で繰り広げられる冒険。 「巨大の生き物の上で人々が暮らしている」というのは、前作『ゼノブレイド』から受け継がれているコンセプトだが、やっぱり良い! 独特の世界設定のうえで、様々なフィールドや、暮らしのあり方が描かれる。 新しい世界に足を踏み入れて、フィールドや街の音楽が流れてきて……っていうのが最高に良くて、これこそが大作RPGの醍醐味だよねって感じ! 「フィールドの美しさ」と「神がかったBGM」だけでも、このゲームを買う価値があると思う。 壮大なフィールドを探索したり、サブクエストで色んなところに寄り道するのが楽しい。 世界を駆け回るRPGの魅力が詰まったタイトルだ。 少なくとも、「大作RPG」としての最低限の基準は満たしている。 戦闘は楽しく、難易度の高さは良いが、意地悪さはNG 位置取り、アーツの組み合わせ、チェインシステムなど、 戦闘システムはややこしいものの、慣れればかなり面白い。 フィールドには、今のレベルでは到底倒せない敵が徘徊していて、「いつかやってやる」とか「もうそろそろ倒せるんじゃ……」みたいなのが最高に楽しい。 やり方によっては格上の敵を倒せるシステムなので、高難易度RPGが好きな人にとっては最高だと思う。 一方で、 敵の配置などが、ちょっと不必要に意地悪なようにも感じる。 「楽しい難易度の高さ」と「勘違いした難易度の高さ」というものがあり、ここらへんは人にもよるだろうし、塩梅が難しいところでもあると思うが、 やたらストレスだけかかるような、やたら意地悪な難易度調整があって、萎える部分もたまにあった。 育成システム、やりこみ要素は楽しいが、ガチャは賛否が分かれそう 育成のためにフィールドを駆け回る楽しさは、まさに「RPG」という感じでよかった。 やりこみ要素も、全部遊び尽くせないほど膨大で、ゲームの世界にどっぷりハマることができる。 一方で、 「ブレイド」を入手するときにガチャシステムになっているのは、賛否が分かれるだろう。 個人的には、ぜんぜん良いとは思えなかった。 せっかくコンシューマーゲームを遊んでいるのに、ソシャゲっぽさを味わいたくないというのが正直なところ。 百歩譲って、「楽しいガチャ」ならいんだけど、単にランダム要素の悪いところが強調される「詰まらないガチャ」だったのが良くなかった。 任天堂らしからぬ不親切さ、UIの悪さ さんぜん指摘されているので、自分が言うまでもないかもしれないが、 操作性やチュートリアル関連は不親切すぎる。 任天堂はディベロッパーではなくパブリッシャーという立場ではあるけど、 「よく任天堂がOKを出したな!」というレベルで酷い。 自分は操作や戦闘システムに関しては、ネットで検索しながら遊んだので、問題はなかった。 しかしもちろん、最低限の操作方法に関してはゲーム内で完結しているべきだろう。 これに関しては、擁護する気が起きず、 純粋に作品のクオリティに欠けていたとしか評価できない。 ストーリーの陳腐さと、ムービーの長さ、全体のチグハグさ ストーリーに関しては、ネタバレは避けるが、王道のボーイミーツガールかつ、少年漫画的な感じだ。 個人的には、あまり評価できないストーリーだった。 特に、ムービーの長さには辟易させられた。 ムービーの多いゲームが特別嫌いというわけではないが、さすがに「こっちは動画を見たいんじゃなくてゲームを遊びたいんだよ!」と言いたくなる。 キャラデザは、今作はデフォルメっぽい感じだし、ストーリーもまあ王道と言っていいものなのに、戦闘システムに関してはかなり複雑な上級者向けで、どういう層のプレイヤーに向けているのかわらないし、 全体として、それぞれの要素がバラバラという感じがした。 日本の大作RPGにありがちなクソさ 日本のRPGは、「属人的な部分」が全面に出ていて、それがオリジナリティとか、スタイリッシュさに繋がったりしているので、それ自体は素晴らしいことだと思う。 でも、「大作」になると、各要素がチグハグかつバラバラで、 「ゲームとしてうまく統合されていないな」と感じるし、それが酷くなると、楽しく遊べなくなってくる。 (部分部分だけが良く、加点評価では神ゲーになっても、減点評価ではクソゲーになるというやつ。 ) 「日本のRPGにしかできない良さ」っていうのはあると思うし、逆に「日本のRPGにありがちなクソさ」もある。 良い部分が出ている大作ゲームとしては、• ニーアオートマタ• ペルソナ5• ドラクエ11 など。 逆に 悪い部分が出ているのは、• ファイナルファンタジー14• キングダムハーツ3 など。 では『ゼノブレイド2』は?というと、 「悪いほう」ですね。 残念ながら。 部分部分を見ると素晴らしい要素がたくさんあるのだが、全体として作り込まれているとは言えないし、その粗さが致命的なゲームの欠点になっている。 『ゼノブレイド2』の正直な評価 正直な評価としては、 100点満点中60点といったところ。 やっぱり、欠点になる部分が多いし、UIにしろキャラデザにしろムービーにしろガチャにしろ、 全体的に「あまり作り込まれていない」という印象。 でも、これは万人の視点を意識した場合の評価で、人によっては最高のゲームになりうる。 やりこみ要素に関しては、長くハマれるように作られているし、 マニアックな部分や複雑な部分に耐えられる人なら、問題なく楽しめるだろう。 ちなみに、Wiiの初代『ゼノブレイド』を評価するなら、100点満点中90点かな。 前作も欠点自体はかなりたくさんあったんだけど、それを帳消しにするRPGとしての面白さがあった。 『ゼノブレイド2』においては、オタクプレイヤーを前提としたマニアックな感じが、やや悪い方向に働きすぎてしまったように思う。 ちょっと酷評になってしまったが、悪い部分はちゃんと悪いと言うのが自分のスタイルなので。 (今さらのレビューだが、アプデされる前に遊んだ感想となっている。 今はイージーモードとかが追加されたらしいし、チュートリアルなどもだいぶ改善されていらしいので、欠点は少なくなっていると思う。 ) この記事が参考になったのであれば、以下の 「ニンテンドースイッチソフトおすすめランキング」などの記事も参考にしていってほしい。

次の