いつか笑えたら。 問題を解決してから笑おうとしてると、いつまでたっても笑えない。|ヤミカラス|note

映画「風俗行ったら人生変わったwww」好評につき続映決定

いつか笑えたら

Contents• 心から笑えないと辛い 「いつもなら自分のハマっている趣味に没頭すれば気分が晴れるのに、なぜだか最近は笑えない…。 」 「ストレスが溜まったときは友達とカラオケや映画に行けばリフレッシュできるのに、全然楽しくない…。 」 元気を取り戻せるように自分のいつも通りのルーティンをしているはずなのに、心の違和感を消せないことってありますよね。 心から笑えないと、無理やり笑顔を作っても心ここにあらずといった感じで、だんだんと気持ちが辛くなっていきます。 そうなったら無理して外に出かけようとせず、 家でひとりのんびり過ごすのがいいでしょう。 無理に楽しいと自分に思い込ませようとすると、かえってストレスが溜まってしまいますよ。 心から笑えない原因 「いつもは明るくプラス思考なのに、なぜか心から笑えない…。 」 自分に限っては大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、 誰にでも起こり得ることです。 なぜ心から笑えなくなるのか、原因を解明していきましょう。 心配事やストレスを抱えている 心から笑えない原因として1番多いのが、心配事やストレスを抱えているためです。 職場の対人関係が複雑すぎて毎日しんどい• 仲の良い友人と喧嘩した• 家族が病気になった• 結婚できるかどうか不安• 転職して仕事の環境が変わった こういった心配事や悩み事があると毎日の生活も気が気ではなくなり、仕事に集中できなくなってしまい、 ストレスを感じてしまうという悪循環に陥ってしまいます。 その悪循環に陥ると徐々に心から笑えなくなっていってしまうため、解決できそうなことはすぐに解決するように対処法を考え、できるだけ先延ばしはしないようにしましょう。 トラウマがある 心から笑えない人は、心にトラウマを抱えていることが原因である可能性があります。 過去に信頼していた人からの裏切りを経験していたり、壮絶ないじめなどを経験していると、たとえ現状に何も問題がなくても 「また何かトラブルが起こるのではないか」「この人に裏切られるのではないか」などとマイナス思考になってしまうのです。 そのため、笑顔になる習慣がなくなってしまったのかもしれません。 過去のトラウマになったシチュエーションと同じ状況になったり、トラウマの原因になった言葉を聞いたりすると、 そのときの辛い自分の記憶がフラッシュバックしてしまい、笑顔が消えてしまうという可能性もあります。 もともと冷めている もともと冷めている人は感情が盛り上がりにくく、心から笑えることが少ないです。 人間関係に冷めきっているので、仕事で誰かと話すときは基本的に仏頂面…。 これでは笑うチャンスがありません。 こういう人はどうしても笑顔が必要なビジネスの場で愛想笑いをすることが多くなるので、 デフォルトの笑顔が愛想笑いになってしまうのでしょう。 普段から笑顔になることを意識していない 心から笑えない原因は、普段から笑顔になることを意識していないからかもしれません。 人間は気持ち次第で楽しいことをつまらないことにすることもできてしまいます。 物事を悲観的に捉えたり、何をするにもつまらなそうにしていたりするとそれが癖になってしまい、心から笑えないという習慣が身についてしまいます。 楽しいことを楽しいと素直に感じられるようにする心がけが大切です。 プライドが高すぎる 心から笑えないのはプライドが高すぎることが原因かもしれません。 「自分はこんな低レベルなことでは笑わないぞ」と思っている人は、 周りで笑っている人たちを心の中で見下しているので、どうでもいいくだらないことで笑えなくなってしまっているのです。 学校でも職場でも…うまく笑えない人の心理 一度きりの人生、誰だってたくさん笑って楽しく生きたいはずです。 ではなぜ学校でも職場でも上手く笑えなくなってしまうのでしょうか。 上手く笑えない人の心理を理解していきましょう。 笑った顔に自信がない うまく笑えないのは、笑った顔に自信がないからかもしれません。 友達との何気ない会話で笑い合っている自分の顔を窓の反射で見たときに「え、これ私?めちゃくちゃブスだ…」と思ってしまい、 「自分は笑わないほうがいい」と決めつけてしまっている可能性があります。 容姿のことをネタにされて笑われたことがある人は、笑顔にも自信を持てなくなり、笑い方も不自然になっていまいますし、笑顔に覇気がありません。 また、歯並びが悪い人も自分の笑った顔に自信を持てない人が多く、口を閉じて笑うので、ロボットの笑顔のような冷たい笑顔になってしまうこともあります。 周りの目が気になる 周りの目が気になるから、上手く笑えない人もいます。 「このタイミングで笑って大丈夫かな」「私が笑って変な空気にならないかな」などと、他人の目を気にしてしまい、笑えなくなってしまうのです。 自分を取り巻く状況に納得していない 今の自分を取り巻く状況に納得していないから、上手く笑えないという人もいるでしょう。 「仕事でとんでもないミスをして降格してしまった」「早く結婚したいのに相手との関係が一向に進展しない」など、 周りと自分を比べたときに、自分のほうが不幸せだと感じると、笑っている場合じゃないと感じてしまいますよね。 今の自分の状況がひどすぎて、笑うことなんて許されないと自身で決めつけてしまっているのかもしれません。 心から笑えない人に病気の可能性はある? 心から笑えない人は病気の可能性もあります。 笑うことでストレスを軽減させたり、免疫力を高めたりすることができるというさまざまな研究データが報告されています。 いつまでも心から笑えずにいると、どんどんストレスが溜まっていきます。 「心から笑えていない自分」をもどかしく感じ、それがストレスになることもあるでしょう。 心から笑えないことで悪いループにはまってしまう可能性が高いです。 過剰なストレスを抱えるとだんだんと体を倦怠感が襲い、吐き気やめまいなどの具体的な症状が出てくることがあります。 こうなると 「うつ病」と診断される可能性があります。 うつ病まではいかなくても「うつ傾向がある」と言われることがあるので、実際に体に症状が表れている人は、専門医がいる病院でカウンセリングを受けましょう。 笑えない人に試してほしい方法 笑うことは健康維持や楽しく生活するためにとても重要なものです。 心から笑えない人に、試してほしい改善法をいくつか紹介します。 自分の心境を整理する 心から笑えない人は、まずは自分の心境を整理することがおすすめです。 「私は今何にストレスを感じて、何がプレッシャーになっているのだろう」と笑えなくなっている原因を冷静に探しましょう。 あまりに仕事が忙しすぎると、自分自身と対話する時間が持てず、心のコップがストレスで満杯になってしまうことがあります。 ストレスを溜めすぎると心のキャパをオーバーしてしまい、病気になってしまう可能性があるため、そうなる前に自分のことを労わってあげましょう。 とくに意味はなくても口角を意識的に上げてみる とくに意味はなくても意識的に口角を上げてみるのもおすすめです。 強制的に口角を上げるようにすると、今までは笑えなかったことでも少しずつ笑えるようになり、 口角が上がった顔が明るい表情がデフォルトになります。 心から笑うための改善方法として面白いか面白くないかということは関係なく、形から入るという方法です。 お笑いを観る 心から笑えない人は、たくさんお笑いを観てください。 どんなコメディアンを見ても最初は「くだらない」「つまらない」と感じて笑えないかもしれませんが、コメディアンたちが一生懸命笑わせようとしている姿を見ると、微笑ましい気持ちになり、だんだんとスマイルが戻ってくるかもしれません。 たくさんの芸人さんがいるので、 「元気が出ないときはこの人たちを観れば大丈夫!」と思える芸人さんを見つけるのも楽しいかもしれませんよ! 無理せずたっぷり休む 笑えないときは無理せずたっぷり休みましょう。 頑張り屋な性格の人ほど「もっとやらなくちゃ」「もっと成果を出さなくちゃ」とブレイクなしでずっと走り続けてしまい、ある日を境に緊張の糸がぷつっと切れてしまうことがあります。 大学入試が終わるまで遊ばなかったら、入試が終わったのに何も楽しいと感じない• 実験室で商品開発に没頭していたら、忙しすぎて知らぬ間に笑えなくなってた• 毎日残業続きで恋人とも友達とも会えず、ストレスでもう限界 このように頑張りすぎてしまう人は、休憩するのを忘れて頑張ってしまうことが多いです。 たまには何もせず、たっぷり休みましょう。 うつ病になる前に自分を労わろう いつも笑えていることで笑えなくなっているのは、 心が異常事態に陥っていると考えられます。 過去の出来事や事故によるトラウマから笑えなくなる人もいるかもしれません。 ストレスは発散していかないとどんどん溜まっていき、 自分の意識していないところで爆発してしまう可能性があります。 爆発してうつ病になってしまう前に、自分を労わってあげましょう!.

次の

最近いつも笑えていたところで笑えなくなりました。

いつか笑えたら

心から笑えない人の心理 心から笑えない人は何故、笑えなくなったのでしょうか。 笑えない心理を探っていきます。 トラウマがある• スマイルに自信がない• 気がかりなことがある• スマイルを作ろうとしていない• 他人に興味がない• 過去に友人に裏切られていたり、心無い言葉や振る舞いで傷ついたなど、 本人にとって対人関係はネックなのかもしれません。 自身ではそんなトラウマを克服しようと、向き合っているつもりでも、どうしても 過去がフラッシュバックしてしまいます。 楽しいはずなのに笑えないのは、過去の傷が今もなお癒えてはいないからです。 笑えないことに 自身が一番、もどかしさを感じています。 一度に気なってしまうと、知っている人の前で スマイルを作ることに抵抗を感じてしまうようです。 また、歯並びを気にしている人も歯が見えるの恐れたり、ルックスに自信がない人もスマイルは控えめになってします。 スマイルにはその人物のメンタル状況が大きく影響します。 良いスマイルのためには、 メンタルが元気であることが大前提なのです。 例えば、ビジネスでミスをした、親が病気になり入院してしまったなど、 気がかりなことがあったら笑えないのは当然です。 気がかりなことがあっては、スマイルを作ろうと頑張っても、とてもぎこちないスマイルになってしまいます。 こんな時は笑えないのもそうですが、 ビジネスやプライベートにも上手く向き合えないことが多いでしょう。 気がかりが解決すれば、スマイルは取り戻せますよ。 スマイルは、 口角を上げて作る表情です。 口角は基本的に意識して動かさないと、動きません。 そのため、スマイルをするときは 口角を意識的に上げているものです。 スマイルを作ろうとしていないのなら、口角は上がりませんから口元が「へ」の字になり、ムスッとした表情に見られているはずです。 もしかしたら、 いつも機嫌が悪い人と思われている可能性もありますよ。 興味がないから何と思われようと関係がないので スマイルで接する必要がないという考えなのでしょう。 もしくは興味がなさ過ぎて、広く浅く当たり障りのない人間関係を築けばいいと 適当にスマイルしておけばいいと考えている人もいます。 しかし、そんな考えでは上手にスマイルができるはずはなく、笑えない人になってしまうのです。 スマイルは他人に自分を売り込むための、 コミュニケーションツールですから他人に興味がない人が笑えないのは、仕方ないことなのでしょう。 長期間笑えない日が続いている、ネガティブなことばかり頭に浮かんでしまう、人と接するのが怖いなどの症状があるのなら、 メンタルの病気を疑いましょう。 メンタルの病気は現代社会では決して 珍しくも恥ずかしくもない病気です。 最近では、オープンでオシャレなメンタルクリニックも増加しているので入りやすくもなっています。 笑えない日が続くようなら、一度相談だけでも聞いてもらうといいかもしれません。 心から笑えない原因 心から笑えない原因になった出来事があるはずです。 笑えない主な原因を見ていきましょう。 フラれた• パートナーと上手くいっていない• ビジネスの人間関係が辛い• 友達と険悪になった• 好きな人にフラれるというのは、 イメージしているよりもメンタルに傷を負うものです。 周りの人に心配かけないために、明るく振舞おうとすればするほど、うまく笑えないはずです。 失恋は予期せぬ時に起きてしまうものですから、メンタルダメージが大きいのは当然でしょう。 そんな時は 無理やり笑う必要はないので、ゆっくり傷を癒してください。 心のよりどころであるはずのパートナーと険悪になってしまうのは、メンタルに負担が大きいものです。 ビジネスや友人と過ごしているときでも、気付けばパートナーのことを考えてしまって、 心ここにあらずなのでしょう。 パートナーとの関係を修復するには、 自分だけではなくパートナーの協力が不可欠です。 今後、パートナーとどうしたいのかオープンに自身の気持ちを伝えて みましょう。 社会人が オフィスで過ごすのは1日の大半を占めているものです。 それだけ長い時間を共に過ごす、同僚や先輩・上司との人間関係が上手くいっていない場合、 その空間で過ごすのはとても辛いことです。 笑えなくなっているのは、それだけメンタルが悲鳴を上げていることを示しています。 近くに、 信頼出来たり頼れる人がいるのなら、相談してみるのも良いでしょう。 本来であれば、パートナーと同様に自身の心の支えとなる存在の友達との関係が険悪になったら、いつも通りには笑えないものです。 万が一、友達と仲違いしてしまったのなら、何が原因で険悪になったか思考してみましょう。 もしかすると、原因はあなた自身にあり、改善することで関係の修復を図れるかもしれません。 また、一緒にいて顔色を窺ってしまう友達なら、思い切って関係を断つのも大切です。 これから先もずっと付き合っていく家族と上手くいかないことで、家に帰りたくないと思うことも多くなります。 本来であれば安らぎの場のはずなのに、 リラックスすることができず、心身の疲れは溜まる一方です。 そんな状態では、どんなに楽しい状況でも心から笑えないのも頷けます。 家族なのですから、上手くいっていないと放置しないで、 向き合い話し合ってみるのも解決の糸口となるでしょう。 心から笑えないときの対処法 心から笑えないとき、いったいどうすればいいのでしょうか。 笑えないときの対処法を身に付けましょう。 休息をとる• お笑いやコメディ映画など鑑賞する• 原因を解決する• メンタルクリニックに行く• スマイルを意識する• ビジネスやプライベートに笑えない原因があるのなら、一度離れましょう。 何も考えず、休息をとることで傷付いて張りつめていた心が、少しずつほぐれていくはずです。 また、 この機会に今までチャレンジできなかった好きなことを始めるのも良いかもしれません。 新しい趣味や食べに行きたかったお店、観たかった映画など、 思う存分堪能してリフレッシュしてください。 きっと笑えないと悩んでたメンタルが軽くなりますよ。 プロのアスリートは本番に挑む際、極限の緊張状態で笑えないことがよくあるようです。 そのため、 緊張をほぐすためにお笑いDVDなどを見て、ナチュラルなスマイルを引き出しています。 この方法は、 上手く笑えない人にもとても有効な手段とも言えます。 好きなお笑い芸人や俳優の出ているコメディ映画に何も考えず没頭したら、おなかを抱えて笑えるかもしれませんよ。 例えば、ビジネスに原因があるのなら、 転職してみるのも良いかもしれません。 また、失恋などの心の傷であれば、 向き合い受け入れることで時が解決してくれます。 笑えない原因は、解決しようと向き合うことでその対処の仕方が必ず見えてくるはずです。 客観的に自分の置かれている状況を把握し、笑えない原因をなくしていきましょう。 メンタルの病気は今や現代病ともいわれるくらい、珍しいものではないのです。 自らではどうしようもない、近くに相談できる人もいない、ストレスも発散できなく溜まっていく一方ならば、メンタルクリニックを受診してみましょう。 メンタルクリニックでは相談だけではなく、 投薬治療によって自律神経の働きを促したり、ホルモンバランスを整えることも可能です。 薬に頼りたくないと思うかもしれませんが、 薬を飲むことでメンタルが凄く軽くなることもあります。 本格的に病んでしまう前に、メンタルクリニックに行ってみてください。 笑えないと感じているのなら、 人と接するときにスマイルを意識していないからなのでしょう。 初めのうちは作り笑いでも構わないので、スマイルで人と接するようしてみてください。 自分でも最初はスマイルがぎこちなく感じますが、 意識しているうちに自然なスマイルができるはずです。 スマイルを向けられて不快になる人はいません。 好意的にとらえられ、 自分にもスマイルが向けられるので気持ちも軽くなっていくでしょう。 しかし、 無理やりスマイルを作ることが苦痛に感じるようなら、無理に笑わなくても構わないのです。 笑えないから笑わなきゃということが、メンタルの負担になることもあります。 笑えないことに固執しすぎているからこそ、笑えないのかもしれません。 笑えないときは、 笑えない気持ちを忘れてしまった方が案外、改善していくものです。

次の

苦しい時こそ笑えは間違い!本当に苦しかったら笑わなくていい。

いつか笑えたら

笑うことっていいことですよね。 笑うことによって気分も晴れるし、リラックス効果もある。 にもちょっとしたことで笑えると 笑う門には福来るということわざもあるように、「苦しい時こそ笑え!」、「辛い時こそ笑え!」という声もよく聞きます。 でも、違います。 本当に苦しかったら笑えません。 苦しいときに泣くのは前に進もうとせず立ち止まっている悪いことで、苦しいときに笑うことこそが前に進む正しい姿勢だと世の中は訴えかけてきます。 で、苦しくても我慢して笑うことが大切なんだという認識の人がほとんどなのではないでしょうか? 映画、ドラマ、小説、漫画、などもそういう作りの物が多いですしね。 「いつまでも落ち込んでいたって仕方ないんだから。 」、「クヨクヨするな!そんな態度だとぞ!」と幼少のころからそうやって育てられてきた人も多いのではないですか? 言っていることは正しいんです。 たしかに、じっと立ち止まって泣いていたって状況は変わりません。 だから無理に笑顔を作ってでも、その場所から動くことが大事だというのもわかります。 苦しいときほど『』、『笑えるからわたしは大丈夫!まだやれる。 』と自分に言い聞かせる人もいます。 それが正しい姿なんだと信じて、苦しいときほど笑おうとする人たちがいます。 そんな人たちに一言いいたいのは 「あなた、全然大丈夫ではないですよ?危険な状態ですよ?」 ってことです。 まだ笑えるってなんですかね? いつ笑えなくなるのでしょう?自分でも予期してますよね? もう少しで笑えなくなると。 今はまだ、大丈夫かもしれません。 でも いつか大丈夫ではなくなります。 というか、本当に今は大丈夫なのでしょうか?今の時点で大丈夫ではないのではないですか? 歯を食いしばって笑っていませんか? たしかに、苦しいときは笑うことによって気分が晴れます。 ほんの少し心が軽くなり、ほんの少しだけ前が見えるようになります。 でもね、 苦しすぎるときは笑わなくていいんですよ? 心を痛めている方は、苦しい状態ではないんです。 苦しすぎる状態なんです。 重たい荷物を背負って登山します。 山頂までもう少しです。 ですが苦しいです。 このときは笑ったらいいと思うんです。 でも、あなたはいま、成人男性に力いっぱい首を絞められています。 そんな状態で笑えますか?笑っている間に殺されちゃいますよ? そもそも映画とかアニメでは首を絞められて笑いながら最期を迎える人がいますが、あれって可能なんでしょうか?苦しんでいる顔で笑うことって、実は一番筋力を使うんじゃないですかね? そんなことに力を使うよりも、首を絞めている手をふりほどこうとする方が大事ですよね。 まだ笑えるというのは我慢をしている状態です。 笑うことによってその瞬間だけは気持ちが少し楽になるんです。 ですが、時間が経つと反動で 心にダメージが残るんです。 苦しいときに笑うことって実は、 その場しのぎの効果しかなく、持続できないんです。 持続できないというか、それをしてしまうことによって、 かえって後で、よりつらい思いをしてしまうことになるんです。 お葬式で泣けなくて、気丈にふるまって、何日か後になって一人で壊れるほど泣き続けるといったパターンよくあります。 あれってお葬式の時に泣いていたら、そこまで泣かなかったんじゃないですかね?無理に我慢をしてしまったからその反動で、より感情が揺さぶられてしまったんだと思います。 無理をしてまで笑うメリット、ありますか? そもそも笑顔って楽しいから自然と笑顔になるんです。 笑顔になると楽しい気分になるから笑えというのはなにか違う気がします。 『僕は楽しいんだ!』、『わたしはつらくない!』、『俺は嬉しい!』 違います。 そう思い込もうとしているだけです。 本当は 「あなたは楽しくない」、「あなたはつらい」、「あなたは悲しい」 そんな 自分の気持ちに蓋をして、誤魔化してしまうんです。 あなたの心にしてみれば、「助けてー!!」とあなたにSOSを出したのに、あなたは「大丈夫。 大丈夫。 」と助けることなく見捨てている状態です。 心からしてみたらあなたは『鬼』や『悪魔』のように見えているかもしれませんね。 今の若い人は知らないかもしれませんけど、熱湯コマーシャルってテレビが昔あったんですよね。 熱々のお風呂にどれだけ我慢して入っていられるか、入っていた秒数だけテレビで宣伝できるっていう番組が。 よく芸人さんもチャレンジしていたのですが、お風呂に入る人からしたら熱いからすぐに出たいわけです。 だけどそれだとテレビ的に面白くないんですよね。 だから周りがお風呂から出ようとする人の肩を抑えて出るのを妨害するわけです。 一刻も早く脱出したいのに上から悪魔が押さえつけてくるわけです。 あなたの心からすれば、あなたはそんな妨害をしてくる人に見えているかもしれません。 もう少し自分に素直になってもいいのではないですか? たしかに笑うことってすごくいいことだと思います。 笑うことによって寿命が延びるとまで言われていますしね。 まったく笑わずにいたら心もどんどん沈んでいきます。 ネガティブ思考が増え、暗い感情に支配されてしまいます。 ですが、 無理をしてまでも笑う必要はないんですよ? そこまであなたが我慢をする必要はどこにもないんですよ? 人間なんです。 どうしても笑えないときはあります。 こともあるかと思います。 そんなときは反抗せず、絶望に沈んだらいいと思うんです。 本当に苦しいときに笑うのは逆効果です。 『まだ大丈夫!』は実際には大丈夫ではありません。 限界を超えているのにそれに気づかないふりをしているだけです。 あなたの心の声を無視して、意志の力で自分を動かそうとしているだけです。 そもそも笑うことって難しいことじゃないんです。 気がついたら自然に笑っているんです。 無意識なんです。 笑うのが難しいと感じるようになっているのは危険な状態です。 そうなってしまったのは、 あなたががんばりすぎてしまったから。 我慢しすぎてしまったから。 もう、がんばるの、やめませんか? もう、我慢するの、やめませんか? いままでオーバーワークにも必死で耐えてきたんです。 がんばってきたんです。 そろそろ休むという選択をしてもいいのではないですか? 心優しいあなたの人生が幸せに包まれますように。 関連記事(一部広告):.

次の