うつ 病 仕事 休職。 うつ病で休職してから退職した理由、気持ちの整理とお金のこと|sarunomad

うつ病による休職からの職場復帰—本人の不安を取り除くために必要なこととは?

うつ 病 仕事 休職

sponsored link うつ病にかかる方が増えている中、休職をせずに、治療を受け続けながら、働いている方がかなりの数おられるようです。 ある調査結果によると、 うつ病治療中の方で休職制度を利用して、 休職している方は全体の 5%ほどに過ぎないという報告もあります。 *1 ということは、現実には、休職せずに、仕事をしながら治療を並行して行っている方がほとんどであるということでしょうか。 しかし、うつ病になってしまった原因が、職場にあるストレスが大きい場合、その原因のある場所で頑張り続けることは、治療上、回復への期間を長くするだけではないでしょうか? そこで、今回は、「うつ病の診断書があれば休職できる?休職期間の給料は?」ということで、まずは、休職することの是非について考え、そして、休職するならば必要となるものなどについて整理し、最後に、休職期間の給料はどうなるのかについて触れてみたいと思います。 sponsored link うつ病の治療に「休職」は必要なことか? まず初めに、「休職」という制度は、大抵の会社に設けられているものでありますが、法律で定められた制度ではありません。 ですから、この制度を設けていない企業もあるでしょうし、「休職」に関する細かな規定も、企業ごとに異なります。 まずは、 自分の勤め先には「休職制度」はあるのか、そして、その詳細な規定についても、よく就業規則を読んで、チェックする必要があります。 それを踏まえた上で、「うつ病」治療における「休職」の必要性について、考えてみたいと思います。 うつ病の治療の基本は、 薬物療法と 精神療法、それに、 休養でしょうか。 この休養のために、人によっては、「休職」が必要になる場合もあるかと思います。 しかし、 すべてのうつ病の方にとって、休養する方法として「休職」が必要になるわけではありません。 職場から離れる、つまり、環境調整という意味で、「休職」したほうが治療上、望ましいと考えられる場合には、「休職」という制度を利用することになるかと思います。 ここで指す「うつ病」を従来からある 「定型うつ病」であると考えた場合、うつ病患者さん本人が「休職」を望む場合は少なく、実際には、 医師の判断により「休職」に至ることの方が多いように思われます。 しかし、昨今話題になり、増えつつある 「非定型うつ病(新型うつ病)」の場合、従来型のうつ病のケースとは、また、「休職」に対する考えが異なってくるように思われます。 つまり、患者さんの側から、「休職」したいと医師に申し出た場合、うつ病を治したいために「休職」を望んでいると考えるより、 単に「休みたいだけ」という理由で「休職」を考えているケースが多いのではと思われるからです。 この辺りのことについては、うつ病の治療にあたっている精神科医も、「休職」をしたいと申し出られた会社側も、その判断に慎重にならざるを得ない立場に置かれていると思われます。 「休職」と簡単に言いますが、「休職」ということに関しては、休職する患者さんの方にも、休まれる会社側にとっても、それ相応のデメリットが伴うものです。 「休職」することが、うつ病の回復につながり、 意味のあることと、患者も会社側も、そして医師も考えるならば、「休職」をすることは 良い決断だと思います。 しかしながら、この三者のうち、いずれかが難色を示した場合は、「休職」について、再度、よく検討して見る必要があると思います。 うつ病のタイプによっては、休むことが、うつ病の回復にマイナスにつながる場合もあると思われるからです。 ですから、 単に、「休みたい」が目的の「休職」はあまりオススメは出来ません。 ある研究によると、 休職した方のうち、休職中あるいは復職後に、結局、 約4割の方が退職することになるとの結果も出ています。 *1 *1:関連記事: ですから、「休職」については、より一層、慎重に判断していただきたいのです。 しかし、明らかに従来型のうつ病である場合は、十分な休養を取り、会社のことを忘れて、「休職」することはプラスに働く選択であると思います。 ここまでのことをまとめますと、休職に入る場合は、 患者、医師、会社の三者が「休職」について合意した上で、この制度を利用することが、治療上も、休職後の復職の際にも、重要なポイントになわれます。 とにかく、「休職」するか否かについては、慎重に判断して下さい。 「うつ病との診断書」があれば休職は可能なのか? では、本当に、「うつ病」との診断書があれば、休職は出来るのでしょうか? 先に述べたように、既に、三者間で休職することに合意が得られているのであれば、診断書があれば、休職は可能であると思います。 この際、医師が、まだ、「うつ病」との確定診断が出来ていない段階であったならば、 「うつ病」との診断書は書けない場合もあるかと思います。 その場合は、 「うつ状態」との診断書であっても、会社に提出する診断書としては 十分機能すると思われます。 しかし、三者間での合意が出来ていない場合や、患者の「休みたい」気持ちばかり先行している場合は、医師は患者の「休みたい」が故の診断書は書けない、書いていただけないと思います。 医師は、患者の休みたいという意志よりも、 治療上、休養が必要であると判断した場合に、休職の必要性を記した 診断書を書いて下さるわけです。 ですから、 医師が休職してまでの休養は必要ないと判断すれば、診断書は書いていただけないでしょう。 ですが、最近は、医師によっては、診断書は保険の利かないものですから、診断書を書けば、書いた分だけそっくりその代金が医師の手元に入ってくるわけです。 そのような点を悪用(?)して、 患者に言われたままの診断書を書く医師も存在するようですし、 患者の方も、何軒も医療機関を巡って、「休養のために休職が必要」との診断書を書いてくれる医師を探し求めるというケースもあるそうです。 このような医師や患者がいるため、 会社側の対策としては、会社が指定する医師や医療機関、あるいは、会社の産業医による診察を再度受けるように指示する場合もあるようです。 このような現実もあるので、 「うつ病の診断書」の存在云々だけで「休職」が必ずしも可能であるとは言い切れないのが現状であると思います。 休職前にすべきこと、準備するものなど いざ休職が決まったら、休職前にすることは、提出書類の準備です。 その書類とは、• ・休職願• ・診断書• ・傷病手当金関係の申請書類 といったところでしょうか? 休職中の給料についての法的な決まりはありませんが、大抵の会社では無給のようです。 これを補ってくれるのが、「傷病手当金」です。 これは、会社が支払ってくれるのではなく、健康保険の中の制度の一部です。 金額的には、給与の2/3の額が毎月、支払われます。 期間は、最長1年半です。 ただし、この傷病手当金を受け取るためにも条件がありますので、自分がその条件に該当するかどうかを、前もって確認しておいて下さい。 傷病手当金の詳細については、以下のサイトをご覧下さい。 参考サイト: まとめ 以上にまとめましたように、 「うつ病の診断書があれば休職できる?」ということについては、状況によりけりで、一概に、うつ病の診断書があることが、休職の決め手にはならないといったところでしょうか。 また、 「休職中の給料は?」ということに関しても、大抵の会社は、休職中の給与の支給は行っておりませんので、健康保険内の制度である 「傷病手当金」が給料の代わりとなり、これを生活費に当てることになると思います。 しかし、この傷病手当金を受給するためにも条件がありますので、確認をして下さい。 いずれにしましても、 「休職」という行為には、それなりのデメリットが伴います。 治療上、どうしても「休職」が必要な場合もあると思いますが、単に休みたいがためという理由などで休むことは、百害あって一利なしではないかと思います。 この辺りのことについても、よく検討した上で、「休職」するかどうかを考えて下さい。 そして、一般的な常識的な医師が診断書は書けないという場合に、無条件に患者の言うとおりに診断書を書いてくれる医師を探し求めて、診断書を得るというような行為は、謹んだ方が、後々のためにもよろしいのではないかと思います。 このようなケースは、医師・患者双方にとって、最終的に良い結果はもたらさないと思いますので。

次の

【うつ闘病記】僕がうつになりまして!症状と休職までの経緯!

うつ 病 仕事 休職

Contents• 再就職は可能! 結果から申しますと「再就職は可能」です。 多くの人がうつ病を患った職場から離れ、新しい職場で活躍しています。 かくいう私も転職経験があります。 昨今はSNSというネットの技術が発達したため同じような境遇の人や体験をした人を容易に探せます。 私の話がウソだと思う人は検索してみてください。 とはいうものの、 再就職できるのには条件があります。 再就職できる条件 「なんだよ、条件があるなんて来てないぞ!!」ってイラッとしたあなた!落ち着いてくださいね。 何もあなたを怒らせるためにこの記事を書いているわけではありません。 順を追って説明していきますね。 必須なのは寛解状態 まず、 一番重要かつ難しい「寛解」の状態であること。 「寛解」とは「うつ病の症状が出ていない」という状態でいわゆる治ったと言われる状態です。 うつ病というのは再発が高い病気です。 そのため、症状が出なくなっても「完治」ではなく「寛解」と呼ばれます。 この状態なら、再就職はさほど難しくないでしょう。 なぜ「寛解」が必要か では、なぜ「寛解」の状態が必要なのでしょうか?もうお分かりの人も多いでしょうか、 依頼した仕事をしっかりと実行してくれると判断できるからです。 厳しい話ですが、 会社は慈善事業団体ではありません。 当たり前の話ですが、会社を継続的に発展させ、従業員を養っていくために売り上げをあげて利益を確保しなくてはいけないのです。 その使命を全うするためには 「仕事ができる」人を雇い入れる必要があります。 うつ病になると業務ができない可能性が強い。 特に寛解していなければ出社できなくなる可能性があります。 そのため、治療中の人は再就職は難しいのです。 寛解していない人は今の職場で治療 基本的には寛解するまで今の職場にいるのが一番いい方法です。 あなたが「うつ病」になった理由は今の職場にも関係あるなら尚更ですね。 休職しても健康保険に加入していれば休職中でも傷病手当がもらえるため生活することは可能です。 その猶予期間中に主治医と共に治療に専念しましょう。 あなたの状態は、どの会社より今の会社が良く知ってくれています。 休職するにも復職するにも会社の理解は必要不可欠なもの。 治るまでしっかりと会社の協力を得れる状態がいいですよね。 その後、寛解状態まで行ったのち、今後のことを考え自分の将来を見定めましょう。 うまく寛解まで行けたのなら会社に対する恩を抱いていているかもしれませんね。 恩よりも離職の気持ちが強い場合ももちろんあります。 自分の人生は一度きりです。 その場でそのまま頑張ろうとしてもいいですし、 別の道に進みたいと思うのもあなたの自由です。 しっかり考え答えを出しましょうね。 未寛解で転職する人へ とはいえ、全ての人が寛解してから転職できるわけではありません。 むしろ、 寛解していない人の方が多いでしょう。 この方々はイロイロなパターンが考えられますので、それぞれのケースに合わせて話をしましょう。 会社の不義理による離職 少なからず存在する ブラック企業。 そんな会社は「うつ病」を患った社員を治療させずに離職を迫ってくるでしょう。 休職もできなければ傷病手当の申請すらできない。 給料を減額されるなんて人もいます。 このケースで訴訟になっていることもあり、世の中怖いところもあると悲しい気持ちになります。 このような会社に居てはあなたのカラダはドンドン蝕まれていく一方です。 会社から離職を勧められても自分自身の存在否定は絶対にしないでください。 会社の対応が悪いところは会社が原因でうつ病になる人が多いですから、あなた起因の原因はほとんどないでしょう。 このような場合は会社から離れると寛解するケースもあるので安心してください。 クビにされてしまっても、すぐ転職活動するのではなく寛解をめざし治療を進めてくださいね。 雇用保険を払っていればハローワークにって手続きをしてください。 雇用保険からお金が出ますので生活できなくなることはありません。 雇用保険に未加入の場合では、収入が即座になくなってしまいます。 そんなときは、役所に相談にいきましょう。 簡単に登録することはできませんが、 精神障害用の障害年金制度があります。 専門の担当者と相談して治療を続け働けるようになるまで援助を受けれるように申請しましょう。 休職期間満了による離職 会社の協力も得て休職したが、治療がうまいこと進まず、休職可能期間が終わり離職しなければいけなくなった場合です。 うつ病はじめ精神病の治療には多くの時間がかかります。 なかなか症状がよくならない人は年単位で治療が必要になります。 会社ごとに休職可能期間が定めてあり一概に言えませんが、年単位で休職可能な会社はほとんどありません。 私も寛解するまでに年単位で治療がかかりました。 それに私の所属している会社も年単位の休職は認められていませんでしたしね。 私の知り合いにもこのケースは沢山います。 会社も友人もみな泣く泣く離職していきました。 この方々も雇用保険を使用したり障害年金を使用しながら治療を続け寛解までもっていくのがセオリーとなります。 離職=即再就職ではない このように離職後、生活のために即転職しなければならない!!と思ってしまう人が多いのですが、 雇用保険なり障害年金なりを利用すると再就職までに時間を確保できるのです。 これは重要ですので忘れないでくださいね。 多くの人が寛解していない状態で次の職を頑張って探し、撃沈して症状を悪化させています。 ある程度、元気にならないと転職などできません。 雇用保険、障害年金以外にも親の浮揚に入ったりなど方法はあるので焦らないでください。 治療が長引く人はアルバイトから 前述しましたが、うつ病の治療は年単位の時間がかかる場合があります。 そうなると 体力の低下や離職時間の増大から正社員になるのが大きなストレスになる可能性があります。 そうなると、せっかく転職先を見つけても試用期間中に体調不良になり、また離職してしまうこともあります。 ですから、かなり長い時間離職してた人は正社員探しよりアルバイトの仕事を探しましょう。 週2~3日の短時間勤務からカラダを慣らしていき、そこから週5~6まで勤務をのばしましょう。 その後は、職場の管理者と相談し、長時間勤務ができればのばしてもらう。 アルバイトなら時間の変更が比較的自由にできますので管理者とも相談できるでしょう。 転職時に「うつ病」と伝えるべきか よく質問されるこの問題。 「私はうつ病です」と面接時に伝えるべきか否か。 私の個人的な見解ですが寛解しており業務調整をしてもらう必要がなければ「こちらから意図的に伝える必要はない」と思います。 ここら辺はモラルの問題もあるのでしょうが、現実問題「私はうつ病です」というと採用率される確率はかなり減ります。 私の友人などは面接時にうつ病だと表明しただけで「なんできたの?」って言われたそうですし、、、、 まぁ、そんな会社は逆に採用されなくてよかったと友人は開き直っているのですが、やはり休職する確率が普通の人より高い人を雇いたくないというのが経営者の本音です。 特に歴史の古い会社ほど、その傾向があります。 ですので、 面接官からじかに「精神疾患の経験はありませんか?」と聞かれない限り、無理に話す必要もないでしょう。 不安が大きいなら伝えよう とはいえ、何かあったときに伝えとかないと問題となるとか、 ちょっと配慮してほしいと考えているなら、ちゃんと事前に伝えましょうね。 その方がストレスのかかり方が全然違います。 ちょっとしたことで相談できるようになれば安心して働けますよね。 昨今はうつ病に関する認知が進んできているのでうつ病経験者でも採用する企業はあると聞きます。 現実に、うつを患った経験を話して就職した方はネットには多くいますしね。 結局は運次第 これは採用にもいえることですが、 職につけるかどうかというのははっきりいって運なんです。 うつ病でしたと伝えても受かるところもあるし、伝えなくても落ちるところもある。 どんなに能力があっても空きがなければ採用されないし、どんなに無能でも人手不足ならすぐ採用されます。 求人内容ではブラックっぽくても優良企業であったりしますし、ホワイトっぽくてもブラック企業なんてことはよくあります。 ですから、あまり気に病まずドンドン面接を受けることをおススメします。 転職に必要な面接回数 そして、事前に伝えておきたいのは転職活動に関することです。 「うつ病経験者でも転職可能」とは言いましたが、「簡単に転職できる」とは言ってませんので注意してください。 基本的に転職活動中に内定をもらうまでに 受ける面接の数は健常者で年齢の2倍と言われています。 年齢の2倍です。 そして、 私の場合は、年齢の3倍面接を受けています。 健常者で年齢の2倍は受けなきゃ合格できないという事実はしっかりと覚えておきましょう。 そうでないと「私はうつ病だから不合格なんだ」と無駄な自責に悩むことになります。 いいですか? 元気な人でうつになったことない人、かつ20代でさえ年齢の2倍うける必要があるんです。 これだけは忘れないでくださいね。 どんどんチャレンジしてください。 あなたが不合格になるのは世の中の理なだけであって、うつ病を患ったわけではありません。 雇用保険最大限活用する 転職活動はかなりの労力を使います。 本当に疲れます。 働きながら次の職を見つけるなんて結構大変です。 まぁそれくらいの気概がないとできないもんなんだと言われてしまえば、その通りですが、別の方法もあります。 私の場合ですが、 雇用保険をもらいつつ、かつ、職業訓練をうけて雇用保険受給を延長し半年近く働かない期間をつくり転職活動をしました。 あまり知られていないのですが、次の職を見つけるために国の機関が勉強させてくれる制度があるのです。 この制度のおかげで私はスキルアップしながら次の職場を見つけることができました。 こういう制度があることを忘れないでくださいね。 とはいうものの、 この場合転職先が見つからないで期間が過ぎたら無職、または、ニート、良くてフリーターになってしまうので注意が必要ですが、、、、 とはいえ、今は職場をえらばなければ派遣で食っていける時代です。 給料が安い安いと言われても年収200万円台の仕事は結構な数があります。 「そんなんじゃ家族を養っていけないよ!!」と思うかもしれませんが、無給よりは断然ましですし、今の職場がブラックなら移った方がカラダにはいいですよね。 それに、そこから正社員になる道も結構ありますしね。 大企業は結構難しいですが、中小企業では正社員になる人可能性が結構あると聞きます。 それをねらうのもありですよ。 ウツに比べりゃ低収入なんて苦ではない イロイロな人の価値観がありますが、基本的にウツになるような環境で働くくらいなら低収入でも楽しい職場で働く方がいいと思います。 ノルマが厳しすぎたり人間関係がギスギスしてたり、パワハラだらけの毎日を過ごすくらいなら、低収入で楽しい時間がいいと思うんです。 それに、年収200万円もあれば結構イロイロなことができますよね。 確かに持ち家をもったり、高級車に乗ったりすることは難しいかもしれません。 子供が3人もいれば外食なんてできませんし、毎日の生活でいっぱいいっぱいでしょう。 でも、 精神を壊さないで働けるなら貧乏でも幸せだと思いませんか?精神を壊せば日々が地獄です。 低収入でお金がなくても毎日笑って過ごすことはできますよ。 誰よりも裕福になりたいと願う昨今ですが、 心の豊かさを重視してほしいと強くおもいます。 それに今は低料金で楽しめる娯楽がたくさん存在します。 さらに、自分でネットで調べて作成したりすることによりかなり安く日々を楽しめることがあるのを忘れないでください。 お金をかけなくても人生を豊かにする方法はたくさんありますよ!! 転職を躊躇する人ほど高収入 うつ病になり働けなくなって苦しい思いをしたのちに、 やめたくても辞めれない人は実は高収入の人が多いです。 人間は生活水準を一度上げてしまうと下げることが難しい生き物です。 病を患っても、今の生活水準を維持したいと思うんですよね。 その価値観自体を否定しませんが、ココロを病んでまで必要ではないと思うんですよね。 そんなんで、老後を迎えたときは廃人のようになっている可能性がありますよ。 ほんと。 つらい最後になると思います。 高収入の転職先にいける人はキャリアを積んでステップアッププランがある人ができるものです。 うつ病を患って別の会社にいく人は今と同じ収入の場所に就職することはできないのがほとんどです。 だから、躊躇するんですよね。 年齢にもよりますが、年収200万円台になると全てが破たんすると考える人が一番転職できません。 今一度、何を一番大事にするかを考えてくださいね。 そうすれば見えてくる世界は全然変わってきます。 ちなみに、旦那さんが年収200万円で結婚されている方も沢山います。 奥さんも働きに出ればもう少し年収をあげられます。 知恵次第で生活の豊かさは大きくなります。 大企業で大きな賃金を得ていた人なら知能指数も高いはずです。 それを自分の生活をお金をかけずに豊かにする方法に変えてみてください。 まとめ:転職は可能。 でも、今以上は無理と心得よ 長々と書いてきましたが、 基本的に転職は可能です。 はい、確実にできます。 ですが、今以上の年収になるところは無理です。 まず間違いなく今より年収は下がります。 その覚悟は必要です。 運にもよりますが、 年収は3分の2くらいになるのが通例です。 私や私の友人は、ほぼそんな感じになっています。 もともとが高い人は半分になったという人もいます。 ですから、覚悟は必要です。 そして、 新しい職場がどのタイミングで見つかるかは「運」です。 少しでも確立を高めるには自分の強みを生かせる職種にすること。 それで勝負すれば自分の年齢の2~3倍の面接をうければ就職先が見つかるでしょう。 仮に全く別の職種につきたい場合は年齢の10倍の面接と給料半分以下を覚悟しなければなりません。 今の職場で頑張ることができなくなった場合は、上記を参考に新しい場所を探してみてくださいね。 また、ちょっと 変わり種(私がIT技術に疎いだけかもしれませんが、、、)ですが最近はネットの発展が物凄くWeb上での仕事なんかも流行ってきています。 その一つが Webライターって仕事ですね。 こちらの という会社に登録すると 家に居ながらパソコン一台でライター業務をすることが出来ます。 登録は簡単で数分で登録することが出来ますし、 もちろん登録に際してお金は一切かかりません。 自分の気が向いた時に仕事を選んでライター業務をするだけ。 私もちょいちょい使わせてもらっていますが、ライティング難易度分けされており、初心者でも単な物を選んで仕事ができるので、ちゃんとお金を稼ぐことが出来ますよ。 ただ、 過大な期待は禁物です。 タイピングが苦手だったり、文章作成が嫌いな人は最初は辛いかもしれません。 慣れてくれば大丈夫なんですけどね。 逆にタイピングが得意だったり、文章作成が好きだったりする人にはオススメです。 登録して気が向いたら文章を作成する。 それが承認されれば報酬が支払われます。 ちょっとライティング出来ないなって時はしなくてもペナルティはありません。 月1~2万円稼ぐくらいなら気軽に出来ますし、上記の情報通り 月10万円くらい稼いでいる方も複数います。 ただ、10万円稼ぐのはそれなりの覚悟が必要ですのであしからず。 このサグーワークス に登録してWebライターの仕事に触れてみた結果、「やば!Webライターやりたい!!これを仕事にしたい!!!」って思ったならというものにライターに応募してみるのもいいですね。 これは、サグーワークスが提供する 1文字1円以上の高単価Webライター業務ができるって代物でプロのライターとしてデビューすることが出来ます。 サグーライティングプラチナ になれば月20万円以上を稼ぐこともできますし、現に稼いでいる人がいます。 月10万円では生活が苦しいですが 月20万円なら生活していくには何とかなりますよね。 全て在宅で完結するため家を出る必要は基本的に必要ありません。 ただね、これも安易に考えてはいけませんよ。 まず第一にサグーライティングプラチナになるには 「テストに合格」しなければなりません。 また、プロになるということは責任と覚悟が必要になります。 さらに、そんなに簡単にホイホイ稼げるものではなく、 ライティング業務はそれ相応に大変な業務です。 覚悟があり、ライターの仕事が好きって判明したんだったら夢のある仕事でもあります。 ライターとしての実績を重ねて行けば大手メディアのライターとして飛躍していけるチャンスを獲れるかもしれません。 これはサグーワークスが斡旋してくれるわけでなく、自身でアピールしていくものですけど自分の文章力でご飯が食べれるってのもカッコいい話ですよね。 どうしていいのかわからない• 一人で乗り越える自信がない• 苦しい時に背中を押してくれる存在が欲しい• くじけそうな時に私の話を聴いてほしい メンタルヘルス疾患で苦しんでいたら、「寄り添ってくれる人がほしい」という気持ちがでてきますよね。 でも、カウンセラーは超高額だから依頼するのは無理、、、、 そう思って諦めていたあなた。 新しい形のカウンセリングを試してみませんか?• 在宅で利用可能なWebカウンセリング• 自分の体調に合わせながら相談できる 定額制• 重要情報を学べる専門コンテンツ• なによりビックリな 低価格 うつ病を患ったことのあるカウンセラーだからこそ作れた、本当に欲しかったカウンセリングです。 必死に頑張っているあなただからこそ、その辛さを克服して欲しい。 一人より二人で戦ってみませんか? こやまさん、こんにちは コメントありがとうございます こやまさんは、今現在、大変つらい状態ですよね。 そのお気持ち、本当にお察しします。 現状況で考えられるのは 旦那さん側のご両親に相談することかと思います。 そこで、お金の面を相談し まずは通院することが先決だと思います。 それは、できそうですか? 治療費が苦しい場合は、精神医療の自立支援制度を活用することで 医療費の3割負担が軽減される可能性があります。 ただ、医師の診断なども関係していきますので、通院先の 医師と相談することが必須です。 また、治療が難しい場合は、 障がい者手帳を取得するように動くことも必要かもしれません。 ただ、こちらは医師の診断書は治療歴を証明する必要があるため、 やはり病院にかかる必要が出てきます。 障害年金や生活保護などもありますが、 現時点では申請は難しいと思います。 可能であれば、 役所で相談されるのが一番安心ですしょう。 地域ごとで特殊にやっている制度もありますので、 こやまさんの現状で一番よい方向を提示してくれると思います。 いかがでしょうか?.

次の

うつ病休職・復職マニュアル

うつ 病 仕事 休職

この記事の内容• 職場で過剰なストレスを感じたら休職も念頭に うつ病と仕事は密接に関係しています。 仕事でのストレスが原因でうつ病になってしまうケースはとても多いです。 ストレスが溜まりやすい職場環境になってない?• リストラにあった• 過重労働している• 新しいシステムが導入された• ポジションが変わった• 降格・昇格があった• 配置変更があった• 組織再編された 上記にあてはまるものがあったら、今現在ストレスが溜まりやすい状況かもしれません。 これらの過剰なストレスによって、うつ病になってしまうと、絶望感ばかり押し寄せるようになり、最悪死を考えるに至ることさえあります。 うつは働く意味を考えるきっかけ うつ病はあなたにとって「働く」とはどんな意味を持つのか、考えさせてくれます。 生きる意義を見直すための良い機会でもあるのです。 現在うつではなくとも、これからなる事はなさそうでも、あらためて働く意味、生きる意味について振り返ってみる事は大切です。 会社を辞めたいけれど辞められない理由 うつになったら会社を辞めて休職する方法もありますよね。 しかし生活していくにはお金が必要です。 働かなくても生きていける方法があれば別ですが。 休職するという選択 いくら生活のためとはいえ、自分のつらい気持ちを押し殺してまで働く価値はあるのでしょうか。 休職したくてもなかなかその一歩が踏み出せないのは、ひょっとして「仕事は大変で当たり前」という固定観念に縛られているからではありませんか? 人生はたった一度きりしかないので、辛いと感じることばかりに時間を割くのはもったいないです。 会社を休職・退職しても他にできる事はあります。 退職前に休職を 会社を退職する場合、すぐに退職するのではなく一度休職してから辞めるといいです。 通常、会社を退職した時は失業手当をもらう事ができますが、休職した場合にもらえる傷病手当と比較してみると、傷病手当金の金額の方が上回るからです。 うつ病と診断されたら仕事はし続けられるのか? うつ病の症状を抱えていても仕事に耐えていけるものかというと、実際そうではありません。 ストレスに耐え続けていれば、いずれ回復し、バリバリ仕事がこなせるようになると信じていても、症状はよくならないどころか、さらに悪化していく恐れもあります。 うつ病になるとストレスに対する耐性が衰えてしまいます。 困難を乗り越える余裕がなくなってくるので、今の仕事を今の状態のまま続けると、改善するどころか、悪化することにもなりかねません。 うつになると仕事で使う脳内の機能もうまく働かなくなります。 行動力• 機敏さ• 記憶力• 決断力• コミュニケーション能力• やる気 これらは全て職務を遂行するにあたり必要な能力です。 これらが欠けてしまっていると仕事もしづらいですし、他の人とも円滑にコミュニケーションがとれなくなります。 つまり、うつ病になると仕事の能率も落ち、ミスが増えたり納期に間に合わなかったりという現象がたびたび起きてしまうのです。 これでは自己嫌悪にもなりますし、周りにも迷惑がかかり、不満やクレームの発生など会社の損害にも発展しかねません。 うつ病になったら、自分がうつ病だという自覚を持ち、病気のせいで働く能力が落ちているのだと認識しなければいけません。 仕事の能力が落ちると自分も不安になり、症状にも悪影響になります。 病院からうつ病と診断されると、今の仕事からはずされたり昇進ができなくなったりして、将来が見えなくなってしまいます。 会社にいられなくなり、収入がなくなり、路頭に迷うなんて暗い将来ばかり描いてしまうのです。 うつ病で休職するときに診断書をもらう方法 病院に行ってうつ病と診断されると、数週間~数ヶ月は休むようにと診断を受ける事があります。 休職する場合は、その診断内容を「診断書」として明記してもらい、休職する際に提出します。 休職することで今までの会社からの拘束から一気に解放されるので、心からほっと一息つけるでしょう。 このリラックス感がうつ症状の緩和にも役立つのです。 うつ病で休職後の職場復帰 休職後の問題 仕事上のストレスから開放され、ゆっくり療養に専念できれば、病状は回復へ向かっていきます。 しかしその次には難しい問題が待っています。 復帰はいつできるのか• うつが治らない限り仕事復帰はできないのか うつ症状が軽くなってきたら、完治しているとは言えなくても職場復帰を検討し始めていいでしょう。 あまりにも長く休職していると、会社でのポジションにも変化が生じて復職に不利になる可能性があります。 休職期限が近づくと、多くの医者が回復の程度に関わらず、「職場復帰可能」という診断書を書きます。 しかし回復が中途半端なまま同じ仕事に戻ると、うつが再発しやすいのも心配です。 うつ病原因となった仕事上のストレス原因がそのまま残っていた場合、また同じ問題でストレスを抱え込み、うつ病になる恐れがあります。 休職中に職場で人事異動がなければ、上司や部下や同僚も基本的に変わりませんし、業務内容も、システムの大きな変更がない限り今まで通りのパターンでしょう。 要注意!うつ病は再発しやすい 気をつけなければいけないのは、うつ病は非常に再発性の高い病気だという事です。 職場復帰した時は、どんな仕事に戻していくか注意が必要です。 全く異なる職種を選んでも、環境が違いすぎて新たなストレスを生み出してしまうかもしれません。 復帰直後はあまり刺激がない、穏やかな環境で仕事に慣れていくのがベストです。 少しずつ慣らしていくためにも職場は変えず、業務時間を短縮してみたり、難易度を軽くしたりする「軽減措置」がおすすめです。 自分の回復程度と仕事への意欲がどの程度かというところにもよるので、あなたの意志はしっかりと会社や医師に伝えなければいけません。 あなた自身が普段の症状から考察し、あなたのうつ病の症状レベルはどの程度変化しているのか、日常から定期的に自己分析しておけば、会社や主治医にも話しやすいでしょう。 まとめ• 職場でストレスを感じているかも?と思い始めたら、感情を抱え込まず周りに相談しましょう• 万が一うつ病と診断された場合、うつ病を治すことを優先に、働き方を変えることは選択肢の一つです。 うつ病は再発しやすいので、一度うつ治ったあとでも働き方に気をつけてください。

次の