アシッド アタック 日本。 アシッド・アタックで重度のヤケドを負った女性 回復した顔をネットに公開

【写真】酸を顔にかけられた人たち そのありのままの姿

アシッド アタック 日本

スポンサーリンク バンクシーの正体かもしれない3D(ロバート・デル・ナジャ)ってどんな人物? 3Dの基本情報 名 前/ ロバート・デル・ナジャ 出身地/ イギリス ブリストル 誕生日/ 1965年1月21日 職 業/ ミュージシャン・シンガーソングライター・グラフィティアーティスト 3Dがヴォーカルとして活動する前は、 グラフィティ・アーティストとして確立していました。 1980年代前半、 ステンシルグラフィティ運動の開拓者だった3Dこそが、イギリスはブリストルに 『ヒップホップ』と『グラフィティ』をアメリカから持ち込んだ人物とされています。 『ワイルド・バンチ』を結成し五人で活動していましたが、二人のメンバー脱退することで解散。 その後、残された三人で結成したのが『マッシヴ・アタック』でした。 マッシヴ・アタックとしてCDをリリースする時のジャケットには、3Dのグラフィティ・アートを起用し、全てのアルバムに収録されています。 デビュー・アルバム『ブルー・ラインズ』を皮切りに、次々と大ヒットを飛ばす楽曲を作り、さらには『トリップ・ホップ』というジャンルさえも定着させていきました。 そんな3Dのグラフィティに影響を受けたとされているだけあって、世界を騒がせているバンクシーの作品は3Dと良く似ています。 活動拠点、マッシヴ・アタックのツアーの行く先々で現れるグラフィティ・アート、よく似た作品など、バンクシーが3Dであることを物語っているように思えてなりませんね。 3D所属の音楽ユニット『マッシヴ・アタック』って? マッシヴ・アタックの基本情報 現メンバー/ ロバート・デル・ナジャ(3D) グラント・マーシャル(ダディ・G) 旧メンバー/ アンドリュー・ヴォウルズ(マッシュルーム) 出 身 地/ イングランド・ブリストル 活動期間/ 1988年~ 元々は、現メンバーのグラント・マーシャルと、他二人で『ワイルド・バンチ』を結成。 三人での活動をしていました。 そこに新メンバーを二人加入するのですが、その内の一人が現メンバーのロバート・デル・ナジャと、旧メンバーのアンドリュー・ヴォウルズでした。 五人体制となった『ワイルド・バンチ』ですが、元々いたメンバー二人が脱退することで最終的には解散してしまいます。 残された三人のメンバーが新しい音楽ユニットとして結成したのが『マッシヴ・アタック』でした。 マッシヴ・アタックは、 ヒップホップ・レゲエを中心としたジャズ・ソウル・ロックなどをミックスさせた独自の音楽性を確立したグループで、世界を股にかけ活躍するアーティストとして、これまでCDアルバムを6枚リリース。 『憂愁と沈思の国、イギリスらしい深い音』 『各音の深みが全然違う』 『徹底的にダークで耽美。 芸術的美しさを取り込んでいると言っても過言ではない』 『内容は言うまでもなく最高』 『多彩な音楽要素を見事にまとめあげた重心の低いサウンドは何年経っても素晴らしい』 多くのファンを魅了して止まないマッシヴ・アタックの楽曲を、一度手にされてみてはいかがでしょうか。 過去の公演を調べてみると、ありました! マッシヴ・アタックは来日公演されていました。 しかも追加公演も開催されていました。 開催日が2017年11月27日・28日の二日間って、極々最近じゃないですか!会場は豊洲PITです。 豊洲PITは2014年にオープンした大型ライブハウスで、国内最大級のスペースなんだそうですよ。 この公演でメンバーが来日したのは11月20日で、ライブの一週間前辺りから入国していました。 ということは、少なくとも一週間(7日間)は東京の夜を過ごしているに違いありません。 探せば絶対にありますよ!.

次の

アシッドアタックにはどう対応すべきでしょうか?

アシッド アタック 日本

イギリス・ロンドンでアシッドアタック(酸攻撃)が激増!! アシッドアタックとは? みなさんはアシッドアタックという言葉を聞いたことがありますか?信じられない方もいるでしょう。 これは酸を顔にかけて顔面の皮膚を溶かすという残虐な攻撃で、かけられた者は皮膚が溶けてケロイド化するため瞼がふさがり、唇がただれ、鼻頭は流れ落ちてしまいます。 耳なども失われます。 男女間で男性が女性に対してこの攻撃をすることが多いようです。 名誉のためのアシッドアタック これは主に女性がターゲットにされます。 女性が、親族の望まない相手と秘密裏あるいは公然と付き合うことで、親族の名誉が傷つけられたという理由からアシッドアタックで制裁されるというものです。 とんでもない話ですね。 女性をなんだと思っているのでしょうか。 交際のリベンジのためのアシッドアタック 交際のもつれからリベンジのためにアシッドアタックされることもあるようです。 これも主に女性がターゲットにされています。 交際を断られたり、交際に不満をいだいた男性からの一方的な攻撃です。 一度の攻撃で女性は人生が崩壊してしまいます。 簡単に手に入る凶器硫酸 アシッドは市販のもので簡単に手に入ることが問題視され、アシッドアタックがみられる国では規制しようとする動きもでてきているようです。 哀しいことに、所持に免許がいらず、形跡も残らない凶器が市場にあふれているという見解がでるようになってしまいました。 アシッドアタックは中東や南アジアに多かったのだが・・・ こういった攻撃手段アシッドアタックは、これまで中東や南アジアに多く、バングラデシュは世界一多く報告されています。 日本ではおそらくアシッドアタックという言葉すら知らなかった人のほうが多いことでしょう。 インターネットの普及で世界にはそういった事件もあるということを知った人がほとんどではないでしょうか。 そんななか、近年になってアシッドアタックが、これまでなかった国でも事件になるようになったといいます。 その筆頭にイギリスが上がるというのです。 アシッドアタックがロンドンで増加 アシッドアタックは中東やアジアで多い、それ以外の地域では知らない人も多い状況ですが、なんとアシッドアタックがイギリスで急増し、近年の件数ではバングラデシュについで突然2位になってしまったようです。 年々増加し、2017年には年間約500件ものアシッドアタック事件が発生したというのです。 ニュースでは、僅かここ数年で2000件以上も発生したと言います。 これは凄まじい頻度です。 また、アシッドアタックは前述のように女性がターゲットにされることが多かったのですが、イギリスでは男性がメインターゲットにされています。 そして従来まで事件の主要因であったリベンジ型のアシッドアタックだけではなく、イギリスでは一度に大勢の人に攻撃をしかける事件も発生しています。 下記にそれら無数の卑劣な事件の幾つかを。 スプレー型のアシッドアタック スプレーで噴射するタイプのアタックがあるそうです。 防犯用の辛子スプレーは聞いたことがありましたが、攻撃用のアシッドスプレーとなるとあまりにも惨忍な凶器です。 しかも被害者は生涯苦しみ続けなければなりません。 2017年ロンドンのナイトクラブで無差別アシッドアタック ロンドンのナイトクラブで酸攻撃が発生、少なくとも14人が負傷した事件が発生。 中国人も通り魔アシッドアタックの被害に合う ロンドン北部で、中国人家族が通りを歩いていたところ、何者かが突然近寄ってきてアシッドをかけ逃走 ロンドンで十代の通り魔二人組みが連続アシッドアタック 2017年7月13日夜10時ごろから約1時間の間に酸攻撃が5件発生 いずれも原付に乗った二人組みによるものだったという。 十代の二人組みが逮捕された。 ロンドンの十代もアシッド攻撃の標的に ロンドンのブリクストンで18歳の女の子がバス車内で何者かにアシッドスプレーを顔に噴出された。 女の子は痛みで悲鳴を上げてバスをおり、通りの店に水で洗うように頼んだ。 イギリスで3歳児までもがアシッド攻撃の標的に 2018年7月21日イギリスのウスターにて3歳の男児がスーパーマーケットで腕と顔にアシッドをかけられた。 アフタン籍の男が逮捕された。 イギリス有名人ケイティー・パイパーもアシッドアタック被害に 2008年、ハンプシャー出身の著名人で元モデルのケイティー・パイパーが元恋人から酸攻撃を受け、顔に焼けど、片目を失明するダメージを受ける。 アシッドアタック 日本どうなる? 日本では寝耳に水なアシッドアタック事件 日本でも昭和の歌姫美空ひばりさんが塩酸事件に巻き込まれていた 1957年1月13日、日本でも美空ひばりさんが酸攻撃を受けたことがありました。 犯人は美空さんのファンだったそうです。 彼女は美しさと歌声の才能を持つ美空さんを愛するあまり何度か面会を試みるも、会う機会に恵まれず、憎むようになったようです。 東京都上野で風俗店の客引きグループがアシッドアタック 2015年、東京で風俗店の客引き同士のトラブルで乱闘になった事件で、硫酸を使って相手に怪我を負わせた容疑で男が今年2018年に逮捕となりました。 群馬県高崎でランダムに起きた連続アシッドアタック 同じく2015年群馬県高崎で計4人の女性が相次いで液体をかけられ、痛みを感じた。 警察の調べで硫酸であることが分かったという。 アシッドアタックが日本含む諸外国に広がる可能性 一般的にこれまでは、酸攻撃という発想は日本人はあまり浮かばなかったのではないでしょうか?ところがインターネットなどで中東のアシッドアタックなどの情報も入ってくるようになっている現代ですから、何かしらヒントを得た可能性もあります。 フランスでも2017年にアメリカの女子大生4人組がアシッドアタックを受けました。 諸外国(日本含む)に広がる可能性が無いとはいえなくなっています。

次の

アシッドアタック

アシッド アタック 日本

硫酸は犯罪だけでなく自殺にも使われることが 2017年9月、過去に3人の男性に襲われ、顔面に「硫酸」をかけられ重傷を負った19歳のインド人女性が、ニューヨークで開催されたファッションショーに出演して注目を集めた。 彼女は同じような被害にあった女性たちを勇気づけるためにステージに立ったとのことで、「大変幸せだった。 美しさは単に外見だけではない。 」とのコメントを残し、世界中に感銘を与えた。 硫酸をはじめとする「アシッド(酸)アタック」は世界中で頻発している 毎年「アシッド(酸)アタック」による被害者は、世界中で1500人以上に達している。 特にインドやパキスタンをはじめとするアジア諸国、アフリカ、中南米諸国で多数認められる。 2014年、コロンビアでは、33歳の美しいファッションモデルが、男性ストーカーに日常から付きまとわれ、ある日、自宅前で、突然、硫酸を顔など全身に浴びせられた。 事件後、彼女は、公に姿を見せることができなくなり、ファッションの仕事も辞めざるを得なくなった。 一瞬にして彼女の輝かしい人生は、奈落の底に突き落とされたのだ。 その後16回にわたる顔面の手術が繰り返され、現在も硫酸を浴びた痕跡が身体の4分の1に残っているとのことである。 我が国でも2015年4月に、群馬県で硫酸による連続傷害事件が発生した。 44歳女性が、買い物途中に、突然、足の痛みを感じた。 その1時間後には23歳の女性のストッキングが溶けており、足の痛みを訴え警察に通報した。 その後の鑑定の結果、これらの犯罪には硫酸が用いられたことが判明した。 1965年、東京都で28歳の技師が、35歳の同僚を口論の末に金槌で全身を殴打して殺害後、硫酸を満たした樽の中に死体を入れて溶解させようとした。 後に樽の底に人骨の一部が発見され犯罪が発覚した。 50歳代の男性が、薬店で購入した硫酸を約120mL飲んで自殺企図した。 約2時間後に家族が意識混濁し、吐血しているところを発見し、救急車を要請した。 病院に搬送されたときは、意識消失、吐血、血圧低下、不整脈を呈していた。 直ちに集中治療室に収容して、補助機械呼吸を開始した。 下血も認め、2日後には肺炎を、その後、肝臓、腎臓などの機能が次第に低下し、搬送後4日目には多臓器不全に陥った。 その翌日、意識が回復することなく鬼籍に入った。 また中国では23歳の男性が、友人との飲酒後、帰宅したが、まだ飲み足りないとして父親に酒を要求した。 父親は誤って硫酸入りの瓶を渡した。 結局、彼は約150mLの硫酸を飲んだ。 その後、激しい腹痛、嘔吐を訴え、病院に搬送された。 検査の結果、胃穿孔を認め、腹膜炎を併発していることが判明。 緊急手術が行われ、一命をとりとめたが、胃の大部分の切除を余儀なくされた事件が報道された。 横山隆(よこやま・たかし) 小笠原記念札幌病院腎臓内科。 日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。 1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。 専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。 所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

次の