20 ツイン パワー sw。 シマノ「20ツインパワー」をリールマニアがインプレ。賛否両論の軽量化はいかに!?|TSURI HACK[釣りハック]

20ツインパワーのボディが半分樹脂の半プラボディに… 耐久性はステラと同じらしい 素材

20 ツイン パワー sw

繋がらないシマノのホームページ・・・ 先日14日にシマノ新商品が発表されましたね。 以前からNEWツインパワーの発売が予想されていたため私も情報を待ち望んでいたのですが、なんと14日当日はシマノのホームページへアクセスが殺到していたようで、ほとんどアクセスできませんでしたね。 一時はサーバーがダウン?したのか サーバーからの応答ありませんの表示が。 勤務中でしたので休憩中しか確認ができず非常に焦らされた1日となりました。 それほどみなさまの関心を集めた1日となったのでしょう。 まぁこれも釣りの楽しみの一つですからね。 NEWツインパワーSW発表は無し 私としてはこれを一番期待していたのです。 そう『 20ツインパワーSW』 SNS上でもたくさんの予想されていましたが、昨年19ステラSWが発表されたため、もしかしたら今年あるのかな?なんて思いましたが、ステラのSWシリーズが13ステラSW、次いで19ステラSWの流れですので、この流れからすると15ツインパワーSW、次いで21ツインパワーSWが妥当なのでしょうか?こればかりメーカー様のみぞ知るってやつですね。 今回ステラSWの新番手追加発表がありましたので、NEWツインパワーは21年までお預けかもしれませんね。 「今年の秋ごろ発表を期待する」といった声もチラホラありますので、今後のメーカーの動きも見逃せません。 NEWツインパワー(2020TWIN POWER) SWシリーズは発表がありませんでしたが、ツインパワーシリーズはフルモデルチェンジの発表がありました。 毎回このての発表があった際には必ずと言っていい程賛否両論あるのですが、今回も同様さまざまな意見がございますね。 NEWツインパワーを簡単にまとめるとこんな感じです。 『金属ローター』を搭載し剛性を追求 15ツインパワーでは樹脂製のローターを使用していましたが、今回は18ステラと同じく金属製のローターを採用してきました。 高剛性で適度な感性を備える金属製ローターは、しっとりした滑らかな回転フィーリングを実現します。 さらに、たわみや歪みを抑制し、フッキング・ドラグ性能の向上にも貢献します。 金属ローターを使用した事により、前モデルよりローターの変形量を約6割減らす事が出来たとの事です。 ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求。 音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しました。 サイレントドライブ ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。 改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたります。 新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現しました。 巻きに関しても妥協は一切なく、シマノの技術をふんだんに採用しています。 この他にもロングストロークスプールも採用されいているとの事。 『軽さ』を追及してきた そしてNEWツインパワーはなんと軽さも追及してきました。 私が良く使用するサイズで4000番~C5000番クラスの比較ですと、NEWツインパワーはC5000番でなんと260g。 15ツインパワーは4000番で約295gですので、約35gの軽量化に成功しています。 そしてなんとなんと・・・18ステラ同番手と同等の重量なのですね・・・これには少しびっくりしましたね。 もう廉価盤ステラと言ってもいいのではないでしょうか・・・笑 発売時期は? 2020年の3月を予定しているようです。 その前にフィッシィングショーにて手にとって触る事ができますので、今年のフィッシングショーが楽しみですね。 私も可能であればぜひ手にとって触ってみたいと思っています。 スペックを見ての第一印象は・・・ 20年新作としてシマノ様が力を入れて取り組んでいる商品なだけあって、なかなかよいモデルチェンジなのではないかと思います。 見た目もなんだかステラSWっぽい感じがしますよね。 (これがいいのか悪いのかは各個人の感性だと思いますが)ただこの『大幅軽量化』はツインパワーのコンセプトでもある『剛性』と両立できているのか。 ここが一つポイントになるかと思います。 さて発売後、ユーザーのみなさまはどんな評価をするのでしょうか。 以降のユーザーインプレッションには注目ですね。 それではまた。

次の

20ツインパワーのボディが半分樹脂の半プラボディに… 耐久性はステラと同じらしい 素材

20 ツイン パワー sw

海に川にダムに、いろんな場所で活躍してくれている私の15ツインパワー。 特段目立ったトラブルも無く、ギアやラインローラーの調子もすこぶる良いです。 個人的に満足度のとても高いリールで、まだまだ活躍してくれそうなのですが、5年経ち各パーツのキズや打痕もチラホラ目立つようになり、そろそろ新しいものに買い替えたい思いもあります。 私の使っているのはC3000HGS。 シマノのC3000という番手は私にとって非常に使い勝手がよく、これにPE0. 8〜1号を巻いて何でも用に、そして2500番の浅溝スプールを買い足してバスのフロロ用にと使い分けています。 3000と2500ではドラグ力も違うので、これを兼用できるのはとても便利なんですよね。 さて、買い替えようと考えたきっかけは当然、モデルチェンジなのですが・・・。 やはり20ツインパワーに買い替え? モデルチェンジしたらそのまま買い替えるつもりだった最有力候補のリール。 しかし、ちょっと私の思っていたツインパワー像とは違うものが出来上がっているようなので、一旦検討といったところです。 せっかくアルミローターを採用したんだから、ボディも蓋もアルミにしてくれれば重くなっても大歓迎だったんですが。 笑 でもね、気持ちの問題なんですよね。 フルメタルはカッコいいんです。 響きが。 ローターが樹脂でもフルメタルボディだぞって言えるじゃないですか。 もはや釣りと関係なくなっていますが・・・。 確かに2500番とか3000番で釣る魚にフルメタルの剛性は必要なのかと問われれば、別に必要ないと思います。 でもツインパワーは色んな釣りに持って行けるタフなリールと考えていて、その中で個人的にはローターの強度よりもギアの収まるボディの強度を優先したいのです。 ま、素人考えですけどね。 実売で4万程度のリールなので、消費者側としても進化を求め過ぎてしまうのでしょうか・・・。 とは言ったものの、シマノ公式のツインパワーのプロモーション動画はすごいです! C5000XGで30キロのキハダを釣り上げています。 こんなの見せられたら、やっぱりツインパワーは強いな!と思ってしまいますね。 笑 しかし逆にどこまでやったら壊れるのか、そっちも気になっちゃいます。 対ヒラマサのように強引に止める場面のある釣りをしたら、やっぱり壊れちゃうんでしょうか。 そんなことまでメーカーは試すのかな? そういえば、ロゴ。 15から変わらずでした。 『TWINPOWER』を『TP』と略してはいけないような気がするんですよねえ・・・全然強そうじゃない。 19セルテート? 他の選択肢として、対抗馬はまずツインパワーのライバルであるセルテート。 モノコックボディ採用でギアサイズがアップしたことで巻き上げのパワーも上がっており、ボディとローターの耐久性はツインパワーに劣ると思われるものの、それを補って余りある魅力を備えています。 めちゃくちゃ気合い入れて進化させてきてますよね〜。 これは気になる! 使うシーンの割合を考えると、おそらく大半がバス釣りなのでいっそのことルビアスにしてしまうのも手かな、と。 ただ、買うとしたら番手はLT2500-XHで替えスプールに2500Sを買い足すと思いますが、これがマグシールド搭載機なんですよね。 マグシールド自体は特に好きでも嫌いでもないんですが、分解するときが大変で・・・。 というわけで、この理由はセルテートにも当て嵌まるのですがちょっと検討中。 選外:18ステラ、19ストラディック まず予算が大幅に上がるのは許されません! 私はサラリーマンです。 笑 ストラディックはしばらく使ってみて、カタログスペックこそ確かに上位機種に迫るものの、実使用ではツインパワーの代わりは務まらないなあ、という印象でした。 いいリールですけどね。 まあそこが価格差、グレードの差なんでしょうけど。 というわけで、 もうしばらく悩みます。 悩んでいる時が、楽しさのピークでもあります・・・。 なんだかんだで、ツインパワーにする気がしていますが。 笑 フィッシングショーで触ってみたいです。 行けないけど。 本日は17時にて閉場しました。 ご来場いただきありがとうございました。 明日は最終日、9時に開場予定です。 皆様のご来場お待ちしております。 — 釣りフェスティバル tsurifest あ、釣りフェスティバルに改名したんですね。 結局ツインパワーが好きなんだよな〜。 baseballlll.

次の

ツインパワーSWの全10機種!ビッグソルトゲームの心強い相棒!|TSURI HACK[釣りハック]

20 ツイン パワー sw

旧モデルのツインパはどうだったかと言いますと、 09ツインパMGから シルバー系のとてもシンプルなスタイルでした。 11ツインパになるとほぼほぼシルバー。 そして15ツインパ。 やはりハイエンドモデルとなる「ステラ」を際立て役?とも思える醤油顔であった。 今は見た目重視のお話です(笑) 2番手だったツインパも12ヴァンキッシュの登場でその人気は持っていかれ気味だったのではないでしょうか。 シマノ社もヴァンキッシュ12発売からの19まで急速に進化を遂げました。 ガングロです。 スプールもステラSWを彷彿させる「 獣に引っ掻かれたような」肉抜き使用に変わりました。 見た目ってかなり重要だと思います。 そう思います。 女性は見た目も大事ですが中身の方がもっと大事です。 20ツインパが発売される前の現行のリールではステラのみに使われていました。 (SWシリーズなどを除く) 魚が掛かった時、急激な負荷が掛かり歪むローターに違和感を感じたことがある人も多いのでは。 軽さを謳うヴァンキッシュと強さを謳うツインパですが、強さを謳う割には樹脂製は頂けなかった。 しかし、それをやっちゃうとリール界の「生態系」が壊れるってやつですね。 しかし、この3,000円の差額の中にはかっこよくなった見た目以外にこんなにもバージョンアップしてるんです!!!• 金属ローター採用• サイレントドライブ採用• NEW HAGANEギア採用• Xプロテクト採用• ロングストロークスプール採用• カーボンクロスドラグワッシャー採用 と、モリモリにパツパツに。 シマノさんありがとうございます 技術特性としては19ステラに迫る 技術特性だけ見ると、19ステラに採用されている 「E. I」超防錆処理 が採用されてないだけ。 そして、20ツインパは技術特性だけ見ると採用されている技術数は 14ステラを超えている。 自身14ステラを現役で使っているのですが十分出来上がっているリールだと思います。 ステラは唯一の「ステラ」ではありますが、14ステラを使って「 必要十分である」と感じている私にとっては技術特性からすると20ツインパは「 コスパに優れたステラ?」なのかもしれません。 ハイエンドリールが云々、ただ釣るだけを目的とすればステラじゃなくてもツインパで必要十分。

次の