イヴ の 眠り。 イヴの眠り(1)

イヴの眠り〔小学館文庫〕の既刊一覧

イヴ の 眠り

既刊コミックス• イヴの眠り〔小学館文庫〕 3• イヴの眠り〔小学館文庫〕 2• イヴの眠り〔小学館文庫〕 1 同じ作者のコミックス• BANANA FISH TVアニメ公式ガイド• BANANA FISHオフィシャルガイドブックREBIRTH完全版• ANGEL EYES 復刻版• 漫画家本• 海街diary• ラヴァーズ・キス 新装版• 海街diary すずちゃんの海街レシピ• 珠玉の名作アンソロジー• オススメのコミックス• 珠玉の名作アンソロジー / 1 家族の情景• 河よりも長くゆるやかに• 絶対彼氏。 〔小学館文庫〕• 海よりも深く• キャッチ30秒• 恐るべき子どもたち• 11月のギムナジウム• NEWS6:30〔小学館文庫〕• 今でも夢に見る• 砂時計• 2020 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

YASHA

イヴ の 眠り

イヴの眠りのあらすじ紹介 ハワイ島で暮らしている 主人公・アリサ。 母のルー・メイ、 父のケン、弟のシンジと 穏やかな毎日を送っていた。 アリサの美しさや強さは 周囲から憧れのまと。 ここのところ 島を不審な人物が 出入りしている様子。 「龍の娘」そう呼ばれるのは嫌いだが アリサには確かに 不思議な力を持っていた。 森の妖精が示した通り やってきたのは ケンのかつての知り合い シン・スウ・リンの息子、烈。 彼が語った内容は ルー・メイとケンにとって 衝撃的なものだった。 イヴの眠りのネタバレと今後の展開は? 遺伝子操作により生まれた 双子の兄・有末静。 18年前、奥神島で起きた悲劇のあと 弟・凛として生きていた。 静のシステムが何者かに ハッキングされた可能性があり アリサたちが危険かもしれない・・・ 父の命令により クロサキ一家を保護しにきた烈。 突然のことに驚くケンでしたが もう関わってほしくないと 伝えます。 アリサはケンの子供ではなく、 一度だけ関係を持った 静との間にできた子でした。 自分の出生の秘密を 知らされていないアリサ。 静の遺伝子を引き継ぐ 唯一の人間でした。 不思議な力によって 烈がハワイまで来たのは ただ事ではないと見抜いたのです。 シンもまた、 新たに分かった事実を告げるため ケンのもとへやって来ました。 差し出された1枚の写真。 そこに写っていたのは 静にそっくりな人物でした。 もちろんその人物は静ではなく クローンではないかと 語ります。 闇組織と行動している スー・グイと呼ばれるその男は アリサを迎えに来たのです。 この男を一刻も早く 始末しなければならない・・・ サイト内で【 イヴの眠り】を検索! イヴの眠りの読んでみた感想・評価 ルー・メイやケンなど YASHAに登場していた キャラクターたち。 懐かしむ暇もなく 彼らが危険な状態にあることが 判明しました。 続編は嬉しいものですが 今まで彼らの悲劇を見てきたので、 また新たに悲劇が襲いかかるのは 辛くもあります。 静の遺伝子を受け継ぐアリサは 美しい見た目からは想像できない とても強い女性です。 不思議な力もひょっとすると 遺伝的なものでしょうか。 静との間にできた子供という 事実はとても重たいものでした。 たった一度の関係とはいえ 事実を隠すことは不可能ですからね。 あれから18年も経って、 穏やかに暮らしていたのに 今頃になってクローンが現れます。 幼きころの静と同じように 巻き込まれてしまい、 自分の出生の秘密を知ったとき どう乗り越えていくのか。 立ち向かってほしいです。 自分と死んだ弟にそっくりな スー・グイを前にする静。 静が幼いころから 側で支えてきたケンも 戦いぬくことができるのか。 一瞬でも油断すれば 命を落とすかもしれない 手に汗握る展開に心が熱くなりました。 イヴの眠りはこんな方におすすめな作品!必見 イヴの眠りはYASHAの 直接の続編にあたります。 愛着のあるキャラクターたちが 成長して動いている姿は とても嬉しいものです。 彼らのその後を楽しめるだけではなく 新たな人物も加わって 更に物語は進みます。 1巻には、ケンとルー・メイが 出会ったときの物語も 収録されています。 もちろん本作だけを読んでも 良いですが、前作から読むことで より深く胸に刺さります。 主人公が女性なため、 YASHAとも少し違った視点で 読むことができます。 強い女性に憧れを持つ方も 多いと思います。 まさにアリサは 女性が憧れる女性像そのもの。 そのため より引き込まれる ストーリーでした。 18年も経っても つきまとう過酷な運命。 自身の生い立ちのせいで 散々な目に合ってきた静。 悲しいことにアリサも同じ運命を たどる事になりましたが、 これで本当に決着がつくのです。 一体スー・グイとは どんな人物なのか 誰が彼にトドメを刺すのか。 大作映画のような 1つの大きな物語に圧倒されたい! と思う方にピッタリな作品です。

次の

『イヴの眠り』第五巻(終) 吉田秋生

イヴ の 眠り

「イヴの眠り」のあらすじ 作中は「YASHA」から18年後のお話。 前作に登場した静、そしてルー・メイとケンの娘であるアリサが主人公として動いてきます。 物語の始まりは、シンの息子・烈がハワイへやってくるところからです。 事件は日本で起きていました。 最高峰のセキュリティを持っていたはずの静のセキュリティに侵入してきた人物。 作中の常人では、行えるわけがないことだったからです。 こうなってくると、アリサの出生の秘密にも関わることもルー達に話す。 翌日、烈の父親であるシンも来訪。 そこでルー達に見せたハッカーの正体。 それは、彼らがよく知っている有末静本人が映しだされていた。 だが、その静はたった一つだけ今の静と違う点がありました。 「年齢」が20歳前後という、現実ではあり得ない若さだったのです。 こうして「若い静」を中心に、物語は少しずつ動き出して行くのでした。 最終回について 実は、物語の途中でアリサは静の実娘であることが判明します。 一方、肝心の静の状況は、自らのクローンに襲われて瀕死の状態。 アリサと対面した時は、既に手遅れに近く、脳波による音声化での対面でした。 しかし、同時にアリサはクローンの静に惹かれてもいました。 実の父として話すより、恋い焦がれた相手、として見てしまっていたのです。 さて、ラストの結末は静がやはりキーとなってきます。 作中の敵は静の「クローン」です。 そのクローンを討つ方法として選択された方法は、静による乗っ取りでした。 乗っ取りの提案をしたのは、烈。 静はそれを承諾。 承諾した理由は、やはり自分自身が原因で事件が起きてしまったこと。 何よりも娘にこれ以上の試練を課させたくないからでした。 そして、事件は全てを終えて、感動の親子対面へ。 その対面がアリサにとって「幸せ」であるかは、また別な話でした。 実は、この対面の後の静についのてシーンがあります。 静の最後のシーンに関しては、文字で語るよりも読む方がジーンと来ます。 ぜひ、このラストのシーンで静に何が起きたかは、貴方の目で確かめて欲しいと思います。 [AD2] 感想について YASHAの続編とはいえ、全5巻のため短編集という側面が強いです。 そうは言っても、やはりラストのシーンが見どころとして頭の中に残っています。 きっと、YASHAから読んでいた人にとっては、感慨深いシーンではないかな、と。 私としても、こういう終わり方はいい意味でズルいな。 そう感じさせてくれる終わり方になっています。 「イヴの時間」の最終回のセリフ・絵・コマを眺めたくありませんか? マンガ村が潰れてしまい、無料でマンガを読めなくなりました。 しかし、実は 合法的に無料で「イヴの時間」を無料で読む方法があります。 その方法は、コチラで詳しく載せてあります。

次の