トランプ ツイッター。 トランプvsツイッター勃発!ネットも路上も大炎上中で混乱極まる米国【WSJ3分解説】

static.worldphoto.org : ツイッター、トランプ米大統領の投稿に「ファクトチェック」を初適用

トランプ ツイッター

<引用元:>ジョン・ダニエル・デビッドソン政治部長による論説 ツイッターは、免責指定でトランプ大統領のツイートを社説で論じ「ファクトチェック」したいなら、他の出版社と同様の扱いを受けるべき 郵便投票のリスクに関するトランプ大統領のツイートに対して、今週ツイッターがすると決めたことで、ようやく、ツイッターが中立のプラットフォームでしかないという作り話をせずに済む。 ツイッターは中立ではないし、そうだったこともない。 中立だというふりをするのはもうやめるべきだ。 トランプのコメントの優劣と、大規模な郵便投票が名案かどうかに関する全体的な議論は脇に置いておこう。 ここで重要な点ではないからだ。 ユーザーが郵便投票について「事実を確認」できるように、トランプのツイートに警告ラベルとリンク(皮肉なことにCNNのクリス・シリザの記事へのリンク)を与えて介入することで、ツイッターは中立のまとめ役であるとなるべきだという主張をすべて放棄した。 これまでもずっとそうだった。 シリコンバレーが政治的に進歩主義であることは誰もが知っている。 例えばように、その経営幹部たちは民主党の大統領有力候補であるジョー・バイデンを勝たせようと熱心に取り組んでいる。 今唯一の相違点は、ツイッターがそれを非常に強く露骨に示すと決めたという点だ。 ツイッター、フェイスブック、グーグルのようなソーシャルメディア企業は、ユーザーが言っていることの真価に意見するのではなく、サイトのルールに独自の偏見を埋め込み、独自の「コミュニティガイドライン」をただ押しつけるための奇妙な口実の下で、長年を行いてきた。 こうしたコミュニティガイドラインは誰が書き、強制しているのだろうか?ツイッターのサイト品位責任者、ヨエル・ロスのような人たちだ。 ロスの2016年から2017年にかけた反トランプツイートが最近再浮上した。 ロスはトランプと政権職員を「現実のナチス」と呼び、ミッチ・マコーネル上院多数党院内総務を「バッグオブファーツ」になぞらえ、トランプ支持者は人種差別主義者だと示唆した。 ロスのような人たちを雇ってルールを書かせ、押し付けることによってではなく、合衆国大統領をあからさまにファクトチェックすることによって。 こうすることでツイッターは公然とした形で政治に決然と取り組んだだけでなく、ソーシャルメディア企業の在り方の中心にある作り話を暴露した。 つまり中立のプラットフォームではなく、偏向しており、主流メディアの同等組織と似たようなものであり、圧倒的に保守主義者に反対で進歩主義者に味方している、ということだ。 ツイッターは従来の出版社と同じ基準に縛られる必要がある それが重大な問題である理由はこうだ。 何十年もの間、ソーシャルメディア企業は両立を求めていた。 自分たちの好まない意見を検閲し好む意見を推進しながら、従来の出版社が持たない法的責任の免除を享受できることを求めたのだ。 彼らがこうすることができたのは、1つには連邦法のおかげだ。 インターネットが始まったばかりの1990年代後半、連邦議会は、第三者がアップロードしたものである限り、不正確なことや中傷的である可能性のあるものを公開することに対する、インターネット企業の法的責任を免除した。 特に1996年に成立した通信品位法230条は、ユーザーが常軌を逸した陰謀論、悪意を持ったうそ、まったくのでたらめを投稿したことでツイッターのような企業が訴えられないよう保護している。 そういうわけで、例えば2017年12月のこのような完全に間違った話を、時々ツイッターで目にすることがある。 その中でCNNは、ドナルド・トランプ・ジュニアが公開前にハッキングされたウィキリークス文書について情報を入手していたとした。 (CNNとは逆に、これは事実無根だった。 トランプ・ジュニアは単に、すでに公開されていたウィキリークス文書について伝えるメールを受け取っただけだった。 CNNはそれをうっかりミスのせいにした。 ) こうしたことを全て踏まえた上で、ツイッター、フェイスブック、グーグルなどの大規模ソーシャルメディア・プラットフォームを持つ巨大IT企業は、まるでニューヨーク・タイムズやワシントン・ポスト、CNNのような編集上の偏向を明らかに持っている。 ところがそうしたメディアと異なり、これらのIT企業は、第三者に意見交換の場を提供しているだけであるという作り話に身を隠すことができたので、ユーザーの投稿の責任を取らされることはない。 もうたくさんだ。 ツイッターが影響力のある人の投稿を全てファクトチェックするようにしたいのであれば、結構だ。 だが公平で公正なやり方でそれを行うことは決してできないし、230条の保護を主張し続けることも絶対にできない。 ミズーリ州のジョシュ・ホーレー上院議員が27日にこう話したように。 「非常に簡単なことだ。 ツイッターとグーグルその他が社説で論じ、検閲を行い、従来の出版社のように行動しようとするなら、従来の出版社のように扱われるべきであり、230条で連邦政府から特別な区分けを受けるのをやめるべきだ」 ホーレーの直感は正しい。 少なくとも彼と上院の共和党議員は、ツイッターのジャック・ドーシーCEOに、同社が従来の出版社のように行動すると明確に決めたのになぜ230条を享受し続けるべきだと考えているのか説明を求めるべきだ。 その中で、もしかするとドーシーは、昨年サム・ハリスに「これ以上我々が中立の立場を取る余裕はないと思う」と話したことが、どういう意味だったのか説明できるかもしれない。 ところが、もしかするとその必要はないかもしれない。 彼の言わんとしたことはみな知っている。

次の

トランプ大統領の非表示ツイッターはこれ!日本語訳は?なぜ削除されない?

トランプ ツイッター

アメリカのトランプ大統領は、28日、ツイッターで白人至上主義者のスローガンを叫ぶ男性らの動画を引用したことから、人種差別をあおる行為だと一部で批判が出ています。 トランプ大統領が引用して掲載したのは、南部フロリダ州で、ゴルフカートに乗った自身の支持者とみられる男性が、反トランプデモの参加者に、「ホワイトパワー」と叫ぶ映像です。 「ホワイトパワー」は、白人至上主義者のスローガンの一つとされています。 さらに大統領が、動画に映る人たちを「偉大な人々」とたたえるコメントを投稿したことにも批判が出ています。 大統領はその後、これらの投稿を削除しました。 ホワイトハウスの報道官は、「大統領は動画の中の発言は聞いていなかった」などと釈明しています。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

トランプ大統領の非表示ツイッターはこれ!日本語訳は?なぜ削除されない?

トランプ ツイッター

トランプ陣営は、フェイスブックやツイッターなどの主要なソーシャル・プラットフォームが、大統領の投稿に対して検閲を行ったと非難している。 ウォールストリート・ジャーナルによると、トランプ陣営はこれらのSNSを回避して支持者にリーチする方法を模索しており、内部的には「コードレッド(厳戒警報)」と表現される状況に陥っているという。 選挙まで約4カ月となり、選対関係者はいくつかの選択肢を検討していると報じられている。 GabやParlerのような表現の自由を強調する小さなプラットフォームへの移行や独自のソーシャル・プラットフォームの構築、あるいは独自のスマートフォンアプリへの移行を促すことなどだ。 トランプ陣営は、フェイスブック(Facebook)やツイッター(Twitter)が大統領の発信するコンテンツの一部に制限をかけていることから、支持者とつながる代替のソーシャルネットワークを見つけようと奔走していると報じられている。 約4カ月後に控えた大統領選挙を前に、現在の状況は内部では「コードレッド(厳戒警報)」と呼ばれているとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は6月24日に報じた。 WSJによると、トランプ陣営は3つの選択肢を検討しているという。 あまり知られていないソーシャル・ネットワークに移行するか、独自のプラットフォームを構築するか、支持者に選挙陣営のスマートフォンアプリへの移行を促すかだ。 Politicoは昨年、トランプ陣営の関係者がParlerをチェックしていると報じた。 Parlerは、過激な支持者や、フェイスブックやツイッターから追い出された極右の人物を惹きつけている、表現の自由を強調したプラットフォームだ。 トランプの選挙対策責任者ブラッド・パースカル(Brad Parscale)は、Parlerの投稿へのリンクとともに次のようにツイートした。 おいツイッター、お前はもう終わりだ。 主要なソーシャル・プラットフォームを放棄するという決断は、トランプ陣営がソーシャルメディア戦略の重要な部分を失い、これらのネットワーク上の何百万人もの有権者や支持者にリーチするための別の方法を見つけなければならないことを意味する。 トランプ陣営は、2020年にすでにフェイスブック広告に約2000万ドルを費やし、ツイッターは長い間、トランプ大統領の広報プラットフォームとして機能してきた。 彼は2016年に就任して以来、1万7000回以上ツイートしているのだ。 トランプ陣営は5月、大統領の投稿を監視するために前代未聞の措置がとられたため、ソーシャル・プラットフォームに対する攻撃を強化した。 フェイスブック、ツイッター、スナップチャット(Snapchat)は、ここ数週間で大統領のコンテンツの一部に対して行動を起こしており、トランプ政権はそれを検閲だと非難し、報復的な取り組みを行っている。 トランプ大統領はソーシャルメディアを標的にした大統領令を出し、ツイッターが5月の郵便投票に関する2つのツイートをファクトチェックが必要だとした後、ツイッターを合法的に「閉鎖する」と脅した。 それ以来、ツイッターはトランプ大統領の投稿に「暴力を賛美する」という警告ラベルを付け、CNNをあざ笑うツイートに「操作されたメディア」というラベルを貼り(後に削除)、別のツイートは「虐待的な行為」として制限した。 フェイスブックは6月18日、ナチスに関連したシンボルを表示し、CNNの放送を改ざんしたトランプ大統領のキャンペーン広告を削除した。 スナップチャットは6月初め、トランプ大統領のアカウントによるプロモーションを停止すると述べたが、アカウントはプラットフォーム上に残ったままだ。 トランプ大統領の投稿に対して行われたいくつかの処置はトランプ陣営を怒らせたが、フェイスブックとツイッター上の大統領による投稿の大多数はそのままだ。 フェイスブックは、デモ参加者への発砲を警告する大統領の投稿(ツイッターが制限を加えた投稿)に対する措置を拒否し、従業員の反発を引き起こした。 フェイスブックが十分な対策を講じていないとして批判の声が上がる中でも、CEOのマーク・ザッカーバーグは、言論の自由の名の下に投稿を検閲しないという同社の決定を擁護してきた。 その後、市民権団体の要請を受けて、いくつかの企業がフェイスブックへの広告出稿を停止している。 [原文:Trump's feud with Facebook and Twitter has created a 'code red' for his campaign as Election Day nears] (翻訳、編集:Toshihiko Inoue) Paige Leskin.

次の