キョダイマックス カビゴン 育成。 【ポケモン剣盾】ラプラス育成論・対策【キョダイマックス】

【ポケモン剣盾】キョダイマックスポケモンのランクまとめ【ガラルビギニング】

キョダイマックス カビゴン 育成

ポケモンソード・シールド(剣盾)でダイマックスが強すぎる 「ラプラス(キョダイマックス)」の入手方法・出現場所と育成論・対策を記載します。 【ポケモン剣盾】ラプラス巨大マックス出現場所・育成論・対策 出現場所:巨人の腰かけ(南の巣穴)で太い光の 低確率で出現します(盾のみ出現)。 強すぎる「キョダイセンリツ」技 ラプラスのキョダイマックスポケモン(ダイマックスすると姿が変化する)のみが使える専用技が強すぎる。 キョダイセンリツ:攻撃+技効果(5ターンの間、物理・特殊ダメージ半減)+交代しても効果継続 通常の氷技がダイマックスすると使えるようになります。 種族値 ・努力値配分 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 130 85 80 85 95 65 60 努力値の上げ方としては「HP4・ 特攻252・ 素早さ252 」と特攻・素早さに全振りさせる。 最速にする理由は、ラプラスみんな使っているので相手より先に行動するため。 特攻はHPなど耐久に調整してもいいかもしれません。 氷のつぶては先制攻撃技です。 10万ボルトはカミナリでもいいと思います(天気:雨だと必中、通常は命中率70なので外しました)。 また、あくびやねむりごな技をつ変わることが多い場合は「ねごと」を覚えさせてもいいと思います。 タイプ相性・持ち物 倍率 タイプ 4倍 - 2倍 草・電気・格闘・岩 0. 5倍 水 0. 25倍 氷 無効 - オススメ持ち物は、 弱点保険(弱点を攻撃されたときに特攻・攻撃2段階UP)、ひかりのねんど(オーロラベールを3ターン延長する)でキョダイセンリツを8ターンに延ばすことができます。 戦い方 ダイマックスをするポケモンとしてパーティに入れる。 ダイマックスをしてラプラス専用技「キョダイセンリツ」をする• 弱点攻撃を受けると弱点保険(攻撃・特攻2段階アップ)• 5~2. 0倍になるので耐久値がさらに上がっている。 対策・攻略 間違いなく環境トップのポケモンなので完璧に抑えるというこは難しいので、下記のどれかで頑張りましょう(運要素で申し訳ない)。 パッチラゴン:特性はりきり(攻撃1. ラプラス:こちらもキョダイラプラスで対抗• あくびやねむりごな:キョダイセンリツをうたれてもしょうがないがダイマックスターンを終わらせる 上記どれかの対策をするのが懸命です。 相手は1番にラプラスを選出してダイマックスを切るパターンが多いので、こちらは ダイマックスを残すことが出来れば有利になります。 対策されても、強すぎるので確実な対策・攻略は難しいです。 試行錯誤しながら追記します。 (キョダイラプラス強すぎませんか) ポケモン総選挙2020の人気ランキング結果はこちら ネット対戦についてはこちら ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください 最新情報• お役立ち• 強化のお役立ち• ポケモン• 剣盾限定ポケモン• 人気ポケモン• レアアイテム• 新要素• yomu0007.

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスカビゴンの入手方法と種族値【ソードシールド】|ゲームエイト

キョダイマックス カビゴン 育成

はじめに このカビゴンは有利な相手との対面から「はらだいこ」を積んだ後、全抜きないし2抜きすることが目的です。 ここでは単体として完成したについて論じます。 そのためトリックルームなどのサポートを受けない型を前提で話をします。 また、キョダイマックスとの相性が良いのでダイマックスエースとしての育成論になります。 (キョダイ)カビゴンについて の種族値はHP:160、とくぼう:110と特殊耐久に優れたポケモンです。 ぼうぎょは65と普通の値ですが努力値252振りで実数128となり両受けすることも可能です。 弱点も2倍の格闘タイプしかなく非常に耐久性能に優れています。 また、物理攻撃も優秀で種族値110もあります。 1月3日からのシリーズ2でレート戦でもキョダイが解禁になりました。 これによりダイマックス中に回復することができるため耐久性能が向上しました。 このカビゴンのメリット• 技範囲が広い 技範囲が広いため特定のポケモンで止まりにくいです。 また、習得技が読まれにくいために対する適切な受けポケモンを選ぶことが難しいです。 受けポケモンを許さない などの受けポケモンを技次第で倒すことができます。 このため受けポケモンの選出を縛ることができます。 ただし、本論の確定技ではを倒せない点とを相手にできない点は注意してください。 以上の様にには 全抜きを目指すポテンシャルがあります。 基本ステータス• とくせい 「キョダイサイセイ」や「はらだいこ」と相性の良い くいしんぼうとします。 もちもの 回復量の多い フィラのみとします。 性格がわんぱくのためウイの実以外の混乱実であれば良いです。 せいかく 低い物理耐久を補うため わんぱくとしました。 全抜きを目指すので火力も欲しいところですが、今回はトリックルームを前提としていないため被弾する覚悟で耐久を高めました。 努力値配分 180-0-252-0-0-76 HP:「はらだいこ」後にフィラの実を食べるための2n調整と混乱実の回復効率の良い3n調整を両立しました。 S : 「クリアスモッグ」対策に無振りトリトドン抜きです。 技構成と与ダメ 「はらだいこ」のみ確定とします。 技範囲が広いのでお好みで選んでください。 与ダメは全て「はらだいこ」後です。 使用率ランクは以下のサイトを参照しています。 本論のコンセプトのため確定です。 相手の能力変化を無視して技を撃てます。 サニーゴ(ずぶといHB252) 80. 2-94. 1-143. ドラパルト(H4) 213. 4-251. アーマーガア(わんぱくHB252) 82. 9-98. 4-169. アイアント(H4) 334. ルカリオ(H4) 223. ナットレイ(わんぱくHB252) 161. 3-192. 4-329. ドリュウズ(H4) 196. 7-232. 状態異常だと技の威力が倍になります。 ローブシン(H212) 85. 9-101. 8-173. ネギガナイト(H252) 121. 3-143. 6-244. ギャラドス(H4) 121-142. 6-244. トリトドン(ずぶといHB252) キョダイサイセイ 123. 6-145. ドヒドイデ(ずぶといHB252) キョダイサイセイ 100-118. ミミッキュ(H4) 239. 6-282. トゲキッス(B4) 168. 7-198. 7-322. ヌオー(ずぶといHB252) 53. 4-63. 1-100. キョダイサイセイの火力増強にどうぞ。 カバルドン(わんぱくHB252) キョダイサイセイ 102. 3-120. ダイマックス相手に使えないのが難点です。 ほのおのパンチと選択です。 アーマーガア(わんぱくHB252) 132. 4-169. 威力150の超火力になります。 DMXロトム(わんぱくHB252) 107-126. 5-94. バンギラス(H252) 108. 6-96. ダイマックス後の被ダメを載せています。 ダイマックス前は2倍にしてください。 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 15. 1-17. 1-22. アイアント(はりきり珠いじっぱりA252) ばかぢから 42. 8-50. 3-40. ルカリオ(A252) インファイト 32. 9-39. 9-31. ドリュウズ(A252) じしん 16. 2-19. 9-24. 1-46. 1-46. ネギガナイト(ながねぎ意地っ張りA252) インファイト 42. 1-74. 9-39. ミミッキュ(いじ珠A252) じゃれつく 15. 8-18. 7-53. トゲキッス(c252) マジカルシャイン 11. 6-13. 7-44. ギャラドス(A252) とびはねる 12. 9-15. 7-23. 格闘ポケモンを処理した後もしくは手持ちにいないと予想される場合は後出しでも良いと思います。 を出した後は以下の2つのパターンが考えられます。 パターン1 相手が有利ポケモンに変更してきます。 そのタイミングで「はらだいこ」を積むので無償で降臨することができます。 その場合も大きくHPを削ってから交代するので全く無意味になることはありません。 パターン2 相手がそのまま殴ってきます。 こちらが攻撃するまでに2回殴られますが有利対面のため確実に相手を倒すことができます。 ダイサイセイで回復しつつ倒すことができたらパターン1の場合より有利に立ち回ることができます。 さいごに 今回はカビゴン対策を中心に書いたので強さが伝わりづらかったかもしれません。 しかし、などの受けポケモンを一撃死させる火力と弱点技でも耐える耐久性能があり大変強いポケモンです。 格闘技ポケモンを手持ちに入れてない方も意外と多く大活躍します。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 勉強頑張ってください! s0厳選するの大変だから後回しになりますよね… 私もs0手に入りませんでしたorz 全然大丈夫ですよ!ただトリル運用したことないのでエアプ返信になってしまいますが… トリル運用する場合は被弾を減らすというコンセプトになるので、sの分だけでなく耐久を削ってAに回すと良いと思います。 A148振りキョダイサイセイ(じばく)、A228キョダイサイセイ(すてみタックル)でH214B44ブシン(ダイマ)を確1取れます。 この辺りが一つの目安になるのではないでしょうか。 ダブルバトルの場合は腹太鼓前に二回ダメージを受けるので耐久を削るかどうかは悩ましいところですね。 最近増えてきた受け型のミロカロスには死に出しから先に霧打たれてダイマを枯らされる上に突破出来ないので、意識したほうがいいと思います。 6〜100. 8〜133. 5〜94. 0〜126. 6〜96. 6〜128. 8〜48. 3〜64. 2〜75. 5〜100. 7〜94. 2〜125. 気になったので調べました。 この型のカビゴン使うの楽し過ぎます。 トリトドンに先制取れる調整のおかげで勝てた試合もありました! 試しに自爆を採用してみたところ、こちらのダイマックスが終わったあとに相手のダイマックスポケモンを1撃で倒してくれたので愛用してます。 いくつかピックアップして本論に載せさせていただこうと思います。 本論のパターン1の場合 相手がカビゴンに勝てないと判断してアイアントを後出ししてくるパターンです。 カビゴン「腹太鼓」 2. アイアントが出てくる 3. カビゴンダイマックス 4. アイアント「馬鹿力」or「ダイナックル」 5. カビゴン「ダイバーン」で確1 アイアントはカビゴンを一撃で落とせませんが、カビゴンは相手がダイマックスしていても確1とることができます。 本論のパターン2の場合 相手がカビゴンの型を読みアイアント交代では勝てないと判断してきた場合はこちらを選択してくると思います。 少しでもカビゴンのHPを削ってアイアントの馬鹿力圏内に入れる動きです。 馬鹿力の最高ダメが53. 詳しくはこのサイトの「タマゴグループ・タマゴ技」のページを読んでみてください。 ところで対ローブシンなのですが、実際に対峙した場合ダイマックスを切られると勝てる流れが見えない気がしました。 例:初手カビゴン(はらだいこ)対ヒートロトム(ボルチェン)で、交代のローブシン この場合相手と同時にダイマックスしたのですがキョダイサイセイが成功しても回復が追いつきませんでした。 オーロンゲやエルフーン等で壁を貼ってから カビゴンを出す 理想は死に出し ことで はらだいこ後相手の攻撃を難なく受け止めて ダイマックスし、3タテすることも多々あり 物理特殊関係なく対面できる素晴らしい型でした。

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスを解説!キョダイマックス可能なポケモンと技【ポケモンソードシールド】

キョダイマックス カビゴン 育成

カビゴンの特性くいしんぼうと非常に相性がよく、 回復しながら高火力で殴ることができます。 単純ながら使いやすく、カビゴンの耐久も合わせて強力な専用技に仕上がっています。 キョダイマックスカビゴンの性格と努力値振り 王冠を使ったのでレベル100時点のステータス画像です。 元々の特防が高く、物理環境なので努力値は防御一択。 はらだいこ使用時にHPが偶数になるように努力値は244で偶数調整しています。 252まで降ると奇数になるため、はらだいこ後にくいしんぼうが発動しないので注意しましょう。 持ち物はくいしんぼうの効果でHPが半分の時点できのみを食べられるので混乱きのみを持たせます。 ちなみにキョダイマックスは遺伝しないので レイド産のカビゴンにわんぱくミントを使って性格を変えましょう。 くいしんぼうは夢特性なのでとくせいカプセルでは出せないので乱獲するしかないです。 キョダイマックスカビゴンの技構成 はらだいこ HPを半分減らす代わりに攻撃ランクを6段階アップさせる。 必須技その1。 カビゴンの足りない火力を化け物まで底上げしてくれる必須技。 HPの半分を犠牲にたいていのポケモンをワンパンで沈められるようになります。 からげんき 自分が状態異常の時に威力が2倍になる。 やけど状態でも攻撃力が半減しない。 必須技その2。 キョダイサイセイのためのノーマル技枠。 はらだいこを積む際に運悪くやけどを入れられてしまった場合などに火力を出せるようにのしかかりではなくからげんきを採用しています。 やけどした場合はからげんきが威力140の効果力技になるのでダイマックスせずにからげんき連打で敵をぶっ飛ばせます。 ヒートスタンプ 自分の重さが相手より重いほど威力が上がる。 ダイマックスしている相手には効かない。 アーマーガア、ナットレイ対策にヒートスタンプを採用。 カビゴンのキョダイマックスターンを止めるために稀にアーマーガアがダイマックスして耐久しようとしてくることがありますが、ダイバーンで一撃で消し飛ばせます。 ただしダイマックスしている相手には無効になるので忘れないように。 じしん 攻撃技自由枠。 ノーマル技が半減のはがね・いわタイプに対して抜群で撃てて火力も高いのでじしんを入れてますが、ほかの技にしてもいいかも。 採用率の高いドラパルトへの打点も兼ねているのでドラゴンにも等倍で通る威力の高い技がおすすめです。 DDラリアットあたりも候補ですね。 起点作りにはミミッキュがおすすめ カビゴンのはらだいこは強力ですが、HPの半分を犠牲にするため 鈍足のカビゴンでは次のターンに動く前に処理される可能性があります。 そのため、カビゴンがはらだいこを積みやすいように 場を整える起点作り役をパーティに用意してあげましょう。 そこでおすすめなのが、 HBこうこうのしっぽミミッキュです。 初手に出して ばけのかわで安全にトリックを使い、こうこうのしっぽを相手に押し付け、次のターン 上から鬼火を入れて相手の初手ポケモンの機能を停止させます。 鬼火を撒いてまだミミッキュが生き残っているようななら、 のろいを撃って自主退場しカビゴンを展開します。 ミミッキュのHPやばけのかわをある程度残せているならのろいは撃たずにカビゴンに交代してもOKです。 こうこうのしっぽを渡すことで足の遅いカビゴンが上から殴れるようになり、鬼火で火力が落ちてるのではらだいこを積む際にカビゴンのHPを多めに残せるので後から出てくるポケモンとも殴り合いやすくなります。 最初はメンタルハーブカバルドンを使っていましたが、初手に出てきやすいヒヒダルマや水ロトムに弱いので型の読まれにくいミミッキュを採用しました。 ただし 挑発には無力なので注意が必要。 ミミッキュは初手剣舞が定番なので挑発が飛んでくることも多いです。 ほかの起点作りとしては壁貼りオーロンゲもアリだと思います。 とにかく相手から受けるダメージを減らしてはらだいこ後も殴り合えるカビゴンを降臨させることを考えます。 対戦での立ち回り 基本は初手ミミッキュでトリック鬼火の起点作りをしてのろいで自主退場してカビゴンを展開します。 カビゴンではらだいこしたらキョダイマックスしてキョダイサイセイ連打。 あとはカビゴンがきのみを拾ってきてくれることを祈りましょう。 敵の初手が物理アタッカーでうまく起点にできればキョダイサイセイできのみを回収できなくてもカビゴンの耐久力で3タテできることも多々あります。 受けループだろうとキマれば超火力で吹き飛ばせます! はらだいこを使ったタイミングでやけどを入れられた場合だけはダイマックスを切らずにからげんきを連発したほうが火力が出ます。 こうこうのしっぽトリックが決まっていない場合、敵に上からちょうはつを撃たれる可能性もあるのでギャラドスやアーマーガアなどと対面しているときは注意しましょう。 うまくはらだいこからのキョダイマックスが決まれば最低2体は持っていけるはずなので、相手のラス1が残ってしまった場合にこちらの裏のポケモン選出を考えます。 カビゴンでダイマックスを切るので ダイマックスなしで相手を上から処理できる速くて火力のあるポケモンを採用します。 最速ポケモンのドラパルトは鉄板。 ヒヒダルマやサザンドラにスカーフを持たせるのも単純に強いのでおすすめです。 先制技を覚えて速いエースバーンあたりもアリですね。 基本的に受けを考えていないパーティなので受け要因は採用していません。 キョダイマックスカビゴンの育成論と使い方まとめ カビゴンはもともと特殊受けのろい型やはらだいこ型で採用されることがありましたが、今回のキョダイマックス解禁でさらに採用率は上がると思われます。 起点作りが必須な点と選出の時点でカビゴンの型が読まれやすい点は弱みですが、 はらだいこカビゴンの圧倒的な火力は使っていて気持ちがいいのでぜひ一度使ってみてください! やりたいことを押し付けて勝つのがコンセプトなので選出以外考えることが少なく、 初心者でも使いやすいパーティだと思います。 相手の初手を読むことにすべてを注ぎましょう!.

次の