で り っ しゅ きっ ちん。 ぶっちゃけちん巻きって意味あるの?

朱珍(しゅちん) 伝統的工芸品 西陣織の品種:西陣web

で り っ しゅ きっ ちん

はじめまして、朝海りくです。 少年マンガ的なお話が好きだったり、いびつな恋愛ものが好きだったり、 枯れたおっさんが好きだったり、がんばる少年が好きだったり、 ネコ科が好きだったり爬虫類が好きだったり、 節操と見境を遥か彼方にぶっ飛ばしてしまった雑食系でございますが、 どうぞ、なにとぞよろしくお願い申しあげます。 中編~長編が多い。 短編は苦手なので修行中。 好きでつけてるだけなので、お返ししなきゃ、とか思わなくて大丈夫。 しばらく読みにいけませんでしたが、 最近、少しずつ時間ができてきたのでヨム活動再開。 気に入ったお話はTwitterで紹介させていただいたりします。 厭だったらいってね。 BwCode::5d97f52b-32de-4f4a-8348-35ea340dcf7c …続きを読む しゅっぱーつしんこう(でんしゃのうんてんしゅふう) ってそっちじゃ無かったんですね。 どうも。 お久しぶりです。 (コッチでは) 初めましての方初めまして!! 最近、師匠と共同著作をしてましてお互いにレビューを書きあったり、コメントし合ったり、いちゃいちゃしたりしてる3u10REAPERです。 (お互いリアルでは会った事すらありません) 『みょうなちんみ』と言うよりかは、字面的には、珍珠(タピオカの事です)って感じだ。 毎度高齢…じゃ無いわ毎度恒例宣伝タイム。 勝手に人のところでこんなことしておいて、それを許してくれる師匠には頭が上がりませんが。 知り知れの制作中の最新エピソードでは、初めての大人数を叩く話になります。 結構長くなりそうです。 ではでは、また次回。 僕も結構人との壁を作りがちなタイプなので、ネットの世界はありがたいです。 リアルでは人に見せられない様な一面をさらけ出す事が出来て、それでいて人に認めてもらえる事がありがたいです。 勝手に宣伝してるので、宣伝にならなくとも文句を言う筋合いはありません。 いつ完成するのやら。 ご存知かもしれないですが、最近知り知れのあらすじの所変えたんで、また見に来て下さい。 まぁ、英語のところはキーボードの英訳任せなんで、変になってるかもですけどね。 あなたは、ネットの世界で仲良くなった人達の中で会いたい人の1人です。 塩が満ちた時には、お会い出来ると嬉しいです。 突然お邪魔致します。 三上ダヤンと申します 嘘です。 私もコメディ書いてるのですが、別件で忙しく、筆を止めてしまっており、きちんと書かないとなぁと思いつつ、 ふと何故だかスチームパンクにチャレンジしたくなり、現在、200文字ほどで、それも止めて参りました艸 それでもショートショートなので、近々公開はする予定。 では、また何処かでご縁があれば、 アディオス• 三上コシカさん> ダヤンさま!(ちがう) 改め三上コシカさま、コメントありがとうございます。 エッセイ、少しずつゆっくりとですが読ませていただいています。 ああもうほんとにその通り!!と共感の嵐で。 代弁してくださってありがとうの気持ちでいっぱいでした。 いや、いっぱいです。 現在進行形でございます。 私も書ききってから投稿していきたいタイプなので、そういう方がほかにもいらっしゃるんだな、と思わず嬉しくなったり。 お返しはなくて大丈夫ですので(勝手にぽちってるだけなので)、そのぶん、どうか執筆のほうにお時間あててくださいまし。 ご訪問ありがとうございました!• 朝海さまは、稀有なお方ですね 私の、乱暴で敵しか作らないようエッセイに、僅かながらでも賛同して頂いてることに、ただただ、頭の下がる思いです。 ところで 心気高き、朝海さまに、ちょことお願いが、ありまして 私は、さくじつ、童話 ショートショート に初挑戦したのですが、 子供向けに物語を書くというのが、これがたいへん難しく、見事に失敗し、二度と童話には手を出すまいと決意したのですが もし、気が向いたらでよいので、そのわたしの童話の、批評をしていただきたく、その願いと共に、もう一筆、ここに書き記しておきます なんか、外国語のタイトルです。 私は読めません。 三上コシカさん> いえいえ、たぶん三上さまのエッセイを読んで「そうそう!」となる方多いと思います。 私も返信時は途中までだったので、ちょっと誤解を招くような書き方になってしまったかしら。 すみません。 今朝、公開分を最後まで読ませていただき、こちらの補足も読みまして、旗がはたはたはためいてるのをしっかり見上げることができました。 さてさて、スチームパンク童話、ぜひ読ませていただきますね。 お声掛けありがとうございます。 私もうんこなので批評なんて恐れ多くてできませんが、個人的な感想はぜひお伝えできればと思います。 感想はたぶんレビューで、もしなにかお力になれそうなことが浮かべば、それはどこか別のところにこっそり書きます。 流し読みしてくださっても、スルーしてくださっても構いませんので。 余談ですが三上さまのあふれるユーモア感、すきです笑•

次の

王家の秘宝

で り っ しゅ きっ ちん

山東 ( さんとう )の州郡が反 董卓 ( とうたく )連合を結成し、 董卓 ( とうたく )討伐の兵を起こす。 天下に 大赦 ( たいしゃ )する。 董卓 ( とうたく )が 弘農王 ( こうのうおう )を殺害する。 白波賊 ( はくはぞく )が 東郡 ( とうぐん )に侵攻する。 太尉 ( たいい )の 黄琬 ( こうえん )と 司徒 ( しと )の 楊彪 ( ようひょう )が 罷免 ( ひめん )される。 董卓 ( とうたく )が 城門校尉 ( じょうもんこうい )の 伍瓊 ( ごけい )、 督軍校尉 ( とくぐんこうい )の 周毖 ( しゅうひ )を殺害する。 光禄勲 ( こうろくくん )の 趙謙 ( ちょうけん )が 太尉 ( たいい )に、 太僕 ( たいぼく )の 王允 ( おういん )が 司徒 ( しと )に任命される。 董卓 ( とうたく )が 洛陽 ( らくよう )の宮殿、 祖廟 ( そびょう )、民家をことごとく焼き払う。 長安 ( ちょうあん )に 遷都 ( せんと )し、 董卓 ( とうたく )自身は 洛陽 ( らくよう )郊外の 畢圭苑 ( ひつけいえん )に駐屯する。 白い虹が日輪を 貫 ( つらぬ )いた。 献帝 ( けんてい )が 長安 ( ちょうあん )の 未央宮 ( びおうきゅう )に到着する。 董卓 ( とうたく )が 太傅 ( たいふ )・ 袁隗 ( えんかい )、 太僕 ( たいぼく )・ 袁基 ( えんき )を殺害し、その一族を処刑する。 長沙太守 ( ちょうさ )・ 孫堅 ( そんけん )が 荊州刺史 ( けいしゅうしし )・ 王叡 ( おうえい )と 南陽太守 ( なんようたいしゅ )の 張咨 ( ちょうし )を殺害し、 袁術 ( えんじゅつ )と合流する。 北軍中候 ( ほくぐんちゅうこう )・ 劉表 ( りゅうひょう )が 荊州刺史 ( けいしゅうしし )に任命される。 劉表 ( りゅうひょう )が 南陽郡 ( なんようぐん )を除く 荊州 ( けいしゅう )諸郡を平定し、州治所を 武陵郡 ( ぶりょうぐん )から 南郡 ( なんぐん )・ 襄陽県 ( じょうようけん ) ( )に移す。 曹操 ( そうそう )が 徐栄 ( じょえい )に大敗する。 ( 汴水 ( べんすい )の戦い)• 曹操 ( そうそう )が 揚州 ( ようしゅう )で募兵し、 河内郡 ( かだいぐん )に向かう。 兵糧が尽きたため 酸棗 ( さんそう )の諸侯が撤兵を開始する。 劉岱 ( りゅうたい )が 橋瑁 ( きょうぼう )を殺害する。 劉岱 ( りゅうたい )が 王肱 ( おうこう )を 東郡太守 ( とうぐんたいしゅ )に任命する。 青州 ( せいしゅう )で黄巾賊の勢いが強くなる。 青州刺史 ( せいしゅうしし )・ 焦和 ( しょうか )が反 董卓 ( とうたく )連合を離脱する。 幽州牧 ( ゆうしゅうぼく )・ 劉虞 ( りゅうぐ )が 太傅 ( たいふ )に任命されるが、 詔 ( みことのり )は届かず。 司空 ( しくう )の 荀爽 ( じゅんそう )が亡くなる。 光禄大夫 ( こうろくたいふ )の 种拂 ( ちゅうふつ )が 司空 ( しくう )に任命される。 董卓 ( とうたく )が反 董卓 ( とうたく )連合の諸侯への和睦の使者を派遣する。 董卓 ( とうたく )が 五銖錢 ( ごしゅせん )を改鋳し、小錢を鋳造する。 孫堅 ( そんけん )が 魯陽県 ( ろようけん )の東で宴会を開く。 河内太守 ( かだいたいしゅ )・ 王匡 ( おうきょう )が 河陽津 ( かようしん )( 孟津 ( もうしん ))で 董卓 ( とうたく )に大敗する。 公孫度 ( こうそんど )が 遼東太守 ( りょうとうたいしゅ )に任命される。 スポンサーリンク 190年の群雄勢力図 190年1月 190年1月の群雄勢力図 190年12月 190年12月の群雄勢力図 190年の情勢 山東 ( さんとう )地方(反 董卓 ( とうたく )連合) 1月、 山東 ( さんとう )の州郡が反 董卓 ( とうたく )連合を結成して、 董卓 ( とうたく )討伐の兵を起こしました。 この年を群雄割拠の元年として、独立勢力だけでなく、 漢 ( かん )( 後漢 ( ごかん ))に従っている諸侯も群雄として扱います。 荊州 ( けいしゅう ) 3月、 長沙太守 ( ちょうさたいしゅ )・ 孫堅 ( そんけん )が反 董卓 ( とうたく )連合に参加するために北上し、その途上、 荊州刺史 ( けいしゅうしし )・ 王叡 ( おうえい )と 南陽太守 ( なんようたいしゅ )・ 張咨 ( ちょうし )を殺害。 荊州 ( けいしゅう )・ 南陽郡 ( なんようぐん )・ 魯陽県 ( ろようけん )の 袁術 ( えんじゅつ )と合流しました。 その後、 王叡 ( おうえい )の後任として 荊州刺史 ( けいしゅうしし )に任命された 劉表 ( りゅうひょう )が、 南陽郡 ( なんようぐん )を除く 荊州 ( けいしゅう )の諸郡を平定します。 司隷 ( しれい ) 冬、 董卓 ( とうたく )が 荊州 ( けいしゅう )・ 南陽郡 ( なんようぐん )・ 魯陽県 ( ろようけん )の 孫堅 ( そんけん )と 司隷 ( しれい )・ 河内郡 ( かだいぐん )の 王匡 ( おうきょう )を迎撃し、 河陽津 ( かようしん )で 王匡 ( おうきょう )を打ち破りました。 特記事項 反 董卓 ( とうたく )連合の結成 1月、 山東 ( さんとう )の州郡が反 董卓 ( とうたく )連合を結成し、 董卓 ( とうたく )討伐の兵を起こします。 董卓 ( とうたく )は 弘農王 ( こうのうおう )・ 劉辯 ( りゅうべん )が反 董卓 ( とうたく )連合の 錦 ( にしき )の 御旗 ( みはた )となるのを恐れて、 郎中令 ( ろうちゅうれい )・ 李儒 ( りじゅ )に命じて服毒自殺を強要しました。 関連記事 長安に 遷都 ( せんと )する 2月、 董卓 ( とうたく )が 洛陽 ( らくよう )から 長安 ( ちょうあん )へ 都 ( みやこ )を 遷 ( うつ )すことを提案します。 また 董卓 ( とうたく )は、 遷都 ( せんと )に反対した 城門校尉 ( じょうもんこうい )・ 伍瓊 ( ごけい )と 督軍校尉 ( とくぐんこうい )・ 周毖 ( しゅうひ )を、2人が 推薦 ( すいせん )した人物の多くが反旗を 翻 ( ひるがえ )したことを理由に処刑してしまいました。 董卓 ( とうたく )は、 洛陽 ( らくよう )の富豪たちに罪を着せてその財産を没収。 呂布 ( りょふ )に命じて歴代皇帝や 公卿 ( こうけい )たちの墓を 暴 ( あば )いてその副葬品の宝物を奪い、 洛陽 ( らくよう )の宮殿、民家などをことごとく焼き払うと、自身は 洛陽 ( らくよう )郊外の 畢圭苑 ( ひつけいえん )に駐屯します。 3月、 献帝 ( けんてい )が 長安 ( ちょうあん )に到着すると、反 董卓 ( とうたく )連合の盟主となった 袁紹 ( えんしょう )への見せしめとして、 太傅 ( たいふ )・ 袁隗 ( えんかい )、 太僕 ( たいぼく )・ 袁基 ( えんき )と、幼児を含むその一族50人余りを処刑しました。 関連記事 孫堅 ( そんけん )の挙兵 3月、 長沙太守 ( ちょうさたいしゅ )・ 孫堅 ( そんけん )は 董卓 ( とうたく )討伐の兵を挙げると、 洛陽 ( らくよう )に向けて北上を開始します。 途中、 孫堅 ( そんけん )は同じく 董卓 ( とうたく )討伐を 掲 ( かか )げていた 荊州刺史 ( けいしゅうしし )・ 王叡 ( おうえい )と、自分への協力を断った 南陽太守 ( なんようたいしゅ )・ 張咨 ( ちょうし )を殺害し、 荊州 ( けいしゅう )・ 南陽郡 ( なんようぐん )・ 魯陽県 ( ろようけん )の 袁術 ( えんじゅつ )と合流しました。 有力者を中心に結集して各地で反乱を起こした。 汴水 ( べんすい )の戦い 兗州 ( えんしゅう )・ 陳留郡 ( ちんりゅうぐん )・ 酸棗県 ( さんそうけん )に駐屯していた 曹操 ( そうそう )が、 司隷 ( しれい )・ 河南尹 ( かなんいん )・ 成皋県 ( せいこうけん )の要害攻略に向けて進軍を開始しました。 ですがその途中、 汴水 ( べんすい )を渡ったところで 董卓 ( とうたく )配下の 徐栄 ( じょえい )の軍と遭遇し、大敗北を 喫 ( きっ )してしまいます。 そして、なんとか 酸棗県 ( さんそうけん )に逃げ帰った 曹操 ( そうそう )は次なる策を提案しますが、 董卓 ( とうたく )を恐れた 酸棗県 ( さんそうけん )の諸侯は動こうとせず、ついには兵糧が底を突いたことを理由に解散してしまいました。 その後 曹操 ( そうそう )は、 揚州 ( ようしゅう )で新たに兵を 募 ( つの )って 河内郡 ( かだいぐん )の 袁紹 ( えんしょう )と合流します。 関連記事 反 董卓 ( とうたく )連合に和睦の使者を送る 6月、 董卓 ( とうたく )が反 董卓 ( とうたく )連合の諸侯への和睦の使者として、 大鴻臚 ( だいこうろ )・ 韓融 ( かんゆう )、 少府 ( しょうふ )・ 陰脩 ( いんしゅう )、 執金吾 ( しつきんご )の 胡母班 ( こぼはん )、 将作大匠 ( しょうさくたいしょう )・ 呉修 ( ごしゅう )、 越騎校尉 ( えっきこうい )の 王纓 ( おうえい )を派遣します。 ですが、反 董卓 ( とうたく )連合の盟主・ 袁紹 ( えんしょう )はこれを許さず、 河内太守 ( かだいたいしゅ )・ 王匡 ( おうきょう )に使者を殺害させました。 この使者の1人である 胡母班 ( こぼはん )は、 王匡 ( おうきょう )の 娘婿 ( むすめむこ )でした。 また 董卓 ( とうたく )は、これまで流通していた 貨幣 ( かへい )である 五銖銭 ( ごしゅせん )をつぶし、 洛陽 ( らくよう )と 長安 ( ちょうあん )の銅像類を 溶 ( と )かして、従来の 五銖銭 ( ごしゅせん )よりも薄く小さく、刻印も輪郭もなく、 磨 ( みが )かれてもいない粗悪な 貨幣 ( かへい )を 鋳造 ( ちゅうぞう )します。 関連記事 河陽津 ( かようしん )の戦い 冬、 董卓 ( とうたく )は 荊州 ( けいしゅう )・ 南陽郡 ( なんようぐん )・ 魯陽県 ( ろようけん )に駐屯する 孫堅 ( そんけん )に兵を向け、また、 河陽津 ( かようしん )( 孟津 ( もうしん ))に軍を進めた 河内太守 ( かだいたいしゅ )・ 王匡 ( おうきょう )を迎撃して打ち破ります。 董卓 ( とうたく )に敗北した 王匡 ( おうきょう )は、故郷の 兗州 ( えんしゅう )・ 泰山郡 ( たいざんぐん )に逃げ帰り、新たに募兵して 陳留太守 ( ちんりゅうたいしゅ )・ 張邈 ( ちょうばく )との合流を 図 ( はか )りますが、以前 王匡 ( おうきょう )が殺害した 胡母班 ( こぼはん )の親族と共謀した 曹操 ( そうそう )によって殺害されてしまいました。 またこの時、 河内郡 ( かだいぐん )には 袁紹 ( えんしょう )も駐屯していました。 関連記事.

次の

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中間考査一週間前。(それだけか

で り っ しゅ きっ ちん

ちくわです。 オムツの当て方のひとつとして「ちん巻き」というものがありますよね。 男巻きって呼ぶ人もいるかな? ネットで調べると「ちん巻きの極意!」なんていうサイトも見つかるほど いろんな巻き方があるんだなぁと関心します。 ここからは僕個人の意見ですが、 ぶっちゃけちん巻きって意味ないよね。 笑 そもそも男である僕の意見としては 不快以外の何ものでもない! 不快であれば取りたくなるし、 取ればオムツの枚数増やされるだろうし、 枚数が増えればさらに不快になるし、、、 と悪循環でしょう、、、 今、僕が働いている現場でも男巻きが行なわれています。 なぜちん巻きをするのかと聞くと 男だから 交換が早くて楽 等、一切利用者の立場に立った意見は聞かれませんでした。 というか、触り漏れがかなり多いんですよね。 笑 オムツ当ててる意味ないじゃん! ちん巻きばかりしているから オムツ交換の技術がまったくなく、パッドの当てミスもかなり多い! そこまでしてちん巻きにこだわる理由ってなんなのか。。。 ここまでちん巻き批判をに書いてしまいましたが、 例えばお尻にキズがあって尿をお尻に流れないようにしたい!など ちん巻きが必要なときもあると思います! どうやっても尿漏れがすごい! いろんな当て方を試して、アセスメントをした上でちん巻きに落ち着いた! ということもあり得ると思います! なにがなんでもちん巻きは悪だ!! と言うつもりはありませんが、 男性=ちん巻き! ちん巻きで漏れたらその上にさらにパッドを当てる! など、あてずっぽうのケアだけはやめてほしいです。。。 kojinghahisetu.

次の