千葉 県 ゴルフ 練習 場 台風。 台風15号で鉄柱被害の出た千葉県市原市ゴルフ場の土地の値段は?

【千葉のあれから】ゴルフ練習場の鉄柱倒壊、全国から「加害者」「被害者」に分断され 現実は(千葉日報オンライン)

千葉 県 ゴルフ 練習 場 台風

やっと気温が下がり始め、秋の気配が感じられるようになりました。 今年の夏は、台風15号や台風19号によって甚大な被害が発生しました。 もう今年は、台風は終わりにしてほしいものです。 さて、今回は、その台風15号による建物倒壊の法的責任について考えてみたいと思います。 台風15号による強風で、千葉県にあるゴルフ練習場の鉄柱が倒壊し、近隣の建物を破壊したというニュースは、当時、毎日のように報道されていました。 私のところにも、千葉県の大家さんから、自分が所有する古い賃貸建物のサイディングが大きく剥がれ、隣の建物に倒れかかったため、その建物を壊してしまったが、賠償責任があるのかという相談がありました。 このように台風などの災害で建物が壊れたり、倒れたりして、それによって近隣の建物を壊してしまった場合、誰がどのような責任を負うのでしょうか。 土地の上の工作物によって、工作物の使用者や所有者以外の第三者に損害が生じた場合については、民法に特別の規定が置かれています。 土地の工作物等の占有者及び所有者の責任についての規定(民法717条)ですが、この規定は、次のように定めています。 1 土地の工作物の設置又は保存の瑕疵により他人に損害が発生した場合には、まず、工作物の占有者が賠償責任を負う。 2 工作物の占有者が、損害の発生を防止することについて必要な注意をしていたときは、所有者が賠償責任を負う。 上記1の意味は、土地の工作物(土地上に人工的に作った物)に、設置又は保存の瑕疵(通常備えているべき安全性を欠いている状態)があり、これによって他人に損害を与えた場合は、まず、その工作物を占有していた者が賠償責任を負うということです。 上記2の意味は、土地の工作物に、設置又は保存の瑕疵があり、これによって他人に損害を与えた場合であっても、占有者が、損害が発生しないように必要な対策を取っていたという場合には、占有者は賠償責任を負わず、所有者が賠償責任を負うということです。 この場合、所有者は、過失が無くても責任を負います。 「過失が無くても」というのは、瑕疵があれば所有者に落ち度が無くても責任を負うということであり、所有者が工作物に壊れている部分があることを知っていたのに必要な修繕をしていなかったなどの事情は必要ありません。 例えば、ゴルフ練習場の施設の所有者がAであり、Bが、Aからこの施設を賃借してゴルフ練習場を経営していた場合、Aがゴルフ練習場の所有者、Bがゴルフ練習場の占有者ということになります。 この場合、ゴルフ練習場の鉄柱が倒れて近隣の建物を破壊したとすると、まず、Bが賠償責任を負います。 ただし、Bが責任を負うのは、ゴルフ練習場の鉄柱の設置や保存に瑕疵があった場合、つまり通常備えているべき安全性を欠いており、そのために鉄柱が倒壊したという場合でなければなりません。 しかし、Bが、損害が発生しないように必要な対策を取っていたという場合には、所有者であるAが賠償責任を負います。 もちろん、Aが自らゴルフ練習場を経営している場合は、Aが所有者兼占有者となりますので、ゴルフ練習場の鉄柱の設置や保存に瑕疵があれば、Aは過失が無くても賠償責任を負うことになります。 いずれにしても、台風による強風でゴルフ練習場の鉄柱が倒れて近隣の建物を破壊した場合に、被害者がゴルフ練習場の占有者や所有者に損害賠償を求めるには、ゴルフ練習場の鉄柱の設置や保存に瑕疵がある場合でなければなりません。 ゴルフ練習場は、建築基準法上の特殊建築物ですから、建築基準法の規制に適合して建築されているはずです。 ネット上の一級建築士さんが書いた記事を見ると、ゴルフ練習場の鉄柱は、通常は鉄柱単体で風速60メートル/秒の強風に耐えうるように設計されており、また、ネットを付けた状態でも風速25メートル/秒の強風に耐えうるように設計されているそうです。 もしこれが事実であるとすると、台風が来る前にネット降ろせば鉄柱単体となり、風速60メートル/秒の強風に耐えうることになりますので、ほとんどの台風の強風に耐えうることになります。 ただ、ネットを降ろしていなければ、風速25メートル/秒までしか耐えられないということなので、台風が来れば倒壊する危険性があるということになります(ちなみに、台風の強度は、「強い」「非常に強い」「猛烈な」の3段階に分かれていますが、一番低い「強い」でも、最大風速33メートル/秒以上です。 従って、台風がくるとわかっていながらネットを降ろさなければ、保存上の瑕疵があることになる可能性があります。 また、上記の基準は、あくまで設計時のものですから、その基準どおり建築しても、建築後の経年変化等により、鉄が腐食するなどして強度を失い、ある程度の強風で倒壊する危険のある状態になることもあります。 この場合も、保存上の瑕疵があることになります。 千葉県にあるゴルフ場の鉄柱倒壊の事案が裁判となった場合、これらの点が争点となるのではないでしょうか。 ただ、裁判は長期化するでしょうから、判決が出るのは数年後かもしれません。

次の

台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋倒壊…責任はどこに?|日刊ゲンダイDIGITAL

千葉 県 ゴルフ 練習 場 台風

9月に発生した台風15号は、特に千葉県で多くの爪痕を残し、停電や家屋の損害で通常の生活がままならない方もいる状況です。 特に大きく取り上げられた事故が、市原市のゴルフ練習場で、強風により鉄柱が倒壊し住宅を直撃したものでした。 かなりの高さ・重量の鉄柱が倒壊したため、住宅に被害が出ただけでなく、その鉄柱が未だ除去できていないことも、大きな問題となっています。 その問題に、民間の解体業者が助け舟を出そうとしています。 無償で撤去しようという方針を示していて、この善意に地域住民はもちろん、ネットからも感謝や称賛の声が上がりました。 市原市のゴルフ練習場鉄柱倒壊事故に、無償で名乗りを上げた「フジムラ」という業者についてや、今後の鉄柱撤去の見通しなどについてまとめています。 ゴルフ場鉄柱倒壊、解体業者フジムラが無償撤去の方針 出典: 台風15号で倒壊、住宅に直撃したゴルフ場の鉄柱の除去について、東京都に本社を置く解体業者「株式会社フジムラ」が住民説明会を行いました。 説明会では撤去に2か月ほどかかる見通しであることや、鉄柱の除去は無償で行う方針であることが説明されています。 「フジムラ」は解体業者の中でもかなりの大手で、東京オリンピックに向けた新国立競技場に伴う、旧国立競技場の解体工事なども手がけているところです。 信頼できる大手により解体工事が進められるのなら、地域の方も安心できますね。 倒壊した鉄柱のゴルフ場「市原ゴルフガーデン」は未だ対策打ち出せず 今回の台風による鉄柱倒壊は、鉄柱の所有者であるゴルフ場「市原ゴルフガーデン」が、有効な対策を打ち出し、住民に説明することができていませんでした。 住宅の補償などの金額は莫大な金額となりますし、鉄柱の撤去だけでも相当な費用がかかり、自社だけで片付けられる問題ではありません。 行政も、市の所有物ではない鉄柱を勝手に除去することはできず、手をこまねている状況でした。 そのため、今回第三者である解体業者「フジムラ」が無償で鉄柱除去に名乗りを上げたのは、まさに助け船となります。 無償で倒壊鉄柱撤去に名乗りのフジムラにネットから称賛の声 無償で台風により倒壊した鉄柱を除去しようと申し出た解体業者「フジムラ」に対し、住民からは感謝の声が上がっています。 説明会では涙を流す住民の姿もありました。 ネットでも、無償で撤去を行う方針の同社に多くの称賛の声が寄せられています。 今回の台風で倒壊したゴルフ場の支柱を無償で撤去するという株式会社フジムラさんすごいな… — あそま🌈フェス両日 WATANABE201712 しかし、鉄柱倒壊により被害を受けた住宅にお住まいの方の生活再建は、これがほんの始まりにすぎません。 まず、解体業者が無償での鉄柱撤去に名乗りを上げたとはいえ、鉄柱の所有者であるゴルフ練習場に同意を取り付けなければなりません。 また、鉄柱の撤去には2か月ほどかかる見通しであり、これも今後の天候状況などにより遅れが出る可能性があります。 そして、解体業者が手助けできるのは鉄柱の撤去だけであり、壊れてしまった住宅の補償は全くの別問題です。 ゴルフ練習場の設備に不備があったとしても、莫大な補償費用を全額ゴルフ練習場が支払うことはかなり困難となります。 設備に不備がなく、天災による倒壊と認められた場合は、ゴルフ練習場に補償責任を求めることすらできません。 行政の支援がどこまで受けられるのかも含め、被害者の方の生活再建はまだ見通しが立っておらず、被害者の方の不安はまだ拭えない状況です。 一刻も早く住民の生活が元通りになるように 千葉県を暴風が襲った台風15号による被害は、まだ地元住民の方の生活に大きな影を落としています。 停電はほとんどの家庭で解消されていますが、今でも一部の家で電気が供給されておらず、電気のない生活が長期化しているところも。 ゴルフ場の鉄柱直撃を受けたところ以外でも、損壊被害のある住宅は多く、地域住民の方が早く元通りの生活に戻れることを祈りましょう。 鉄柱の撤去作業が始まる 10月28日から鉄柱の撤去作業が開始しました。 初日には両脇の鉄柱から撤去を始め、2日目には13本あった鉄柱が10本になっていました。 鉄柱は切断をしながら1本ずつ撤去しますが、縦の鉄柱をつなぐようにして横に渡る鉄柱が作業を困難にしています。 縦の鉄柱はこれ以上家を破壊しないように下に支えを入れていますが、横の柱でバランスを取っている部分もあるので、クレーン2台を使用しながら慎重に作業が行われています。 撤去作業がはじまったことで、1ヶ月半動かせなかった車を無事に移動させることができた住人もおり、ようやく始まった撤去に顔がほころぶ一面もありました。 作業の完了は12月中旬くらいになるそうです。 補償はどうなる? 進まない住人とゴルフ場の話し合い フジムラが撤去作業を開始しましたが、まだ住人とゴルフ場での補償の話し合いは平行線をたどっています。 今回の撤去時に発生した損害にたいしては、フジムラが賠償責任保険に加入し、保険料はゴルフ場が不安します。 しかし、被害のあった住宅の補償については、ゴルフ場の担当弁護士から 「天災なので(住民それぞれの)火災保険で対応して欲しい」 「自然災害なので過失責任はない」 という連絡があったそうです。 住人たちは不服を申し立てていますが、話は平行線のまま進んでいません。 現在仮住まいなどで自宅を離れている住人達が、安心して自宅に戻れるのはいつになるのでしょうか。 関連記事.

次の

台風で倒壊、市原のゴルフ練習場の補償はどうなる?

千葉 県 ゴルフ 練習 場 台風

収穫の秋を襲った大型台風の爪痕は、未だ各地に残っている。 その象徴ともいえる被災地が、千葉県市原市のゴルフ練習場。 倒壊した鉄柱がようやく撤去されても、原状回復の道筋が見えない被害住民の心のうちは、分断されたままという。 「ドーンという雨風の音をかき消すほどの轟音と、地震のような大きな揺れを感じました。 巨大な鉄の柱が家に倒れてきて、ガラスの割れる音もしたんです」 と、恐怖の一夜を振り返るのは、自宅が直撃を受けた会社員の男性。 別の家では、衝撃で掛け時計が落下して、時計の針はちょうど3時40分を指したまま止まってしまったという。 約2カ月前の9月9日、千葉県を襲った台風15号は、県内で観測史上1位となる最大瞬間風速を記録した。 市原市の「市原ゴルフガーデン」ではネットを支える高さ40メートル、重さが最大4トン強の鉄柱が12本も倒壊。 被害は甚大で、ゴルフ練習場の周囲に建っていた家屋や、駐車中の自動車が直撃を受け、20代の住民女性が重傷、生後3カ月の乳幼児が負傷したのだ。 そんな被災地を再び襲ったのが、10月12日に上陸した台風19号だった。 鉄柱の撤去が遅々として進まなかったことで、穴の開いた屋根からは豪雨が流れ込み、残された家財はほとんどダメになって、屋内にはカビが繁殖する「二次被害」が起きたのだ。 忌わしき鉄柱の撤去作業が始まったのは10月28日のこと。 なぜこれほど時間が掛かったのかを探ると、そこには被害住民たちの避けられぬ分断があった。 「被害を受けた27棟のうち、撤去に同意して頂けたのは15、16棟だけでした」 と話すのは、撤去作業を担う大手解体業者フジムラの藤村直人社長(49)だ。 「住民の皆さんは、作業で再び家屋が壊れたらどうなるのかと不安を抱えていた。 けれど同意書にサインを貰えなければ始まらないので、撤去で生じた損壊はゴルフ練習場が掛け金を払う保険で対応することになり、納得してもらいました」 ちなみに、藤村社長の会社は、旧国立競技場の解体も請け負い、その技術は折り紙つき。 今回はボランティアで作業を行っているという。 「会長である私の兄が報道で被害を知って、助けになればと市役所とゴルフ練習場に撤去を申し出たんですが、最初は信じてもらえなかった。 善意からとはいえ、4500万円ほどかかる作業を無償でやるなんて、私も同じ立場だったら信用できないでしょうから。 作業自体は、大きな解体業者なら十分やれるもので、今月末には終わります」(同) これで復旧へと進むかと思えば、鉄柱が撤去されてもなお、一度分断されてしまった住民たちの間に消し難い壁が生じている。 自宅が全壊したという年配の会社員男性が言う。 「最初はゴルフ練習場のオーナーが被害は全て補償するって話だったのに、後から弁護士が横槍を入れて個人の住宅保険を使ってくれと言ってきた。 それで議論は平行線のまま。 今後、練習場に補償を求めるにしても、住民間で意見が食い違う可能性はありますよ」 その一つに、住民各々が加入している「保険問題」があるとこの男性は続ける。 「家屋にしても自動車にしても、風水害による損壊が補償される保険に入っているか。 火災保険なら家財まで適用されるか。 損壊のレベルに応じてどこまで練習場のオーナーに補償を求めていくか。 あわせて読みたい関連本•

次の