やめて ください アイアン マン。 やめてください...アイアンマン 真夏の夜の淫夢 ニコニコ動画のニコッター

やめてください...アイアンマン 真夏の夜の淫夢 ニコニコ動画のニコッター

やめて ください アイアン マン

ー執務室。 「…………ンンッ」 休日だと言うのに、舞鶴第二鎮守府の資料は俺が片付けていた。 建築物と本等から漂う木質の匂いと、シンプルだが緊張感を煽る広い間取りは正に大統領執務室。 横にはクソでっかい通信機みたいなヤツと、その他作戦中に使うようなものがあらかた揃ってた。 鎮守府にはあまり人は残ってないし、普段の油臭い作業服を着ながらの書類仕事なので実質俺がやってる資材チェックの執務と雰囲気は変わらない。 内心、休日入る前にやっとけよ……と悪態をつきながら古鷹に教えてもらった通りに事務を進め、紙の上でペンを走らせていた。 古鷹に教えてもらっているので、提督代理である俺の秘書艦は彼女である。 「ど、どうかしましたか……?」 紙を擦る音以外何もなかった執務室に唸り声を放ったらしい。 無意識に昨日の悪夢を思い出していたのだろうか? 「いや実はさ、昨日……」 ーーー ー昨日の病室。 「じゃあ俺はちょっと班長の所に行ってくるわ。 ただのギックリ腰だからって、副班長の俺が行かねぇって言うのも失礼だしな」 「うん分かった。 僕もこのお花を変えたら行くよ」 部屋を出て、隣の部屋に行く。 提督と班長少佐の部屋は個室で、使われていなかったのを理由に快適な環境で同時入院が可能となっていた。 鎮守府にも一応医療室と病院があるけど、二人共外で倒れたから何とも言えない偶然である。 時代の発展と共に、病室の音は隣に聞こえない防音仕様となっているのに感心しながらドアを開ける。 「班長、宍戸です。 具合はどうですーー」 『やめてください……やめてください……イヤァ……怖い……怖い……!』 『縛っちゃったよ……イヤらしい身体に食い込んじゃうよ?』 『班長怖いとか言っておきながらコッチは……やっぱ好きなんすねぇ〜』 『ほら言ってみてくださいよぉ……僕のイヤらしい穴いっぱい犯してくださいって』 『やめてください……アイアンマンッ』 「…………」 ……そっ閉ってこう言う時にやるもんなんだな。 キモい女声で亀甲縛りの太っちょオヤジは、俺が最低でも週1?で顔を会わせてる上司で、本来ならあんな格好絶対にする筈が無い。 それが、お見舞いに来ていたはずのゲイ三人衆に捕まってなにかされてた。 多分、あれはDREAMなんだ。 今日は酷い日だな……酒はあまり飲まないけど、今の悪夢を忘れさせてくれるなら、帰りにウォッカでも買ってくるか。 「宍戸くんどうしたの?班長とはもう会った?」 「……お目々に毒を盛られた後の時雨は眼福眼福……今日も可愛いよ時雨」 「な、なんだい急にっ!?て、照れる前に何とも言えない気持ち悪さが込み上げてくるよ……っ」 ーーー ー執務室。 「と言うことがあったんだ。 俺は明日からどんな顔であの人たちに会えばいいの?」 「わ、私に聞かれても……」 「そうだよね……ごめん、自分で考えるよ。 丁度俺の所は終わったし」 「も、もうですか!?は、早いですね……」 「前に一度やった事あるし、それにさっさと終わらせて残りの十数時間の休日を満喫したいんだ。 日曜日にこんな所で執務してさ……明日起きたらあと5日は休日を見られないとか……ひぐっ」 「な、なな泣かないで下さい!きっと大丈夫ですからっ!提督にも今日の分の休日を作ってもらえるようにおねがいしますから!」 優しいしな古鷹ちゃんは……偶に俺達の為に差し入れとか持ってきてくれるし、優しい声で報告とか読んでくれるし、可愛いし、提督が秘書艦として選ぶ理由も分かる。 古鷹も執務を終えたっぽいし、後はこれらを大本営に送って終えることができる。 コンコンコンッ 「……入りたまえッ……なんつって!」 『コホンッ……失礼します、宍戸提督代理』 「おう……って、蘇我提督じゃないですか!?」 ノックなんてしたから誰かと思ったら提督本人じゃないかよ!?俺と古鷹は慌てて敬礼する。 「お身体の方は……」 「この通り、すっかり良くなったよ。 けれど……まさか比叡が使った料理の中に間違えて化粧用のクリームが入っていたとか夢にも思わなかったよ。 ははは」 それを笑って済ませる辺りがスゲー。 「しかし……折角の休日だと言うのに、君に私の残業を任せてしまい申し訳ない……」 「いいえ、不測の事態と言うものは誰にでも訪れるものです。 班長のぎっくり腰は流石に注意してほしいですが……」 「ははは、羽を休めようと羽を酷使し過ぎた、と言う所か」 班長の羽……生えてたらそれも亀甲縛りになっていっぱい犯……あぁいけないいけないッ!!忘れなきゃいけないのに、考えるほど面白くなってきやがるッ!! 「古鷹、君もすまなかったね、本来ならば私一人で残りを片付けようとしていたのだが……」 「いいえとんでもないです!提督が仕事をするんのでしたら、休日でも古鷹はお仕事をお手伝いします!」 「ありがたいな……君のような部下を持って、私は恵まれていると改めて思い知らされるよ……本当にありがとう、古鷹」 「い、いいえ……秘書艦として、当然ですっ!」 「古鷹……」 「提督……」 ……ん、何だ?こいつらがお互いにぶつけ合う熱い目線は?まるで運命の糸が通じ合ったカップルじゃないか。 デキてんのか?あるある、カップルと部外者がいる場合にのみ起こる、二人だけの世界に入った途端その部外者が置いてきぼりにされる現象。 「宍戸く〜ん、もう提督に……会ったね」 「こんにちわ〜」 「時雨に村雨ちゃん」 扉から顔をひょっこり覗かせた後、提督に敬礼してこっちに寄ってくる。 私服の時雨たちは普通の女子だが、実直な敬礼は紛れもない軍人であると実感させられる。 「一日だけだったとは言え、一日提督になった気分はどうだっだ宍戸く〜ん?」 「一日署長みたいに言わないでくれるか?立場だけそういう事になってただ適当にカメラにニッコリするだけのクソアイドルと違って、コッチはミスが許されないんだぞ」 「執務室に座る宍戸さん、カッコイイですっ!」 「ありがとう村雨ちゃん、その言葉を頼りに生きていくよ」 「さ、流石にそこまで背負えないかも……」 俺が提督だったら絶対村雨ちゃんの傀儡になっちゃうな。 「まぁとにかく提督もこうして帰ってきてくれたことだし、俺の仕事はおしまいだ。 蘇我提督、大規模作戦のご内容はここにある資料にまとめておきましたので読んで下さい……それでは自分はーー」 「あー待ってくれ宍戸くん!」 「え?ど、どうかしましたか?」 「そ、そのー……大規模作戦についてなんだが……少し言い難いのだが……」 「はい……?」 「大規模作戦で私の補佐をして欲しいのだが……頼めるかな?」.

次の

敏感ふとまら君

やめて ください アイアン マン

マーベル・シネマティック・ユニバース、通称MCUの『アイアンマン』シリーズ3作目を飾る『アイアンマン3』 全世界で記録的興行成績を樹立した『アベンジャーズ』その後のストーリーが描かれます。 シリーズ中最も多くのパワードスーツが登場する見応え抜群の超ヒット作品を徹底紹介! マーベル映画『アイアンマン3』作品紹介 タイトル:アイアンマン3(原題:Iron Man 3) 製作:2013年/アメリカ 上映時間:131分 アベンジャーズ結成までが描かれたフェイズ1から、ヒーローたちの変化をダイナミックに描く段階へとフェイズを移したMCU。 フェイズ2の華々しい1作目として公開されたのが『アイアンマン3』です。 ロバート・ダウニー・Jr. を主演に、アイアンマンの人間的苦悩と成長に焦点をあてた感動アクション作品を紹介していきます! ストーリー/あらすじ 結成されたアベンジャーズによってニューヨーク壊滅の危機が防がれたあの戦いから、トニー・スタークはさらなるスーツの開発改良に没頭するようになっていました。 地球外からの想像を超える脅威を目の当たりにしたトニーは生身の人間であることで不安に苛まれ、スーツへの依存によって正気を保つ状態に陥っていたのです。 アメリカでは、マンダリンが率いる組織テン・リングスによるテロ事件が頻発しており、ローディ・ローズが改良したウォーマシンをアメリカンカラーに塗装した「アイアン・パトリオット」を装着して捜査を行なっていましたが、痕跡を残さない犯行に足取りを追えずにいました。 そんな中、スターク・インダストリーズにバイオテクノロジー研究所アドバンスド・アイディア・メカニックス A. の創始者アルドリッチ・キリアンからコンタクトが。 アルドリッチとトニーは13年前、まだトニーが傲慢で不遜な振る舞いに終始していた頃、スイスで行われた学術会議のアフターパーティーですでに出会っており、その時アルドリッチは天才科学者トニーに自身の研究を紹介しようと約束を取り付けますが、違う研究に興味を惹かれたトニーが約束をすっぽかし、待ちぼうけを食わされ、その仕打ちに強い屈辱を覚えていたのでした。 アルドリッチはCEOのペッパー・ポッツに脳の未使用領域を活性化させる「エクストリミス」の共同研究を持ちかけますが、ペッペーは拒否。 疑いを持ったスターク・インダストリーズの警備部長ハッピー・ホーガンはアルドリッチを追跡し、側近が何らかの薬品を謎の人物に手渡す現場を目撃します。 薬品を奪取しようとしたハッピーが側近ともみ合いになると、薬品を摂取した取引相手が高熱を発して自爆し、ハッピーが重傷を負う事態に。 この事件をマンダリンによるテロだと断定したトニーは、怒りに任せてメディア上で宣戦布告し、自宅住所までもマスコミにのせて公開してしまうのでした。 トニーが人工知能ジャーヴィスとともにテロ事件を調査していると、13年前スイスで出会ったエクストリミスの発明者マヤ・ハンセンがトニーの元を訪問、その直後テン・リングスのミサイルがスターク邸に打ち込まれます。 ペッパーとマヤを脱出させたスタークでしたが、スターク邸は壊滅し、トニーはテネシーに不時着。 スーツも故障し、途方に暮れていたトニーはそこでハーレー少年に出会います。 科学好きのハーレーと、ローディの助けを得て、マンダリンについてを調査し、拠点を突き止めたトニーはバッテリー切れのスーツを置いて生身で乗り込むとマンダリンを尋問。 ところが、マンダリンはただの雇われ役者でもともと存在すらせず、テロ組織テン・リングスを操っていたのがアルドリッチ・キリアンであったことが判明します。 爆破テロの正体は、エクストリミスの人体実験を経て、身体の変化に耐えられなかった被験者が発火して起こる人体爆発であり、アルドリッチは自作自演でテロを発生させることで各国に向けて自社の軍事兵器を流通させていたのでした。 事実を突き止めたスタークでしたが、アルドリッチの側近に捕らえられてしまい、さらにペッパーが拐われてエクストリミスを投与されてしまったことが知らされます。 絶望のトニーにアルドリッチの復讐の刃が向けられますが、すんでのところでマヤが身を呈しトニーを守ります。 彼女はエクストリミスの改良を願うことからアルドリッチの研究に手を貸してしまったことで、頻発するテロに自責を続けていたのでした。 アルドリッチは自らエクストリミスを摂取し、ローディからアイアン・パトリオットのスーツを奪うとエアフォース・ワンに潜入し大統領を誘拐。 ペッパーと大統領の救出に迫られたトニーは、大量のスーツを遠隔操作してエクストリミスで超人と化した敵陣を撃破します。 ローディが大統領の救出に向かい、トニーはペッパーを見つけ出しますが、ペッパーは燃え盛る炎の中に落下。 事態を受け入れられないトニーは激情の中で必死に知恵を絞り、アルドリッチにアイアンマンスーツを着せ自爆機能で爆破するも超人となったアルドリッチを倒すことはできません。 諦めかけたトニーの元に現れたのは、エクストリミスの効果で無事に生還したペッパー。 ペッパーは自力でアルドリッチを焼きつくし、撃破するのでした。 ペッパーによって事態は収束し、トニーもペッパーに投与されたエクストリミスの解毒剤を開発することに成功。 そしてトニーは依存していたパワードスーツをすべて爆破すると、アーク・リアクターを胸から外し常人としての人生を選ぶことを決めるのでした。 キャスト&スタッフ キャスト: トニー・スターク:ロバート・ダウニー・Jr. 『アイアンマン』シリーズ3作目、そして完結編として、トニー・スタークの人間的成長と過去との決着が描かれます。 『アイアンマン』、『アイアンマン2』の監督を務めたジョン・ファヴローが製作総指揮として参加している他、引き続きハッピー・ホーガン役で登場しているので、ぜひチェックしてみてください。 『アイアンマン3』に登場する変化を遂げるキャラクターたち フェイズ2に入ったMCU作品では、キャラクターの内面がさらにディープに掘り下げられ、変化や成長がはっきりと描かれるようになります。 より人間らしく複雑さを帯び、魅力を増した登場人物を紹介! トニー・スターク/アイアンマン スターク・インダストリーズの元社長であり、天才科学者であるトニー・スターク。 自社の武器がテロ組織に悪用されていたことを知って、アイアンマンとして活動するようになった彼はアベンジャーズの一員としても地球を守る戦いに参加しています。 しかし、その熾烈を極める戦いからスーツ開発に依存し、のめりこんでしまいます。 そのため『アイアンマン3』には大量のスーツが登場。 マーク8から42にものぼるスーツをトニーが1人で作り上げていたことがわかります。 ヴァージニア・(ペッパー・)ポッツ 現在のスターク・インダストリーズのCEOを務めるペッパーことヴァージニア・ポッツ。 トニー・スタークの優秀な秘書だった彼女はトニーとは恋人関係です。 今作では不安定に陥りスーツに依存するトニーのせいでスーツに攻撃されそうになるなど、2人の関係にも亀裂が。 それでも最後にトニーを救うのはペッパーなのです。 アルドリッチ・キリアン A. こと、アドバンスド・アイディア・メカニックスの創設者であるアルドリッチ・キリアン。 約束を破られたことを根に持ちトニー・スタークに執着し続けています。 エクストリミスを悪用してテロ組織を自ら作り出し、世界を牛耳ろうと画策。 自身もエクストリミスの力で超人へと変化しています。 マヤ・ハンセン 1999年のスイスで、アルドリッチ・キリアンと時を同じくしてトニー・スタークと出会います。 エクストリミスを開発した植物学者である彼女の研究に興味を持ったトニーが、アルドリッチとの約束をすっぽかすことが事の発端であるのは何とも皮肉。 再生医療の一端としてエクストリミスの改良を願い研究に勤しんでいましたが、それらをテロに悪用され、苦しんでいました。 マーベル・シネマティック・ユニバース『アイアンマン』シリーズ3作目。 数十着にものぼるパワードスーツが登場する注目作『アイアンマン3』の紹介でした。 『アイアンマン3』は、Disney DELUXE ディズニーデラックス)で配信中です。

次の

トニー・スタークの成長と最多パワードスーツが圧巻!マーベル映画『アイアンマン3』作品紹介

やめて ください アイアン マン

本日のゴルフレッスンは「 マン振りゴルファーは怖くない」です。 ボールを飛ばすためにドライバーをマン振りする人がたくさんいます。 ドライバーばかりではありません。 アイアンからウェッジまで同じくマン振りです。 ちょっとしたことでスコアって良くなるのになぁ~なんて見ているのが長老ゴルファーたちです。 それだけに「ドライバーは飛距離じゃないよ」とか「もっとコンパクトに」などの言葉が頻繁に出てきます。 「いやいや、オレはこのままでいいんです!」とマン振りを続ける人たち。 ボールを飛ばすことはゴルフの醍醐味です。 こんなにボールが飛ぶスポーツはそうはないと思います。 そのため一般的な運動場などではとてもじゃありませんがゴルフはできません。 ゴルフコースのような広いフィールドが必要になります。 ただ単にボールを飛ばすだけなら、練習場だけのゴルフにしてくれ!ラウンドするのは迷惑なのでやめてほしい!なんて思っているのは、長老ゴルファーばかりではありません。 当然ですがゴルフ場関係者は迷惑がかかる当事者です。 「やめてほしい!」のではなく「やめてください」「来ないでください」なのです。 ゴルフ歴の長いゴルファーは現在のように誰でもゴルフができる環境に無かったことを知っています。 先輩・上司に7番アイアンを持たされてそればかり練習させられました。 ある程度打てるようにならなければゴルフ場へ連れて行ってもらえなかったのです。 ゴルフをするのは休日が一般的です。 これは今も昔も変わりません。 連れて行ってもらわなければラウンドデビューできなかった時代です。 それだけにゴルフ場に対する気持ちが今とまったく違ったといってよいでしょう。 現在は「ゴルフ場へ行ってあげる」なんて気持ちになる人も多いのではないでしょうか。 どうして、こんなおじさんに負けてしまうのか。 他のスポーツでは負けたことがないのにゴルフだけは負ける。 なんてことが起きるのがゴルフです。 マン振りゴルファーはボールを飛ばすことを第一に考えているのに対し、ゴルフが上手いといわれる人は、スコアを第一に考えているのです。 このことを考えただけでも勝てるわけはありません。 当然、ボールを飛ばすことでは負けてしまいますが、スコアで負けないのがゴルフの上級者です。 マン振りゴルファーは「 どこまでも飛んで行っちゃってください!」といった感じですが、それを見ているゴルフ上級者は「 どこへでも飛んで行っちゃってください!」と見ているのです。 ゴルフほど運動神経の差が表れないスポーツもめずらしいです。 歳を取れば運動能力が衰えてきます。 それでもゴルフは上達できるのです。 プロの世界を見ればそれがわかります。 他のスポーツではすでに現役引退だろう!という年齢のゴルファーが活躍しています。 ただ、若く勢いのあるゴルファーはそれを認めようとしないところに落とし穴が待っているのです。 長老ゴルファーは「しめしめ」と思っているので・・・ 「ニギろうか!」とやさしく近寄ってくるのです。 次回、「マン振りゴルファーへアドバイス!」 ではまた.

次の