かい じゃり すい ぎょ の すい ぎょ う まつ。 中尾隆聖 じゅげむ LYRICS

中尾隆聖 じゅげむ LYRICS

かい じゃり すい ぎょ の すい ぎょ う まつ

「じゅげむ」 「じゅげむ」 朝倉玲・カンガー 昔、あるところになかなか子どもが生まれない夫婦がいました。 でも、ある時、ようやくかわいらしい男の子が産まれました。 お父さんとお母さんはとても喜んで、この子が元気で長生きするように、と偉いお坊さんに頼んで、長生きできそうな名前を付けてもらいました。 お坊さんは一生懸命考えて、ありがたい意味や長生きした人の名前をくっつけて、長〜い名前を男の子につけてくれました。 こんな名前です。 「じゅげむじゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなのちょうきゅうめいのちょうすけ」 お父さんとお母さんは、あまり長い名前なのでビックリしましたが、それでも一生懸命覚えて、子どもの名前が言えるようになりました。 こんなふうに。 「じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらこうじのぶらこうじぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがんしゅーりんがんのぐーりんだいぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなのちょうきゅうめいのちょうすけ……ごはんですよー!」 「じゅげむじゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなのちょうきゅうめいのちょうすけ……お出かけしますよー! あら、いないわ。 どこに行ったのかしら? じゅげむじゅげむ(以下略)……どこなのー! おいていっちゃうわよー!」 さて、その男の子は、長いありがたい名前のおかげか、病気も怪我もすることなく、すくすくと元気に育ちました。 やがてお友だちもできて、一緒に外で遊ぶようになりました。 ある時、ジュゲム君とお友だちがケンカになってしまって、ジュゲム君がお友だちの頭をぽかっとなぐってしまいました。 お友だちの頭に大きなたんこぶができました。 お友だちは泣きながらジュゲム君のお母さんのところへ言いつけに行きました。 「じゅげむじゅげむ(以下略)……のおかあさーん、えーんえーん、じゅげむじゅげむ(略)……がねぇ、ひどいんだよー! えーんえーん」 「あらまぁ、うちのじゅげむじゅげむ(略)……がどうしたって言うの?」 「えーんえーん。 じゅげむじゅげむ(略)……がねぇ、ぼくのあたまをねぇ、うえーんうえーん」 「泣いていたら分からないわよ。 うちのじゅげむじゅげむ(略)……がいったいどうしたっていうのさ」 「あのねぇ、じゅげむじゅげむ(略)……が、ぼくとケンカになってねぇ、そいでねぇ、じゅげむじゅげむ(略)……が ぼくの頭をポカッとなぐってねぇ、おっきなこぶができたんだよぉ」 「なんですって。 うちのじゅげむじゅげむ(略)……があんたの頭をなぐって、おっきなこぶを作ったですって? どれどれ。 あら、こぶなんてないじゃないの?」 「おばちゃん。 名前が長すぎるから、もうこぶが引っ込んじゃったよ」 もうひとつのエピソード。 ある時、ジュゲム君は友だちと一緒に川へ遊びに行きました。 すると、ジュゲム君が足を滑らせて、川に落ちてしまいました。 ジュゲム君は泳げません。 「あっぷあっぷ、たすけてー!」 これは大変だ、と友だちはジュゲム君のお父さんのところへ走っていきました。 (走る真似)「じゅげむじゅげむ(略)……のお父さーん、じゅげむじゅげむ(略)……が大変だよーー!!!」 「なんだ? うちのじゅげむじゅげむ(略)……が大変だって? いったいどうしたって言うんだ?」 「じゅげむじゅげむ(略)……がねぇ、ボクたちと一緒に川で遊んでいて、川に落ちちゃったんだよー!!!!!」 「なんだって!? うちのじゅげむじゅげむ(略)……が川に落ちたって!? それは大変だ。 助けを呼ばなくて は!」 ジュゲム君のお父さんは隣の家のおじさんに助けを求めました。 「おい、うちのじゅげむじゅげむ(略)……が川に落ちたらしいんだ。 一緒に手伝ってくれないか」 「なに、あんたんとこのじゅげむじゅげむ(略)……が川に落ちた! そりゃ大変だ。 急いでいこう!」 お父さんとおじさんが川に着いたときには、ジュゲム君の姿はもうどこにも見えませんでしたとさ。 これで本当におしまい。 〜寿限無の名前の由来〜 byカンガー 「じゅげむ」の名前を漢字も使って書くと次のようになります。 「寿限無(じゅげむ)寿限無、五劫(ごこう)のすりきれ、海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)の水行末(すいぎょうまつ)、雲来末(うんらいまつ)、風来末(ふうらいまつ)、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命(ちょうきゅうめい)の長助」 「寿限無」は「寿限り無し、つまり死ぬ時がないということ」 「五劫のすりきれ」は「一劫というのは、三千年に一度、天人が天下って、下界の巌を衣でなでるのだが、その巌をなでつくしてすりきれてなくなってしまうのを一劫という。 それが五劫というから、何万年、何億年かかぞえつくせない」 「海砂利水魚」は「海の砂利も、水にすむ魚もとりつくすことが出来ない」 「水行末、雲来末、風来末」は「水の行く末、雲の行く末、風の行く末、いずれも果てしがない」 「食う寝るところに住むところ」は「人間、衣食住のうち、1つがかけても生きてはいけない」 「やぶらこうじのぶらこうじ」は「やぶこうじという木があって、まことに丈夫で、春は若葉を生じ、夏は花咲き、秋は実を結び、冬は赤き色をそえて霜をしのぐめでたい木」 「パイポパイポ〜」は「昔、唐土にパイポという国があって、シューリンガンという王様とグーリンダイという王后のあいだに生まれたのが、ポンポコピーとポンポコナーというふたりのお姫様で、このふたりが大変長生きをした」 長久命の長助」は「天長地久という文字で読んでも書いてもめでたい結構な字で、それをとって長久命。 長く助けるという意味で長助もいい」.

次の

落語を簡単に紹介する ~寿限無~

かい じゃり すい ぎょ の すい ぎょ う まつ

「寿限無」は、リズムのよさで、すぐに覚えられる。 ほとんど全員が暗唱できるようになったら、劇の練習に入ろう。 ちょっぴり舌っ足らずな「寿限無」 でも、それがかえってかわいくて、大受けである。 (出演者全員、正座したまま、 深く頭を下げる) (いったん、全員、退場) 場面・1 幸子 私の名前は幸子です。 お父さん とお母さんが「幸せに なるように」と考えて、つけて くれました。 舞台上の黒板に名前の由来 を書いた紙を貼って説明。 勇輝 ぼくの名前は勇輝です。 「勇気 のある子になるように」と考え て、つけてくれたそうです。 舞台上の黒板に名前の由来 を書いた紙を貼って説明。 出演人数の調 整にも使える。 場面・2 平林 (「平林」と書いた紙を持ち) 私の名前は「ひらばやし」です。 いい名前で、気に入っています。 熊さん やあ、こんにちわ。 ひらりんさん。 平林 ひらりんじゃありません。 熊さん (「平林」の文字を、指でさし ながら)だって「ひらりん」で しょ。 「ひらりん」って書いて あるもの。 平林 ちがいます! 熊さん (しばらく考えて)ひらりんじ ゃなければ・・・そうか! (「平林」の文字を、指でさし ながら)「ひらきき」でしょう。 平林 ちがいます! 熊さん う〜ん。 「ひらきき」じゃなけ れば・・・そうか! (「平林」の文字を、指でさし ながら)「ひらもくもく」でし ょう。 平林 (地団駄踏んで)ちがいます!! 熊さん ちがうの?う〜ん。 そうか!今 度こそ分かったぞ。 (「平林」の文字を、指でさし ながら)「いちはちじゅうのも 〜くもく」でしょう。 平林 (何も言わず、こける) 熊さん お後がよろしいようで。 (3人、深く礼をし、座布団を 持って退場) お母さん (赤ん坊の人形を抱いて登場し) ちょいとお前さん。 (と、お父さんを呼ぶ) お父さん なんだい。 お母さん この子の名前を考えてくれたか い? お父さん あたぼうよ。 し〜っかり、考え てあらあな。 お母さん 本当かい?どんな名前だい? お父さん まあ、あわてるなってことよ。 今、見せてやるから。 (「寿限無」と書いたカードを 舞台上に置いた黒板に貼り) まず、これだ。 お母さん まあ、むずかしそうな名前。 何と読むんだい?お前さん。 お父さん これはな、「じゅげむ」といっ てな、いつまでも死なずに、限 りなく長生きするという意味 だ。 お母さん まあ、なんていい名前だこと。 お前さんは、頭がいいねえ。 (お父さん、いばったポーズ) お父さん これくらいで感心してちゃいけ ねえ。 お母さん おや、まだ続きがあるのかい? お父さん あるとも。 次はこれだ。 (「ごこうのすりきれ」と書い た紙を貼り) 「う〜んと長生きする」という 意味だ。 お母さん まあ、ますます、めでたいねえ。 お前さんは、本当に頭がいいね え。 (お父さん、いばったポーズ) お父さん これくらいで、感心してちゃい けねえ。 お母さん おや、まだあるのかい? お父さん あるとも。 次はこれだ。 (「かいじゃりすいぎょ」と書 いた紙を貼り) 「限りなく、たくさん」という 意味だ。 お母さん まあ、ますます、ますます、め でたいねえ。 お前さんは、本当 に、本当に、頭がいいねえ。 (お父さん、いばったポーズ) お父さん これくらいで感心してちゃいけ ねえ。 お母さん まあ、おめでたい名前だこと。 これなら、この子も、う〜んと 長生きできるよ。 お前さんは、本当に本当に本当 に本当に本当に・・・(と、止 まらなくなる) 影の声 ストップ! お母さん 頭がいいねえ。 金ちゃん おばさん、大変だよ!「じゅげ む、じゅげむ、ごこうのすりき れ、かいじゃりすいぎょのすい ぎょうまつ、うんらいまつ、ふ うらいまつ、くうねるところに すむところ、やぶらこうじのぶ らこうじ、パイポパイポ、パイ ポのシューリンガン、シューリ ンガンのグーリンダイ、グーリ ンダイのポンポコピーのポンポ コナの、長久命の長助」ちゃん が転んで、頭にこ〜んな大きな こぶができちゃったよ。 お母さん えっ!うちの「じゅげむ、じゅ げむ、ごこうのすりきれ、かい じゃりすいぎょのすいぎょうま つ、うんらいまつ、ふうらいま つ、くうねるところにすむとこ ろ、やぶらこうじのぶらこうじ、 パイポパイポ、パイポのシュー リンガン、シューリンガンのグ ーリンダイ、グーリンダイのポ ンポコピーのポンポコナの、長 久命の長助」が転んで頭にこ〜 んな大きなこぶができたって? お前さん、大変だよ!うちの 「じゅげむ、じゅげむ、ごこう のすりきれ、かいじゃりすいぎ ょのすいぎょうまつ、うんらい まつ、ふうらいまつ、くうねる ところにすむところ、やぶらこ うじのぶらこうじ、パイポパイ ポ、パイポのシューリンガン、 シューリンガンのグーリンダ イ、グーリンダイのポンポコピ ーのポンポコナの、長久命の長 助」が転んで頭にこぶをこしら えたって! お父さん なに?!うちの「じゅげむ、じ ゅげむ、ごこうのすりきれ、か いじゃりすいぎょのすいぎょう まつ、うんらいまつ、ふうらい まつ、くうねるところにすむと ころ、やぶらこうじのぶらこう じ、パイポパイポ、パイポのシ ューリンガン、シューリンガン のグーリンダイ、グーリンダイ のポンポコピーのポンポコナ の、長久命の長助」が転んで頭 にこぶをこしらえたって?! そりゃ本当か? 銀ちゃん (じれて、足をバタバタさせな がら)本当だよ。 早く来て! お父さん おう、行くとも!それで、うち の「じゅげむ、じゅげむ、ごこ うのすりきれ、かいじゃりすい ぎょのすいぎょうまつ、うんら いまつ、ふうらいまつ、くうね るところにすむところ、やぶら こうじのぶらこうじ、パイポパ イポ、パイポのシューリンガン、 シューリンガンのグーリンダ イ、グーリンダイのポンポコピ ーのポンポコナの、長久命の長 助」は、どこにいるんだ? 銀ちゃん こっちだよ、ついて来て。 (お父さん、お母さん、金ちゃ ん、銀ちゃん、舞台を走って回 る。 走りながら) お母さん ねえ、銀ちゃん、うちの「じゅ げむ、じゅげむ、ごこうのすり きれ、かいじゃりすいぎょのす いぎょうまつ、うんらいまつ、 ふうらいまつ、くうねるところ にすむところ、やぶらこうじの ぶらこうじ、パイポパイポ、パ イポのシューリンガン、シュー リンガンのグーリンダイ、グー リンダイのポンポコピーのポン ポコナの、長久命の長助」は、 だいじょうぶかねえ。 痛くてな いてやしないかねえ。 銀ちゃん だいじょうぶだよ、おばさん。 おばさんちの「じゅげむ、じゅ げむ、ごこうのすりきれ、かい じゃりすいぎょのすいぎょうま つ、うんらいまつ、ふうらいま つ、くうねるところにすむとこ ろ、やぶらこうじのぶらこうじ、 パイポパイポ、パイポのシュー リンガン、シューリンガンのグ ーリンダイ、グーリンダイのポ ンポコピーのポンポコナの、長 久命の長助」ちゃんは、強い子 だもん。 泣かないよ。 お父さん お〜い、「じゅげむ、じゅげむ、 ごこうのすりきれ、かいじゃり すいぎょのすいぎょうまつ、う んらいまつ、ふうらいまつ、く うねるところにすむところ、や ぶらこうじのぶらこうじ、パイ ポパイポ、パイポのシューリン ガン、シューリンガンのグーリ ンダイ、グーリンダイのポンポ コピーのポンポコナの、長久命 の長助〜」だいじょうぶか〜。 金ちゃん お〜い、「じゅげむ、じゅげむ、 ごこうのすりきれ、かいじゃり すいぎょのすいぎょうまつ、う んらいまつ、ふうらいまつ、く うねるところにすむところ、や ぶらこうじのぶらこうじ、パイ ポパイポ、パイポのシューリン ガン、シューリンガンのグーリ ンダイ、グーリンダイのポンポ コピーのポンポコナの、長久命 の長助」ちゃ〜ん、お父さんと お母さん がきたよ〜。 じゅげむ (頭を押さえて登場) お母さん まあ、「じゅげむ、じゅげむ、 ごこうのすりきれ、かいじゃり すいぎょのすいぎょうまつ、う んらいまつ、ふうらいまつ、く うねるところにすむところ、や ぶらこうじのぶらこうじ、パイ ポパイポ、パイポのシューリン ガン、シューリンガンのグーリ ンダイ、グーリンダイのポンポ コピーのポンポコナの、長久命 の長助」!だいじょうぶだった かい?! お父さん どれ、頭を見せてみな。 (じゅげむの頭をさわってみて) な〜んだ、こぶなんざあ、ねえ じゃあねえか。 じゅげむ あんまり、おそいから、 引っこんじゃった。 指導のポイント 1.「じゅげむ」の言い方がポイント 「じゅげむ」のいい方をしっかり指導しなければ、この劇のおもしろさは半減してしまう。 少なくとも次の4つのいい方を教えよう。 場面に合わせて、「笑いを生む言い方」を、 工夫させよう。 なお、いずれの場合も、「長久名の長助」のところまで来たら、「次に続く台詞に自然につながるような」速さとイントネーションで言わせるのも、ポイントである。 2.役を決めるのはオーディションで なぜ、オーディションなのか?これをすると、配役が決まった時点で、演技が八割方できてしまうからである。 オーディションの手順• 本番1ヶ月前には、台本を配る。 オーディションのやり方と、いつやるかを教える。 オーディションをする。 希望者が多い役から、決めていく。 何回、立候補してもよいことにする。 「お母さん」の役に立候補した子が10人いたとする。 10人全部を体育館の舞台の上に立たせ、教師は体育館の最後方に立つ。 短い台詞を言わせ、教師の所まで声が届いたら、第一次関門突破とする。 第一次関門を突破した子を集め、少し長い台詞を言わせる。 台詞の言い方が自然で、はっきり聞き取れる子を、第二次関門突破とする。 第二次関門を突破した子を集め、台詞に合った動作を要求する。 より自然な動作ができた子を「お母さん」役に決める。 | | | | | このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません Copyright C 2001-2004 KIYO ASAKAWA. All Rights Reserved.

次の

寿限無

かい じゃり すい ぎょ の すい ぎょ う まつ

「じゅげむ」 「じゅげむ」 朝倉玲・カンガー 昔、あるところになかなか子どもが生まれない夫婦がいました。 でも、ある時、ようやくかわいらしい男の子が産まれました。 お父さんとお母さんはとても喜んで、この子が元気で長生きするように、と偉いお坊さんに頼んで、長生きできそうな名前を付けてもらいました。 お坊さんは一生懸命考えて、ありがたい意味や長生きした人の名前をくっつけて、長〜い名前を男の子につけてくれました。 こんな名前です。 「じゅげむじゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなのちょうきゅうめいのちょうすけ」 お父さんとお母さんは、あまり長い名前なのでビックリしましたが、それでも一生懸命覚えて、子どもの名前が言えるようになりました。 こんなふうに。 「じゅげむじゅげむごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつくうねるところにすむところやぶらこうじのぶらこうじぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがんしゅーりんがんのぐーりんだいぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなのちょうきゅうめいのちょうすけ……ごはんですよー!」 「じゅげむじゅげむ ごこうのすりきれ かいじゃりすいぎょのすいぎょうまつうんらいまつふうらいまつ くうねるところにすむところ やぶらこうじのぶらこうじ ぱいぽぱいぽぱいぽのしゅーりんがん しゅーりんがんのぐーりんだい ぐーりんだいのぽんぽこぴーのぽんぽこなのちょうきゅうめいのちょうすけ……お出かけしますよー! あら、いないわ。 どこに行ったのかしら? じゅげむじゅげむ(以下略)……どこなのー! おいていっちゃうわよー!」 さて、その男の子は、長いありがたい名前のおかげか、病気も怪我もすることなく、すくすくと元気に育ちました。 やがてお友だちもできて、一緒に外で遊ぶようになりました。 ある時、ジュゲム君とお友だちがケンカになってしまって、ジュゲム君がお友だちの頭をぽかっとなぐってしまいました。 お友だちの頭に大きなたんこぶができました。 お友だちは泣きながらジュゲム君のお母さんのところへ言いつけに行きました。 「じゅげむじゅげむ(以下略)……のおかあさーん、えーんえーん、じゅげむじゅげむ(略)……がねぇ、ひどいんだよー! えーんえーん」 「あらまぁ、うちのじゅげむじゅげむ(略)……がどうしたって言うの?」 「えーんえーん。 じゅげむじゅげむ(略)……がねぇ、ぼくのあたまをねぇ、うえーんうえーん」 「泣いていたら分からないわよ。 うちのじゅげむじゅげむ(略)……がいったいどうしたっていうのさ」 「あのねぇ、じゅげむじゅげむ(略)……が、ぼくとケンカになってねぇ、そいでねぇ、じゅげむじゅげむ(略)……が ぼくの頭をポカッとなぐってねぇ、おっきなこぶができたんだよぉ」 「なんですって。 うちのじゅげむじゅげむ(略)……があんたの頭をなぐって、おっきなこぶを作ったですって? どれどれ。 あら、こぶなんてないじゃないの?」 「おばちゃん。 名前が長すぎるから、もうこぶが引っ込んじゃったよ」 もうひとつのエピソード。 ある時、ジュゲム君は友だちと一緒に川へ遊びに行きました。 すると、ジュゲム君が足を滑らせて、川に落ちてしまいました。 ジュゲム君は泳げません。 「あっぷあっぷ、たすけてー!」 これは大変だ、と友だちはジュゲム君のお父さんのところへ走っていきました。 (走る真似)「じゅげむじゅげむ(略)……のお父さーん、じゅげむじゅげむ(略)……が大変だよーー!!!」 「なんだ? うちのじゅげむじゅげむ(略)……が大変だって? いったいどうしたって言うんだ?」 「じゅげむじゅげむ(略)……がねぇ、ボクたちと一緒に川で遊んでいて、川に落ちちゃったんだよー!!!!!」 「なんだって!? うちのじゅげむじゅげむ(略)……が川に落ちたって!? それは大変だ。 助けを呼ばなくて は!」 ジュゲム君のお父さんは隣の家のおじさんに助けを求めました。 「おい、うちのじゅげむじゅげむ(略)……が川に落ちたらしいんだ。 一緒に手伝ってくれないか」 「なに、あんたんとこのじゅげむじゅげむ(略)……が川に落ちた! そりゃ大変だ。 急いでいこう!」 お父さんとおじさんが川に着いたときには、ジュゲム君の姿はもうどこにも見えませんでしたとさ。 これで本当におしまい。 〜寿限無の名前の由来〜 byカンガー 「じゅげむ」の名前を漢字も使って書くと次のようになります。 「寿限無(じゅげむ)寿限無、五劫(ごこう)のすりきれ、海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)の水行末(すいぎょうまつ)、雲来末(うんらいまつ)、風来末(ふうらいまつ)、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命(ちょうきゅうめい)の長助」 「寿限無」は「寿限り無し、つまり死ぬ時がないということ」 「五劫のすりきれ」は「一劫というのは、三千年に一度、天人が天下って、下界の巌を衣でなでるのだが、その巌をなでつくしてすりきれてなくなってしまうのを一劫という。 それが五劫というから、何万年、何億年かかぞえつくせない」 「海砂利水魚」は「海の砂利も、水にすむ魚もとりつくすことが出来ない」 「水行末、雲来末、風来末」は「水の行く末、雲の行く末、風の行く末、いずれも果てしがない」 「食う寝るところに住むところ」は「人間、衣食住のうち、1つがかけても生きてはいけない」 「やぶらこうじのぶらこうじ」は「やぶこうじという木があって、まことに丈夫で、春は若葉を生じ、夏は花咲き、秋は実を結び、冬は赤き色をそえて霜をしのぐめでたい木」 「パイポパイポ〜」は「昔、唐土にパイポという国があって、シューリンガンという王様とグーリンダイという王后のあいだに生まれたのが、ポンポコピーとポンポコナーというふたりのお姫様で、このふたりが大変長生きをした」 長久命の長助」は「天長地久という文字で読んでも書いてもめでたい結構な字で、それをとって長久命。 長く助けるという意味で長助もいい」.

次の