ふるなび 楽天。 「ふるなび」のおすすめランキング上位30位の還元率を徹底調査!家電が多数ランクイン

最強のふるさと納税は楽天じゃない!ふるなびだ!!20代30代のアラサー女子におすすめなふるさと納税サイト

ふるなび 楽天

いろいろある「ふるさと納税サイト」 ふるさと納税を行うには、お礼の品や地域、ランキングなどから寄附先を検索、申し込みから支払いまでできるポータルサイトが便利です。 主要な「ふるさと納税サイト」には、次のようなものがあります。 ・・・最大手。 寄付できる自治体数がNo. ・・・簡単手続き、充実サポート• ・・・食品以外の特産品も充実• ・・・寄附金額100円につき1マイルが貯まる• ・・・特産品などに交換できるポイント制 それぞれ特徴がある中、お礼の品から選びたい場合は、やはり寄付できる自治体数の多い「ふるさとチョイス」がオススメです。 お礼の品だけでなく、さらにポイントも貯まってオトクなのは、「楽天ふるさと納税」や「ANAのふるさと納税」。 ポイントサイト経由でさらにオトク ふるさと納税サイトの中には、ポイントサイトを経由して利用可能なサイトがあります。 引き続き監視します。 ポイントサイト ポイント還元率 — 寄付完了:1. 楽天市場では、ショップ買いまわりでポイント還元率が10倍にまでアップする「 楽天スーパーセール」があるのですが、なんと楽天ふるさと納税も買いまわり対象となっています。

次の

ふるさと納税サイト別!ポイントが貯めやすいクレジットカード特集2019

ふるなび 楽天

その名のとおり、運営しているのは「楽天」だ。 「」のスタート当初の掲載自治体数は43と少なかったが、その後は着々と掲載自治体数を増やしており、スタートから4年が経った現時点(2019年11月16日、以下同)では、 掲載している自治体数は795、返礼品数も9万3200件を超えており、老舗の「」や「」を上回って、最大手の「」に次ぐ規模に成長している。 「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、 買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。 「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、 在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適。 「」の最大の特徴は、寄付をすると、寄付額に応じて「楽天スーパーポイント」が貯まる点。 「」や「」で買い物するときと同じように、「」でも「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、 最低でも寄付額の1%分を得することができる。 「」のポイント還元率は、「」と同じく通常は1%だが、「」では「楽天スーパーセール」や「お買い物マラソン」など、ポイント還元率がアップするイベントを頻繁に開催している。 また、「毎月5と0のつく日」はポイント5倍、楽天イーグルスやヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日は最大4倍になるキャンペーンや、「」や「」「」などを利用することでポイントが最大16倍になる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を活用すると、「」で 寄付した金額の5~20%超のポイント還元を簡単に受けられる。 しかし、「」でポイント還元率が10%になるタイミングで2万円を寄付すると、2000円分の「楽天スーパーポイント」が還元される。 つまり、「」なら、 本来は自己負担しなければならない2000円すら返ってくる可能性が高いのだ。 「ふるさと納税」するタイミングを考えるのが面倒と感じる人、「ふるさと納税」以外で楽天グループを使わないという人でも、 最低2%分の還元は簡単に受けられる。 というのも、「」に情報を掲載している自治体は、すべてクレジットカードで寄付ができるので、「楽天スーパーポイント」とクレジットカードのポイントをダブルで貯めることが可能だからだ。 「」で「ふるさと納税」をするなら「」や「」を使うのがおすすめだ。 「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、 買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。 「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、 在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適。 「通常ポイント」はもちろん、キャンペーンで付与される「期間限定ポイント」も充当可能で、寄付額の全額でも一部でもポイントを使える。 「楽天スーパーポイント」で寄付する際には、自動的に「期間限定ポイント」から消化されるため、特にポイントを指定する必要もない。 「ふるさと納税」をすれば、所得税や住民税が控除されるので、「楽天スーパーポイント」で「ふるさと納税」をするということは、実質的には「楽天スーパーポイント」で納税しているのと同じことになる。 つまり、「」を利用すれば、 「ふるさと納税」をして返礼品をもらうことで節税できるだけでなく、「楽天スーパーポイント」使う&貯めることでも節税ができるのだ。 ただし、「楽天スーパーポイント」は1回の支払い上限が3万ポイント(ダイヤモンド会員は50万ポイント)、1カ月の利用上限が10万ポイント(ダイヤモンド会員は50万ポイント)となっているので注意しよう。 しかし、「」では炊飯器や掃除機、シーリングライトなどの「電化製品」の返礼品も掲載されていて選ぶことができる。 現時点で、「電化製品」の返礼品を掲載している大手の「ふるさと納税ポータルサイト」は「」と「」となっている。 「電化製品」の返礼品は、肉やフルーツなどの食品の返礼品と比べて「賞味期限」や「保存スペース」を考えなくて済むので、年末にまとめて申し込む場合などには助かるはず。 「電化製品」に興味があるなら「」や「」を選んで寄付をしたほうがいいだろう。 返礼品の紹介ページも「」で使い慣れたページ構成で、在庫数が表示されていたり、評価が星の数で表され、レビューも見やすく表示されていたりと、ユーザーの利便性が考え抜かれた作りだ。 「ふるさと納税」の初心者でも、「」なら ネットショッピングをするのとほとんど変わらない感覚で、スムーズに手続きができるだろう。 ちなみに、「」の評価やレビューの数は、ほかの「ふるさと納税ポータルサイト」よりも全体的に多く、人気の返礼品だと1000件以上もの評価・レビューが寄せられていて、返礼品や寄付先を選ぶ参考にもしやすい。 加えて、返礼品や寄付先を選ぶ際に頼りになるのが「ランキング」だが、「」では「精肉・肉加工品」「魚介類・水産加工品」「フルーツ・果物」など、ジャンルごとに人気の返礼品のランキングを毎日更新している。 各種ランキングと評価・レビューを活用すれば、満足度の高い返礼品を探し当てられる可能性が高いので、チェックしてみるといいだろう。 「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、 買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。 「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、 在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適。 「楽天ふるさと納税」のデメリット・弱点は? ここからは、「」のデメリット・弱点も見ていこう。 逆に言うと、「楽天スーパーポイント」を貯める気がないなら「」を使うメリットはほとんどない。 「楽天」よりも「Amazon」を使うことが多い人なら、寄付額の1~4%分の「Amazonギフト券」がもらえる「」のほうがお得に感じるだろうし、ポイントを貯めるよりもたくさんの自治体や返礼品から選びたい場合は「」のほうがおすすめだ。 他社を圧倒する情報量を誇る。 欲しいものが決まっているなら ここで比較検討がおすすめだ。 しかも、ふるさとチョイス限定のお得な返礼品を用意している自治体もあるので、できるだけチェックしておこう。 ただし漠然と「牛肉」などと検索すると、結果があふれすぎて選べないので、ある程度、 希望ははっきりさせるのがおすすめ。 そのため、楽天会員IDを持っていない妻のために、夫が自分の「楽天会員ID」で「ふるさと納税」をすることはできない。 必ず、寄付する本人の「楽天会員ID」を使わなければならず、IDを持っていないなら「楽天会員」に登録する必要があるので注意しよう。 「楽天ふるさと納税」はとにかくポイントがガンガン貯まる! お得度は「ふるさと納税ポータルサイト」の中でもダントツ! さて、ここまで「」の特徴、メリット・デメリットを紹介してきた。 繰り返しになるが、「」は 「楽天スーパーポイント」が簡単に貯まり、しかも貯まった「楽天スーパーポイント」で寄付することもできるため、楽天会員には非常に使い勝手がいい「ふるさと納税ポータルサイト」だ。 「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」を活用するほか、年4回の「楽天スーパーセール」や、ほぼ毎月開催されている「お買い物マラソン」、「毎月5と0のつく日」、楽天イーグルスやヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日など、 ポイントアップするタイミングを見計らって「ふるさと納税」をすればポイント還元率は5~20%超にすることができ、「ふるさと納税ポータルサイト」の中でもお得度はもっとも高くなるはず。 事前に「ふるさと納税」の寄付先を検討しておいて、ポイントアップキャンペーンを逃さないようにするのがおすすめだ。 「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、 買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。 「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、 在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適。

次の

大手ふるさと納税サイトの特徴と、そのメリットを徹底比較2019!ふるさとチョイスやふるなび、楽天ふるさと納税はどれがおすすめ?

ふるなび 楽天

ふるさと納税ができるポータルサイトは複数あります。 ふるさと納税するならクレジットカード払いができるサイトを利用するのが一番お得ですよね。 ふるさと納税をクレジットカードで支払う際に、納税者は夫でクレジットカードの名義は妻の場合どうなるかって気になりませんか? ふるさと納税をする人の名義のクレジットカードでないとキャンセルされる可能性もあります。 そこで今回はふるさと納税をする人とクレジットカードの名義が違う場合の各サイトの扱いについてまとめてみます。 私も2回ふるさとチョイスでふるさと納税をして、iPad mini4とiPad air2をゲットしました。 ふるさとチョイスでは寄付者とカード決済者の名義は同一でないといけないと記載されていますね。 でも私は過去2回とも、寄付者とカード決済者の名義が違っていても大丈夫でした。 ふるさとチョイスでは、Yahoo! 公金支払いを利用してクレジットカード払いしました。 その際に、ふるさと納税の名義は主人でクレジットカードの名義は私 妻 で2回とも納税しましたが、全く問題ありませんでしたよ。 ちゃんと寄付金受領証明書の名義は主人になっていましたし、返礼品のiPad mini4・iPad air2も届きましたから。 最近人気急上昇中の納税サイトです。 私も2016年に入って2回楽天ふるさと納税を利用しています。 楽天ふるさと納税では寄付者とクレジットカードの名義が異なる場合についてこのように書かれています。 楽天ふるさと納税も納税者とクレジットカードの名義が同一でなければいけないと記載されていますね。 「他人の名義の場合にはキャンセルさせていただきます。 」とあります。 でも、私が楽天ふるさと納税をした時にはキャンセルされずに納税できました。 納税してから2週間ほどしか経っていないので返礼品はまだ到着していませんが、先日寄付金受領証明書が到着したのでキャンセルにはならないでしょう。 また別の自治体にもふるさと納税をして2日後には「ふるさと納税申し込み完了」のメールが自治体から届きました。 このメールには返礼品の発注準備に入りましたと記載されているので、キャンセルになることはないと思っています。 【2016年10月16日追記】 楽天ふるさと納税経由で宮崎県都農町にふるさと納税をしたのですが、その返礼品が到着しました。 ということで、楽天ふるさと納税でも寄付者とクレジットカードの名義が異なっていても納税することは可能です。 それ以外にも楽天ふるさと納税で気になることを質問形式でまとめてみました。 妻の楽天IDで夫がふるさと納税することはできる? 楽天ふるさと納税では楽天IDに登録している名前・住所が住民票の情報と一致している必要があります。 妻の楽天IDを利用して夫がふるさと納税をすることは本来はNGですが、名義を変更すれば可能です。 これも実際に私が実践していますので問題ないと言い切れます。 妻の楽天IDで夫がふるさと納税する場合には、送付先に自動入力されている名前は妻名義になっています。 なので手動で夫の名義に変更すれば納税者は夫にすることができます。 ふるさと納税の返礼品をギフトとして贈りたい場合は? ふるさと納税の返礼品を両親などにギフトとして贈る場合もあると思います。 その際には、注文者情報にはふるさと納税する方の情報を入力し、送付先にギフトを送りたい方の情報を入力してください。 デフォルトでは送付先は自動入力で楽天IDの情報が入力され、注文者情報は「送付先住所と同じ」となっています。 送付先の横にある「変更」ボタンをクリックしてから返礼品を送りたい住所にしてください。 そうすると注文者情報は自動的に楽天IDの情報に変更になります。 楽天スーパーポイントで支払った場合納税額はどうなる? 例えば5万円のふるさと納税をして1万円は楽天スーパーポイントまたは楽天キャッシュで支払い、残り4万円はクレジットカードで支払ったとします。 ポイントで支払ったとしても納税額は5万円ですから、自治体から送られてくる寄付金受領証明書には5万円と記載されます。 楽天ふるさと納税で期間限定ポイントを消費するのもいいですね。 ふるなびでは寄付者とクレジットカードの名義が異なる場合についてこのように書かれています。 ふるなびでも他のサイトと同じように寄付申込者とカード決済者は同一でないといけないとの記載がありますね。 私はふるなびでふるさと納税をしたことがないので、実際に寄付申込者とカード決済者が異なる場合どうなるのかはっきりわかりません。 もしふるなびを利用されたことがある方で寄付者とカード名義者が同一じゃない場合にどうなったかを教えていただけると嬉しいです。 まとめ 私はこれまで4回ふるさと納税をしていますが、寄付申込者とカード決済者がいずれも異なる方法でしかやったことがありません。 基本的に寄付申込者とカード決済者が異なる場合でもふるさと納税がキャンセルされることはないと言っていいでしょう。 私は楽天ふるさと納税をこれまで2回利用しています。 自治体から寄付金受領証明書も届いているので、今後キャンセルとなる可能性は低いと思います。 【追記】 楽天ふるさと納税からすべて返礼品が届きました。 もし間違って寄付者以外のクレジットカードで決済したとしても特に焦ることはないですよ。 楽天ふるさと納税は原則キャンセルになりますから、もしキャンセルになれば今度は寄付者のクレジットカードで決済しなおせばいいだけですからね。 楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンなどのポイントアップキャンペーンが実施されているときにふるさと納税をすれば10倍以上のポイントを獲得することもできますよ。 私はふるさと納税で14倍のポイントをゲットしています。 ふるさと納税で人気のお品はふるさと納税が急増する年末には品切れになっている可能性が非常に高いです。 ある程度自分がふるさと納税できる額がわかっている方は早めに行動されることをお勧めします。

次の