ラッコ。 ラッコが貝を食べる理由・種類・食べ方は?石は常に隠し持ってる!どこに…?

ラッコリスト(ラッコのいる水族館)

ラッコ

この記事でまとめたこと• イタチ科の中で水に入って魚を獲るようになったものがカワウソの祖先となり、海での生活に適応するよう進化したのがラッコの祖先だといわれていますよ。 人間との関わり 18世紀にロシアの船がラッコの毛皮を持ち帰ったことをきっかけにして、上質な毛皮を目的とした乱獲が始まります。 この乱獲によってラッコは世界で1,000頭ほどにまで減少、絶滅の危機を迎えます。 その後、国際条約などによる保護活動の高まりから徐々に生息数を回復しますが、1989年にアラスカで起きたタンカー事故によってまた多くのラッコの命が奪われました。 現在では絶滅危惧種として保護対象になっており、アメリカなどを中心に保護活動が行われていますよ。 イタチ科の動物の中では大型ですが、海獣の中では一番小さい動物ですよ。 ラッコの特徴 ラッコの体は胴長で、平たく長い尾があります。 全身を覆う被毛は8億本ほどあり、毛の密度は動物の中で一番高いといわれていますよ。 体色は幼獣のうちは黄褐色 黄色っぽい茶色 や茶褐色 こげ茶 ですが、成獣になると頭が淡褐色 薄茶色 ・体が濃い褐色 茶色 に変わります。 年を取るにつれて頭から白っぽくなっていきますよ。 前足は短く、細かな凹凸のついた黒い手のひらは器用にものをつかむことが出来ます。 また、後足の5本指の間には水かきがあり、ヒレのような形状になっていますよ。 ラッコの生態は? 生態• 海で生活• 道具を使う• 寒さに対応 ラッコの生態は大きく分けて「海で生活」「道具を使う」「寒さに対応」の3つです。 海で生活 ラッコは稀に陸に上がることもありますが、生活のほとんどが海の上です。 食事はもちろん、寝る時も流されないようにジャイアントケルプを体に巻き付けて海に浮かんだまま寝ています。 繁殖も海の上で行い、赤ちゃんをおなかの上に乗せて子育てしますよ。 道具を使う ラッコは、猿類以外で 道具を使用できる唯一の動物だといわれていています。 胸のあたりに置いた石などに貝やカニなどを叩きつけて殻を割りますよ。 ちなみに、ラッコは脇にある皮膚の弛みに気に入った石を常に入れており、ずっと使い続ける習性があります。 少し長い毛の下にびっしりと生えた細く柔らかいアンダーファーの間に空気を取り込んで、寒さを凌いでいますよ。 ラッコを絶滅に追い込んでいる原因は人間! 可愛らしい姿で私たちを癒してくれているラッコですが、絶滅が危惧されるとしてレッドリストに掲載されています。 様々な保護活動が行われたことで生息数は増えてきてはいるものの、安心はできません。 ラッコを絶滅に追い込んでいる原因は人間なんだという自覚を持って、日々の生活を送る必要がありますよ。

次の

ラッコ

ラッコ

ラッコ(猟虎、海獺)とは、 の最終である。 概要 食()亜科亜科の哺。 見た的には「にいる」である。 「ラッコ」の名前の由来は、での名称「r o」からきている。 科の中で一に全に適応した種。 陸に上がらなくても暮らしていけるという意味で「全にに適応した」のである。 寒いで暮らすために高密度の長い体毛で全武装をしている。 この全武装が独特のあの的に見たを作り出している。 さらにから分補給を行うため(=余分なを排出するため)、強な除去機を持つを持つ。 毛皮は優れた保温効果を持ち、そのおかげで冷たい中・上でも気で生活出来る。 この毛皮のせいでには乱獲され、20世紀初頭には寸前にまで至ったが、は法による保護を受けてゆるやかに回復しつつある。 食性は食性。 中に潜ってや、等の小のをする。 なんという贅沢な食生活。 ただし寒さに耐える為の消費が尋常でないため、驚くほど大量に餌を食べる。 均的な個体での一日の摂取は0~00alとされる。 「石を使ってを割る」という行動が有名である。 を含めた類以外で一具を使うことを覚えた哺である。 ラッコ恐るべし。 なおを割るための石や食べ残しは、のたるみを利用してしまっておく。 石にはこだわりがあるようで、お気に入りの石をなくすと簡単には代替が利かず、エサをあまり食べなくなる例もある。 かと思えば実際には石でなくても別に良いらしく、別の殻を使ったり、獲物が多くわざわざ硬い獲物の殻を割って食う必要がない地域のラッコはそもそも石を持ち歩かなかったりする。 さらに言えば別にの上で割る必要すらなく、飼育ではなどにを打ち付けて食べる例も散見され、つけすぎて 展示の強化にひびを入れた例すらある。 (そういう意味ではつける位置にこだわりを持っていたともいえるが) そのほかにも• 体温調節のため、毛皮に覆われていない手をや口に押し当てて温める• 寝ている間に流されないよう、藻を体に巻きつけて寝る• 藻がないではとないよう、手を繋いで寝る といったが大変に多い。 的に見たのラッコであるが、関係者に取ってはや、等を食いまくるので扱いされている。 法によって捕獲する事は許されていない為、出来ないのもだとか。 でもではあの的に見たと仕での座を芸達者なや、とを争っている。 ただし、内でラッコを見られる機会は減少しつつある。 にはやから個体が輸入されていたが、野生のラッコの保護のためにでは輸入禁止となっている。 更に人工交配による繁殖の難しさから、内ので飼育されているラッコの数はピーク時から9割減となってしまった。 野生のラッコの個体数が増え、ではの向けの輸出も徐々に行われつつあるため、今後の動静に注である。 ラッコを元にしたとして有名なのは、の「」の・、「」のあたりであろうか。 関連動画 関連商品 関連項目• - (ラッコ)という形で登場。 その効果は…….

次の

プリントラッコ | デジカメやスマホの写真をネットでカンタンプリント!

ラッコ

ラッコは海獣と呼ばれる動物(鯨類、海牛類、鰭脚類、ラッコ)の中では、最も遅れて海の生活を始めた海の哺乳動物だ。 そのために、他の海獣のように脂肪をまとった流線型の体ではなく毛がとても多い。 また泳ぎもあまり得意ではないので、沿岸にのみ生息して、カニやエビや貝など動きの遅い生き物をエサにしている。 そもそもラッコには他の海獣たちのようにいくつもの種類がいるわけではなく、イタチ科の仲間のうちラッコ1種(3亜種)だけが海獣なのだ。 英名では、カワウソがotter、ラッコがsea otterだから、直訳すればラッコは海カワウソあるいはウミウソである。 ただし日本語でウミウソとはアシカのことを指す言葉としてあり、アイヌ語が語源とされる「ラッコ」が和名となった。 ウミウソよりもラッコの方がいいように思うのは筆者だけではないだろう。 とにかく、川の暮らしに適応したイタチがカワウソ、海の暮らしに適応したイタチがラッコと考えておけばいい。 ラッコの生息域は、千島列島からアリューシャン、アラスカなど、冷たく寒い北太平洋の沿岸だ。 海獣としては脂肪が少ないラッコは、その厳しい寒さから身を守るために保温効果の高い毛によって防寒をしている。 1本の毛穴から1本の体を守る硬い毛「ガードヘアー」と、70本もの綿毛「アンダーファー」が生えていて、アンダーファーの毛と毛の間に空気を溜めることで、空気を断熱層と防水層にしているのだ。 ラッコが常に体をかいているのは、その大切な毛を清潔に保ち、空気を含ませるためのグルーミング(毛繕い)なのである。 広々とした奥行きのあるプール。 伊豆三津シーパラダイスで初公開され、83年には鳥羽水族館で公開してから大ブレイクした。 そのブレイクぶりは、現在の旭山動物園のアザラシ、ホッキョクグマ、ペンギンの展示を合わせた人気を凌駕するもので、当時年間80万人ほどの入館者数だった小さな水族館に、年間200万人もの来館者が押し寄せた。 この人気によって、その後10年ほどはラッコの飼育が水族館入館者の決め手とばかりに、続々と飼育が始められ、最盛期には全国で28館の水族館におよそ100頭のラッコがいた。 日本の水族館で飼育されているラッコの数が、世界で飼育されるラッコの数の9割ほどを占めていたのではないかと思われる。 ヌイグルミのような顔、ふさふさの毛、ヒトのような仕草に、知恵のありそうな行動、両手をヒトのように使い、赤ちゃんをお腹の上で育てる…そのいずれもが、日本人の「愛らしい」のツボにぴったり当てはまったのだ。 日本人を熱狂させたラッコのこのパワーは、80年代に始まった第三次水族館建設ブームをも引き起こすことになる。 バブルまっさかりでリゾート開発が盛んだったころ、文化的で集客力のある水族館に集客の中核施設としてもてはやされたのだ。 デベロッパーは当時の水族館の集客力がラッコだけのおかげだとは思ってもいなかったのに違いない。 さらにラッコブームは動物ブームにまでエスカレートし、水族館のスターどころか動物界のスターになった。 テレビでは動物番組がいくつもできて、いずれも高視聴率を稼ぎ、ラッコやコアラをはじめとする様々な動物たちがCMに登場した。 エリマキトカゲやウーパールーパー(アホロートル)が登場したのもその頃である。 しかし日本人のラッコへのこの熱狂ぶりは、これが初めてのことではない。 実はラッコが水族館にやってきた1980年の当時、ラッコという言葉は死語となっていて、誰もそれが動物のことだとは知らなかった。 水族館のスタッフでさえ知らなかったし、もちろん筆者も知らなかった。 ところが、高齢者の中にはラッコを知っている人がいたのだ。 「ああ、ラッコの襟ね」「高級な毛皮ね」と…。 ラッコはその良質な毛のせいで、最高級の毛皮として19世紀後半を代表する世界的な商品だったのだ。 日本でも古くからアイヌ民族が千島列島のラッコを捕らえ、交易の品としていたのだが、欧米が大船団を組んで、ラッコやオットセイを捕獲していることを知った日本政府は、19世紀の末期、ラッコ・オットセイ猟免許規則を公布してラッコとオットセイの捕獲を奨励した。 毛皮によるラッコブームである。 その後、乱獲に対する反省がなされ、ラッコは世界的に保護対象動物となった。 しかしそれ以前に、北海道にもいたラッコの絶滅はもちろんのこと、千島列島のラッコも減少し、ラッコ猟はすでに困難なほどになっていた。 毛皮によるラッコブームは日本近海のラッコを絶滅させてしまったのだ。 そして、ラッコの毛皮という商品が流通しなくなると同時に、人々の記憶からもラッコという動物は絶滅していった。 そもそも猟師以外の人々は、ラッコを毛皮以外の姿で見たこともなかったから、記憶から消えるのも早かったのだ。 現在水族館のラッコは、2世代3世代目の繁殖が難しいのと輸入が困難になっていているため、飼育する水族館数も、飼育頭数もどんどん減少している。 また最近では、かつてのラッコブームの面影も無くなって、ラッコが水族館の脇役のようになってしまった感がある。 しかし、毛皮動物でしかなかったラッコを、愛らしく興味深い動物として、再び日本人の記憶に思い出させたのは、水族館での展示があったからのことだった。 これからも日本の水族館で、生きているラッコに会うことができればと願っている。 このサイトは、水族館プロデューサー中村元の著作による全国水族館ガイド、 WEB水族館の中の[ 水族館 動物写真図鑑]です。 全国の水族館の世界をさらに広げたいとの思いで増築しました。 水族館の動物を通して地球や命に興味を持っていただくのが本意なため、基本的に水族館で会うことのできる生き物のみを対象にしています。 また、自然科学系の解説ではなく中村元流の解説を付けてあります。 さらに、分類にもこだわらず、水族館の一般的な展示に合わせて写真展示をしていること、体長や体重なども国内の水族館で見られる標準的な大きさを表記していることなど、いわゆる図鑑としては役に立たないことをご理解下さい。 尚、全ての写真および文章は、中村元の著作に帰属し、無断での転載・二次使用などを許可していません。

次の