地縛少年花子くん あらすじ。 【地縛少年花子くん】最終回ネタバレ!結末が気になる|女性まんがbibibi

地縛少年花子くん(アニメ)2期放送はいつから?原作何話からなのか考察

地縛少年花子くん あらすじ

あらすじ ねえ、知ってる? この学園にある七不思議の話……かもめ学園に伝わる一番有名な七不思議の噂。 旧校舎3階女子トイレ3番目には花子さんがいて、呼び出した人の願いをなんでも叶えてくれるんだって。 呼び出し方は簡単、ノックを3回。 それから「花子さん、花子さん、いらっしゃいますか?」「はーあーい……」自分の願いを叶えてもらうため、花子さんを呼び出したオカルト少女の八尋寧々。 おばけなのにドS でちょっとエッチな花子くんに振りまわされて様々な怪談に巻き込まれていく寧々。 果たして寧々は無事に学園生活を送れるのか。 誰も見たことのないハートフル便所コメディが今、始まる 音楽• 7」 【ED】鬼頭明里「Tiny Light」 キャスト• 花子くん:• 八尋寧々:• 源光:• 源輝:• 赤根葵:• 七峰桜:• 日向夏彦: 関連リンク• 【公式サイト】.

次の

地縛少年花子くんのアニメ化希望の声!あらすじや登場人物が面白い?

地縛少年花子くん あらすじ

かもめ学園高等部1年生の八尋寧々(やしろねね)が、憧れの源先輩と結ばれるために、代償を払えばなんでも願いを叶えてくれるトイレの花子くんを呼び出すところから物語は始まります。 先輩と両思いになるため、まずは自分の特技を活かすよう花子くんにいわれた寧々は、得意な園芸で源先輩にアプローチしますがうまくいかず、その後も失敗ばかり。 何度めかの失敗の後、寧々は花子くんが落とした人魚の鱗を拾います。 この鱗には逸話がありました。 「人魚の鱗を飲めば、呪いの代償に非常に強力な縁で結ばれる」花子くんから鱗の話を聞いた寧々は、彼の制止も聞かずに鱗を飲み、源先輩にも鱗を飲ませようとします。 しかし、結局飲ませることはできず、人魚の呪いを一身に受けてしまいます。 呪いのせいで魚になった彼女の元に、人魚が迎えに来ます。 花子くんは人魚を追い払い、寧々を人間に戻すため、残っている鱗を飲み込みます。 寧々は人間に戻してもらった代償に、花子くんの助手として働くことになりました。 こうして、怪異の少年とオカルト少女、奇妙な縁で結ばれた2人の物語が幕を開けました。 そんな本作は、より公式PVが公開されています。 本作のレトロかわいい雰囲気がより伝わります。 また、作品の人気を受けて、2018年よりスピンオフの『放課後少年花子くん』がpixivコミックで連載しています。 2019年3月には、本作のアニメ化が発表されました。 2020年1月からの放送開始も決まり、アニメ版のPVも公開されました! キャストなどもぞくぞく発表されています。 気になった方は、よりご確認ください。 本作はスマホの無料アプリでも読むことができるので、すでに作品が気になった方は、アプリから試し読みをするのもおすすめです。 アプリボタンからなら簡単にインストールすることが可能です。 本作は、怪異の少年・花子くんと、その助手として働くことになった寧々の2人を中心に物語が展開します。 花子くんは、明るく社交的な男の子。 寧々の呪いを抑える代わりに、彼女を助手としてこき使っています。 寧々にはセクハラしたり、思わせぶりな態度や発言をするも、彼女がピンチの時には必ず助けに来てくれる、男前な性格をしています。 普段は飄々としていますが、普通の少年らしい一面もあり、泣いている寧々を見てあたふたしたり、彼女の言葉に赤面することも。 一方の寧々は、ロマンチックな恋愛を夢見る、心優しい少女。 呪いの影響で、水に濡れると魚に戻るようになってしまい、呪いのことを隠しながら学園生活を送っています。 芯が強く、友達を助けるために怪異相手に大胆な行動を取ることも。 花子くんをとても大切に思っており、ある怪異との戦いで花子くんに頬にキスされてからは、彼のことを少しずつ意識するようになりました。 花子くんと寧々の、友達以上恋人未満な関係は、見ていて微笑ましいところがあり、2人の可愛さに思わずにんまりしてしまいます。 シリアスで重い展開が続く場面では、花子くんと寧々の可愛さが癒しになります。 2人の関係がこれからどう変化していくのか、今後のストーリーが気になります。 『地縛少年花子くん』の魅力2:怖くも切ない、怪異たちの物語に惹き込まれる 七不思議の番人たちは、花子くんを含め皆それぞれバックストーリーがあり、番人たちもどこか人間味のあるキャラクターとして描かれています。 「ミサキ階段」や「エソラゴト」など、真相が切ない七不思議もあり、時にはウルッと来てしまうような切ないエピソードも登場します。 怪異のなかでも特に切ないのが、「中等部の昇降口にいる幽霊」として登場する 三葉惣助(みつばそうすけ)。 中学2年生の冬に事故で亡くなった彼は、生前は写真部に所属。 「生前に撮りたかった写真があったはず」という未練から、この世に留まっていました。 三葉は祓い屋の少年・ 源光(みなもとこう)と出会い、未練を晴らすのを手伝ってもらううちに2人は仲良くなっていきます。 しかし、そこへ花子くんの双子の弟・つかさが現れ、三葉の願いを叶える代償に、彼を強力な怪異に変えてしまいます。 理性を失い、異形の姿になり果てた三葉は、最終的に花子くんに消滅させられます。 ところが、つかさが三葉の霊体の一部を利用して、今度は3番目の七不思議「カガミジゴク」の力を受け継いだ「ミツバ」として復活させました。 ミツバには光の記憶がまったく残っておらず、つかさからは「三葉とはまったくの別人」とはっきり言われています。 人間として生きた三葉惣助は、もうどこにも存在しません。 ミツバの姿や思考が、三葉と瓜二つなのが余計に心をえぐります。 三葉の悲劇的なエピソードは、三葉と光を応援していた読者にも大きな衝撃を与えました。 物語では、人をやむなく襲うようになった怪異も登場しています。 怪異は噂によって成り立ちます。 簡単に噂を流す人間の身勝手さや、人の噂に翻弄される怪異の悲哀が感じられるでしょう。 怪異たちの怖くも切ない物語に、気づけばどんどん惹き込まれていくことでしょう。 本作のテーマは、学園に潜む「七不思議」。 七不思議をはじめとする怪異の世界は、ダークで幻想的な異世界として描かれています。 七不思議の2番目として登場する「ミサキ階段」は、怪異の世界でも特に印象的で、鳥居の奥に建物が所狭しに並んだ空間は、怖さと同時に怪しい魅力があります。 少女漫画のような可愛らしいタッチも、レトロな世界にマッチしていて、ミステリアスでありながらおしゃれな雰囲気に演出されています。 ダークな魅力を持つ、本作の独特な世界観に、気づけばどっぷりハマってしまうかもしれません。 画面全体にも華があり、おしゃれでかわいいコマの演出に、作者のセンスが感じられます。 本作は背景がとても丁寧に書き込まれているので、ぜひ作者のこだわりを感じてみてください。 『地縛少年花子くん』9巻までのあらすじと見所.

次の

TVアニメ『地縛少年花子くん』、第3話のあらすじ&先行場面カットを公開

地縛少年花子くん あらすじ

地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター ネタバレ 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター 赤根がさらわれた後、八尋と蒼井は喧嘩をしていた。 その理由は、花子くんに頼ろうとする八尋に対して、花子くんを信用していない蒼井との意見の不一致から。 そんな時、女性の霊が2人の前に現れ、赤根のところに案内してくれると言う。 霊はそのまま奥の方に消えていった。 その霊を急いで追いかける2人が行きついたのはエレベーターの中。 蒼井は、旧校舎にはエレベーターなどなかったはずだと言う。 そこから出ようとする蒼井だったが、その瞬間、扉が閉まりエレベーターが下へと動き出した。 下へ行くエレベーターの中で、花子くんから連絡が。 花子くんは、現在の状況を把握していると言う。 花子くんが言うには、エレベーターは世界の狭間。 うかつに行動すれば、永遠にどこでもない場所をさまよい続けるらしい。 以前世界の狭間に行ったことのある八尋は、このエレベーターを使って赤根のところに行けないか? と花子くんに言う。 花子くんは、自分がそこに行けばできるかもしれないと返す。 そして、蒼井が自分の言うことを1つだけ聞いてくれるのであれば、手伝ってもいいと言った。 蒼井は、その条件をのまず、八尋を人質にとる。 しかし、これは花子くんをこちらに呼び出す蒼井の作戦。 その作戦にまんまと乗せられた花子くんは、八尋と蒼井を赤根がいる6番のところに案内することになった。 スポンサーリンク 地縛少年花子くんの最新話を含む「月刊Gファンタジー」を今すぐ無料で読む 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーター のネタバレはどうでしたか? ここまで読んでいただいた方の中には• 「文章だけでは分かりにくい」• 「登場人物の動きや表情も気になる」 と、思った方もいるのではないでしょうか? 「このネタバレの内容をできれば漫画で読みたい! 」 そんな方におすすめしたいのが U-NEXT という動画配信サービスです。 あなたにU-NEXTをおすすめする理由とは? この漫画を読みたいと思った方にU-NEXTをおすすめする理由は次の4つです。 しかし、赤根がさらわれてどうしようもなかった八尋と蒼井が、赤根のところへ行ける方法が見つかってよかったですね。 蒼井に対して意地悪な条件を出す花子くんが、逆に蒼井の作戦によって、2人の前に姿を現したところがかわいかったです。 なんだかんだで花子くんの八尋に対する想いが伝わってきました。 そして、赤根のところに向かうことになった3人。 果たして、無事たどり着けるのでしょうか? また、6番が赤根のことをすんなりと返してくれることはないと思うので、そこからどういう展開になるのかも楽しみです! まとめ ということで、 この記事では、2020年1月18日発売の月刊Gファンタジー2020年2月号に掲載された 地縛少年花子くん【最新第62話】エレベーターのネタバレと感想を紹介しました。 今回のお話を簡単にまとめると、• 女性の霊が八尋と蒼井の前に現れ、赤根のところに案内してくれると言う。 霊を追いかける2人が行きついたのはエレベーターの中。 エレベーターは世界の狭間。 花子くんは、このエレベーターを使って赤根のところに行けるかもしれないと言う。 八尋と蒼井のところに花子くんが合流。 3人は、赤根がいる6番のところへ向かう。 という内容でした。 今回のネタバレ記事も、漫画で読む方がその場の風景や登場人物の細やかな感情も分かり、より楽しむことができます。 この記事の内容を漫画で読んでみたい! と思った方には、わざわざ書店に行く必要もなく、購入したら今すぐに読める電子書籍がおすすめです! こちらの記事では、好きな漫画の最新話や単行本をお得に読むことができるサービスを紹介しているので、よろしければご覧ください!

次の