ペルソナ 5 ロイヤル 授業。 ペルソナ5ザロイヤル(P5R) 授業の答え(3学期まで含む修正版)

【ペルソナ5ザ・ロイヤル】授業の正解一覧【P5R】

ペルソナ 5 ロイヤル 授業

おすすめリンク 問題に正解するメリット 知識が上昇する 人間パラメータの1つである「知識」の数値を高めることができる。 人間パラメータの数値は主人公の日常行動に影響され、数値が高いほど攻略しやすくなっている。 一部クエストではパラメータのランクが一定数以上という、条件が設定されているものもある。 定期試験で良い成績を出しやすくなる 知識を上げることで定期試験の成績が上がりやすくなる。 好成績を出すことで「川上」「惣治郎」などの好感度が上がりやすくなるため、コープのランクアップを行いやすい。 新たなアビリティを習得できるため。 非常に効果的なメリットの1つだ。 悪い 2. 正しい 1. 悪いと確信しての行動 2. 人物 2. 才能 3. 優秀 1. 人物 2. 才能 3. 共に 2. 感覚 3. 天の川 2. 長い間覚えている記憶 2. 無限に近い量 3.

次の

【P5R(ロイヤル)】コープ攻略優先度まとめ【ペルソナ5R】

ペルソナ 5 ロイヤル 授業

おすすめリンク 問題に正解するメリット 知識が上昇する 人間パラメータの1つである「知識」の数値を高めることができる。 人間パラメータの数値は主人公の日常行動に影響され、数値が高いほど攻略しやすくなっている。 一部クエストではパラメータのランクが一定数以上という、条件が設定されているものもある。 定期試験で良い成績を出しやすくなる 知識を上げることで定期試験の成績が上がりやすくなる。 好成績を出すことで「川上」「惣治郎」などの好感度が上がりやすくなるため、コープのランクアップを行いやすい。 新たなアビリティを習得できるため。 非常に効果的なメリットの1つだ。 悪い 2. 正しい 1. 悪いと確信しての行動 2. 人物 2. 才能 3. 優秀 1. 人物 2. 才能 3. 共に 2. 感覚 3. 天の川 2. 長い間覚えている記憶 2. 無限に近い量 3.

次の

『ペルソナ5』との違いは?『ザ・ロイヤル』の追加要素をまとめてみた!

ペルソナ 5 ロイヤル 授業

Contents• 今回もゲームに関連した内容をお送りしていくわけですが、今回の題材はつい先日情報が解禁された 「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」についてです。 様々な追加要素を 「ペルソナ5」に追加したアップデート版、とでも言うべき内容になるわけですが、まずはシリーズについてのおさらいから始めていきましょう。 何気に当 ブログでペルソナ本編についての内容を取り扱うのは初めてですので、知っている人も知らない人もぜひ目を通してみてくださいね。 「ペルソナ」シリーズは、 ATRUSが開発したRPGシリーズで、その内容自体は実は ATRUSの代表的作品 「女神転生」シリーズから派生した作品です。 各作品ごとで多少の設定の違いはありますが、ペルソナシリーズでは、女神転生シリーズと同様の 「悪魔」や「神」を自身のペルソナとして使役する、という設定。 ここでいう「ペルソナ」というのは心理学用語における「外界に適応するための社会的・表面的な人格」の事を指します、 要するに「もうひとりの自分」的なもの。 女神転生シリーズと比較すると、ペルソナシリーズの方がどちらかといえばライトな作風の作品が多い、という印象ですね、あくまで比較すればですが。 初作の発売は 1996年9月20日、プレイステーションで発売された作品で、シリーズとしてみれば 実に20年以上の長い歴史のあるシリーズになります。 これまでに発売されてきたナンバリングタイトルは、以下のような感じ、外伝的タイトルと移植版は除いています。 ペルソナ5発売当初も、後日追加版が発売されるのでは、という話題が各所で持ち上がる事もあったので、今回の「ザ・ロイヤル」は順当とも言えますね。 ナンバリング最新作となる「P5」は、 ペルソナ3以降特に顕著な 「オシャレでライトな雰囲気」はある物の、 ストーリー性などはむしろダークな部類。 ねじ曲がった大人の作ったルールや枠組みによって、 社会から弾き出されてしまった 少年少女達の反逆の物語、というのが大まかなストーリー。 そんな大人達の心に入り込み、 改心させる「怪盗団」として戦いを繰り広げる事になる、というある種のピカレスク物的な側面もありますね。 ペルソナ3や4といった、ライト層にも受けた作品シリーズと比べても 、また一味違う作風になっているので、新鮮な気持ちでプレイできる作品です。 というわけで今回は、この 「ペルソナ5」に多数の追加要素を加えた「ザ・ロイヤル」についてもまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。 ある程度発売から年数が経っている作品ではありますが、なるべく ネタバレはしない程度の内容に留めて書きますので、安心してください。 現在判明している「P5R」での追加要素は、以下のような感じになっています。 何気に P5では存在しなかった、いわゆる 「後輩」というポジションのキャラクターで、プレイヤー(主人公)を先輩と呼んで慕ってくれるとの事。 セクシーな怪盗服のデザインや、 これまでのキャラクターとはまた印象の違うビジュアルなど、期待感の高まるキャラクターになっていますね。 今作では物語序盤にとある事件が起きた後、新たに 「カウンセラー」を担当する人物「丸喜 拓人」が登場するとの事。 対応するアルカナは「顧問官」と、原作P5にはなかったアルカナなので、もしかしたらペルソナにも色々な変化があるのかも。 P5では3学期、つまり12月以降のストーリーは語られる事がなかったわけですが、今作では その部分でのイベントが多数追加。 また、ある意味お約束であった 「ベルベットルームの住人」とのイベントも追加されるとの事なので、原作において楽しみにしていた人には朗報ですね。 この他にもデートスポットなども追加されているようなので、 かなりサブイベント部分の追加も多いのではないかと推測されます。 と、現時点ではこのあたりでしょうか、 三学期のストーリーが追加、という部分に付随して、これまでの分に加えて更にイベントなども増えている様子。 やはり、最大の追加要素は、 新キャラクターである「芳澤かすみ」でしょうか、ビジュアルもさる事ながら、ストーリーにどう絡んで来るのかも気になる所。 追加要素としては、これまでの P3FESや、P4Gと似たような要素、といった所ではありますが、追加部分自体はかなり大きいですね。 内容自体も、かなり期待できるのではないかと思いますので、 今後の続報発表が楽しみになるのではないかと思います。 ズバリ P5Rが発売する前に「P5」は遊んでおくべきなのかどうか、という話題ですね、この手の追加版などが出ると気になる部分だと思います。 あくまで今回の 「P5R」は、既に存在する「P5」に様々な追加要素を加えた物、という作品でありリメイクや続編というわけではまったくありません。 そういった部分を踏まえた上で、 筆者の意見としては 「遊んでおくのもアリだと思う」というちょっと中途半端な意見になってしまいます。 というのも、筆者は発売当初にP5を遊んでいるので、今回のP5Rは純粋に楽しみなのですが、 P5というかペルソナ自体かなりボリュームのある作品。 発売当初にガッツリと遊びこんだ、という状態であればまだしも、発売まであと半年もない、という状況で P5を遊ぶのはそれなりに辛い物がありそうと思います。 勿論、原作P5を遊んだあとであれば、 どこがどう変わったのか、追加された部分はどうなっているのか、という新しい発見も楽しめるという利点はあります。 ただ、ゲーム自体のボリューム自体がかなり多い作品ではあるので、 あえて発売前に原作も遊ぶのをオススメする、というのはちょっと無理があるかもしれませんね。 現時点では セーブデータの引き継ぎといった部分があるのかどうか、というのも不明ですので、このあたりも含めてなんともいえない感じです。 現在は当ブログでも紹介したように、 PS Storeでセールが行われている最中ですので、確かに 安くP5を購入する事は可能ではあります。 発売日までにノンビリプレイして、 P5の雰囲気やストーリーを味わっておく、というのはアリではありますので、このあたりは個人の好き好き、といった所です、 筆者的には、やはり どういった追加要素や、調整された部分があるのか、というのが気になるので、遊んでおくに越したことはない、と思います。 ただ、 P5Rはあくまで追加要素をプラスした作品、ということで、 原作にあたる部分が遊べなくなるわけではない、というのがポイントです。 あえてP5をプレイせず、 完全に新鮮な気持ちでP5Rから遊ぶ、というのも十分にアリな判断ではないかとも思います。 遊んでみたければ遊ぶ、 そうでなければP5Rから遊ぶ、という判断で何の問題もないと思いますので、このあたりは個人の判断。 どちらにせよ、 10月31日のP5R発売日までに、 遊んでおくのか、あえて遊ばないのか決めておくのが良いのではないでしょうか。 P5Rまとめ• 生誕20周年以上の長期シリーズ! 最新作も期待!• 新要素多数!原作に比べても ボリュームアップ!• P5を遊んでおくと 違いがわかりやすい!遊ばなくても大丈夫! いよいよ発表されたP5R、スマブラへのジョーカー参戦などもあり、話題は尽きないといった印象ですので、期待している人も多そうです。 筆者も勿論期待している一作なので、ぜひ遊んだことがない皆様も、遊んだ事がある皆様も発売日を楽しみに待ちたい一作ですね。

次の