ソーン 最終 フュンフ。 ソーンとフュンフ入場

フュンフの最終上限解放とLv100フェイト対策。

ソーン 最終 フュンフ

結論取得時点(非最終)でのソーンとフュンフはスタメン筆頭にはならないが、局所的な使い道ならフュンフがまだ使いどころがある。 火力・使い勝手ともに非最終時点ならガチャキャラの方がよっぽど優秀です。 最終ソーンと最終フュンフの個人的な使用感について 非最終では個人的に微妙だと思っているソーンとフュンフですが、最終することでどれほど光編成において影響を及ぼすのか。 奥義クリで火力も上々! ソーンは最終しLv100+フェイトエピを全て終了することで、麻痺の付与だけでなく弱体効果延長という最強の4アビを覚えます。 この麻痺+4アビのセットは つよばは環境部屋構築で必須ですね。 コスモス武器の仕様変更があったため打ち消し線入れました。 今ではバランスタイプによる連撃補強はありません。 連撃問題が深まりましたね・・・ 懸念材料は多少あるものの、全体的にはさすが十天最終だなと感じる性能になっています。 最終フュンフ:高難易度の人権。 安定感+渾身バフ+黄龍刀=最強! フュンフは最終することで闇マルチバトルにおいて高難易度の安定感が驚くくらい増します。 高級鞄のアヌビスHLソロをフュンフの有無で試しましたが、フュンフがいれば赤子のように簡単になります(無しはまーじでしんどい)。 特に、 最高難易度のルシファーHLでは最終フュンフが必須になるのも、いかにフュンフが高難易度での人権になっているかを物語ってます。 (リミヴィがいなくてもなんとかなるが、フュンフだけはなしは無い。 光終末5凸のために光属性でルシファーHLに行きたい人• ガチゼウス編成で古戦場を頑張る予定の人• 光編成で安定して高難易度ソロを行いたい人 ソーンの最終には単純な火力底上げとつよばは環境部屋への第1歩が得られるため、ランク180未満の人に結構おすすめ。 早いうちからヒヒチャンスを増やして行くことで、将来的なヒヒ難民を緩和できます。 あとは単純に火力が伸びますゆえ・・・! 対してフュンフの最終は、ランク180以上の人におすすめ。 というのも、ここまでソーンなしで頑張ってきたんだから、180以上なら高難易度にもだいぶ通える(ルシHLにも!?)しフュンフで安定を取ってもいいと思う。 11月25日から天上征伐戦(ソロコンテンツ)も始まるしね。

次の

【グラブル】フュンフ(十天衆)の評価/性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

ソーン 最終 フュンフ

前回、やっと黄金のの弓を作成し、エレメント化して純然たる弓の魂を手に入れました。 次は純然たる弓の魂を使ってソーンのフェイトエピソードをクリアします。 ソーン最終上限解放フェイトエピソード「射手の王」 純然たる弓の魂を使って、最終上限解放するためのフェイトエピソードを進めます。 シングルバトルが始まりますがソーンのみで挑むクトなので、サポーター召喚石が選べず、騎空団サポートもありません。 二王弓とのバトル 二王弓とのシングルバトルです。 ソーンのみで戦い、サポーター召喚石と騎空団サポートはありません。 攻略法を事前に調べておいたとしても、何度かやり直すことになるかもしれません。 2アビの「ディプラヴィティ」でデバフを付与し、3アビ「クリンチャー」でダメージを与えます。 二王弓に対して麻痺は無効ですが、ソーンは麻痺する事があります。 ソーンが麻痺した場合はやり直しになるでしょう。 二王弓の特殊技を耐えて毒ダメージで倒す、といった結果になりました。 5、6回やり直しましたが、もっと確実に倒せるのかは不明です。 ソーンを最終上限解放 二王弓を倒したらいよいよソーンを最終上限解放します。 ウーノ(水) 青星の輝き30個 水のプシュケー10個 黒き魂2個 水分の書30個 虹星晶100個 ソーン(光) 白星の輝き30個 光のプシュケー10個 白き魂2個 灼熱の書15個 風凪の書15個 サラーサ(土) 黄星の輝き30個 土のプシュケー10個 黒き魂2個 巨人の書30個 カトル(水) 青星の輝き30個 水のプシュケー10個 黒き魂2個 水分の書30個 フュンフ(光) 白星の輝き30個 光のプシュケー10個 白き魂2個 灼熱の書15個 風凪の書15個 シス(闇) 黒星の輝き30個 闇のプシュケー10個 黒き魂2個 水分の書15個 巨人の書15個 シエテ(風) 緑星の輝き30個 風のプシュケー10個 白き魂2個 風凪の書30個 オクトー(土) 黄星の輝き30個 土のプシュケー10個 黒き魂2個 巨人の書30個 ニオ(風) 緑星の輝き30個 風のプシュケー10個 白き魂2個 風凪の書30個 (火) 赤星の輝き30個 火のプシュケー10個 白き魂2個 灼熱の書30個 ソーンは白星の輝き30個、光のプシュケー10個、白き魂2個、灼熱の書15個、風凪の書15個が必要です。 白星の輝き30個 「・マグナHL戦」で手に入ります。 どうしても足りない場合は栄誉の輝き100個と月に10個まで交換することもできます。 光のプシュケー10個 6人マルチバトルの「HL」か「HL」で集めるのが良いと思います。 6人は難しそうで・・・と言う場合でも団員なら協力してくれる人も多いはず。 各マルチバトルで入手するか、各アニマ10個とマグナ・フラグメント20個とを交換する方法もあります。 マグナアニマはジ・オーダー・グランデ戦で手に入ることもあります。 灼熱の書15個、風凪の書15個 「共闘EXクト」を周回することで入手できますが、討伐戦などのマルチバトルやゼノ・イフリートなどのイベントでも入手できます。 自然と集まってる場合が多いかもしれません。 これでソーンの最終上限解放が完了です。 次はレベルを100にして4アビ「二王の諍い」を取得します。 まだ先は長いですね・・・ funnyanimal.

次の

【グラブル】十天衆を最終上限解放する方法/必要素材|黄金の依代作成【グランブルーファンタジー】

ソーン 最終 フュンフ

光属性十天衆ソーン、フュンフ 早くから神石であるゼウスを手に入れており、ゼウス編成を組んでいたので自分の手持ちの属性の中で最も使っている属性です。 アルバハハードは今ちょっと光属性から離れていますが、それなりに上位にも入れていました。 元になっているジョブはレンジャー系列ですが、2アビによりかなりのデバフをバラまけます。 一昔前は奥義効果に麻痺がついていましたが、2017年12月の調整で奥義後の3アビに麻痺効果がつくようになり、効果ターンは奥義後2ターンですがある程度任意のタイミングで打てるようになりました。 実装当初は使いづらいとも思いましたが、奥義効果のクリティカルアップが強力なので麻痺耐性を気にせずに奥義を打つことが出来るようになった分火力は上がったと思います。 そして麻痺効果と共にソーンの真骨頂とも言うべき4アビ。 アビリティダメージとしての威力も高いですが、奥義麻痺と合わせたデバフ延長で本領が発揮されます。 成功確率はあるものの90秒もの時間を延長出来るので、奥義麻痺の元々の1分のデバフ時間を合わせると最大2分30秒もの間相手を完全に無力化出来ます。 ただ、一部アルバハなどのHPトリガーでは麻痺の効果(というかデバフ自体)が打ち消されてしまいますが、それでも最も強力な効果の一つであることは間違いないです。 元々回復性能はクラス4ジョブのセージを凌ぐ程の性能でしたが、2018年5月のバランス調整で ・1アビにHPが多いほど攻撃アップの効果追加 ・3アビに魔力の奔流効果追加 と、バフ性能もかなり上がりました。 特に魔力の奔流は攻撃力、防御力、連続攻撃確率が上がり、元の効果である自動復活効果がついて更に効果時間が15ターンというかなり強力なもの。 ただ、変更前と比べて自動復活効果が永続でなくなったのがちょっと残念でした。 それでも致命的だった強化効果消去が効かなくなったのでかなりの大幅上方修正だったと思います。 4アビは所謂リレイズ付きベホマズンの効果なので出来ればこれを使うまで追い込まれることは避けたいですが、アルバハハードでの保険や立て直し、またはアバターHLでの100%カット必須のアーク・エネミーでの全滅回避に役立てることが出来ます。 アバターHLなどでは得意武器剣での最終上限解放シュバマグ編成に遅れを取ることはあるものの、難易度の高いアルバハハードではヒーラー3名を擁しているので安定性は抜群でした。 シュバマグ編成に比べてHPが低いのが玉に瑕ですが、リミテッドヴィーラの解放武器であるサティフィケイトの最終上限解放に何かHPが上がる効果でも付くことを期待しています。 少し前からはアルバハハードは他属性で参戦していますが、8月中にはアルバハの光属性、闇属性耐性が少し緩和されるということなので、そうなったらまた光属性で参戦しようかなーと思っています。 大体貢献度は70万が平均でしたが一度だけ100万貢献度を達成できたので、アルバハの耐性緩和後はもう少し平均的に100万貢献度が越えられるようになればいいなーと思います。 まとめ 現状リミテッド武器のガンバテインが1本、エデンが2本あるのでとりあえず装備的にはサティフィケイトが最終上限解放されるまでこのままで様子見な感じです。

次の