子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし。 溶連菌で熱なしのときもある?熱が下がらないとき、解熱剤はOK?

発熱と発疹を起こす病気の一覧

子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

ふと気づいたら、皮膚に赤い斑点が できることってありますよね。 今までそんな斑点なんて体にできなかったのに、 急に症状が出てきたら病気なのではないかとか、 いろいろと気になるところですよね。 皮膚にできる赤い斑点は体の様々な箇所にでき、 手足とか顔にできたりもします。 また、 かゆみがある場合とない場合でも、 症状や原因は変わってきます。 そこで、自分がどういったことが原因で 斑点ができてるのかなども気になりますよね。 それによって対処なども変わってきますし、 治したい時はどうすればいいのかなども、 知っておけばすべきことも変化していきます。 そこで今回は皮膚に赤い斑点ができたときの かゆみがあるないの7つの原因と対処法などをご紹介します。 皮膚に赤い斑点ができてかゆみがある症状の原因とは? まず、赤い斑点ができた際にかゆみがある症状に関して どんな原因があるのかをご紹介します。 1.ダニに噛まれたもの 朝起きたときに急に赤い斑点があることがあります。 そして、 赤い部分がかゆい場合はダニに噛まれた可能性があります。 蚊に刺されたような感じに見えますが、 根が張っていてなかなか治るのに時間がかかり、 かゆみも一週間ぐらい続きます。 基本的には放っておけば自然に治癒していきます。 ダニは布団の中にいるものなので、 ちゃんと定期的に布団を干したり、 クリーニングしたりしましょう。 2.皮脂欠乏性湿疹 皮脂欠乏性湿疹というのは あまり聞きなれない症状かもしれません。 これは皮膚が乾燥しているときに、 痒みが出て掻いてしまうと湿疹が出ることがあります。 症状の対処方法としては肌が乾燥しないために、 保湿クリームなどでしっかりとケアをすることです。 3.蕁麻疹 蕁麻疹は急に体に異変があって痒くなり始めたり、 チクチクとして、赤い斑点が出る症状のものです。 最初は赤い斑点がどこかに出るのですが、 それが段々と広がって全身に出て腫れたようになります。 蕁麻疹はアレルギー、ストレスなどが原因と言われています。 対処法としは数日で自然に治癒すると言われていますが、 どうしてそうなったのかを知っておかないと再発することもあります。 何かのアレルギーでなったのか、それともストレスなのかなど、 ちゃんと調べておくことが大事になります。 4.肌カビ 肌カビと聞くと何か怖い病気のように思えるかもしれませんが、 誰にでもなり得るもので、 症状としては肌が赤くなりかゆくなるものです。 肌カビはマラセチア菌が原因になるのですが、 この菌自体は特別なものではなく誰の肌にもいるものです。 この肌カビは汗がもとで発症することが多く、 汗をかいた後に放っておかずに拭くことが大事です。 他にもお風呂に入った際に体を洗うときに 強くこすったりするのも原因になるそうです。 対処法としては汗をかいた後にそのまま自然に 乾燥するのを待つのではなく、 ちゃんと拭き取るようにしましょう。 5.手湿疹 手湿疹はその名前の通り、手にできる湿疹のことです。 手湿疹は美容師、調理師、水仕事で強い洗剤を 素手で使う主婦などによくみられるものです。 この手湿疹には乾燥型と湿潤型とがあり、 乾燥型は手が普段よりも乾燥してしまうものです。 そして、もう一方の 湿潤型は小さな発疹で赤い斑点がでたり、 水ぶくれなどの症状が出るものです。 この手湿疹に関して対処法に関しては水仕事で洗剤を使い場合は ゴム手袋を付けるなど直接触れないようにしましょう。 仕事でそれができない場合はハンドクリームなど、 しっかりとケアをすることが大事です。 6.痒疹 痒疹とは肌が虫刺されのような 赤いぽちっとしたものが全身にできる症状です。 皮膚が盛り上がったような感じになり、 痒みもかなり強いです。 この痒疹は放っておける症状でもないので、 病院で診てもらいましょう。 7.あせも あせもはわりと誰でも知ってるかもしれませんが、 汗を多くかいたときなどに汗が皮膚内に溜まってしまい、 赤い点がポツポツとできるものです。 対処としては衣服など汗を吸収しやすいものを着たり、 ちゃんと汗を拭きとるなどが大事になります。 赤い斑点でかゆみがない場合の原因とは? 赤い斑点の中でかゆみがない症状のものもあり、 どういったものがあるのかをご紹介します。 1.単純性紫斑病 単純性紫斑病は赤い斑点というか 紫っぽい点がでますが、かゆみのない症状です。 斑点は特に足にできやすく、 若い女性に症状がでることが多いそうです。 これは 何かの要因で内出血をして、 それが斑点としてでるものです。 対処法としてはビタミンCを摂取していことが大事です。 ビタミンCには血管を強くする効果もあるので、 内出血するのをおさえることができるそうです。 ただし、再発する可能性もある症状なので、 病院で診てもらったほうがいいです。 2.うっ滞性皮膚炎 うっ滞性皮膚炎は症状としてはふくらはぎや脛などに 赤い斑点ができて、かゆみはあまりないです。 この症状は 長時間立ちっぱなし仕事の方に現れやすく、 女性のほうがなりやすいと言われています。 長時間立ちっぱなしでいると、 下半身の血液の循環が上手くできす、 それが原因となるそうです。 対処としては血液の循環を良くさせるために、 足をマッサージしたり、お風呂にゆかりと入るなど、 ケアをしていくことが効果的です。 3.毛嚢炎 毛嚢炎は汗などをかきやすいところにできやすく、 毛穴がぷちっと腫れて膿ができるものです。 赤いぷちっとした斑点と膿みは気になりますが、 症状が軽い場合はかゆみも痛みもあまりないものです。 毛嚢炎は毛穴が炎症したときに汗などで湿ったままにすると、 普段は無害なブドウ球菌が感染して起こるものです。 夏場など汗をかいた後にそのまま拭き取らなかったりして、 炎症した箇所に濡れた状態にしていると感染しやすくなります。 基本的には軽い症状のものは数日で自然に治るものです。 対処としては夏場などは汗など放っておかずに ちゃんと拭き取るなどしましょう。 皮膚に赤い斑点ができなくするための対処法 皮膚に赤い斑点ができる要因は様々なものがあり、 それぞれ対処の仕方も変わってきます。 症状の中には病院でちゃんと治療しないといけないものもありますが、 ちゃんとケアをしていけば、自然と治るものもあります。 その中でも汗の放置がもとになって発症するもの多いので、 対処としては肌を清潔にしておくことが大事です。 原因を特定しておくことでより正確な対処もできるので、 そういった部分を知ることも重要になりますね。 また、症状が酷い場合や原因がわからないものは、 必ず病院で診てもらうようにしましょう。 まとめ ここまで皮膚に赤い斑点がでるのは病気かどうかや、 かゆみがあるなしでの種類別での7つの原因などご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

皮膚の赤い斑点は病気?かゆみがあるなしでの7つの原因と対処法!

子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

中に水が入っている 水疱タイプのもの、赤いぶつぶつ、斑点状になっているものなどが挙げられます。 手足、体、背中、首、などだけでなく、口の中のチェックも忘れないようにしましょう。 昨日より増えている、さっき見た時よりも増えているといった場合は受診をおすすめします。 今は熱が無くても、昨日まで出ていたといった場合は、病院でその旨を伝えてください。 けいれんを伴っている場合や、嘔吐などによって意識がもうろうとしている場合はすぐに救急車を呼ぶようにしてください。 病院に行く場合は、行く前に写真を撮るなどしておきましょう。 口で説明するよりも、実際の写真を見た方が原因の特定をしやすくなります。 時間の経過と共に変化している場合は、その都度変化の様子を写真にとっておくといいでしょう。 スポンサードリンク 発疹が出る原因は年齢によっても違う 発疹は体調だけでなく、ウイルスや細菌など様々なものが原因となって起こります。 年齢や月齢ごとに考えられる原因も違ってきます。 1歳前後まで 生まれて1~4ヶ月は乳児湿疹などの痒みを伴い、赤くじくじく、カサカサした発疹が多く見られます。 この時期に熱や痒みを伴わない発疹は、 カンジタ感染症 おむつかぶれ が挙げられます。 こちらは体内に入ったカンジタ菌が便によって排出されることによって、お尻が真っ赤にかぶれてしまうもの。 普通のおむつかぶれとはちがい、赤みが強く出るのが特徴です。 こちらは専用の薬を使わないと治りませんので、必ず病院を受診しましょう。 乾燥させること、清潔にすることが大事で、パウダーなどを使ってしまうと逆効果。 1~2歳に見られる発疹 1~2歳に見られる発疹で熱やかゆみを伴わないのは、 単純ヘルペス感染症です。 こちらは水疱状の発疹が主に顔や唇に出ます。 目の周りに出ることも多いです。 アトピーや湿疹が出ている所にこの単純ヘルペスウイルスが感染すると、無数に小さな水疱が出るため、とても重篤な症状のように見えることがあります。 3~4歳以降に見られる発疹 3~4歳以降は、感染しやすい発疹がぐっと増えます。 レースのように細かく真っ赤になるリンゴ病、手足口病による水疱、水疱から出る浸出液で広がるとびひ、水いぼなどが挙げられます。 リンゴ病…ほっぺが赤くなり、体に発疹が出る場合がある。 熱はないことが多いが、微熱が出る場合も。 手足口病…夏に主に流行し、手のひらや足の裏、口の中などに小さな水疱ができる。 熱は微熱程度。 とびひ…連鎖球菌や黄色ブドウ球菌による感染症。 患部から出る液でさらに広がったり感染する。 水いぼ…ウイルスが原因。 水いぼをつぶすと感染が広がる。 半球状で、表面はなめらか。 光沢がある水疱。 高熱が出た場合に疑われる発疹 発疹が出てから熱が出てきた場合に疑われるのが、 溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)という病気です。 溶連菌感染症の場合は以下のような症状が出ます。 口の中が真っ赤になり、小さな赤いブツブツがたくさん出る。 口の中以外にも全身に赤い小さな斑点状の湿疹が出ることがある。 喉の痛みを訴えることもあり、食事が難しくなる子も。 このように、発疹が出る原因は様々。 感染によるものが多いので、集団生活をしている場合は必ず病院を受診しましょう。 スポンサードリンク 病院は何科に行けば良いのか? これらの発疹の症状が出たときには、一度病院で診てもらうのが一番ですが何科に行けばよいのか迷うお母さんもいると思います。 結論から言えば、 小児科か皮膚科を受診してください。 どちらでもOKです。 簡単に違いを説明するとすれば、• 小児科・・・身体全体を診て原因となる病気を突き止める• 皮膚科・・・皮膚の症状を診て原因となる病気を突き止める という違いになります。 どちらにしてもきちんと適切な対処をしてくれますので、お近くで行きやすい方を受診すれば良いでしょう。 治療後は再発防止のスキンケアが大事!病院を受診する前に保湿剤も準備しておこう 発疹を治療した後は再発を防止するために赤ちゃんの肌をケアしていくことも大事です。 特にアトピーや乳児発疹などの場合、 乾燥肌を防ぐだけでも再発のリスクをグッと減らすことができますよ。 なので、病院を受診する前にしっかり保湿剤も準備しておきましょう。 ですが、 市販品の保湿剤の中には、合成界面活性剤や有害性が高い添加物が入っているものもあるので注意が必要です。 しっかりとオーガニック成分だけを使った安全な保湿剤を選んでいきましょう。 以下の記事で無添加で赤ちゃんに優しい保湿剤を紹介しているので、良ければ参考にしてください。 痒みがなくても、痛みがある場合もあります。 放っておくと広がってしまう発疹もあるので、 発疹を見つけたらまずは小児科か皮膚科を受診することをおすすめします。

次の

全身の発疹|家庭の医学|時事メディカル

子供 赤い 発疹 熱 なし かゆみ なし

山内医院 発疹を見た時 ここしばらく色々な発疹の出る病気の話をしてきました。 今回は発疹を見た時、どのような病気があり、どうすれば良いか・・・ということをまとめてお話したいと思います。 発熱 発疹の様子 他の主な症状 疑わしい病気 処置 あり なし 色々な発疹 全身派手に出やすい 何か薬を飲んだ 薬疹 薬を持って 外来受診 細かい発疹 体にまばらに出る 風邪、下痢など ウイルス性発疹 外来受診 特別な処置はない 水疱(水を持った発疹) 赤い 2週間前に接触歴あり みずぼうそう 外来受診 手の平、足の裏に小水疱 口内炎 手足口病 口の痛みが強ければ外来受診 あり 熱が3日位続き 下がってから発疹 乳児、下痢気味 熱の割に元気 突発性発疹 外来受診 特別な処置はない 元気であれば3日間は様子を見る 熱が3日位続き 一時下がり再び上がる頃全身に発疹 咳、ハナ、眼脂 頬粘膜に細かい白い湿疹 コプリック斑) はしか(麻疹) 外来受診 発熱と同時に霧吹きでふいたような細かい赤い発疹 頸部リンパ節のはれ 流行していること 風疹 外来受診 特別な処置はない 細かい発疹 痒みが強い 強いのどの痛み 舌がブツブツ、ざらざら 溶連菌感染症 外来受診 色々な発疹 BCGの痕が赤くなる 目、唇が赤い 頸部リンパ節のはれ 手足がパンパンに腫れる 川崎病 外来受診 入院が必要 両頬が赤くなる 四肢にレース状紅斑 関節痛 大人) 熱は無いことが多い リンゴ病 伝染性紅斑) 外来受診 特別な処置はない 首や腋の下が一面に発赤口の周りがシワシワ 乳幼児 ブドウ球菌性 やけど症候群 外来受診 出血斑 (全身のあちこちにでる) 顔色が悪い 敗血症、白血病など 至急受診 なし 全身、地図状。 痒みが強い出たり消えたり なし じんましん 外来受診 全身が真っ赤になる時は至急受診 小水疱。 体にまばら 赤みはない なし 水イボなど 外来受診放置可 紅斑や水疱 膿を持ち次第に広がる なし とびひ (伝染性膿痂疹) 外来受診 痒い湿疹 治りにくい 皮膚がかさかさ アトピー性皮膚炎 外来受診 顔に強い湿疹、頭髪内にも黄色い汁、かさぶたになる 乳児 乳児湿疹脂漏性湿疹 ひどければ外来受診 何かに触ったところが 痒い、痛い なし かぶれ ひどければ外来受診 おむつのあたるところ 赤い盛り上がった小さな湿疹がかたまってできている なし カンジダ皮膚炎 外来受診 体の一部分のみ刺し口がある 痒い、痛い なし 虫刺され 腫れがひどければ外来受診 手足の先、赤〜暗い赤 痒い、痛い 寒い時 しもやけ ひどければ外来受診 下肢に出血斑 おなかが痛い 関節が痛い アレルギー性紫斑病 外来受診 細かい出血斑 (全身に出る) なし 血小板減少性紫斑病 など 至急受診 このように発疹といっても随分色々あります。 放置していても大丈夫なものも多いです。 ただ、出血斑・・・といっても、出血斑なのか、何なのかが分からない事もあるかと思いますので、とりあえず診断するために受診して頂くのが良いかと思います。 よく電話でも相談されますが、そうかな?という事は言えますが、やっぱり見てみないとはっきりしたことは分からないですね。 copyright c 2004. all right reseaved.

次の