ボイス 増田 貴久。 ボイス110最終回で透(増田貴久)が殺される?死をもって犯人の証拠を押さえるのは本当? Twitterの反応

増田貴久の安否は…『ボイス』最終回1カ月後の物語をHuluで配信

ボイス 増田 貴久

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)が、盛り上がってきた。 同作は、3年前に正体不明の暴漢に妻を撲殺された刑事・樋口彰吾(唐沢寿明)と、同じ暴漢に父親を殺されたボイスプロファイラー・橘ひかり(真木よう子)が協力しながら、真犯人を突き詰めいていくサスペンスドラマ。 いわゆる普通の刑事モノドラマではなく、残虐なシーンなど、思わず目を覆いたくなることも多々あるドラスティックな作品である。 9月6日時点で7話まで放送されており、少しずつ物語の鍵や真相が明るみに出はじめている。 例えば、6話では真犯人と繋がっている警察内部の人間のひとりが、樋口の同期・沖原隆志(木村祐一)であることが判明。 ひかりは真犯人と通じている本当の黒幕は沖原ではないと見抜くものの、沖原は殺害されてしまう。 沖原を殺害したその男こそが、樋口の妻とひかりの父の殺害事件の真犯人・本郷雫(伊勢谷友介)だったのである。 さらには、第7話で樋口の亡き妻の意外な過去も明らかに。 点と点が少しずつ結びつき出し、緊迫したシーンが続いている中で異彩を放っているのが、NEWS・増田貴久演じる石川透だ。 緊張が走る場面でこそ、石川の癒やしキャラが際立っているのだ。 例えば、第6話。 石川は樋口を「兄貴」と呼んで慕っており、樋口も石川に心を許してるバディ同士。 そんな樋口が襲われたと連絡を受けた石川は、「え! 兄貴が襲われた!? 」と急遽現場に向かう。 空気が張り詰めた場面だったが、増田の明るい声色とガムシャラさに不謹慎ながらもほっこりしてしまう。 さらに、負傷している樋口の足が無事だと分かった瞬間見せた、満面の笑みもたまらなく可愛らしい。 7話冒頭でも、樋口の息子・大樹(鳥越壮真)を襲った犯人と揉み合っているところを樋口に助けられ、「今からが見せ場だったのに」と軽口を叩き、ふと空気が和らいでいた。 石川の「ムードメーカー」「飄々としている」という性格が、張り詰めた空気を柔らかくしているのではないだろうか。

次の

ボイス110透(増田貴久)は本郷雫と共犯者?過去に何があったか徹底紹介

ボイス 増田 貴久

2019年7月13日より日本テレビ系にて毎週土曜よる10時放送「ボイス110緊急指令室」がスタートします。 今回主人公の刑事・樋口彰吾のバディ役となるのは、増田貴久演じる刑事・石川 透。 増田貴久はジャニーズ事務所に所属していて、歌手活動だけでなくバラエティ番組やドラマにも多数出演しています。 当記事では、そんな増田貴久の俳優としての演技力の評判やドラマ「ボイス110緊急指令室」のバディ役に対するネットの反応を詳しく調べてみましたので、シェアしていきます。 Contents• 増田貴久の演技力評価は? 増田貴久の演技力評価を見るにあたって、経歴から見ていきましょう! 増田貴久の経歴 1998年小学6年生の時にジャニーズ事務所に入所した増田は、ジャニーズJr. として活動を開始。 2003年よりNEWSが結成され、メンバーとして歌手活動を始めます。 NEWSメンバーの手越祐也と「テゴマス」というユニットを組んで活動をすることもあります。 2000年の「怖い日曜日」で俳優デビュー。 その後2001年の「3年B組金八先生」で連続ドラマに初出演します。 最近では2018年の「ゼロ 一獲千金ゲーム」で主演のNEWSメンバー加藤シゲアキの友情出演などもしています。 今回ドラマ「ボイス110緊急指令室」で増田は初めて刑事役として出演します。 公式HPのインタビューでは『頼り甲斐があって、強く、優しい刑事を演じていきたい』と意欲的なコメントをしています。 歌手やバラエティ番組などアイドルタレントとしての活動が中心と思っていましたが、俳優としても多く活躍していたんですね。 増田貴久のドラマ歴 以下一覧を作ってみました。 ・2000年 怖い日曜日 ・2001年〜2002年 3年B組金八先生 第6シリーズ ・2003年 武蔵 MUSASHI ・2006年 ガチバカ! ・2006年 ダンドリ。 ・2006年 笑える恋はしたくない ・2009年 RESCUE〜特別高度救助隊 ・2009年 華麗なるスパイ第4話 ・2010年 獣医ドリトル 第2話 ・2012年 レジデント〜5人の研修医 ・2014年 金田一少年の事件簿N neo 第3・4話 ・2018年 ゼロ一獲千金ゲーム 出典:Wikipedia ゼロ一獲千金が印象的だなー。 H増田貴久の演技力 私としては、増田貴久さんは明るく笑顔が似合う可愛らしい印象で、人柄の良さが自然と表れているように感じます。 ドラマの記者会見では、初の刑事役として『警察官になるために、まず体作りだなと思い、警察官の画像検索をした。 ピストルの持ち方も調べた』『監修の方がピストルの持ち方や持ったままの走り方、隠れ方を教わり、徐々に警察官役が自分の中に入ってきている』と役作りに熱心なところもうかがえます。 「ゼロ 一獲千金ゲーム」では、気迫のこもった演技を見せていたので、今回のドラマ「ボイス110緊急指令室」の初刑事役では事件現場などの緊迫したシーンをどう演じるのか、とても期待しています。

次の

『ボイス』増田貴久は、本当にただの裏切り者なのか? シリアルキラー・伊勢谷友介がついに動く|Real Sound|リアルサウンド 映画部

ボイス 増田 貴久

21日に放送された日本テレビ系ドラマ『ボイス 110緊急指令室』最終回から1カ月後の物語を描くオリジナルストーリー『ボイス 110緊急指令室 CALL BACK』が、オンライ動画配信サービス・Huluで配信されている。 最終回では、樋口とひかりがついに、それぞれの愛する家族を殺したフード姿の殺人鬼「カチカチ野郎」こと本郷雫 伊勢谷友介 を逮捕したが、その後、雫は意外な人物によって命を絶たれ、長い復しゅう劇はようやく幕を閉じた。 そんな中、試用期間を終えた捜査ユニット「ECU Emergency Call Unit 」は、晴れて正式運用となり、樋口とひかりは強いまなざしで再び正義の道を突き進んでいくことに。 その一方で、雫から激しい暴行を受けて瀕死の状態にあった「ECU」の刑事・石川透 増田貴久 の安否は、最後まで不明なままで…。 しかし、石川は幸いにも九死に一生を得ていた。 真木よう子主演のHuluオリジナルストーリーには増田も出演。 樋口が息子の治療のためアメリカに一時滞在している間、石川の入院先で人質立てこもり事件が発生する。 一刻を争う事態を受け、ひかりは石川に犯人確保の協力を要請するが…。 真木は「地上波ではできないHuluならではの作品になっていると思います。 本編の撮影が終わった後、すぐにHuluの撮影が始まりました。 ですので私たち役者のテンションは少しも下がらずできました。 初めての体験もあり、私はドキドキしました」と感想をコメント。 増田は「石川は無事なの!? 指令室のその後、石川のその後。 石川は何を思いどう生きていくのか、ぜひ見届けてください! 」と呼びかけた。 尾上貴洋プロデューサーは「韓国の原作にはない、全く新たなオリジナルストーリーですが、皆さんに楽しんでいただけるタイムリミットサスペンスになっていると思います。 ぜひ楽しんでご覧ください! 」と呼びかけている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の