炭カナ 小説。 【鬼滅の刃】炭カナっぽい話を原作・公式から紹介!2人の関係は?

ss小説【鬼滅の刃】炭カナの公式内エピソードを原作から紹介!【鬼滅の刃】

炭カナ 小説

下記クリックで好きな項目に移動• 『鬼滅の刃』原作での炭治郎・カナヲの関係 はじめて会話をするシーン 引用元:『鬼滅の刃』単行本より 那田蜘蛛山で戦った後、炭治郎たちはリハビリのために「蝶屋敷」で訓練をします。 ここで炭治郎は、はじめてカナヲと会話をしました。 きっかけは炭治郎の応援 カナヲは優秀な隊士ですが、 自分で意思決定することができず感情も表に出さない性格です。 というのも、幼い頃に虐待された経験から考えることを放棄してしまったのです。 そのため、指示されていないことはコイントスで決定。 炭治郎に話しかけられた時も、会話をするかどうかコイントスで決めていました。 その様子を見た 炭治郎は、カナヲが心のままに生きられるように励まします。 「頑張れ!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!」と真っすぐな言葉で応援してくれたのです。 その後で自分の行動に「!?」となるあたり、もうカナヲちゃんは本当に可愛い。 自分意思でアオイ・なほを助ける 音柱・宇髄天元は、吉原を調査するために女性隊士を連れて行こうとします。 その時、宇髄天元に無理やり連れ去られそうになったのは、 アオイとなほ(カナヲと同じく胡蝶しのぶの継子)でした。 アオイは助けを求めますが、カナヲは動くことができません。 そもそも宇髄天元は上官であり柱の1人。 鬼殺隊の一員として、助けることはできないのですが… この時、カナヲは 炭治郎の「心のままに」という言葉を思い出します。 引用元:『鬼滅の刃』単行本より そして カナヲは目をぎゅっと閉じたまま、アオイの手となほの服を掴んだのです。

次の

もし炭治郎が、日の呼吸の適性が最適最強だったら その4

炭カナ 小説

鬼殺隊は解散。 炭治郎の左腕はマヒになったかのように、上げ下げはできても握ることはできず。 ひじから下は触られていることも分からない状態。 そして右目も形は整っているものの機能していない状態になっていました。 ただ鬼となった炭治郎にかまれた禰豆子(ねずこ)は無事でした。 そしてその後は、これまで出会った人たちとの触れ合いの後、善逸や伊之助と共に家に戻った炭治郎。 ここまでが204話で描かれていました。 その後の展開ですが、左腕と右目に不自由を抱えていましたので、 体を使った仕事をすることが炭治郎には難しかったのかもしれません。 とはいえ炭治郎が最後に鬼を葬った事実は、周囲に知れ渡っていたことでしょう。 鬼殺隊は政府公認組織ではないため、表立った表彰などはなかったはず。 ただそれでも 藤の花の家紋の家は、炭治郎たち鬼殺隊の面々のその後の面倒を見たと思われます。 大きな傷を負った剣士・炭治郎は、左腕と右目が不自由でも周囲に助けられて、妹の禰豆子とゆっくりとした生活を続けていったでしょうね。 ヒノカミ神楽の継承も難しく また炭治郎の左腕と右目の状況からすると、おそらくですが 炭治郎はヒノカミ神楽を体で再現することは不可能だったはずです。 それでも、もしかすると 炭治郎はヒノカミ神楽のやり方を文章で残していた可能性はあるのかもしれません。 善逸も鬼を倒した時のことを小説として残していたように、炭治郎はヒノカミ神楽を念のために記録として残していた。 古き平安の世に鬼が出たのならば、また今後に鬼が出ないとも限らない。 そんな想いからヒノカミ神楽の文書化を進めていたと思われます。 禰豆子に善逸が迫り続ける そして妹の禰豆子には、善逸が迫り続けたことでしょう! 最終回の205話で描かれていた、我妻善照(あがつま よしてる)と我妻燈子(あがつま とうこ)はそれぞれ善逸と禰豆子に似ていました。 ということは善逸と禰豆子が一緒になったということなのでしょう。 個人的には女好きな善逸は禰豆子ではなく、別の女性と一緒になって欲しかったかな?という気持ちもあります。 女好きな善逸は浮気でもしたのではないか?と思うと、禰豆子がかわいそうに思えるからです。 この辺りはどうだったのでしょうか? 想像にすぎませんが、具体的に物語が描かれなくて正解だったのかもしれませんね。 カナヲと交友を深める炭治郎 また炭治郎に恋をしていたのでは?とウワサされていたカナヲ。 最後に登場した204話では、目も全然見えないわけではないとのことでしたが、「全然見えないわけではない」というその言い回しはほとんど見えていないほど状態がひどいことを表していたと思います。 そんなカナヲは伊黒の鏑丸(かぶらまる)を不死川にもらったと言っていました。 この鏑丸の世話をカナヲと炭治郎が行っていって、2人はその後も交友を深めていったのかもしれませんね。 スポンサードリンク 炭治郎、カナヲと結婚! カナヲと付き合う炭治郎 美容院連れてくのもなぁ、と思って娘の前髪を切ったらまあ案の定ぱっつんになってしまったんだけど。 そして心優しい炭治郎は自分も右目が見えない中で、カナヲの不自由さを解消しようと何かと助けていたのかもしれません。 そんな炭治郎の優しさに触れて、さらに炭治郎に対する恋心が強くなっていくカナヲ。 そして徐々に心を開いてきたカナヲとの会話がとても楽しくなってきた炭治郎。 いつしか炭治郎もそんなカナヲに対して恋心を抱くようになったのかもしれませんね。 カナヲと結婚する炭治郎 そしてついに炭治郎がプロポーズする時が訪れます。 スパッとプロポーズを切り出す炭治郎。 炭治郎のプロポーズを涙で受け止めるカナヲ。 目に不自由さを抱えた二人の結婚に周囲は少し心配したかもしれませんが、禰豆子はとびっきりの笑顔で大賛成。 善逸や伊之助、冨岡義勇や鱗滝などの鬼殺隊の面々もそろって二人の門出が祝われたことでしょう。 また大正時代には新婚旅行も一般化していたそうですが、ただ二人は目の不自由さを抱えていましたし、藤の花の家紋の家々から助けをもらいながらの生活だったはず。 新婚旅行は心優しい炭治郎がしないことを決めたのかもしれません。 子供は2人できた そんなささやかな結婚生活を営んでいた炭治郎たちが子宝に恵まれることになります。 先に女の子が誕生。 そして2年後に男の子が誕生。 他の人を助けたいと願う野口英世は、心優しい炭治郎と気が合ったかもしれません。 そして意気投合して医療の将来を熱く語る二人の姿がそこにはあった。 そんな微笑ましい光景が大正時代に見られたのかもしれません。 スポンサードリンク まとめ 鬼滅の刃かっこいいシーンとかあるのにたまにこうゆうバラエティ感ある発言とか絵好きだわ〜😆 — けい kei1003oo ここまで鬼滅の刃の炭治郎のその後を考察してきました。 鬼殺隊の面々は最終回の一つ前の204話までしか登場していませんでした。 そのため炭治郎をはじめとするメンバーのその後については、現時点では何も語られてはいません。 ただ最終回の205話で、炭治郎など鬼殺隊の子孫であろう人の姿はチラホラと見ることができ、そこから炭治郎とカナヲが無事にゴールインしたことも予想されます。 また炭治郎は左腕と右目に不自由さを抱えることになりました。 その後の生計を立てるのに苦労したのかな?とも思ったのですが、鬼舞辻無惨を倒したという功績は世間一般からは評価されなかったとしても、藤の花の家紋を掲げている家々からはその大きな功績から様々な援助の手が差し伸べられたはずです。 そうした周囲からの温かいサポートの中で、炭治郎もカナヲも不自由なく生活できていたかもしれませんが、心優しい炭治郎だけに、カナヲの世話をする中でカナヲの目を何とかしようと、医学を学ぶようになるかもしれないとも想像しました。 炭治郎のその後については他にも様々な可能性があるとは思いますが、ここで最終回を迎えた鬼滅の刃の「炭治郎のその後」に関する考察を終わります。 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!.

次の

【鬼滅の刃】「さねカナ」って公式なんですか??

炭カナ 小説

app. goo. 普通に考えたらちょっと意味が分からないような言葉ですよね。 しかしこの台詞には理由があるのです。 小さな兄弟たちに「どんな御嫁さんがいいの?」と聞かれた炭治郎がまだ小さな子供だから分かりやすく伝えようとして、花と動物に例えて話たのですが、それによって分かりにくくなってしまいました。 もちろん兄弟は混乱して、「お兄ちゃんが犬と結婚したがっている」と驚きを隠せないでいる様子であわてて母親に報告に行きました。 さすがに長男が犬と結婚したがっていたら大騒ぎになりますよね。 鈴蘭のような柴犬とは兄弟に分かりやすく説明したつもりが大きな誤解を招いてしまったという事です。 app. goo. 鈴蘭の花の最盛期は5月である事が有名で、5月の誕生花としても馴染まれています。 日本において鈴蘭には2つの別名あって、ひとつは「君影草」もうひとつは「谷間の姫百合」といいます。 「君影草」 は男性を支える女性のイメージです。 「谷間の姫百合」 はドイツ語の学名を組み合わせることによって成立しています。 花言葉は「再び幸せが訪れる」「純粋」という言葉になります。 美しい見た目と綺麗な花言葉をもつ鈴蘭は結婚式のブーケにも使われることもあります。 女性らしいイメージが強い花になります。 しかし実は鈴蘭は全草有毒で、根に至るまで強い毒を持っているのです。 実際に心臓麻痺の症状が起こり、死亡例もあるのです。 怖いですね。 しかも水で溶けるので家で飾って、その後普通の水として飲んでしまうと毒としての効果があるのです。 app. goo. カナヲは無傷で合格しえいて、初期の段階からでもその強さが伺えます。 幼少時代のトラウマ 詳しくはカナヲ編で読んで下さい から自分の意思でものごとを判断することや言葉で伝える事ができないためにコイントスで決めていました。 ですが炭治郎との出会いにより、少しづつ変わっていくのです。 「この世にそうでもいい事なんてない 人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と炭治郎がカナヲの手をとって励ましたシーンはとても素敵でした。 戦いにの末二カ月の昏睡状態だった炭治郎が目覚めた時に近くにいたカナヲが一番に気づきこれまで話さなかったカナヲが「目が冷めて良かった・・・」と言葉に出しました。 自分の気持ちを言葉であらわせた事はカナヲにとって大きな変化だったのです。 炭治郎の「鈴蘭のような 柴犬 」とはカナヲの事ではないのでしょうか。 鈴蘭と柴犬をつなげてみると 「美しさ」「女性らしさ」「強い毒性」「忠実さ」「家族を大切にする」「敵に対して勇敢」炭治郎の女性が好みなのではないでしょうか。 app. goo. いつも微笑み口数も少なく、「君影草」のような女性であること童磨との戦いではかなり勇敢で攻撃的だったこと。 鈴蘭 の花言葉が「再びの幸せ」であること。 炭治郎の理想の女性はカナヲなのではないでしょうか。 そしてカナヲも自分を励まし意思を持ち、表現することを教えてくれた炭治郎の事は恋心として芽生えているのではないでしょうか。 炭治郎はカナヲの誕生日や花言葉について知っていたのでしょうか?気になるところですが、これはワニ先生しか知らない真実なのでしょうね。 花言葉に関しては過去のカナヲを考えるとなるほどと、納得できます。 救って育ててくれたカナエを失い、師匠であり憧れていたしのぶも失う血のつながりこそないものの、肉親や姉と明言したことからも本当に2人の事が大好きだったんだなと感じました。 美しく勇敢で家族を大切にするカナヲ炭治郎が「再びの幸せ」に導いてくれるのではないかと信じていました。 app. goo. 炭治郎は恋愛とかに関しては少し鈍感なところもあるように思いますが、カナヲの心を動かした事は事実です。 他のカップリング同様叶わぬ恋に終わってしまうのでしょうか。 カナヲの目の状態も分からないので心配ですね。 鬼滅のカップリングは人気なんですが、本編でれがかれる事は少なく、叶わない切なさが残るものが多いのが特徴的ですね。 叶わないからまた想像をふくらます事ができるのかもしれないですが、やっぱり来世ではなく今!幸せになって欲しいと思います。 今回も最後まで御愛読ありがとうございました。

次の