膝 裏 の 痛み 腓腹筋。 膝の裏を曲げたり伸ばすと痛い!膝裏の痛みと腫れについて解説します

膝裏に痛みを出す4つの原因とは?

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

3週間前LSDの途中、膝がものすごく痛くなり、15kmでひとり途中棄権するという失態をさらした僕ですが、最初は持病の左膝の内側がすごく痛くなりました。 それをかばってさらに走っていると、左右の太もも(前)が痛くなってきました。 ここで普通ならばストップすべきなんでしょうが、これをさらにかばって走るとどうなるか?という職業的な好奇心からさらに走ってみました。 結果、左右の股関節、続いて右の腰に来ました。 と、同時に右のひざ裏が痛くなってきました。 さすがにここでストップ。 当日の夜はアイシングとセルフケアで最初の膝以外の痛みはほぼ消失したんですが・・・ 翌日は子供達のトレーニングマッチが入っていましたので、一応膝にはテーピングをして、これまた好奇心から痛みをかばいながらあえてレフェリーを数試合。 すると、もともと痛かった左膝はやはり悪化。 それに加え右膝裏の痛みのみが再発しました。 そして、そろそろ大丈夫かな?一昨日恐るおそる走ってみました。 もちろん入念なアップをして。 今度は最初から右膝裏に3. 5kmあたりから痛みが出ました。 もちろんおとなしくここで終了。 今回はしっかり治します。 お客様を見ていても、このように筋肉系の膝裏の痛みの多くは膝や腰、また股関節や足関節、足裏などをかばって、というケースが多いような気がします。 また一昨日のようにハムストリングスや下腿三頭筋から来ているケースも多いです。 対処法としては、殿筋、ハムストリングス、下腿三頭筋、それらが重なる膝裏、足底の緊張をしっかり取り、各関節の稼動域、体全体のバランスを改善。 その上で膝裏にキネシオテープ 写真は35mm をバッテンに。 これだけ?意外にこれだけでも痛みが軽減することが少なくありません。 キネシオだって安くありませんのでまずはこれで試してみてください。 もちろん、膝裏とともにハムストリングスや腓腹筋のテーピングも併用するとさらに効果的です。 下の写真のように、膝裏ではハムストリングスと腓腹筋が合わさっているような感じになっています。 50mmのテープ。 少し残して半分に切込みを入れます。 50mmのテープを2本使用します。 全部のテーピングでこんな感じです。 ありがとうございました!.

次の

【知って予防】膝痛の改善|自宅で楽しくできる効果的な運動法|LIFULL介護(旧HOME'S介護)

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

膝の裏の痛みといっても色々な痛み方や痛い場所があります。 膝を伸ばす時に痛い、膝を曲げるのが痛い、膝の真裏が痛い、膝の外側が痛いなど患者様によって訴える状態はそれぞれです。 まずは、整形外科で診断されやすい原因について解説していきます。 膝裏の痛みの原因 なぜ、膝の裏が痛むのでしょうか。 痛み方によって原因が異なります。 それぞれ解説していきましょう 1. 後十字靭帯損傷 膝を伸ばすと痛い原因として、まず靭帯の損傷が考えられるでしょう。 膝の裏には、太ももの骨とすねの骨を繋いでいる後十字靭帯があります。 スポーツや交通事故などで膝を強く打ちつけてしまった際、この靭帯が損傷してしまうことがあるのです。 反張膝(はんちょうひざ) 反張膝とは、膝が反対側に反ってしまっている状態のことを指します。 逆側に膝が曲がっていることにより、必要以上に膝裏が伸ばされ、痛みが生じます。 通常、膝は真っ直ぐ伸びているものです。 しかし、以下の特徴がある方は膝が弓上に曲がってしまうことがあります。 すると、ふくらはぎの筋肉が硬直し、膝が逆側に反ってしまうのです。 太ももの前の筋肉は膝を伸ばすときに、後ろの筋肉は曲げるときに使用。 太ももの後ろの筋肉が低下すると、膝を曲げたり、伸ばし過ぎないようにする機能も低下してしまうのです。 つまり、常に膝は伸びきってしまうため、反張膝を引き起こす原因になり得ます。 美しい姿勢をとるために、つま先立ちをし、膝をピンと伸ばすことが多いと思います。 これは生物学的に言って、無理のある姿勢。 膝には大きな負担がかかっており、反張膝の原因となることもあります。 膝裏の筋が痛い原因 膝の裏にある腓腹筋(ひふくきん)は、立っているだけでも使われる筋肉。 疲労や負担が溜まりやすく、傷めやすい筋肉と言えるでしょう。 特に、走る・跳ぶといった要素が多いスポーツでは、瞬間的に膝の裏を伸ばすため、大きな負担がかかり痛みが生じやすいのです。 また、ボールが強く当たるなど、打撲が原因で痛めるケースもあるでしょう。 膝裏が腫れて痛い原因 膝裏が腫れて痛むのは、ベーカー嚢腫(のうしゅ)と呼ばれるコブが原因。 膝関節は関節包という袋に包まれています。 その中には関節滑液と呼ばれる、関節をスムーズに動かす、重要な役割を担っている液体が詰まっているのです。 何らかの理由で過剰に生産された関節滑液が、関節包に溜まってしまうことで、ベーカー嚢腫が生じます。 過剰な分泌には、以下のような理由が考えられます。 激しい運動による膝関節の炎症 激しい運動をするとき、膝には大変な負荷がかかります。 特に運動不足の方が急に膝を酷使すると、膝を支える筋力が弱まっているため、炎症を起こしてしまうのです。 炎症を起こした膝関節は、正常に関節滑液を作り出すことができません。 この影響で関節滑液が過剰に分泌されてしまいます。 変形膝関節症による膝関節の炎症 膝関節は太ももの骨とすねの骨を繋いでいる箇所です。 二つの骨の表面は、軟骨という組織で覆われています。 軟骨は膝に加わる衝撃を和らげる、クッション機能が一番の役割です。 この軟骨がすり減ることにより、骨と骨とがぶつかり合い、炎症が起こります。 これが変形性膝関節症という病気です。 関節リウマチによる膝関節の炎症 また、悪い細菌やウイルスをやっつけるはずの免疫細胞が異常をきたし、間違って自分の細胞や関節を攻撃して炎症を起こす、関節リウマチという病気も原因に挙げられます。 膝裏のリンパが痛い原因 膝裏にあるリンパに痛みが生じるのは、循環不良による詰まりが原因。 リンパは身体にとって不要になった老廃物や水分を排出するため、常に循環しています。 しかし、冷えやストレス、運動不足によって流れが滞ってしまうことがあるのです。 以上のように色々な原因で膝裏の痛みは引き起こされます。 怪我による靭帯損傷や関節リウマチなどによる病気のように原因がはっきりしているものは安静や注射によって改善率が良いのですが、 原因が曖昧もしくは分からない症状だといつまでたっても改善されないことが多いです。 病院・整骨院でこんな事が原因と言われたことはありませんか? ・膝の変形 ・加齢 ・運動不足 ・体重 ・骨に異常ない 以上の事が原因と言われている方は今のままの治療では治る見込みは少ないです。 なぜならば、以上の事は原因ではなく本来ある原因の代償で膝の裏に痛みが出ているからです。 あなたは膝の裏が痛くて医療機関へ行き膝以外の場所もちゃんと診てもらいましたか? 膝の注射、痛み止め、電気、マッサージ、ストレッチなどの治療だけで終わりになっていませんか? 怪我や病気以外の膝の裏の痛みのほとんどが 日常生活の歪んだ荷重の掛かり方が繰り返されることにより変形や歪みを生じています。 病院・整骨院に行ってその日は少し楽になるけど、すぐにまた痛みが再発するというのを繰り返していくうちに、何をしても痛みが取れなくなり最悪手術までした。 という人はたくさん診てきました。 しかし、手術しても本当の原因を取らない限りまた痛みが再発します。 あなたの膝の裏の痛みの本当の原因が知りたい方! 本気で痛みを治したい方! 所沢で唯一の根本改善専門 向陽整骨院なら大丈夫です。 なぜ、向陽整骨院でどこに行っても治らない膝の痛みが治るのか知りたい方は こちらをご覧ください! カテゴリー•

次の

膝が伸びない原因は変形ではない!?〜柏の膝痛専門【北柏のぞみ整体院】

膝 裏 の 痛み 腓腹筋

膝が伸びなのは変形ではありません。 この動画が証拠です。 変形が原因ならこんな短時間で変化が出るはずがありません。 なぜ「膝が伸びないのか」これを明らかにして行きますね 常に膝が伸びなくなってしまったあなたへ 膝の痛みを抱えている方で 「膝が伸びない」 そう感じる方が多くいるのではないでしょうか? 膝が曲がった状態で生活をしていると以下のような不調が出る可能性があります ・立っていても片足だけ伸びない ・太ももが張ってきてしまう ・ふくらはぎがパンパンになってくる ・長時間歩くと膝の裏や太ももが痛くなる この状態を放置していると、膝の変形が進んでしまい痛みが増強してしまう危険性があります。 「変形しているからしょうがない」 「膝の筋力が足りないんだ」 そう思い諦めてしまっていませんか? でも実は「膝が伸びない」原因は膝にないことが多いという事実をご存知だったでしょうか? 今日はそんな新しい視点から「膝の痛み」に関してお話ししていきます。 膝が伸びない原因はどこにある!? 膝の裏には様々な筋肉が集中しています。 この中で膝を伸びなくしている代表的な筋肉は 下腿三頭筋(腓腹筋)とハムストリングスです。 膝が伸びない原因1 腓腹筋 腓腹筋(ひふくきん)とは、ふくらはぎの部分の筋肉です。 ふくらはぎが丸く盛り上がるのはこの筋肉の働きによるもの。 内側と外側の2つに分かれている筋肉は、アキレス腱へとつながっています。 この部分は立っているだけでも使われるものですので、疲労をためやすい筋肉とも言えます。 重心が前に傾くにつれ、痛みが出やすくなります。 また、内股や外股が極端な場合も、 外側か内側、どちらかのみに負担がかかって痛みが出やすくなります。 膝が伸びない原因2 ハムストリング ハムストリング筋群とは、ももの裏の筋肉の総称です。 内側と外側の2つに分かれていて、 内側は半腱様筋、半膜様筋、外側は大腿二頭筋と呼ばれるものです。 特にこの外側の筋肉である大腿二頭筋は、膝裏に痛みを感じている人の大半はがちがちになっています。 この大腿二頭筋は、膝の曲げ伸ばしや、足を後ろに上げるような動きをする際に使われます。 また、外に足を回すような動きをする際にも深くかかわってきます。 なんで膝が伸びなくなるの? 膝がまっすぐに伸びない原因は、変形以外の要素で、「筋肉が短くなっている」ことも原因の1つとなっています つまり、 ・筋力が落ちている ・変形している が原因の痛みではありません。 そのため、この痛みに対して膝の筋トレや注射をしても膝は伸びません。 なんで伸ばされた痛みが生じるのか? 筋肉は伸ばされただけでは強い痛みは生じません。 痛みを生じる場合は、柔軟性がなくなった筋肉が無理に伸ばされた際に生じます。 つまり、膝の裏の痛みの場合は、「腓腹筋」「ハムストリングス」に硬さが生じ、そのまま立ち上がりなどで伸ばされることを強要されると痛みが生じているんです。 なんで膝の裏の筋肉が硬くなるのか? 筋肉が固くなる原因は1つではありません。 筋肉疲労が起こる原因は、骨盤にきちんと体重が乗っていないこと、 膝裏の筋肉に負担をかけるような動きを日常的にしていることなどが挙げられます。 体重がきちんと骨盤の上に乗っていない 私たちの骨盤は、体の真ん中にあります。 左右にきちんとバランスよく体重を分散させられれば問題ないのですが、 骨盤が傾いたり、左右のバランスが乱れたりするとどうしてもそこからつながる足や腰にトラブルが起こりやすくなります。 膝も、左右きちんとバランスよく体重が乗っていないとどうしてもどちらかに負荷がかかり、 ストレスがかかって痛みが生じてしまうのです。 これを放置すると、膝の痛みはどんどん強くなります。 一時的にマッサージなどで柔らかくしても、またもとに戻りやすいですね。 日常生活の動きに問題がある 常に左右どちらかに重心をかけて立ってしまうくせがあると、膝裏の筋肉には当然ながら負担がかかります。 きちんと左右均等に体重がかからないと、膝にも強い負担がかかるようになってしまいます。 立ち方だけではなく、座り方や歩き方、寝方なども関係してきます。 このくせを直さない限り、たとえ骨盤矯正をしたとしても、また元通りにゆがんでしまう可能性が高いです。 膝の裏の痛み対する対処方法 膝の裏を伸ばした時に出る痛みに対して、何をすればいいのか? 一番簡単にできるのは ・太もも裏 ・ふくらはぎ この二点をしっかりとマッサージ・ストレッチすることです。 膝の裏だから膝に問題があることはほとんどありません。 膝以外の近くの関節や筋肉からの影響を受けていることが多んです。 また、筋肉が硬くなってしまう原因を姿勢から見つけ出し直していく為には、専門家(整体院)の評価が必要です。 1度自分の姿勢のどこに問題があるのかをチェックしてもらうのもいいでしょう! 追伸 北柏のぞみ整体院は膝の痛みを抱えた方が多くいらっしゃいます その多くの方々は以下のような悩みを抱えていました• 膝の筋トレをしても痛みが良くならない• もう手術するしかないと諦めていた• 整形外科で注射を打っているが3日で戻ってしまう• 運動不足が原因と言われ、毎朝痛みを我慢して歩いている 医療機関に受診した結果、上記のようなリハビリや治療を受けているのにもかかわらず「全く痛みが改善しない」これが今の現実です。 医者から言われたことを試しても治らずに 「この痛みは一生続くのか」と諦めている人がたくさんいるのです。 このままでいいわけがない この状況をどうにかしなければいけない。 その強い想いで私は技術・知識を磨き続けてきました。 現在【北柏のぞみ整体院】に通われている膝痛のクライアント様からは•

次の