仁 感想。 生命与医学之感悟——医者仁心

里仁篇感想

仁 感想

作品的星評価: 絵・ストーリー展開・物語設定など、作品の全体像を、できるだけ客観的に見た評価です。 あくまでも、鑑賞時点の感想ですので、再読時は評価が違う可能性があります。 漫画「JIN-仁-」 レビュー(あらすじ) 東都大学付属病院の脳外科医・南方仁は、 ある夜急患で運ばれた男性の脳から奇形腫を摘出する。 その後、仁は頭痛と空耳に悩まされる。 集中治療室から脱走した患者を止めようとしたが、 階段からバランスを崩し、そのまま気絶してしまう。 意識を取り戻した仁が、ふと辺りを見渡すと、 侍達が斬り合いをしていた。 仁は文久2年(1862年)、 幕末の江戸時代にタイムスリップをしていたのだった。 そこで仁は、 過去の人間の運命や歴史を変えていることを自覚しつつも、 人々を救う為、 現代から持ち込んだ知識と幕末の人々の協力により、 近代医療を実現していく。 Wikipediaより 漫画「JIN-仁-」 作品データ 作者:村上もとか 掲載誌:スーパージャンプ コミックス:全20巻 掲載期間:2000~2010 漫画「JIN-仁-」 漫画「JIN-仁-」 感想 歴史漫画としておもしろい 江戸末期の動乱した時代を とても丁寧に描かれていて、 最近、 「へうげもの」等歴史モノを読んでいることもあって、 ますます、歴史ジャンル作品に興味が湧いてきます。 歳のせいというのもあると思います。 タイムスリップとしては・・ タイムスリップ モノとして見ると、 最後のまとめ方は、イマイチかとも思いますが、 それは大きな問題ではなくて、 純粋の当時に現代医療の知識を持った人間がやってきたら どうなるか? 面白い設定ですし、 物語が良くできているので 読んでいてひっかっかるところがありません。 漫画「JIN-仁-」 感想 まとめ 現代の脳外科医が、現代の知識を持ったまま タイムスリップしたらどうなってしまうのかというファンタジーを 江戸庶民の生活や考え方、江戸末期の世相感を 綿密に調べて漫画で表現してくれた 勉強になる作品です。 幕末志士たちとがっつり絡みながら 進んでいくストーリーは、 明治維新についてわからない人でも ぼんやりでもわかってきますし、 混沌として解りにくいからこそ、 もっと知りたくなる欲求が刺激されるはず。 南方仁さんの恋愛に関して、 優柔不断なところは、 もうちょっとハッキリして欲しかったですね! 歴史ファンタジーとしても、 面白いし、人情、感動もあり、良い作品です。 少し泣けました。 電子書籍版「JIN -仁-」.

次の

ドラマ「JIN

仁 感想

ドラマ「JIN-仁-」完結編 第11話(最終回) 感想のその2でございます。 龍馬と再会する仁。 「先生はいつかわしらんことを忘れるぜよ。 けんど悲しまんでえい。 わしらはずっと先生と共におるぜよ。 見えんでも、聞こえんでも、おるぜよ。 いつの日も」 龍馬はそう言って笑って海へ入って行ってしまうのだった・・・。 そして------- 現代へ戻って来た仁。 あの患者は・・・仁だったのだ!! 自分に手術してもらった仁。 だが、咲のために 「戻るんだ。 今度は俺が絶対に!!」 戻るぜよ、あん世界に!! あの時と同じように転がり落ちた非常階段。 だが・・・やはり消えたのは・・・ 現在の仁。 そして次の日・・・目を覚ました仁は、自分が元いた世界と少しだけ違う世界にいることを知る。 自分が自分に手術をした事実は消え、仁の腫瘍も普通の良性だったというのだ。 そこで野口と共に、この体験を整理することに。 龍馬の血を浴びたことで、脳の中で腫瘍と胎児と仁が一体化したのではないのか。 だから龍馬の声が聞こえたのではないかという野口。 だが・・・それではループする世界では、自分は結局何もしていないのと同じだったのではないのか。 同じ時間系列の中、ずっとあの日の間だけ世界を行ったりきたりしているのではないのか。 咲がどうなったか。 江戸で自分が生きてきた日々がどうなったか。 確かめようと心に決める仁。 そこでまず ペニシリン製造の事を調べる仁。 そこには医学会では反逆者扱いされた者がいたという。 それは・・・ 仁友堂と言う。 だがそこにあるべき 仁と咲の名前がないのだ!! そこで、今度は仁は、橘家があったと思われる通りへ行くことに。 その通りの景色。 忘れない、あの景色。 そこにあったのは------- 橘の名を掲げた病院の看板!! そこへやってきたのは--------- 野風そっくりの女性!! どうしても話が聞きたいと、咲の名前を出してみる仁。 どうやら咲はそこに存在したよう。 医学史を習っているという彼女。 咲はどうやら明治初頭にここに病院を開いたという。 長生きしたという彼女は、一度、生死の境をさ迷ったとき、ガラス瓶に入った薬を恭太郎が拾い、咲に使った所、奇跡的に治ったという。 どうやら薬だけがあの時代に戻ったよう。 恭太郎は、 船中九策に感銘を受け、医療費負担が安くなるように奔走したという。 そのおかげで、この世界では治療費ゼロ円ってのが実現しているよう。 彼女は、咲にまつわる色んな手紙や写真を見せてくれる。 そこに写された知った顔。 だが・・・ 龍馬と一緒に写した写真には・・・仁の姿はない。 そして、 咲の娘で養女だったという写真を見せられる仁。 そこに書かれてあった名前は・・・ 安寿。 咲は結婚しないでひとりでいたよう。 そこで友人から子供を受け継いだというのだ。 これは、 咲と野風が起こした奇跡!! 「そうなんですか」 その言葉しか見つからなかった仁。 帰りがけ、仁に尋ねる彼女。 「揚げ出し豆腐は好きですか?」 はいと答えた仁に、満足そうな笑みを浮かべる彼女。 「ずっとあなたを待っていた気がします」 医学史に進んだ原点だという彼女が差し出したのは・・・ 一通の手紙。 彼女の名前は・・・橘未来----------。 なんという運命!! なんという奇跡!! そこにしたためられたのは・・・咲の純粋な想い。 生死の境から戻った咲は、仁友堂には「先生」と呼ばれた人がもうひとりいたはずだったことをおぼろげに思い出す。 だが、誰に聞いてもそのようなものはいなかったというのだ。 ここは咲が開いた診療所だというのだ。 だが、ある日見つけた10円玉。 それを見て、やはりここにはもうひとり先生がいたということを思い出した咲。 そして、その方に、 「この世で一番美しい夕日をいただきましたことを、思い出しました」 だから、忘れてしまわないよう、この思いを記すことにしたよう。 「橘咲は、先生をお慕い申しておりました---------」 咲の告白に、涙を流す仁。 「私もですよ、咲さん」 この思いを忘れない。 たとえ歴史の修正力が働いたとしても!! 「いつの日も、先生と共に」 そういってくれた龍馬の言葉を思い出す仁。 それでも 俺はもう忘れることはないだろう。 この日の美しさを。 当たり前の この世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を落とし 勝ち取ってきた無数の奇跡で編み上げられていることを、俺は忘れないだろう。 そして、さらなる光を与えよう。 今度は俺が、未来のために。 この手で----------!! そして・・・運ばれた急患。 それはなんと未来。 自ら執刀を挙手する仁。 今度こそ、彼女を助けるために・・・。 ここまで長々ありがとうございました。 いやぁ。 本当すごい作品だったわ。 こんなにのめりこんで必死に見たドラマって久しぶり。 結末がどうなるのか。 そして、謎は解明するのか。 ずっと心配してたけど、最後はまだ色々考えることが出来る世界でしたね。 咲の願いも、仁の願いも叶った世界。 ただ、ふたりは一緒になることはできなかったけれど・・・。 咲には仁を想って書いたこの手紙があれば、生きていけたんだろう。 未来へ、そして、きっといつか仁と出会う未来(みく)に託して---------!! 歴史に残る軌跡。 自分が残したもの。 そして、これから未来に託すもの。 本当に、がっつり歴史の勉強もしながら、パラレル世界を楽しませてもらいました。 主題歌の「いとしき日々よ」の歌詞にまつわる話を聞きました。 忘れはしない この体が消えても あなたに吹く風よ(野風) あなたに咲く花よ(咲) あなたと追いかけた明日よ(龍馬) また会う日まで--------。 ここまでメッセージが込められた主題歌だったんだと、改めてこの作品に関する力を知らされた感じです。 すごいドラマだった。 間違いなく今期NO.1作品でございます。 スタッフの皆様。 そして、熱演されたキャストの皆様。 そのため、 こちらからのTB送信は本宅とTB用と、基本2箇所からさせていただく形になりますので、ご了承くださいませ。 送信確認は下のタイトルで該当ページにリンクしております。 goo.

次の

里仁篇感想

仁 感想

胎児様腫瘍が登場するTBSドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の最終回(第11話)「タイムスリップの結末」のネタバレと感想の中編です。 このページは「」からの続きです。 他方、南方仁(包帯の男)の頭の中にあった胎児様腫瘍は、良性腫瘍になっていた。 この胎児様腫瘍については謎が2つ残る。 1つ目は、南方仁(包帯の男)から胎児様腫瘍が消えたので、病院にあったホルマリン漬けの胎児様腫瘍は誰から摘出したのかという疑問である。 2つ目は、南方仁(包帯の男)がホルマリン漬けの胎児様腫瘍を持ち出す理由である。 JIN2の最終回では、階段の場面を再現するために胎児様腫瘍を持ち出したが、胎児様腫瘍を江戸時代へ持って行っても役に立たないだろうし、消えた胎児様腫瘍はどこへタイムスリップしたのかという疑問が残る。 さて、南方仁(包帯の男)から胎児様腫瘍が消えた原因は、双子の胎児が一方の胎児に取り込まれるバニシングツインと同様に、他の細胞が胎児様腫瘍を取り込んだからだった。 南方仁(大沢たかお)の頭の中で坂本龍馬(内野聖陽)の声が聞こえていた現象は、坂本龍馬の血を浴びたことが原因だった。 坂本龍馬の細胞が何らかの原因で胎児様腫瘍と結びつき、頭の中に坂本龍馬が存在していたという理屈である。 実際に、移植手術を受けた人間が、移植手術後に性格が変わったり、食べ物の好みが変わったりする事例がある。 坂本龍馬の声は、この事例を援用したものだった。 以前に心臓移植で性格が変わった人の事例を調べたことがある。 そのとき、「脳だけが記憶すると考えられるが、心臓(細胞そのもに)にも記憶領域があるのではないか」という仮説を見つけた。 もちろん、仮説の域を出ないが、この仮説を援用すれば、坂本龍馬(内野聖陽)の声も説明できる。 さて、江戸時代にできた医療結社「仁友堂」は、特定の病院に発展したわけではなく、東洋医学と西洋医学と融合した診療科「東洋内科」の基盤となっていた。 坂本龍馬(内野聖陽)が船中九策で発表した保険制度は、現代の保険制度の基盤となり、日本人の医療負担は低く、老人は無料で医療を受けられるようになっていた。 そして、保険制度に確立に尽力したのは、橘恭太郎(小出恵介)だった。 現代の友永未来(中谷美紀)は、「橘未来」という名前になっていた。 野風(中谷美紀)が仁友堂で出産した赤ちゃん「安寿(あんじゅ)」は、野風の死後、橘咲(綾瀬はるか)が引き取ったため、友永未来から橘未来という名前に変わっていた。 橘未来(中谷美紀)は医者を目指していたが、医学史の道へ進み、予備校の講師を生業としていた。 前シリーズJINの最終回で、南方仁(大沢たかお)が見た予備校のシーンは、橘未来が医学史へ進んだためだったようである。 さて、10円玉の伏線の解釈は難しい。 10円玉は橘咲(綾瀬はるか)が未来に戻って記憶から消えた南方仁(大沢たかお)のことを思い出すほかにも、南方仁以外の人間も江戸を訪れていることを意味している。 JINの世界がパラレルワールドであることを考えると、別の世界の南方仁(大沢たかお)が江戸を訪れて、何度もループしているのではないかと思う。 「」へ続く。

次の